≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

イーサネット(Ethernet)について

イーサネット(Ethernet/IEEE 802.3)

イーサネットは、米国ゼロックス社のパロアルト研究所(PARC)でロバート・メトカーフらが発明したネットワーク規格です。

現在では、特殊なケースを除き、すべてのLAN環境でEthernetが使用されている。接続形態には、すべてのコンピュータを1本のバスに接続するバス型と、各コンピュータを中心にハブに接続するスター型がある。

バス型LANには10BASE-2、10BASE-5などの規格があり、スター型LANには10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tなどの規格がある。

10BASE-Tの伝送速度は10Mbpsだったが、Fast Ethernet規格である100BASE-TXは100Mbpsに、Gigabit Ethernet(GbE)規格である1000BASE-Tは1Gbpsに順次高速化した。GbE(Gigabit Ethernet)規格として登場した1000BASE-Tは、1Gbpsまで段階的に高速化されている。現在では、1000BASE-Tが広く普及し、「イーサネット」という言葉は、「ファーストイーサネット」「ギガビットイーサネット」を含めた総称を意味するようになった。

イーサネットは、ネットワーク上の通信状態を監視し、誰も送信していないときだけデータ送信を開始するキャリアセンスという仕組みと、同時に送信が続いている場合に発生する衝突(コリジョン)を検出する仕組みで通信を制御している。この制御方式をCSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection)と呼びます。

イーサネット(Ethernet/IEEE 802.3)関連用語

スター型LAN

バス型LAN

コリジョン

bps(bits per second)

>>戻る【リング型LAN】

>>続く【Token Ring(トークンリング)】