≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

コリジョンについて

コリジョン(collision)

コリジョンとは衝突の意味です。ネットワーク上のコンピュータが同時にパケットを送出すると、衝突が発生します。

イーサネットなどのCSMA/CDネットワークでは、ネットワークは通信中であるかどうかを確認してから通信路にデータを送出します。そのため、誰も通信路にデータを送っていないときにパケットを送出しますが、確認からパケット送出までに若干のタイムラグがあるため、確認作業を終えた他のコンピュータから同時にパケットを送出される可能性があります。

複数のコンピュータからパケットが送出されると、通信路でパケットが衝突することになります。この通信路上に発生する衝突をコリジョンと呼びます。コリジョンが発生すると、衝突したパケットが破損し、正常な通信が行えなくなります。

送信側のコンピュータは、常に衝突の発生を監視しており、衝突を検知すると妨害信号を送信し、一時的に送信を停止させる。そして、送信しようとするコンピュータは、個別にランダムな時間だけ待機してから送信を試みることで、再び衝突が発生することを回避している。このような仕組みのため、衝突の発生はネットワークの効率低下につながる。

コリジョン(collision)関連用語

Ethernet

パケット

>>戻る【ゲートウェイ】

>>続く【MACアドレス】