≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

リング型LANについて

リング型LAN(ring network)

リング型LANとは、バスと呼ばれるリング状のケーブル1本でコンピュータを接続するタイプのネットワーク接続を表す言葉です。ケーブルの形状がリング状であることから「リングLAN」と呼ばれるようになった。

トークンリングやFDDIなどで採用されており、他の方式に比べてケーブルの総距離を長くできるのが特徴。そのため、LAN規格に限らず、WANのような広域をカバーするネットワークでも利用されている。

この方式は、バス型LANと異なり、バスがリング状になっているため、終端装置が不要である。パケットはバス上を一方向にしか流れず、ネットワーク上のコンピュータはこれらのパケットを時々チェックして、自分宛のものかどうかを判断する。自分宛のパケットであれば受け取れるが、そうでなければバケツリレーのように次のコンピュータにパケットを渡す。

この方式のため、ネットワーク上のコンピュータが1台でも故障すると、そこでパケットの流れが止まってしまい、通信不能に陥ってしまう。

リング型LAN(ring network)関連用語

ネットワークトポロジー

スター型LAN

バス型LAN

Token Ring

パケット

>>戻る【バス型LAN】

>>続く【Ethernet(イーサネット)】