≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

Token Ring(トークンリング)について

トークンリング(Token Ring/IEEE 802.5)

Token Ringは、IBM社が提唱したネットワーク規格で、通信速度は4Mbpsと16Mbpsの2種類が広く使われている。

ネットワーク上の各コンピュータをリング状に接続したリング型LANに属し、通信制御にはトークンパッシング方式を採用している。トークンパッシングとは、送信権を示す「トークン」というデータをネットワーク上に送信し、このトークンによって送受信を制御する方式である。

通常、ネットワーク上に送信すべきデータがない間は、トークンはひとりでに流れている。各コンピュータはトークンを受信し、データが存在しなければ次のコンピュータにトークンを渡す。このように、無負荷時にはバケツリレーのように一方向にTokenが渡されていきます。

送りたいデータを受け取ったコンピュータは、自分のところにトークンが来るのを待ちます。トークンをキャッチしたら、トークンの後ろにデータを追加して、再びバケツリレーを続ける。トークンがユーザー宛でなければ次のコンピュータに渡し、ユーザー宛であればデータを取り出して再びトークンだけを送出する。

この仕組みで送受信を管理するため、イーサネットのような「コリジョン」という概念は原理的に発生しない。そのため、ネットワークの通信速度を効率的に利用することができる。

トークンリング(Token Ring/IEEE 802.5)関連用語

リング型LAN

コリジョン

Ethernet

bps(bits per second)

>>戻る【Ethernet(イーサネット)】

>>続く【無線LAN】