≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ワイヤレスLAN(無線LAN)について

無線LAN(ワイヤレスラン)

無線LANとは、ケーブルを使わず、電波などを使って無線で通信するLANのことです。特にイーサネットの規格の一つであるIEEE802.11bが登場して以来、無線LANは爆発的に普及し、現在ではオフィスだけでなく家庭でも広く利用されている。

現在、以下の規格が実用化されており、2020年現在、IEEE802.11acが最も普及している規格である。

規格名称 最大通信速度 使用する周波数帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz
IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz
IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz

無線LANの利用には、対象となるコンピュータに無線LANアダプタの機能が内蔵(もしくは後付けでUSBアダプタを装着するなど)されている必要があります。

一般的によく使われる無線LANの接続方法が、「インフラストラクチャモード」です。これは、アクセスポイントと呼ばれる基地局を用いるもので、個々のコンピュータは無線LANアダプタの機能によってこの基地局に無線接続を行います。アクセスポイントは、有線のLANでいうところのハブに相当する役割を担うため、これが既存の有線LANや他の無線LAN端末との橋渡しを行うことで、相互に通信できるようにしています。

もう1つの接続方法が「アドホックモード」です。これは、無線LANアダプタ同士が直接通信を行うもので、あまり広く使われてはいません。1対1のデータ通信を手軽に済ませたい場合などに利用されます。

無線LAN(ワイヤレスラン)関連用語

Ethernet

bps(bits per second)

ハブ

>>戻る【Token Ring(トークンリング)】

>>続く【PLC(ピーエルシー)】