≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ハブについて

ハブ(hub)

ハブとは、複数のLANケーブルを接続するためのケーブルコンセントレータのこと。10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tの各イーサネット規格では、ハブを中心にして、LANケーブルでパソコンを接続し、スター型のLANを構成しています。

ハブとの接続には、ツイストペアケーブルを使用します。ケーブルの先端には標準的なRJ-45モジュラージャックがあり、ハブにはそのジャックを差し込むためのポートがいくつかあります。これらのプラグはポートと呼ばれる。

コンピュータはポートに1対1で接続されるため、ハブのポート数はそのハブに接続できるコンピュータの数となります。ポートが足りなくなった場合は、複数のハブを接続することで、後から簡単にポート数を増やすことができます(これをカスケード接続と呼びます)。

また、ハブは10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tといったネットワーク規格で規定されています。したがって、ハブを使用する場合は、LANで使用している規格に沿ったものを選択する必要があります。ただし、デュアルスピードハブと呼ばれる製品は、10BASE-Tと100BASE-TXの両方に対応しているので、このハブを使う場合は、両方の規格を混在させることが可能です。

最もシンプルなハブは、内部的には複数のリピータを束ねたものなので、マルチポートリピータやリピータハブとも呼ばれ、多段接続の制限などリピータと同じ制約がある。ただし、1000BASE-Tでは規格上このタイプのハブを使用せず、すべて「スイッチングハブ」を使用します。

ハブ(hub)関連用語

LAN(Local Area Network)

スター型LAN

Ethernet

LANケーブル

リピータ

スイッチングハブ

>>戻る【ルータ】

>>続く【スイッチングハブ】