≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

スター型LANについて

スター型LAN(star network)

スター型LANとは、中央のハブを中心にコンピュータを接続するネットワーク接続形態を表す言葉。中央のハブから星のように線が伸びていることから、「スターLAN」と呼ばれるようになった。10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-TのEthernetネットワークでよく使われる方式で、現在主流となっている。

ハブが通信の中継を行うため、ネットワークに接続されたパソコンに障害が発生しても、他のパソコンに障害が及ぶことはない。その場合でも、故障したパソコンだけが切り離され、ネットワーク全体としては正常に通信することができます。しかし、ハブが故障すると、そこで通信経路が途切れてしまい、この場合、ネットワーク全体が通信不能に陥ってしまいます。

バスリングなどの接続形態に比べ、配線の自由度が高く、ハブ同士を接続することで階層構造を作ることができます。そのため、ネットワーク全体を階層的に管理することができる。

スター型LAN(star network)関連用語

ネットワークトポロジー

ハブ

バス型LAN

リング型LAN

Ethernet

>>戻る【ネットワークトポロジー】

>>続く【バス型LAN】