≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

バス型LANについて

バス型LAN(bus network)

バスLANとは、バスと呼ばれる1本のケーブルでコンピュータを接続するネットワーク接続方式を表す言葉です。

イーサネットの10BASE-2や100BASE-5では、ケーブルの両端をターミネーターと呼ばれる、バスを通る信号を終端する装置で終端しています。これは、バスを通過した信号が両端で反射してノイズになるのを防ぐためです。

この方式では、バス上を流れるパケットはすべてのコンピュータに届けられ、本来の目的地でないコンピュータはパケットを破棄する。パケットを中継する必要がないため、バスに接続されたコンピュータに障害が発生しても、他のコンピュータに影響を与えることがない。

しかし、接続されているコンピュータの台数が増え、通信量が多くなると、「コリジョン」と呼ばれるパケットの衝突が発生します。この場合、イーサネットは適当な時間をおいてパケットを再送信しますが、コリジョンが起きすぎるとネットワークの効率が悪くなりすぎて実用的ではありません。

バス型LAN(bus network)関連用語

ネットワークトポロジー

スター型LAN

リング型LAN

Ethernet

コリジョン

パケット

>>戻る【スター型LAN】

>>続く【リング型LAN】