≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

スイッチングハブについて

スイッチングハブ(Switching Hub)

スイッチングハブとは、スイッチング機能を持ったハブのことで、通常のハブと同様に複数のLANケーブルを接続するための集線装置です。スイッチング機能は、ハブが持つ複数のポートのうち、実際に通信が発生するポート間のみを直接接続し、不要なパケットが他のポートに流れないようにするものです。

リピータの集合体であるハブ(以下、リピータハブ)とは異なり、スイッチングハブはブリッジの多ポート版であり、マルチポートブリッジとも呼ばれる。受信したパケットをすべてのポートに送り出すリピータハブと異なり、スイッチングハブは実際に通信を行うポート間にのみパケットを流すことができる。そのため、他のポートでは同時に別の通信を行うことができます。そのため、パケットの衝突も抑制され、ネットワークの効率化につながります。また、ブリッジの特性を受け継いでいるため、リピータハブのような多段接続の制約がありません。

スイッチングハブでパケットを受信すると、パケットの送信先ポートとパケットに記述されている送信元MACアドレスがテーブルにマッピングされる。このテーブルは、どのポートにどのMACアドレスの機器が接続されているかを管理し、実際のポートの割り当てを行うために使用される。高速通信規格1000BASE-Tに対応したハブは、すべてスイッチングハブである。

スイッチングハブ(Switching Hub)関連用語

LAN(Local Area Network)

スター型LAN

Ethernet

LANケーブル

リピータ

ブリッジ

ハブ

MACアドレス

>>戻る【ハブ】

>>続く【モデム】