≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ブリッジについて

ブリッジ(Bridge)

ブリッジとは、OSI参照モデルのレイヤ2(データリンク層)において、中継機能を提供する装置である。

セグメントとは、ネットワーク上で、1台の装置から送出されたパケットが無条件に到達できる範囲のことである。ブリッジは、その名の通り橋を意味し、異なるセグメント間の橋渡しをする役割を果たす。

ブリッジは受信したパケットを調べることで、送信元と送信先の物理アドレス(MACアドレス)を記憶します。これをもとにアドレステーブルを作成し、セグメントのどちら側にパケットを中継するかを決定する。

受信パケットの宛先がアドレステーブルに存在する場合、ブリッジはそのアドレスが属するセグメントにのみパケットを送信します。これにより、ネットワーク上のパケットの流れが制御され、セグメント内のネットワーク効率が向上します。

ブリッジは送信したパケットを中継・再送するため、リピータと同じようにLANの総距離を延長するのに利用できる。また、ブリッジはセグメント間で不要なパケットを流さないため、衝突検出の問題が発生せず、リピータのような多段接続の制限もない。

しかし、ブリッジの主な目的は、LANの総延長を長くすることではありません。セグメントを分離して不要なパケットの流出を抑制し、ネットワークの効率を高めることが主な目的だ。このブリッジの複数のポートを束ねて、多ポートのスイッチングハブを構成しています。

ブリッジ(Bridge)関連用語

OSI参照モデル

パケット

LAN(Local Area Network)

スイッチングハブ

コリジョン

MACアドレス

>>戻る【第30回:リピータ】

>>続く【第32回:ルータ】