≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

OSI参照モデルについて

OSI参照モデルとは?

ネットワークでは、異なる機種が同じネットワーク上で問題なくデータを送受信できるよう、相互運用性を実現することが重要である。また、ネットワーク機能の拡張や付加サービスなど、新しい技術を取り入れることで、より高度にネットワークを活用することが求められている。

このような相互運用性や機能の拡張性を実現するために、ネットワークの基本構造は7つの階層で管理されています。この階層構造を「OSI参照モデル」または「OSI階層モデル」と呼びます。

最下層は第1層である「物理層」です。この層では、物理的なこと、つまりケーブルのピン数や電気的な特性を定義し、送出するデータの電気的な変換を行う。

次に第2層であるデータリンク層です。この層では、直接接続された相手との通信経路の確保、データエラーの修正、再送信の要求などを行います。

第3層目はネットワーク層です。IPアドレスの概念はこの層に位置づけられる。

第4層はトランスポート層で、ネットワーク層から流れてきたデータのエラーを整合・訂正し、送受信データの信頼性を確保するもので、TCPUDPなどのプロトコルはこの層に位置づけられる。

第5層はセッション層です。通信の開始や終了など、通信プログラム間の接続を管理し、通信経路を確立する。

第6層はプレゼンテーション層。圧縮方式や文字コードなどを管理し、アプリケーションソフトとネットワークの仲介を行う。

最後に、第7層であるアプリケーション層は、人間や他のプログラムが通信を利用するために必要なサービスを提供する。

OSI参照モデルの関連用語

ネットワークプロトコル

TCP/IP

IP(インターネットプロトコル)

UDP(ユーザ・データグラム・プロトコル)

IPアドレス

TCP(Transmission Control Protocol:伝送制御プロトコル)

>> ネットワークプロトコルについてに戻る

>> TCP/IPについてに続く