≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

TCP(ティーシーピー)

TCP(トランスミッション・コントロール・プロトコル)

OSI参照モデルの第4層のトランスポート層に位置づけられるネットワークプロトコルで、TCPは信頼性が高く安全なデータ通信を保証する。高い信頼性とは、データを損失することなく確実に相手に届けることを意味する。

TCP(Transmission Control Protocol)は、第5層(セッション層)以上のプロトコルから通信データを受け取り、パケットに分割して送信します。そのパケットを第3層(ネットワーク層)のIPに転送し、相手に届ける。

しかし、パケットが送信された順番通りに配送されれば良いのですが、実際にパケットを配送するIPではその保証はありません。そのため、ネットワークの混雑状況によっては、パケットが失われたり、遅延により順番が入れ替わったりする可能性がある。

これに対し、TCP(ティーシーピー)は、いくつかの方法を用いて、信頼性の高いデータ通信を実現しています。

まず、通信データをパケットに分割する際に、分割順に割り当てられたシーケンス番号を付加する。受信側はこの番号を確認し、必要であればパケットの順番を入れ替えることで、正しい順番で通信を行う。受信側は、パケットを受信したことを示す確認応答パケット(ACKパケット)を必ず送信側に返送する。これにより、送信側は送信したパケットが届いたかどうかを判断し、一定時間待っても応答がない場合は、パケットを再送してデータの消失を防ぐことができる。

現在では、TCPとIPを組み合わせたTCP/IPが主流で、インターネット上のさまざまなサービスの基盤として利用されている。

TCP(トランスミッション・コントロール・プロトコル)関連用語

OSI参照モデル

TCP/IP

IP(Internet Protocol)

パケット

UDP(User Datagram Protocol)

インターネット(the Internet)

>>戻る【第9回:IP(アイピー)】

>>続く【第11回:UDP(ユーディーピー)】