≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

NIC(ネットワーク・インターフェイス・カード)

NIC(ネットワーク・インターフェイス・カード)

NICとは、Network Interface Cardの略です。コンピュータをネットワークに接続するための拡張カードを示し、「LANボード」「LANカード」「LANアダプタ」とも呼ばれる。現在、イーサネット規格が最も広く使われているため、通常、イーサネット用のカードといえばNICが使われます。

NIC(Network Interface Card)は、ネットワークとのインターフェースであり、ネットワークとの物理的な接点と呼ぶべきものである。ネットワークを介して送られてくるデータは、ケーブル上では単なる電気信号だが、NICを通すことで解釈可能な通信データとしてコンピュータに送られる。

かつてNICは、パソコン内部のPCIバスと呼ばれる拡張スロットに搭載されるのが一般的だった。しかし、ネットワークの必要性が高まるにつれ、パソコン内部の基本部品であるチップセットにこの機能を内蔵することが一般的になってきた。そのため、現在ではほとんどのパソコンがネットワークインターフェイスを標準装備しており、ユーザーが別途ネットワークインターフェイスを追加するケースはそれほど多くない。カードという物理的な形態が実現されることはあまりない。

しかし、現在でもPCI Expressバス用やUSB用など、さまざまな形態のNICがあり、ユーザーは自分の使うパソコンに適したものを選択することができる。現在、チップセットに内蔵されているNICは、一般的に高速な1000BASE-T規格に対応したものが多い。その通信速度は最大で1Gbpsに及ぶ。

NIC(ネットワーク・インターフェイス・カード)関連用語

LAN(Local Area Network)

Ethernet

LANケーブル

bps(bits per second)

>>戻る【第27回:IP電話(アイピー電話)】

>>続く【第29回:LANケーブル】