≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ネットワークを構成する機器について

ネットワークには、物理的な接続方法から、その上を通過する電気信号の定義、通信内容の送受信の手順など、さまざまなルールがあります。これらのルールに従った機器でネットワークを構成することで、コンピュータの種類に依存することなく、さまざまな情報をやり取りすることができる。

電話もネットワークも変換方法は同じ

この「約束事に従った機器の構成」は、実生活で身近にある固定電話によく似ています。固定電話の場合、電話機はモジュラーケーブルで自宅の回線に接続されており、どんなに多機能でシンプルな電話機であっても、電話をかけるときに自分が使っている電話機の種類を意識することはほとんどない。これは、電話機がアナログの公衆回線を利用するための規格に則っているからだ。音声信号を電話回線に伝送する部分さえ同じであれば、電話機の機種を分ける必要はない。

約束事を標準化することで、情報のやり取りができる。

電話とコンピュータネットワークの違いは、コンピュータは最初からこのような信号変換機能を持っていない(専用機ではない)ことと、用意された公衆回線に簡単に接続できるものではないことだ。コンピュータの場合は、いろいろな機器を組み合わせて、自分たちに適したネットワークを実現する。

「NIC」は電気信号と電子データを変換する装置

LANの規格として広く使われている「イーサネット」では、NICLANケーブルハブルーターなどが代表的なネットワーク機器となる。

NIC(Network Interface Card)とは、パソコンをネットワークに接続するために必要な拡張ボードです。NICは、コンピューターからのデータを電気信号に変換し、このポートから送出する。また、NICは他からデータを受け取ることもあり、その場合は受け取った電子信号を元のデータに復元してコンピューターに渡します。つまり、ネットワークとパソコンの橋渡しをする翻訳機のようなものです。

現在のパソコンは、ネットワークで使うことを前提に設計されているため、この機能を最初から組み込んで出荷されていることがほとんどです。

「LANケーブル」は電気信号の物理的な通り道

LANケーブルとは、パソコン同士を物理的に接続するケーブルのことです。電話を公衆回線に接続するモジュラーケーブルのようなものです。このケーブルをNICのポートに差し込み、コンピュータ同士を接続することで、データを流すための経路が確立されます。

「ハブ」はLANケーブルの集線装置

ハブとは、LANケーブルを接続するポートを複数持ち、そこに何台ものコンピュータを接続することができるLANケーブル集線装置のことです。

この装置は、接続されたLANケーブルの間を電気的に中継する役割を担っています。したがって、ここに接続されたコンピューターは、あたかもLANケーブルで接続されているのと同じ状態になる。これにより、複数のパソコンが互いに情報を送り合える環境が整うのです。

以上が、手元のコンピュータをつないでLANを構成するための「基本装置」です。コンピュータが物理的につながり、1対1の接続が可能になり、それを使って複数のコンピュータが通信し、 ・・・・・・に広がっていく仕組みについて、ご理解いただけたでしょうか?

「ルーター」はネットワークの仕分け役

最後のルーターの種類は少し変わっています。ルーターとは、異なるネットワークを相互接続するために使われる装置です。例えば、LANとインターネットを繋いだり、支店間のLANを繋いでWANを構築したりする際にルーターが必要になります。

>>【クライアントとサーバーについて】に戻る

>>【ネットワーク上のサービス】へ続く