≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ネットワーク上のサービスについて

サービスとは、ネットワーク上でサーバーが提供する機能です。例えば、ファイルやプリンターの共有もその一つです。これらは、ネットワーク上のサーバーが共有サービスとして機能を開放しているため、クライアントが利用することができます。

「サービス」とは、サーバーが提供する機能である。

そもそも「サーバー」という言葉は、特別な機械を指すのではなく、「サービスを提供するコンピュータ」を指す。したがって、ファイル共有など、ネットワーク上で何らかのサービスを提供するものは、サーバーとして動作していることになる。このサービスには、個々のコンピュータが自らのリソースを共有するために利用するものから、ネットワーク全体を円滑に管理・運用するために不可欠なものまで、さまざまなものがある。

家庭用ルーターにも、さまざまなサーバー機能が実装されています。
前者の代表的なものは「ファイル共有」と「プリンター共有サービス」です。特にプリンター共有は、1台のプリンターを用意するだけで、ネットワーク上のどこからでも印刷できるようになるため、LANを構築する場合には必ず利用したいサービスである。

後者の管理・運用の代表的なものに「DHCP」と「DNS」があり、現在では家庭用ルーターにこれらの管理機能が搭載され、簡単にLANを構築できるようになった。

「DHCP」は、IPアドレスの割り当てなどの設定を自動化する。

DHCP(Dynamic Host ConfigurationProtocol)とは、クライアントのネットワーク設定やIPアドレスの割り当てを自動化するサービスである。

ネットワーク上の各クライアントは、DHCPサーバーに要求を出すことで、自分専用のIPアドレスを借りて、ネットワークに参加することができます。このIPアドレスは、TCP/IPネットワーク内の各コンピュータを識別するために使用されます。そのため、ネットワークに参加する各コンピューターには、他のコンピューターと重複しないようにIPアドレスを割り当てる必要があります。本サービスは、この管理の手間を軽減するものです。

「DNS」はコンピュータ名からIPアドレスを取得する

一方、やや似たような響きの「DNS(Domain Name System)」は、IPアドレスとコンピュータ名の対応を管理するサービスである。このサービスにより、コンピュータ名からIPアドレスを割り出すことができ、コンピュータにアクセスする際、覚えにくいIPアドレスではなく、覚えやすいコンピュータ名を利用することができる。

これらのサービスが稼働しているネットワークでは、クライアント側の設定のほとんどが自動化されている。そのため、ネットワーク構成の変更もあまり手間をかけずに、柔軟に行うことができる。

「NTP」による時刻同期が可能

ネットワーク管理以外にも、LANをより便利に使うためのサービスが存在する。例えば、「NTP(Network Time Protocol)」サービスは、すべてのコンピュータの時刻を、そのサービスを実行しているコンピュータの時刻に同期させることができます。

ゲートウェイ」とは、外部と内部をつなぐ出入口のことです。現在では、このようなサービスにより、家庭内の複数の情報端末が同時にインターネットを利用することができる。通常、外部ネットワークと通信するためには、端末の数だけIPアドレス(グローバルユニークバリュー)が必要だが、外部ネットワークとの出入り口であるゲートウェイには、複数の端末が一つのIPアドレスを共有できる機能(IPマスカレードと呼ぶ)がある。外部ネットワークとの出入口であるゲートウェイは、複数の端末が1つのIPアドレスを共有する機能(IPマスカレード)を動作させる。

このように、ネットワークはサービスの組み合わせによって運用される。つまり、ネットワーク上で何ができるかは、「ネットワーク上でどのようなサービスが動いているか」によって決まるのです。新しいサービスを追加することで、ネットワークの機能はいくらでも柔軟に拡張することができるのです。

>>ネットワークを構成する機器についてに戻る

>>インターネット技術についてに続く