≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

IPマスカレードについて

IPマスカレード (NAPT: Network Address Port Translation)

IPマスカレードとは、LAN内で使用するプライベートIPアドレスインターネット上で利用できるグローバルIPアドレスを相互に変換し、複数のコンピュータで1つのグローバルIPアドレスを共有できるようにする技術である。この機能は、ルーターに実装されることが多い。

NATがプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを1対1で変換するのに対して、IPマスカレードはTCPUDPポート番号も変換する。これにより、1対多の変換が可能となり、グローバルIPアドレスが1つしかない環境でも、複数のコンピューターから同時にインターネットに接続することができる。

しかし、この一見便利な機能にも弱点があり、一部のアプリケーションを実行できないことがある。これは、アプリケーションによっては、通信に固定されたポート番号を使用するものがあり、その場合、ポート番号まで変換するIPマスカレードが使用できないからである。また、複数のパソコンが同時に接続できても、アプリケーションが同じIPアドレスからの接続を1つに制限している場合、複数のユーザーが同時にサービスを受けることができない。

本来、「IPマスカレード」という言葉は、Linux OSに実装されている機能の名称に過ぎず、正しくは「NAPT(Network Address Port Translation)」である。しかし、実際には「IPマスカレード」という言葉の方が浸透しており、場合によっては「IPマスカレード=アドレス変換」という意味でNATと一緒にされることもある。

IPマスカレード (NAPT: Network Address Port Translation)関連用語

IPアドレス

LAN(Local Area Network)

プライベートIPアドレス

グローバルIPアドレス

ルータ

NAT(Network Address Translation)

インターネット(the Internet)

>>戻る【NAT(ナット)】

>>続く【LAN(ラン)】