≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

NAT(ナット)について

NAT (Network Address Translation)

NATとは、LANで使用されるプライベートIPアドレスと、インターネット上で利用できるグローバルIPアドレスを相互に変換する技術で、ルーターに多く実装されている。

インターネットの世界では、通信にグローバルIPアドレスが使われるが、IPアドレスは32ビットの値なので、発行できるアドレスの数に限りがある。そのため、LANなどの組織内ネットワークでは、通常、各コンピュータにプライベートIPアドレスが割り当てられる。しかし、このままではインターネットとの通信ができないため、インターネットにアクセスするときだけ、アドレス変換という方法でグローバルIPアドレスに変換する必要がある。そこで登場するのがNATです。

NAT(Network Address Translation)によるアドレス変換は、パケットを書き換えることで行われる。通過するパケットを常に監視し、インターネット向けのパケットが到着すると、パケットの送信元IPアドレスをNATが管理するグローバルIPアドレスに書き換えて送出する。このとき、元のプライベートIPアドレスは記憶されており、インターネット側から到着したパケットについては、宛先IPアドレスをプライベートIPアドレスに書き換えてLAN内で送信する。つまり、内部ではプライベートIPアドレスを使いながら、外部との通信には自動的にグローバルIPアドレスが使われることになる。

このような仕組みになっているため、NATによるアドレス変換は、常にグローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに1対1で置き換えている。そのため、NATは自身が所有するグローバルIPアドレスの数以上の通信を同時にインターネット側と行うことはできない。

NAT (Network Address Translation)関連用語

IPアドレス

パケット

LAN(Local Area Network)

プライベートIPアドレス

グローバルIPアドレス

ルータ

インターネット(the Internet)

>>戻る【パケットフィルタリング】

>>続く【IPマスカレード】