≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

インターネット技術について

インターネットは、LANを相互に接続することで地球規模に広がったネットワークである。かつては学術・研究目的で利用されていたが、インターネットが一般に開放され、接続サービスが登場したことにより爆発的に普及した。

「インターネット」は世界的なネットワークである。

現在では、「インターネット」という言葉が共通のインフラとなり、商用利用も盛んになっています。特に近年進化が著しいスマートフォンなどの携帯端末の分野では、インターネットへの接続がサービス利用の前提条件といっても過言ではありません。

このネットワークは、TCP/IPというネットワークプロトコルをベースにしています。このインフラでデータの受け渡しを担っているのがIPプロトコルで、ネットワーク上の各コンピュータはIPアドレスで識別されています。

ルーターはバケツリレーのように互いにデータを受け渡します。

一方、ルーターはLANとLANをつなぎます。ルーターが経路を選択し、バケツリレーのようにデータを渡し、目的のネットワークにデータを届ける。

インターネット上の代表的なサービスは、「WWW(World Wide Web)」と「電子メール」である。

「WWW」は世界共通のドキュメントシステム

「WWW」は、インターネット上で使われている標準的な文書システムであり、普及の原動力となったサービスである。最も広く利用されているサービスであるため、「インターネット」というと、そのまま「WWW」を指すことが多い。

WWWでは、HTML(Hyper Text Markup Language)という言語を使って文書が記述され、文書同士をリンクさせることができる。文書の主体はテキストデータだが、文書内に画像、音声、動画などさまざまなコンテンツを混在させることができ、URLという形でアドレスを指定すれば、世界中のどこからでも閲覧できるのが大きな特徴だ。

「電子メール」はネットワークを介した手紙

一方、「電子メール」は、簡単に言えばコンピュータネットワーク上でやり取りできる手紙のことです。ユーザーはそれぞれ自分の電子メールアドレスを持ち、パソコンで書いたメッセージをこのアドレスにいる相手に送ります。このメッセージはネットワークを通じて届けられるので、もちろん実際の手紙のようなタイムラグはない。また、本文にファイルを添付することで、あらゆるデータのやりとりができる利便性もあり、非常に便利なサービスである。

「VPN」とは、拠点間を接続するために構築された仮想的な専用線空間のこと。

インターネット自体がグローバルなネットワークであるため、これを通信インフラとして活用する動きも活発だ。その代表的なものが「インターネットVPN(Virtual Private Network)」です。これは、インターネット上に仮想的な専用線空間を作り、拠点間をセキュアに接続する技術である。この技術の主な構成要素は暗号化技術であり、拠点間で暗号化された通信データをやり取りすることで、仮想的な専用線空間を作り上げる。

暗号化技術の発展が、新しいサービスを生み出す。

従来、このような広域ネットワーク(WAN)を構築するには、高価な専用回線を使用する必要がありました。しかし、既存のインターネット回線を転用できれば、高価な回線を支払う必要はない。暗号化技術により、非常に安価にWANを構築することが可能になったのです。

インターネット上には他にも様々なサービスがあり、使われなくなるもの、消えていくものがある一方で、日々刻々と新しいサービスが登場し、その様相を変えている。今この瞬間にも新しい技術が生み出されているように、これらのサービスはこれからもどんどん広がっていくことでしょう。

>>ネットワーク上のサービスについてに戻る

>>ネットワークプロトコルについてに続く