≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

HTML(エイチティーエムエル)について

HTML (Hyper Text Markup Language)

HTMLは、World Wide Web用のドキュメントを記述するために、インターネット上で広く使用されている言語である。文書内にリンクを設定することで、文書同士を相互に関連付けることができる。このような特徴を持つテキストをハイパーテキストと呼ぶことから、HTMLと呼ばれるようになりました。

HTML(Hyper Text Markup Language)で書かれた文書は、内容的には単なるテキストファイルである。しかし、HTMLにはタグと呼ばれる予約語があり、文書の論理構造や見栄えを指定することができます。

このとき、指定された内容をどのように表示するかは、WWWブラウザの役割となる。そのため、使用するWWWブラウザによって見た目が異なるなどの問題がある。

HTMLは当初、文書構造を表現することに重点を置いていたが、WWWの一般化に伴い、爆発的に増加する非技術系ユーザーとそのニーズに対応するため、外観を含め、さまざまな拡張が行われた。現在では、HTMLは文書構造を表現する言語として本来の役割を取り戻し、CSSは文書の外観を表現するために利用されている。

これらのHTMLの拡張は、非営利団体であるW3C(World Wide Web Consortium)によって管理されている。

HTML (Hyper Text Markup Language)関連用語

インターネット(the Internet)

WWW(World Wide Web)

Webサイト

ホームページ

HTTP(HyperText Transfer Protocol)

CSS(Cascading Style Sheets)

WWWブラウザ

>>戻る【ICMP(アイシーエムピー)】

>>続く【CSS(シーエスエス)】