≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

CSS(シーエスエス)について

CSS(Cascading Style Sheets)

CSSは、HTMLで書かれた文書のレイアウトや見栄えを定義するための言語である。インターネットの普及に伴い、WWW上でより見栄えのする表現が求められるようになり、それに伴いHTMLの言語仕様も拡張され、視覚効果を高めるためのタグが多数追加されてきた。しかし、これによって「文書の論理構造を記述する」というHTMLの目的が失われ、また、拡張された内容は、WWWブラウザによって表示結果が異なるなど、さまざまな弊害を引き起こしている。

CSSは、これまでHTMLで規定されていたレイアウトなどの視覚表現に関わる部分を置き換えた言語である。これにより、文書の定義とレイアウトが完全に分離され、HTMLは本来の目的である文書の論理構造の記述に立ち戻ることができるようになった。

CSSでは、フォントや色、背景など様々な属性を指定することができる。この内容はHTMLに埋め込むこともできるが、本来の目的は「レイアウトの定義をHTMLから分離すること」なので、外部ファイルに定義を書き、それへのリンクをHTMLに埋め込むことが一般的である。現在、文書構造にはHTML、表現にはCSS、動的な変化にはスクリプト言語が使われている。

CSS(Cascading Style Sheets)関連用語

インターネット(the Internet)

WWW(World Wide Web)

WWWブラウザ

Webサイト

ホームページ

HTML(Hyper Text Markup Lnguage)

JavaScript

>>戻る【HTML(エイチティーエムエル)】

>>続く【JavaScript(ジャバスクリプト)】