≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

JavaScript(ジャバスクリプト)について

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptは、旧Netscape Communicasionsが同社のWebブラウザ「Netscape Navigator 2.0」で初めて実装したスクリプト言語である。Sun Microsystems社のJava言語と名前が似ているが、構文が似ている以外は互換性がなく、全く別の言語である。

1997年にヨーロッパの標準化団体であるECMAが標準化し、「ECMAScript」として仕様を定義した。現在では多くのWebブラウザが対応しているほか、OSやアプリケーション上での自動処理の仕組みとして、このJavaScriptや類似のスクリプト言語が実装されているケースも多い。

JavaScriptの主な用途は、これまで印刷物のように静的なページでしかなかったWebサイトに、動的なメニュー操作や入退出チェックなどの動きやインタラクティブ性を付加することである。スクリプト言語は「シンプルなプログラミング言語」とも呼ばれ、複雑な手順を踏まずに書かれたプログラムを実行できることが特徴である。JavaScriptは、HTMLファイル内に直接プログラムを記述することで、Webサイトにさまざまな動的効果を加えることができる。

しかし、JavaScriptは高機能である反面、使い方によっては悪意のあるWebページを作成する可能性があるなど、注意点も多い。

JavaScript(ジャバスクリプト)関連用語

HTML(Hyper Text Markup Lnguage)

CSS(Cascading Style Sheets)

インターネット(the Internet)

WWW(World Wide Web)

WWWブラウザ

>>戻る【CSS(シーエスエス)】

>>続く【CMS(シーエムエス)】