≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ICMP(アイシーエムピー)について

ICMP(Internet Control Message Protocol)

ICMPは、TCP/IPパケット通信で発生する様々なエラー情報を報告するためのネットワークプロトコルである。通信中にエラーが発生した場合、ICMPはエラーが発生した場所からパケットの送信元にエラー情報を送り返す。この報告により、途中の機器はネットワークに障害が発生したことを知ることができる。

ICMPを利用したネットワーク検査コマンドとしては、Pingやtracerouteがよく知られています。

Pingは、ネットワークの通信状況を確認するためのコマンドである。具体的には、検査対象のコンピュータにIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて応答があることを確認する。このコマンドが正常に実行されれば、パケットは正常に配送され、ネットワーク通信の確認ができる。このとき、到着時刻も表示されるので、簡単なネットワーク性能の確認にも利用できる。

tracerouteは、ネットワークの経路を調査するために使用するコマンドです。目的のコンピュータに到達できるルーターなどの情報を一覧表示することができる。例えば、pingが正常に終了しない場合、このコマンドを使用すると、経路に問題があることを調べることができます。また、経路上の各ルーターからの応答を測定することができるので、ネットワークのボトルネック(経路上の通信速度が遅いポイント)を調査することができます。

ICMP(Internet Control Message Protocol)関連用語

ネットワークプロトコル

パケット

IP(Internet Protocol)

TCP/IP

>>戻る【MIME(マイム)】

>>続く【HTML(エイチティーエムエル)】