≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

MIME(マイム)について

MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions) 

インターネットメールは、もともとASCII文字しか扱えない。MIMEは、これを拡張して、日本語などの2バイト文字や、電子メール本文へのファイル添付を扱えるようにした規格である。

MIMEの基本的な動作は、電子メールの本文を複数のパートに分割し、それぞれのパートにASCII文字に変換されたバイナリデータを格納するというもの。各パートには、データの内容を識別できるように「Content-Type」などの各種ヘッダー情報を付加する。このContent-Typeには、テキスト、イメージ、オーディオなどさまざまなタイプを指定することができる(このタイプをMIMEタイプと呼ぶ)。

データをASCII文字に変換する方法には、Base64、uuencode、QuotedPrintableなどがある。主にBase64が使われ、実際に何を使って変換したかの情報も前述のヘッダー情報に記述される。受信者はこの情報を元に元のデータを復元する。

古いメールソフトを使用している場合、受信したメールの本文に意味不明な文字列が長く続くことがある。これは、そのソフトがMIME規格に対応していないためで、意味不明な文字列はASCII文字に変換されたデータである。

MIMEが今ほど一般的でなかった時代には、この現象は珍しいことではありませんでした。この場合、メールソフトに復旧を任せることができないため、別の専用ツールなどを使って手動で添付ファイルを復旧させる必要があった。

MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions) 関連用語

インターネット(the Internet)

電子メール(e-mail)

>>戻る【NTP(エヌティーピー)】

>>続く【ICMP(アイシーエムピー)】