≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

コンピュータウィルス(computer virus)とは

コンピュータウィルス(computer virus)

コンピュータ・ウイルスとは、他人のコンピュータに入り込み、何らかの被害を与える悪意のあるプログラムのことである。通商産業省の定義によると、コンピュータ・ウィルスは次の3つの機能のうち、1つ以上の機能を持つ。「自己の機能やシステムの機能を利用して他のシステムにコピーして感染する機能(自己感染機能)」、「発病の条件を記憶し、それまでは症状を出さない機能(潜伏機能)」、「プログラムやファイルの破壊など、意図しない動作を起こす機能」です。(という3つの機能のうち、1つ以上を持っているとされる)。ウイルスが増殖しながら広がっていく様子が、実際のウイルスとよく似ていることから、このように呼ばれています。

感染経路は、基本的に「インターネットからダウンロードしたファイル」「電子メールの添付ファイル」「他人から借りたUSBメモリなどのリムーバブルメディア」です。この場合、ファイルを開いたり実行したりしない限り、感染することはない。狭義のウイルスは、このような「ホストプログラムのファイルを実行することで感染先に広がるウイルス」を指し、以下の2種類とは明確に区別されます。

「ワーム」と呼ばれるタイプのウイルスは、そのような媒体を介さずにコンピュータ内に侵入して感染を広げる。システムのセキュリティホールを利用し、インターネットなどのネットワーク上で無防備なコンピュータを探し出し、感染させる。

「トロイの木馬」は、一見便利そうに見えるが、実は裏でパスワード情報を抜き取るなど、システム上で悪意のある動作を行うソフトウェアの一種である。ただし、最近では、システムを破壊せずに情報を盗み出すことを目的とした「スパイウェア」をウイルスと区別することが一般的になっています。

このようにコンピュータに被害を与えるプログラム全般を指して「マルウェア」と呼んでいます。これらを駆除し、感染を防ぐために「アンチウイルス」や「ワクチン」と呼ばれるソフトウェアが使用されます。

コンピュータ・ウィルス(computer virus)関連用語

ファイアウォール

パケットフィルタリング

インターネット(the Internet)

WWW(World Wide Web)

電子メール(e-mail)

>>戻る【SIMカード(シムカード)】

>>続く【不正アクセス】