≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

JPNIC (ジェーピーニック)について

JPNIC(ジャパン・ネットワーク・インフォメーション・センター)

JPNICとはJapan Network Information Centerの略称で、日本国内でIPアドレスの割り当てを行う機関。

インターネット上で使用されるグローバルIPアドレスは、世界に1つしか存在しない値でなければならない。そのため、各国に専門機関が設置され、その管理のもとで割り当てが行われている。日本では、JPNIC(JaPan Network Information Center)がその役割を担っている。

当初、JPNICはIPアドレスの管理に加え、JPドメイン名の登録・管理も担当していました。しかし、現在ではJPNICが設立した民間企業であるJPRS(日本レジストリサービス株式会社)にドメイン名の管理を移管し、JPNIC自身はドメイン名の調査や国際ルール作りに専念しています。

日本におけるIPアドレスの取り扱いは、次のようになっています。まず、JPNICが各ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)グローバルなIPアドレスを割り当て、ISPがその割り当て範囲内で各ユーザにIPアドレスを割り当てる。したがって、個々のユーザがJPNICと直接関わることはなく、JPNICは日本で唯一の運営組織ですが、一般にはあまり馴染みがありません。

JPNIC自体は、インターネットの国際的な管理組織であるICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)の下部組織として位置づけられており、国際調整を含めた業務が重要視されています。

JPNIC(ジャパン・ネットワーク・インフォメーション・センター)関連用語

IPアドレス

ドメイン

プライベートIPアドレス

グローバルIPアドレス

インターネット(the Internet)

>>戻る【第69回:ISP(アイエスピー)】

>>続く【第71回:WWW(ダブリュダブリュダブリュ)】