≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

UPnP(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)について

UPnP(Universal Plug and Play)

プラグ・アンド・プレイとは、「差し込むだけで使える」という意味です。周辺機器をパソコンに接続すると、何の設定もなく自動的に使用できる状態になることです。

UPnPとはUniversal Plug and Playの略で、プラグアンドプレイの概念をネットワークに拡張したものです。UPnPは、パソコンや周辺機器、家電製品などをネットワークに接続し、制御できるようにするために、マイクロソフト社が提唱した規格です。

この規格に対応した機器は、自動的にネットワークに参加し、IPアドレスを取得し、ネットワーク上の機器に自身の能力を通知する。これにより、ネットワークの設定が不要になり、「プラグ・アンド・プレイ」が可能になる。

現在、マイクロソフト社のWindows MeやWindows XP以降のOSがこの規格に対応しており、家庭用ルーターでも実装するものが増えてきている。

当初、UPnPを使ったビデオチャットや音声通話はマイクロソフト製品にしか実装されていなかったが、近年では「あらゆる情報機器を相互に接続・連携するためのガイドライン」であるDLNAのベース技術として採用され、家電やAV機器の分野にも利用が広がっている。家電やAV機器の分野でも利用範囲が広がっている。

UPnP(Universal Plug and Play)関連用語

IPアドレス

ルータ

>>戻る【QoS(キューオーエス)】

>>続く【NAS(ナス)】