≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

NAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)について

NAS(Network Attached Storage)

NASとは、ネットワークに直接接続する外部記憶装置(ストレージデバイス)のことで、NASが提供する記憶領域はネットワーク上で共有することができます。

記憶装置というと、パソコンに接続するハードディスクやUSBメモリなどをイメージしますが、NASはネットワークに直接接続された(みんなで共有できる)・・・というイメージで捉えていただければと思います。

また、上記の役割を果たす機器の代表例として、ファイルサーバーがあります。ファイルサーバーは、自身が管理する記憶領域を共有可能なフォルダーなどとしてネットワーク上に公開し、ユーザーはその領域をネットワーク上で利用することができる。これにより、複数のパソコンやユーザー間でのデータの共有や更新が容易になります。

NAS(Network Attached Storage)は、サーバーからファイルサーバーの機能だけを取り出した専用機器です。専用機器のため、ネットワークに接続するために必要な通信機能やファイルシステム管理機能が最初から組み込まれており、既存のネットワークに「差し込むだけ」で簡単に使い始めることができます。

内部構成はさまざまだが、複数のハードディスクを組み合わせて、機器の破損時にデータの消失やシステムダウンを防ぐ機能「RAID」に対応したものが多い。また、上位機種はホットスワップ機能に対応しており、システムを稼働させたままハードディスクの取り外しや交換ができる。

NAS(Network Attached Storage)関連用語

クライアントとサーバ

Ethernet

LAN(Local Area Network)

>>戻る【UPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)】

>>続く【DNS(ディーエヌエス)】