【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

【2022年】購入すべき暗号通貨ベスト11

CHAPTER(チャプター)

購入すべき暗号通貨ベスト11

2022年購入すべき暗号通貨ベスト11

現在、Coinmarketcapに掲載されている暗号通貨は5,000以上あり、おそらくその倍は知らないうちに増えているはずです。

それは大変な数です。では、この中から2022年に買うべき最高の暗号は何でしょうか?

この記事では、強力で多様なポートフォリオのために投資すべき、私のベスト11の暗号通貨を紹介します。

次の大きな暗号通貨を探している人も、分散投資のためにどのアルトコインを買えばいいか探している人も、読んでみてください。

仮想通貨の購入は分散がカギ

購入するのに最適な暗号通貨は1つだけではありません。

たくさんの暗号通貨が様々なユースケースを持ち、様々な産業を破壊することが約束されているのです。

暗号通貨に投資するのはリスクが高いですが、1つだけに投資するのはもっとリスクが高いといえます。

ですから、暗号のポートフォリオを多様化するようにしてください。

分散は、リスクをヘッジし、次のホットな暗号通貨に関与する可能性を高める素晴らしい方法です。

私は分散が好きなので、投資するのに最適な暗号通貨の私のリストには、以下のコインが含まれています。

  • 存在するコインのさまざまなカテゴリ分類。
  • 各カテゴリーの中で変動が少ないコインであること。
  • 保管や取引が比較的容易なもの。

提示されたすべての暗号通貨はどれも異なっているので、どれがあなたのポートフォリオと投資戦略にとって最も理にかなっているかを必ず考えてみてください。

購入すべきベスト11の暗号通貨

今後、各コインについて、その目的、チーム、流動性、価格変動などの指標を解説していきます。

最終的には、2022年に買うべき最高の暗号はどれかを自分で決められるように、しっかりと理解することができるでしょう。

まずは人気のある、よく知られた暗号通貨から始めます。初心者に理想的です。

その後、より高度なコインに移ります。

これらのコインはより多くの利益を生むかもしれませんが、それらについてもう少し知っておく必要があります。

さらに、私のリストの最初のコインよりもボラティリティが高い可能性があります。

もしあなたがすでにCoinbaseのようなプラットフォームで提供されているトップクラスの暗号通貨に投資していて、ポートフォリオを拡大したいのであれば、私のリストの一番下にあるコインは投資するのに最適な暗号かもしれません。

#1. ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインは、現在までに最も広く利用されている暗号通貨です。暗号通貨の王様と呼ばれることも多く、その主な目的は、グローバルなピアツーピアのデジタルキャッシュとして機能することです。

ビットコインは、創設者が匿名である暗号通貨の中で唯一、私がお勧めする通貨です。ビットコインの創始者はサトシ・ナカモトとして知られています。彼が誰であるかについては多くの憶測がありますが、最終的には誰も知りません。一方、ビットコインのオープンソースコードベースを積極的に更新しているチームは、アダム・バックのようなこの分野のトップクラスの暗号学者によって運営されています。

ビットコインの流動性

ビットコインはこの分野で最も流動性が高く、初心者が購入するのに最適な暗号通貨です。ビットコインの売買に困ることはありません – あなたの注文に応じる人が常にいます。

ビットコインの価格とボラティリティ

そのボラティリティにもかかわらず、ビットコインは最も安定した暗号通貨の1つとして知られています。誰かが価格を操作するには、多くの資本が必要です。

ビットコインの経済圏

ビットコインはPoW(Proof-of-Work)システムで動いており、採掘者はビットコインでブロック報酬を受け取ることになります。当初、ブロック報酬は1ブロックあたり50BTCでしたが、21万ブロックごとに報酬は半分になります。つまり、時間の経過とともにインフレ率が低下していくのです。また、供給量も限られており、2100万コインしか採掘されません。需要が増えれば、価格は大幅に上昇するはずです。

ビットコインの市場シェア

ビットコインは暗号通貨市場全体の60%以上を占めていることをご存知ですか?この優位性は、それが途方もない勢いを持っていることを意味し、あなたが初心者である場合、または単にあまり取引しない場合は、2021年に投資するための最良の暗号になります。

簡単に言えば、ビットコインは現在でも買うべき最高の暗号です。私は、ビットコインに投資することなく、暗号通貨に投資することを誰にも勧めません。

まだ納得できない方は、ビットコインが良い投資先である理由をご覧ください。

≫もっと詳しく見る:初心者のためのビットコイン【ビットコインとは】

#2. ライトコイン(Litecoin)

ライトコインはビットコインの後に登場した最初の暗号通貨の一つであり、過去10年間で最もホットな暗号通貨の一つです。

ビットコインのソースコードを使用するライトコインは、ビットコインのフォークであり、コードにいくつかの技術的な変更を加え、ビットコインよりはるかに高速になりました。ライトコインの使命は、グローバルなピアツーピアの通貨となることです。

クリエイターはチャーリー・リー。彼は経験豊富なコンピュータ科学者で、Coinbaseでもエンジニアのディレクターとして働いていました。彼の兄はBobby Leeで、大手取引所のBTC Chinaを設立しました。チャーリーは経験豊富で人脈も広かったそうです。

ライトコインの流動性

ライトコインは非常に流動性が高い。誕生以来、高い流動性と大きな時価総額を持っています。

ライトコインの価格とボラティリティ

ライトコインは、市場規模やコミュニティが小さい高リスクのコインと比較して、より信頼性の高いホールドが可能です。

ライトコインの経済圏

ライトコインは50LTCのブロック報酬で始まりましたが、現在は12.5LTCです。ビットコインの2100万枚に対し、ライトコインは8400万枚と供給量に限りがあります。それでも、これはより高いブロック報酬とより速いブロック時間での話です。

ライトコインが投資に向いている理由

ライトコインは、ビットコインの金に対する銀です。元祖アルトコインの1つなので、他のアルトコインと比較しても圧倒的な時価総額を持っています。さらに、ビットコインよりも高速で安価なため、実用性もあります。その長寿と実用性から、2021年に買うべき最高の暗号の上位に位置します。

#3. イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは、スマートコントラクトを導入した最初の主要プロジェクトです。

スマートコントラクトにより、開発者はブロックチェーンの上にモバイルやデスクトップの分散型アプリケーション(dApps)を立ち上げることができます。

数千のトークンがイーサリアムネットワーク上で稼働しており、これらのトークンがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)ムーブメントに拍車をかけたのです。

イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリンによって創設されました。彼は非常に若いですが、暗号通貨に熱心な専門家であることを証明しています。Joseph Lubinは、イーサリアムの共同創設者であると同時に、分散型イーサリアムアプリケーションの作成に特化したNYのソフトウェア制作スタジオであるConsensysとしても知られています。

イーサリアムの流動性

イーサリアムは流動性も高く、一般的にビットコインのすぐ下の2位か3位にランクされています。イーサリアムの売買に問題はないでしょう。

イーサリアムの価格とボラティリティ

イーサリアムは忠実なコミュニティとチームを持っているため、価格が安定し、長期的に増加する可能性が高く、投資するのに最適な暗号の1つとなっていることを意味します。

イーサリアムの経済圏

ビットコインやライトコインとは対照的に、存在しうるイーサはもっとたくさんあります。しかし、イーサリアムはdAppエコシステムを活性化させることを心に留めておいてください。これは、何百万人もの開発者や企業が、スマートコントラクトに燃料を供給し、アプリケーションを起動するためにイーサを必要とする可能性があることを意味します。

イーサリアムが投資に向いている理由

イーサリアムはスマートコントラクトプラットフォームの現在のリーダーであり、世界にもたらしたイノベーションと世界中に潜在するアプリケーションのために、2021年に購入すべき最もホットな暗号通貨の1つであることに変わりはありません。

#4. バイナンスコイン(BNB)

通貨としての利用を目的とするビットコインやライトコインとは異なり、バイナンスのコインはユーティリティ・トークンです。

つまり、その価値は、バイナンスのエコシステム内でどれだけ役に立つか(そしてそのユーティリティに対してどれだけ需要があるか)から生まれるということです。

Changpen ZhaoはBinanceのCEOです。彼と彼のチームがBinanceで達成している成功を考えると、彼らはこのコインを成功させるためのスキルとリソースを持っていると言ってよいでしょう。

バイナンスコイン(BNB)の流動性

バイナンスコインは今最も流動性の高い暗号通貨の1つです。Coinmarketcapで常に上位にランクインしており、取引量も安定しているか増加しています。

バイナンスコイン(BNB)の価格とボラティリティ

価格は、一貫した成長とともに、(他の暗号通貨と比較して)印象的な安定性を示しています。2019年初頭のベアマーケット時には確かに価格がx3倍になりましたが、それでも最も有望な暗号通貨の1つと考えられています。

バイナンスコイン(BNB)の経済圏

200,000,000 BNBが1コインあたり0.10ドルでICOにより発行されました。BNBは、BNBを保有するユーザーに対して取引手数料の割引を提供しています。BNBを保有する初年度は50%の割引、2年目は25%、3年目は12.5%、4年目は6.75%、5年目以降はゼロと、ユーザーは割引を受けることができます。また、Binanceは四半期ごとに利益の20%を使い、BNBトークンを買い戻し、BNBが100,000,000と半分に減るまで燃やす予定だそうです。バイナンスは分散型取引所「Binance DEX」も立ち上げており、BNBの有用性はさらに高まるはずです。

バイナンスコイン(BNB)が投資に向いている理由

ほとんどのユーティリティトークンとは対照的に、バイナンスはBNBトークンのユースケースをたくさん見つけており(そして定期的に新しいユースケースを追加し続けています)、それはトークンに対する需要、ひいてはその価格を増加させるだけであるはずです。

バイナンスは、世界で最も急成長している取引所の一つです。バイナンスコインは取引所での取引の支払いやその他多くの用途に使用されるため、BNBは2021年に取引量が最も急増した暗号通貨の1つとなっています。

確かな事業実績と経験豊富なチームが発行するユーティリティトークンを追加して暗号通貨ポートフォリオを多様化したいと考えていて、どの暗号を買えばいいか分からない場合は、Binanceコインについて考えてみてください。

≫もっと詳しく見る:バイナンス(Binance)レビュー【海外仮想通貨の取引所】

#5. ベーシックアテンショントークン(BAT)

Basic Attention TokenもBrave Browserで最もよく活用されているユーティリティトークンです。

BATトークンは、コンテンツクリエイターや、インターネット上で役に立ったと思った人にチップを渡すために使用されます。コンテンツ制作者に毎月チップを送ることもできますし、特定の人に1回だけチップを送ることもできます。

さらに、広告を見たユーザーは、BATで報酬を得ることができます。スマートコントラクトを利用することで、広告主はBATをロックすることができ、広告が視聴されると、その資金はBrave Browserとエンドビューワーの両方に放出されます。

BATトークンの創設者はBrendan Eichです。彼はJavascriptの作成に携わり、Mozilla Firefoxの共同設立者でもあります。このようなワイルドな経歴から、彼がブラウザビジネスとテクノロジーを理解していることは間違いないでしょう。

BATトークンの流動性

流動性は常に変動していますが、Coinmarketcapによると、BATは一般的に最も取引されているトップ40のコインの中に入っています。

BATトークンの流動性

他の暗号通貨と比較して、驚くほど一貫しています。2018年と2019年、他のほとんどのコインが暴落している中、価格は同じ地域内にとどまっています。これは健全な蓄積の良い兆候かもしれません。

BATトークンの価格とボラティリティ

合計15億のトークンが存在し、この状態を維持することが計画されています。需要が増えれば、トークンの価格評価も上がるはずです。

BATトークンの経済圏

BATトークンはBraveのエコシステム内で多用されています。さらに、Braveブラウザは2019年以降、インターネットユーザーから大きな採用の伸びと素晴らしいフィードバックがありました。BATは2022年も注目の暗号通貨となる可能性が高いです。

#6. モネロ(XMR)

Moneroはプライバシーに特化したプロジェクトです。このコインは、参加者の身元を隠すために、派手な暗号とプライバシーロジックを利用しています。

このためダークウェブで広く利用されており、現在最も人気のあるプライバシーコインとも言えます。

Moneroは、Bitcointalkフォーラムのユーザーによって、やや匿名でスタートしました。チームは、経験豊富な開発者であり暗号通貨の専門家であるRiccardo “fluffypony” Spagniが率いていることが知られています。

モネロ(XMR)の流動性

Moneroは流動性の高いコインで、Coinmarketcapでは常に上位に位置しています。いくら売買を希望しても、市場規模は十分に大きいはずです。

モネロ(XMR)の価格とボラティリティ

Moneroのユーザーベースと時価総額のため、時価総額の小さいコインよりも少し安定しており、リスクも少ない印象です。そしてそれは2018/2019年の弱気市場の間も、証明されています。

モネロ(XMR)の経済圏

2022年5月まで、最大1840万枚のXMRコインが流通することが存在します。その後、毎分0.3枚のXMRが永遠に流通することになります。これはかなり小さな制限であり、需要がある時には非常に価値のあるコインとなります。ダークウェブの多くは、プライバシー機能のためにMoneroを使用しており、継続的に需要を押し上げています。

モネロ(XMR)が投資に向いている理由

あなたがそれを良いと感じるかどうかにかかわらず、Moneroのようなプライバシーコインは、ブラックマーケットでの使用により、常に需要があります。旧式の技術であるにもかかわらず、Moneroの人気と流動性により、XMRは2021年に購入すべきプライバシー重視の暗号通貨のトップであり、ポートフォリオを多様化するのに最適な方法であると言えます。

#7. NEO(ネオ)

NEOは、中国版イーサリアムと呼ばれることもあります。中国で設立されたNEOは、開発者がブロックチェーン上でdAppsを起動することを可能にする別のスマートコントラクトプラットフォームです。

イーサリアムよりも若干中央集権的です:イーサリアムのように何百ものノードに頼るのではなく、NEOの意思決定を構成するのはわずか数台(10台以下)です。

創業者はDa HongfeiとErik Zhangで、彼らはOnchainという会社も率いています。

NEO(ネオ)の流動性

NEOはCoinmarketcapで概ねトップ25に位置しており、流動性の高い資産となっています。

NEO(ネオ)の価格とボラティリティ

高い流動性と価格の関係から、あなたの投資は、そこにある他のほとんどの暗号通貨よりも安全で安定したものになることは間違いないでしょう。

NEO(ネオ)の経済圏

2億NEOが存在することになります。1億NEOがジェネシスブロックで作成され、5000万が初期投資家に売却され、1500万が開発資金のためにアンロックされています。つまり、NEOの供給はすでにユーザーに分配されており、あとは需要が高まり続けるだけだといえるでしょう。

NEO(ネオ)が投資に向いている理由

スマートコントラクトのプラットフォームは、広大な市場をターゲットにしています。現在、世界的にはイーサリアムがリードしていますが、中国は巨大な市場であり、NEOはそこでリードする可能性が大きいのです。その結果、NEOはイーサリアムのヘッジをしたい場合に購入するのに最適な暗号通貨の1つです。

#8. Beam(ビーム)

Beamもまた、プライバシーに焦点を当てた暗号通貨で、業界を騒がせています。

より伝統的なブロックチェーンプロジェクトであるMoneroとは異なり、BeamはMimblewimbleという新しいブロックチェーンプロトコルを使用しています。

詳細は省きますが、Mimblewimbleは、高いレベルのプライバシーと匿名性を維持しながら、ブロックチェーンのスケーリングと取引速度に大きく貢献することが知られています。

Alexander ZaidelsonはBeamのCEOであり、P2P技術に豊富な経験を持っています。彼はNareos(P2Pファイル共有会社)を共同設立し、他のいくつかのスタートアップのアドバイザーを務めています。

Beam(ビーム)の流動性

Beamは、時価総額が比較的小さい割に流動性が高いのが、良い面です。投資家がアクティブで、投機が盛んであることを意味します。

Beam(ビーム)の価格とボラティリティ

Beamの価格は、多くのアルトコインと比較してかなり安定しています。しかし、比較的新しいので、価格はいつでも上下する可能性があります。

Beam(ビーム)の経済圏

BeamはBitcoinやLitecoinのようなPoW暗号通貨です。つまり、人々は物理的な採掘ハードウェアに投資し、各コインの作成に必要な基礎価格を作り出しています。言い換えれば、コインを生産するための大まかな卸売価格です。存在しうる最大供給量は262,800,000 BEAMです。インフレ率はブロック報酬に依存し、1ブロックあたり80コインから始まり、40コインに減少し、最後に6年目には1ブロックあたり25コインに減少します。その後、4年ごとに半減し、129年目まで続きます。まとめると、インフレは時間の経過とともに下がっていくのです。もしビームの需要が時間とともに増加するならば、いい意味での価格上昇の可能性があります。

Beam(ビーム)が投資に向いている理由

Mimblewimble技術により、ビームは他のプライバシーに特化したコインよりもスケーラブルであるべきです。よく考えられた暗号経済学で、Beamは今後も買うべき次の最も有望な暗号になる可能性が非常に高いです。

#9. NEXO(ネクソー)

最近、注目されているのがNexoです。ソフトウェアとしてのNexoは、ユーザーが持っているコインを担保にお金を借りることができるウォレットです。

一方で、ユーザーは簡単かつ即座にクリプトを貸し出し、貸し出しによる利息を得ることもできます。

また、Nexoはユーザーに無料のクレジットカードを提供し、ユニークなビジネスモデルを持っています。

NEXOトークンは、業界で初めて提供されるセキュリティトークン(STO)の1つです。

Kosta Kantchevは、Nexoを支える代表的な人物の一人です。彼は、Nexoを動かす事業であるリテールレンディングに特化したヨーロッパの大手フィンテックグループ、クレディッシモの共同創業者です。フィンテックのベテランであり、ビットコインの初期ユーザーでもあります。

NEXO(ネクソー)の流動性

Nexoは、平均的なトレーダーがポジションを開始または終了するのに十分な流動性を持っていますが、大口投資家はバッグを積むのに苦労するかもしれません。

NEXO(ネクソー)の価格とボラティリティ

これまでのところ、信じられないほど安定しています。また、オーガニックな成長を遂げており、価格が急激に上昇したり下落したりすることはありません。

NEXO(ネクソー)の経済圏

現在、NEXOの流通量は560,000,000以下であり、最大供給量は1,000,000,000です。NEXOはセキュリティトークンなので、SECにも準拠しており、保有者に配当が支払われます。これは、どの暗号を買うかを決めるときに多くの人にとって大きな問題です。

NEXO(ネクソー)が投資に向いている理由

暗号レンディングスペースは急速に成長しており、Nexoはこの業界をリードするブランドの1つです。このコインはかなり新しいものですが、投資家が暗号資産を多様化し、配当金支払いによって保有資産からお金を得るための素晴らしい方法を提供しています。Nexoはすでに機能的な製品を持っていますし、世の中のほとんどの暗号通貨プロジェクトにはないものです。そして、創設者はクレジット業界で非常に経験豊富です。

#10. Cardano・カルダノ (ADA)

EthereumやNEOと競合するCardanoは、よりスケーラブルで開発者が使いやすいと謳われています。

台帳の残高を追跡する役割と、価値を移転する役割の2層の技術を導入することで、よりスケーラブルにすることを目指しています。

カルダノは、HaskellとPlutusという2つのプログラミング言語を使用しています。

Haskellは1980年代から使われており、開発者が分散型アプリケーションを作りやすくするためのCardanoの試みだ。Plutusは、Cardanoの開発チームが社内で構築した関数型言語です。

チャールズ・ホスキンソンはカルダノの共同創業者であり、イーサリアムの共同創業者でもありました。また、ブロックチェーン技術の研究開発機関であるIOHKを率いています。CharlesはCardanoをベンチャーとして成功させるための十分な資質を備えています。

Cardano・カルダノ (ADA)の流動性

Cardanoは定期的に高い取引量を記録しており、この市場で積極的に取引することに何の不安もないでしょう。

Cardano・カルダノ (ADA)の価格とボラティリティ

Cardanoは浮き沈みが激しいです。全体的に、そこにある他の主要な暗号通貨よりもボラティリティが高いです。

Cardano・カルダノ (ADA)の経済圏

Cardanoの最大供給量は45,000,000,000で、現在の供給量は~31,000,000,000です。Proof-of-Stake (PoS)コンセンサスアルゴリズムを使用しています。

Cardano・カルダノ (ADA)が投資に向いている理由

全体として、CardanoはEthereumに対する別のヘッジ方法です。NEOやEthereumそのものほど有望ではないかもしれませんが、可能性を秘めているので、少なくとも注目しておく価値はあるでしょう。

#11. ENJIN・エンジン(ENJ)

Enjinは、ブロックチェーン技術の魅力的なユースケースです。同社の全目標は、ゲーム(esports、VR、ソーシャルなど)をブロックチェーンに取り込むことです。

つまり、ゲーマーはゲームから資産を所有することができるのです。

ゲームをプレイして、ゲームが終わったら、そのアセットを他のプレイヤーに売ることができると想像してください。

また、お気に入りのプレイヤーやTwitchのトップチャンピオンからゲーム内アイテムを購入し、収集することも可能です。価値が上がるのを待つもよし、すぐに売るもよし。選択はあなた次第です。

Enjinのもう一つの素晴らしい機能は、Multiverse(マルチバース)です。そのコンセプトは驚くべきもので、プレイヤーはあるゲームをプレイした後、自分のキャラクター、資産、賞金、その他のアイテムを、全く別のゲーム開発者が作った全く別のゲームに移行することができるようになるのです。

BlagovとWitek RadomskiがそれぞれCEOとCTOを務めています。彼らは12年前、ビットコインやブロックチェーンが登場する前に会社を立ち上げました。彼らはゲームにおけるブロックチェーンの力を理解した最初の人々の一人であり、会社を卓越した成功のためにピボットしてきたのです。

ENJIN・エンジン(ENJ)の市場シェア

ENJは定期的にトップ100コインに入るため、取引量が多く、この市場で積極的に取引することに不安はないはずです。

ENJIN・エンジン(ENJ)の流動性

ENJは上昇と下降を繰り返しています。中程度のボラティリティと言えるでしょう。

ENJIN・エンジン(ENJ)の価格とボラティリティ

Enjinの最大供給量は1,000,000,000、現在の供給量は821,195,954です。イーサリアムをベースにしているので、そのブロックチェーンを使用しています。

ENJIN・エンジン(ENJ)の経済圏

eスポーツは、競技、ストリーミング、ゲーム全般の未来形です。アセットオーナーシップとゲームも自然な流れです。ENJINはゲーム業界で初めてブロックチェーン技術を開拓した会社なので、勢いもスキルも強く、このことから、今日買うべき暗号通貨の筆頭に挙げられます。

これから伸びる仮想通貨の探し方

1. 暗号コミュニティに参加する

新しい暗号通貨を探求するのに最適なコミュニティは、BitcoinTalkフォーラム、特にアルトコインのスレッドです。

このニッチに深く関わる人々と交流したり、意見を探ったり、発表スレッド(「ANN」)を探したりすることができます。

このフォーラムは、次の大きな暗号通貨になる前に、早い段階でプロジェクトを発見するのにも役立ちます。

2.信頼できる暗号取引所をチェックする

最高の暗号取引所は、新しいコインを取引用にリストアップする前に、かなりの数のチェックを行っています。

これらの検証をある種の品質ラベルとして使用し、このページに掲載されていない投資するのに最適な暗号通貨を見つけることができます。

eToroBinanceは最大の暗号取引所であり、取引に最適な暗号通貨を多数提供していますので、ぜひチェックしてみることをお勧めします。

安全確保を忘れずに

暗号投資家として成功するためには、最高の暗号通貨を購入するだけでは十分ではありません。

数え切れないほどの有望な投資家が、セキュリティに注意を払わなかったために、暗号の旅が残酷に終わるのを見ました。

暗号通貨への投資を真剣に考えるなら、セキュリティの強化に力を入れましょう。

仮想通貨ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットを購入する(500ドル以上の暗号通貨を所有している場合に推奨)。私のお気に入りのハードウェアウォレットは、ledger nano sです。

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス