【新型コロナウイルス(COVID-19)】Uber Eatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

マイナポイントとは?マイナポイントを徹底解剖!

マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナホ マイナポイントでお得に マイナポイントキャンペーン マイナポイントありがとう マイナポイント目当て マイナポイント予約申込

マイナポイントとは?マイナポイントの貯め方・使い方を解説

ざっくりした本記事の内容

  • 「マイナポイント」とは?マイナポイントの仕組みを分かりやすく図解しました
  • 「マイナポイント」には、「マイナンバーカード」の発行が必要です
  • 「マイナポイント」の予約方法&申請方法について
  • 「マイナポイント」の受け取り方は「チャージ」か「支払い」を選びましょう

マイナポイントは国が作ったポイント還元キャンペーンです

 
そもそも、マイナポイントとは、国がマイナンバーカードを普及させるために作った、「ポイント還元キャンペーン」のことを言います。
 
 
この制度では、「マイナンバーカード」を普及させるために、国が「予算2000億円」を「キャッシュレス事業者」に配っており、僕たちは、「マイナンバーカード」を作り、指定された「キャッシュレス決済事業者」で「支払い」をするか、「チャージ」をすると、「最大5000円分(使った金額の25%分)」のポイントを還元してくれるという、とてもお得な、国が推進する「ポイント還元キャンペーン」となります。
 
 
国の予算2000億円を、使い切る目安としては、「2000億円÷5000円=4000万人」となります。
 
 
つまり、日本人口の3分の1くらいである約4000万人が、「マイナポイントを手に入れる(早い者勝ち)」と、この「マイナポイント制度」は使えなくなりますので、「マイナポイント」が貰えなくなる前に、素早く、「マイナンバーカードの発行」や「マイナポイントの申請」を、進めていく必要があるのです。
 
 
 
また、「マイナポイント」は、「マイナンバーカードを発行」していれば、家族全員が申請をして貰うことが出来ます。
 
 
つまり、0歳児の赤ちゃんでも、親などの「法定代理人名義」が、代わりに手続きをすれば、「マイナポイント」を貰えることはできますので、できるかぎり、親である親権者が頑張って、家族全員の「マイナポイント」を貰えるように、申請作業を進めていってください。
 
 
例えば、4人家族であれば、最大5000円×4人=20000円分のポイントが、貰えるようになります。これだけでも、家計にとっては、大きな収入になるかと思いますので、忘れずに申請をしていきましょう。

マイナポイントの申し込み方法・申請方法・予約方法

 
さて、肝心のマイナポイントの申請方法ですが、「マイナポイント」を貰うためには、最初に「マイナンバーカード」を発行しておく必要があります。
 
 
また、ここでいう「マイナンバーカード」と、市区町村から送られてくる「通知カード」は、別のモノとなります。
 
 
「マイナポイント」を手に入れるためには、自ら「マイナンバーカード」を発行しなければなりませんし、その「マイナンバーカード」の発行には、約1カ月の期間が必要になってきます。
 
 
国の予算の上限がくるか、マイナポイントの申請期限が過ぎてしまうと、「マイナポイント」は受け取れなくなりますので、早め早めの申請を、心がけましょう。
 
 
 
「マイナンバーカード」が発行できて、すでに手元に持っている人は、「マイナポイントの予約に必要なモノ」を用意して、上記の予約方法の中から1つを選んで、「マイナポイントの予約&申請」を行いましょう。
 
 
 
「マイナポイントの予約」が出来たら、次は、キャッシュレス事業者の中から、ポイント還元を受けたい会社を1つ選んで、ポイントの申請を行いましょう。
 
「キャッシュレス事業者」を1社選び終わり、ポイント申請が完了したら、選んだ「キャッシュレスサービス」を使って、「お買い物(支払いや決済)」や、「チャージ(アプリなどへのチャージ)」をすることで、使った金額の25%分のポイント(最大2万円の使用で上限5000円分のポイント還元)が戻ってきます。
 
 
 
ポイント還元は、選んだキャッシュレス事業者によって、ポイント付与される時期や、タイミングに違いが出てきますので、詳細は、各キャッシュレス事業者の公式ホームページを、よく確認するようにして下さい。
 
 
また、「マイナポイント」には、「期限」や「予算」があり、受け取るためのルールなども、今後変更していく可能性もあります。
 
 
現状のルールや条件を、詳しく調べたい人は「総務省 マイナポイント」などで検索をして、各自正確な情報を得るようにして下さい。
 
 
注意
紹介している情報は、2020年11月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、各「公式サイト」にて、ご確認ください。

このブログ記事は、私のInstagramに投稿したポストに、加筆・修正を加え、記事化した投稿となります。

 

instagramの方では、基本、ブログ記事にアップする前の「図解」や「お得な情報」を、ブログよりも早く投稿しています。

 

Instagramをされている方は、コッチでも無料の情報を発信していますので、よければ下のリンクから覗いてみて下さい

 

@it_yusuke