これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ エリア地域(Uber Eats)配達範囲・サービスエリア外・対応地域

Uber Eats ウーバーイーツ 配達エリア サービスエリア 地域

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達エリア&サービス地域の確認方法

Uber Eats Logo2

配達パートナー登録

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、アメリカの自動車配車プラットフォーム企業の「Uber(ウーバー・テクノロジーズ)」が開発した「自動車配車アプリケーション」から分離する形で誕生した「注文アプリケーション」を活用しスタートした「オンライン・フードデリバリーサービス」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア拡大と配達地域

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では、「Uber Eats専用モバイルアプリ」を使用することで、飲食店に出前の注文を出すことが出来ます。日本では、2016年9月に東京からサービスを開始しています。 uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは①「ユーザー(注文者)」②「配達パートナー」③「レストランパートナー」の3者を「Uber」の革新的な「プラットフォーム(テクノロジー)」で繋ぐ「Delivery food services(デリバリーフードサービス)」です。

  1. ユーザー(料理を注文する人)
  2. レストランパートナー(料理を提供するお店)
  3. 配達パートナー(料理を配達する人)
uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

Uber Eatsの始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)サービスエリア&配達地域拡大

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が利用できる「サービスエリア(配達地域)」は、日本では2016年9月に「東京」からスタートし、以下の全国の都道府県や都市で、サービスを展開中です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)対応の都道府県エリア

  • 関東エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
  • 関西エリア:大阪府、京都府、兵庫県
  • 中部エリア:愛知県
  • 九州エリア:福岡県

Uber Eats(ウーバーイーツ)拡大する配達エリア「一覧リスト」

エリア都道府県配達エリア・対応地域
関東エリア東京都

・東京都内23区(渋谷区、港区、千代田区、中央区、新宿区、目黒区、品川区、中野区、文京区、台東区、豊島区、北区、杉並区、板橋区、練馬区、世田谷区、大田区、足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区)

・西東京エリア(武蔵野市、調布市、三鷹市、狛江市、西東京市、東久留米市、小金井市、府中市、国分寺市、国立市、立川市、小平市、東村山市、日野市)

・八王子市

・町田市

神奈川県

・横浜市(西区、南区、中区、保土ヶ谷区、神奈川区、港北区、磯子区、鶴見区)

・川崎市(中原区、川崎区、幸区、高津区)

埼玉県

・さいたま市(大宮区、浦和区、中央区、南区)

・戸田市

・蕨市

・川口市(東部)

・草加市(一部地域)

・新座市(一部地域)

・和光市(一部地域)

・朝霞市(一部地域)

・志木市(一部地域)

千葉県

・千葉市(美浜区、花見川区、稲毛区、中央区)

・市川市

・船橋市

・習志野市

・浦安市(南部)

東海エリア愛知県・名古屋市(中区、中村区、東区、西区、北区、中川区、熱田区、千種区、昭和区、瑞穂区)
関西エリア大阪府

・大阪市内24区(西淀川区、淀川区、東淀川区、此花区、福島区、郡島区、北区、旭区、港区、西区、中央区、城東区、鶴見区、東成区、天王寺区、浪速区、大正区、住之江区、西成区、阿倍野区、生野区、東住吉区、住吉区)

・東大阪市(一部地域)

・八尾市(一部地域)

・豊中市(一部地域)

・吹田市(一部地域)

京都府・京都市(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、南区)
兵庫県

・神戸市(中央区、兵庫区、灘区、東灘区、長田区、須磨区)

・芦屋市

・西宮市

・尼崎市

九州エリア福岡県・福岡市(博多区、中央区、南区、城南区、早良区)

ウーバーイーツ エリア(Uber Eats)範囲拡大・配達地域エリア外【新エリア拡大予定いつ?最新情報】

注意
紹介している情報は、2019年11月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」対象エリア・対応可能地域の特徴

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の対象エリア・配達可能地域の、それぞれの特徴ついて、解説していきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送エリア「地域特徴・シンボル」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「対応エリア」「展開地域」について、都道府県別に、地域の特徴や代表的なエリアを、簡単に説明していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」となった場合の「エリア」を決める場合や、自分の住んでいる地域が「配達を頼める範囲に入っているのか」「提供エリア外の配達未対応地域なのか」を確認する時の、参考にしてみてください。

東京エリア(東京都内23区)

まずは「東京エリア」の「東京都内23区」について、それぞれの「エリア」や「地域」の特徴と特色を、紹介していきます。

(1)渋谷区エリア

渋谷区エリアの特徴

「渋谷区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は約23万人で、都内23区内では人口は19位です。

「千代田区」「中央区」「港区」「新宿区」とともに「都心5区」と呼ばれています。

「ターミナル駅」の「渋谷駅」を中心とした「渋谷地区」は、副都心の1つであり、「新宿駅(新宿区&渋谷区)」と近い「代々木(渋谷区)」や「千駄ヶ谷(渋谷区)」などは、「新宿エリア(新宿区)」の「オフィス街」「繁華街」と一体になっています。

また、「青山エリア(港区)」に隣接する「原宿(渋谷区)」「表参道(渋谷区)」は、ファンションの中心地となっており、「代官山(渋谷区)」や「恵比寿(渋谷区)」などには、商業施設が集まっています。

さらに「渋谷区エリア」には、「明治神宮(渋谷区)」や「代々木公園(渋谷区)」など、都心でありながら広大な緑地を持っており、周辺には「松濤(渋谷区)」や「代々木上原(渋谷区)」などの東京都内有数の「高級住宅地」も点在しています。

また「渋谷区の北部」、とりわけ「甲州街道」や「京王線沿い」よりも「北側」の地区は「中野区」や「新宿区」に続く、過密な「住宅商業施設」となっています。

渋谷区の代表的なエリア・シンボル

  1. 渋谷駅周辺(渋谷駅東口・西口)
  2. 渋谷公園通り
  3. 渋谷センター街
  4. 道玄坂
  5. スペイン坂
  6. SHIBUYA109
  7. 明治神宮表参道
  8. 原宿エリア
  9. 表参道エリア
  10. 代官山エリア
  11. 恵比寿エリア
  12. 神泉町・渋谷区渋谷
  13. 渋谷区南部の住宅街(松濤・南平台町・広尾)
  14. 幡ヶ谷地域:甲州街道沿い(笹塚・幡ヶ谷・初台)
  15. 代々木エリア(代々木上原・富ヶ谷)
(2)新宿区エリア

新宿区エリアの特徴

「新宿区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は約35万人で、都内23区内での人口は12位、西新宿には「東京都庁」も置かれています。

「千代田区」「中央区」「港区」「渋谷区」とともに「都心5区」と呼ばれています。

昔は、「甲州街道」の通り道として栄えた「新宿駅(新宿区&渋谷区)」周辺の地域は、日本トップクラスの繁華街が形成されています。

「新宿駅の南部」には、「新宿御苑(新宿区&渋谷区)」や「明治神宮外苑(新宿区&港区)」もあり、緑が豊富なエリアとなっています。

また「新宿駅の北部」には「歌舞伎町」などの「歓楽街」もあります。

また「新宿区」にある、神楽坂(新宿)、市谷(新宿)、早稲田(新宿)などの地名も有名で、「早稲田大学」や「東京理科大学」などの大学や学校も多く、学生も多く住んでいます。

あと、「新宿エリア」の「大久保」「大久保駅」「新大久保駅」周辺から職安通りにかけては、コリアンタウンを始めとする「外国人コミュニティ」が形成されています。

「新宿区」の特徴としては、このように「商業地」「住宅地」「名所」「多国籍」など、様々な文化や歴史が混在している点にあると言っても良いでしょう。

新宿区の代表的なエリア・シンボル

  1. 新宿駅周辺(新宿区新宿、西新宿、歌舞伎町などが混在)
  2. 新宿駅東側(日本一の繁華街)
  3. 新宿駅西側(オフィス街。東京都庁などがある)
  4. 新宿駅北側(歌舞伎町などの歓楽街)
  5. 新宿駅南側(ルミネtheよしもと等がある)
  6. 東新宿駅周辺(低層の住宅地・再開発も進んでいる)
  7. 新宿御苑
(3)港区エリア

港区エリアの特徴

「港区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約26万人で、都内23区では人口は17位です。

東京都内23区のうち「千代田区」「中央区」とともに「都心3区」と呼ばれ、また「新宿区」「渋谷区」を合わせて「都心5区」とも呼ばれています。

「港区」の東側は、海岸・港南地域となっており、東京湾にも面しており、ベイエリアの一部の「台場」も含んでいます。

「港区」の北側には、「千代田区」「新宿区」があり、西側には「渋谷区」、南側には「品川区」と隣接しています。

また「港区」には「東京タワー」があるため、これを親局としていた放送事業者の多くが港区に本社を構えており、「新聞社」「放送局」「マスコミ」「IT企業」が多数立地していて、日本を代表する企業の本社なども、多い地域となっています。

「芸能事務所」や「大手広告代理店」の多くも、「港区」に会社があるため、芸能人にも遭遇しやすい地域と言えるでしょう。

「港区」の中でも、「虎ノ門(港区)」「新橋(港区)」「芝(港区)」などは「オフィス街」となっており、「青山(港区)」「赤坂(港区)」「六本木(港区)」などは「商業エリア」として、また「麻布(港区)」「白金台(港区)」などは「住宅地」にもなっています。

また、「赤坂御用地」「迎賓館」「芝公園」などの緑地も多く有り、このように様々な顔を持っているのも、「港区」の特徴と言えます。

あと「港区」には、「駐日大使館」や「外資系企業」も数多く立地しており、「外国人居住者」が人口の1割を占めているのも、「港区」の特徴です。

「港区」の地形で言えば、勾配のある坂道が多いのも特徴的で、特に、海沿いから武蔵野台地にかけては、入り組んだ高低差の大きな地形となっているため、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼働する場合は、「自転車」での配達だと、坂道に苦労することが多い「エリア」の1つだと言えるでしょう。

港区の代表的なエリア・シンボル

  1. 東京タワー
  2. 青山霊園
  3. 赤坂御用地
  4. レインボーブリッジ
  5. 六本木ヒルズ
  6. 虎ノ門ヒルズ
  7. 赤坂サカス
  8. お台場エリア
  9. 東京ミッドタウン
(4)中央区エリア

中央区エリアの特徴

「中央区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約17万人で、都内23区では人口は22位です。

東京都内23区のうち「千代田区」「港区」とともに「都心3区」と呼ばれ、また「新宿区」「渋谷区」を合わせて「都心5区」とも呼ばれています。

東京都心を構成する「区」の1つであり、東京23区のほぼ中央に位置しています。

「中央区」の中には、「日本橋(中央区)」「京橋(中央区)」「月島(中央区)」「八重洲(中央区)」「築地(中央区)」「晴海(中央区)」「銀座(中央区)」といった街や地域があります。

「中央区」は「日本橋(中央区)」や「銀座(中央区)」などの「大商業地」や「オフィス街」も複数抱えている地域のため、昼間の人口は、60.6万人に達するそうです。(※夜の人口は昼間に比べて少なくなります)

このように「中央区」は、「商業地域」や「オフィス街」としての特徴が強いエリアのため、「建物」は「ビル(オフィスビル)」が立ち並び、「住宅」は「マンション(高層マンション)」や「公営住宅」「団地」などの集合住宅が大半を占め、「低層住宅」や「一戸建て」などは、かなり少ないエリアとなります。

道路は、碁盤目状で、他の地域と比較すると、よく整備がされているのも「中央区」の特徴です。

中央区の代表的なエリア・シンボル

  1. 銀座エリア
  2. 日本橋エリア
  3. 八重洲エリア
  4. 築地エリア
  5. 歌舞伎座(建物)
(5)千代田区エリア

千代田区エリアの特徴

「千代田区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約6万5千人で、都内23区では人口は23位です。

東京都内23区のうち「中央区」「港区」とともに「都心3区」と呼ばれ、また「新宿区」「渋谷区」を合わせて「都心5区」とも呼ばれています。

「千代田区」の中央には「皇居」があり、「千代田」全体の「約15%」を、皇居の緑地が占めています。

「地形」としては、「千代田区」の西側は、「武蔵野台地」の東部分にあたる「麹町台」や「駿河台」といった台地になっており、「千代田区」の東側は、「平野」になっています。

「国会」「首相官邸」「中央省庁」「最高裁判所」などの三権をはじめとする「日本の首都機能」や「国家権力」の中枢が、この「千代田区」に集中しており、「千代田区内」の「永田町」「霞が関」は、「国会議員」や「官僚」の代名詞となっています。

このような特徴を持つ地域のため、夜間人口が少なく、昼間の人口が多くなる傾向にあります。(※昼間は夜の約20倍の人口となります)

特に、「千代田区」の「麹町地域」は、「皇居」を中心に、「高級住宅地」としての色と、「オフィス街」「官公庁街」としての色が強い地域となります。

千代田区の代表的なエリア・シンボル

  1. 皇居
  2. 東京駅
  3. 靖国神社
  4. 大手町(オフィス街)
  5. 丸の内(オフィス街)
  6. 有楽町(日比谷駅周辺)
  7. 日比谷公園
  8. 日比谷公会堂
  9. 日本武道館
  10. 霞が関エリア(官庁街や警視庁本庁舎)
  11. 永田町エリア(国会議事堂・首相官邸)
  12. 飯田橋エリア
  13. 富士見エリア
  14. 神田エリア
(6)目黒区エリア

目黒区エリアの特徴

「目黒区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約28万5千人で、都内23区では人口は15位です。

東京都内23区の「南西部」に位置しており、治安や都心へのアクセスも良く、主に「住宅地」として発展してきた「エリア(地域)」になります。

「目黒区」は、武蔵野台地の東南部に位置していて、北は「渋谷区」、東は「品川区」、西は「世田谷区」、南は「大田区」と隣接しています。

「目黒区」の特徴としては、「中目黒(目黒区)」「自由が丘(目黒区)」などの「住みたい街ランキング」で上位に入る街を多く抱えるエリア(地域)となっている点です。

「自由が丘(目黒区)」というお洒落なエリアに憧れて、30代~40代前半の女性が多く住んでいる傾向があるのも、この「目黒区」の特徴であり、そのような理由からも「女性の街」とも呼ばれたりします。

また、「目黒区」の、「柿の木坂(目黒区)」「碑文谷(目黒区)」「八雲(目黒区)」などは「高級住宅地」として有名で、その他にも、「東京大学の駒場キャンパス」などの「有名大学」や「学校」なども多いのが、この「目黒区」という「エリア(地域)」の特徴です。

目黒区の代表的なエリア・シンボル

  1. 自由が丘エリア
  2. 中目黒エリア
(7)大田区エリア

大田区エリアの特徴

「大田区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約73万人で、都内23区では人口は3位です。

「大田区」は、東京都内23区の「最南端」に位置しており、23区では都心から1番離れているため、直線距離では唯一、都心15km圏となります。

北側は「品川区」と「目黒区」「世田谷区」と隣接しており、また南側は「神奈川県」の「川崎市」とも隣接しています。

「大田区」は、世界に通じる技術を持つ「産業地区(工場)」と、「高級住宅地」として発展してきた「田園調布」という、異なった「エリア(地域)」が共存する「地域」となります。

「大田区」は、大きく分けて、品川区に隣接する「大森エリア」と、多摩川を境に神奈川県と接する「蒲田エリア」、羽田空港を有し、埋め立てによって規模を拡大している「湾岸エリア」に分かれます。

「大田区」の北側には、日本を代表する「高級住宅街」である「田園調布」と、近年、人口が増加している「大森エリア」の「マンション街」などが、あります。

また、南の「蒲田エリア」には、世界レベルの技術を持つ「町工場群」や、下町風情が残った街並みが現存しています。

また「羽田空港」がある「湾岸エリア」は、大企業の「物流拠点」や、「工業団地」などがあります。

このように、「大田区」の特徴としては、北西部にある日本を代表する高級住宅街区の「田園調布(大田区)」と、「大田区」の中心地で、工業都市の顔を持つ「蒲田(大田区)」に代表される「町工場」、そして「羽田空港」などの「大企業の物流拠点」が集中している「湾岸エリア」という、異なる3つの顔を持っている点なのです。

大田区の代表的なエリア・シンボル

  1. 田園調布エリア
  2. 蒲田エリア
  3. 羽田空港
(8)品川区エリア

品川区エリアの特徴

「品川区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約41万人で、都内23区では人口は10位です。

「品川区」は、北側は「港区」「渋谷区」「目黒区」と隣接しており、また南側は「大田区」、臨海部の東側は「江東区」とも隣接しています。

「品川区」は、江戸時代は「東海道」有数の「宿場町」でした。「品川宿」は、江戸四宿のうち、唯一、海に面した宿場町であり、名所や魚介類の名物も多く、「風光明媚」な土地として、江戸時代の人々が訪れる場所だったようです。

「品川区」は、大きく分けると「品川エリア」「大崎エリア」「荏原エリア」「大井エリア」「八潮エリア」という「5つのエリア」に分かれます。

「品川エリア」は、「品川駅周辺」や「臨海部」を中心に整備された「商業地」としての顔、旧東海・品川宿の、昔の街並みが残った「伝統や歴史」が残った顔、「天王洲アイル」や「品川シーサイドフォレスト」の「オフィス街」などの顔と、新旧、複数の魅力を合わせ持つ「エリア」です。

また、「大崎エリア」は、「新宿」「渋谷」「臨海部」などの副都心と、鉄道によって直接結ばれたエリアで、高層ビルが立ち並ぶ中心地と、「池田山」「御殿山」「島津山」などの高台にある、閑静な高級住宅街から成っています。

その他、「大井町駅エリア」には、「商業施設」「ホテル」「文化施設」「高層マンション」などが集積した「品川区」の拠点とも言える場所になっています。

「品川区」の南西部の「荏原エリア」には、「戸越銀座」や「武蔵小山」「中延」などがあり、今も活気のある庶民的な商店街などが残っています。

また、「八潮パークタウン」に代表される「八潮エリア」は、緑と水辺に囲まれた生活がしやすい街区となっています。

このように、「品川区」の特徴としては、都会の雰囲気と、下町情緒が漂う、昔ながらの商店街が同居する、魅力ある街だと言えるでしょう。

品川区の代表的なエリア・シンボル

  1. 大井競馬場
  2. 品川シーサイドフォレスト
  3. 天王洲アイル
  4. しながわ水族館
(9)世田谷区エリア

世田谷区エリアの特徴

「世田谷区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約93万人で、都内23区では人口は1位です。

「世田谷区」は、北側は「杉並区」、東側は「渋谷区」「目黒区」、南側は「大田区」と隣接しており、また西側は「神奈川県」の「川崎市」にも隣接しています。

都心部へのアクセスも良く、世田谷区内には、複数の鉄道が東西に走っており、「新宿駅」へ繋がる「京王線」「小田急線」や、「渋谷駅」に繋がる「東急田園都市線」や、その他にも「東急大井町線」「東急世田谷線」「京王井の頭線」なども、利用することが出来ます。

「世田谷区」から「新宿」「渋谷」などの「ターミナル駅」にも、10分~20分ほどで到着できるので、都心へのアクセスも非常に良く、とても便利です。

「世田谷区」というと「お金持ち」のイメージがありますが、そのような洗練された「高級住宅街」も、もちろんありながら、それ以外にも「下北沢(シモキタ)」「三軒茶屋(サンチャ)」「二子玉川(ニコタマ)」のような、個性的でお洒落なお店が並ぶ、商業エリアも混在しているのが魅力の1つです。

「世田谷区」は、「渋谷区」「目黒区」に近い、東部の「世田谷エリア」と、川崎市(神奈川県)に近い「二子玉駅」周辺の「二子玉エリア」は、特に商業が盛んです。

逆に、西部の「砧エリア」「烏山エリア」では、農業が盛んに行われるなど、エリアによっては、景観が変わるのが特徴です。

「世田谷区」は、その名前からも分かる通り、昔は「田んぼ」や「谷」が沢山あり、緑も多く水が豊富な場所として有名でした。

今でも「世田谷」には「駒沢」「代沢」「深沢」「奥沢」「北沢」などの「沢」を含む地名が5つもあり、水が豊富だったということが地名からも分かります。

また、「世田谷区内」には、大小合わせて300近い公園があり、代表的なものでは、「世田谷公園」「駒沢公園」「羽根木公園」「砧公園」などがあり、休日になると「ファミリー層」や「カップル」などで、いつも賑わっています。

このように「世田谷区」の特徴としては、東京の中では珍しく、閑静で緑が多いエリアだという点、それでいて、都心へのアクセスも良く、人混みが苦手な人や、静かな環境で生活をしたい人には、ぴったりのエリアだと言えるでしょう。

世田谷区の代表的なエリア・シンボル

  1. 下北沢エリア
  2. 三軒茶屋エリア
  3. 二子玉川エリア
  4. 駒沢公園
  5. 世田谷公園
  6. 日本大学
  7. 駒沢大学
(10)杉並区エリア

杉並区エリアの特徴

「杉並区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約58万人で、都内23区では人口は6位です。

「杉並区」は、武蔵野台地の上にあり、東側は「中野区」「渋谷区」、西側は「三鷹市」「武蔵野市」、南側は「世田谷区」、北側は「練馬区」と、隣接しています。

「杉並区」は、北は「青梅街道」、南は「甲州街道」に挟まれており、都心よりも高台に位置していますが、「杉並区」自体は、傾斜が少なく、移動も、それほど苦になりません。

都心部へのアクセスも良く、「杉並区」の中央を東西に横切るのが「JRの中央線」で、東の「高円寺駅」「阿佐ヶ谷駅」「荻窪駅」「西荻窪駅」までが「杉並区」となります。

「新宿」へのアクセスも、乗り換えなしで移動できる利便性の高さがあります。

このように「杉並区」には、「高円寺」「荻窪」「阿佐ヶ谷」など、中央線の駅周辺のエリアで、魅力的な商店街も多くあり、買い物のし易さや、物価の安さから、「ファミリー層」や「若者」にも、人気の「住宅街」の多いエリアとなっています。

「杉並区」は、都会でありながら、緑と自然豊かな景観が残されています。

また、全国の「アニメ制作会社」の「4分の1」程度が、集中していて、「練馬区」と並び、「アニメ産業」の地としても、有名です。

このように「杉並区」の特徴としては、都心にも近く、閑静な住宅街が多い点、それでいて、買い物にも便利で、物価も安いため、「ファミリー層」や「若者」には、ぴったりのエリアだと言えるでしょう。

杉並区の代表的なエリア・シンボル

  1. 高円寺エリア
  2. 荻窪エリア
  3. 西荻窪エリア
  4. 阿佐ヶ谷エリア
(11)中野区エリア

中野区エリアの特徴

「中野区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約34万人で、都内23区では人口は13位です。

「中野区」は、東京都23区の西部にあり、地形的には「武蔵野台地」の一角に位置しており、東は「新宿区」、西は「杉並区」、北は「練馬区」、南は「渋谷区」に隣接しています。

「武蔵野台地」に位置する「中野区」には「沼袋」「野方」「中野」「幡ヶ谷」「落合」という「5つの台地」があり、その台地の間を「江古田川」「妙正寺川」「旧桃園川」「神田川」「善福寺川」の「5つの川」が流れています。

「中野区」は「中央線」を始め「総武線」「丸の内線」「西武新宿線」が走っています。

「新宿」の商業区までは、電車で約5分~10分という「アクセス」の良さから、「中野区」は、東京都の中でも屈指の「住宅密集地」となっています。東京23区の、代表的なベッドタウンの1つと言ってよいでしょう。

「中野区」全域に渡り、「一戸建て住宅」「集合住宅」が密集しています。そのほとんどが、「低層の住宅」なのですが、「環状6号」「環状7号」「青梅街道」「新青梅街道」「早稲田通り」などの「幹線道路」に面した「エリア」や「地域」では、「中高層マンション」も多くあります。

「中野区」の中でも、1番栄えているのは、「中野ブロードウェイ」「中野サンモール商店街」ある「中野駅周辺」と、再開発の進んでいる「中野坂上駅周辺」です。

「中野区」の特徴としては、「中野ブロードウェイ」を代表とする「漫画」「アニメ」「ゲーム」「フィギュア」などの「サブカルチャー」の発信地としても、全国のファンから注目を集めています。

中野区の代表的なエリア・シンボル

  1. 中野ブロードウェイ
  2. 中野サンモール商店街
(12)練馬区エリア

練馬区エリアの特徴

「練馬区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約73万5千人で、都内23区では人口は2位です。

「練馬区」は、東京都23区の北西部にあり、北東から南にかけては「板橋区」「豊島区」「中野区」「杉並区」に接しており、西から南西にかけて「西東京市」「武蔵野市」、北は「埼玉県新座市」「朝霞市」「和光市」に接しています。

「練馬区」では、「都心」へのアクセスも良く、東京の魅力を享受しながら、「農地」「樹林」「公園」などの、緑に包まれた生活が出来ます。

また「練馬区」全域は、青梅市を頂点として、武蔵野台地のエリアの一角にあります。その台地の上にある「練馬区」は、ほとんど高低差のない「なだらかな地形」が続きます。

「練馬区」は「公園の数」も、大規模な「光が丘公園」や「石神井公園」から小さい公園まで、」東京都内23区の中では「No.1」の数となっています。

このように、東京23区でありながら、全体的に、緑の多い「閑静な住宅街」が多いのが「練馬区」の「特徴」です。

また「日本アニメ発祥の地」としても「練馬区」は有名で、日本最大の「アニメ制作関連会社」の「集積地」として知られており、「アニメ」や「漫画」文化も、強く残っています。

練馬区の代表的なエリア・シンボル

  1. 光が丘公園
  2. としまえん
  3. 東映アニメーション
  4. 虫プロダクション
(13)板橋区エリア

板橋区エリアの特徴

「板橋区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約58万人で、都内23区では人口は7位です。

「板橋区」は、東京都23区の北西部にあり、南は「豊島区」、東は「北区」、西は「練馬区」などの他、北部は「埼玉県の蕨市」「和光市」などと、隣接しています。

「板橋区」は、埼玉県に近い「赤塚地域」では「都市農業」が盛んで、また「荒川沿岸部」では「製造業を中心とした工業」が発達しており、「産業都市」としても有名です。

「板橋区」には、大きな繁華街やオフィス街などは、ありませんが、都心部へのアクセスも良く、自然も豊かで、穏やかな住宅街が広がっています。

「板橋区」には、都内最大の高層住宅団地である「高島平団地」を始めとする「高層住宅」が立ち並び、東京のベッドタウンとしての顔も、併せ持っています。

「板橋区」は、都心へのアクセスも良く、「成増駅」「東武練馬駅」などから、10分~15分で、「池袋駅」に到着します。

板橋区の代表的なエリア・シンボル

  1. 板橋
  2. 石神井川の桜並木
  3. 高島平団地
(14)豊島区エリア

豊島区エリアの特徴

「豊島区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約30万人で、都内23区では人口は14位です。

「豊島区」は、東京都23区の西北部にあり、「池袋駅」を中心とする「副都心」を擁し、「サンシャインシティ」「豊島区役所」などの「超高層ビル群」が立ち並び、南は「新宿区」「文京区」、西は「中野区」、北は「練馬区」「北区」「板橋区」に隣接しています。

東京でも有数の「大都市」である「池袋」は、「新宿」「渋谷」と同じように、様々な「娯楽施設」があり、常に多くの人で、溢れています。

「池袋」と言えば、ランドマークでもある「サンシャインシティ」が有名です。「サンシャインシティ」は、「展望台」「水族館」「ショッピングセンター」など、数多くの機能を併せ持つ、商業施設となっています。

また「池袋駅」の西口には、「池袋西口公園」「東京芸術劇場」「豊島区立郷土資料館」などがあり、東口に比べて緑も多く、落ち着いた雰囲気となっています。

その他にも、「立教大学」「学習院大学」「川村学園女子大学」「東京音楽大学」といった大学教育機関や、高級住宅街である「目白」、おばあちゃんの原宿として知られている「巣鴨」などもあり、都会的でありながら、落ち着いた雰囲気も感じることができるエリアもあるというのが、特徴です。

おばあちゃんの街として知られている「巣鴨エリア」や、閑静な高級住宅地として知られ、学習院大学周辺の「目白エリア」、「池袋」に代表される「商業施設が立ち並ぶエリア」が共存しているのが、「豊島区」の「特徴」と言えるでしょう。

豊島区の代表的なエリア・シンボル

  1. 池袋エリア
  2. サンシャイン60通り
  3. 巣鴨エリア
  4. 目白エリア
  5. 雑司が谷エリア
  6. 駒込エリア
(15)文京区エリア

文京区エリアの特徴

「文京区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約23万人で、都内23区では人口は19位です。

「文京区」は、東京都23区の中心地に近く、都心3区(千代田区・中央区・港区)の、やや西北部に位置しており、北は「豊島区」「北区」「荒川区」、南は「千代田区」、西は「新宿区」、東は「台東区」に隣接しています。

「文京区」には「西片エリア」「大和郷エリア」「本郷エリア」「小石川エリア」「小日向エリア」「本駒込エリア」「目白台エリア」などの「閑静な住宅地」が残されています。

「文京区エリア」は、都心へのアクセスも良く、「新宿」「六本木」「池袋」などへもすぐに行けます。

また、全体として「住宅地」が多く、「公園」「教育機関」「医療機関」も多く点在します。

あとは「講談社」を始めとした「出版・印刷業界」の会社が多いのと、先端医療も盛んで、大規模病院も多いのが、「特徴」です。

文京区の代表的なエリア・シンボル

  1. 東京大学
  2. 東京ドーム
  3. 後楽園遊園地
  4. 文京シビックセンター
  5. 湯島聖堂
  6. 湯島天神
  7. 神楽坂
  8. 本郷エリア
  9. 湯島エリア
  10. 後楽エリア
  11. 音羽の森
  12. 六義園
(16)北区エリア

北区エリアの特徴

「北区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約35万人で、都内23区では人口は11位です。

「北区」は、その名前の通り東京の北部に位置し、北は、「荒川」を挟んで「埼玉県川口市」「戸田市」と接しており、西は「板橋区」、南は「豊島区」「文京区」「台東区」「荒川区」、東は「足立区」と隣接しています。

「北区」の西側は「武蔵野台地」の一部をなす高台で、それを削るようにして「石神井川」などの、いくつかの河川がながれています。

「北区」は、都心へのアクセスも比較的便利で、JRの駅数は23区の中で最も多く(10駅)、「北区」のほとんどの「住宅地」が、駅から徒歩圏内にあります。

「北区」内には、桜の名所である「飛鳥山公園」や「荒川の水辺空間」をはじめとした「緑豊かな公園」「美しい自然」が存在しています。

北区の代表的なエリア・シンボル

  1. 赤羽エリア
  2. 飛鳥山公園
(17)荒川区エリア

荒川区エリアの特徴

「荒川区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約21万7千人で、都内23区では人口は20位です。

「荒川区」は、東京23区の東北部に位置しており、北は、「足立区」、西は「北区」、南は「文京区」「台東区」、東は「墨田区」と隣接しています。

「荒川区」は東西に長く、「隅田川」が区の北東部を迂回して流れ、「南千住エリア」「荒川エリア」「町屋エリア」「東尾久エリア」「西尾久エリア」「東日暮里エリア」「西日暮里エリア」の各地位に分けられます。

交通の便も良く、山手線があるので、「池袋」や「新宿」「渋谷」などの主要駅には、1本でアクセスすることが出来ます。

荒川区の代表的なエリア・シンボル

  1. 西日暮里エリア
  2. 三河島エリア
  3. 三ノ輪橋エリア
(18)台東区エリア

台東区エリアの特徴

「台東区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約20万5千人で、都内23区では人口は21位です。

「台東区」は、東京23区の中央から、やや北東寄りに位置しており、東側は隅田川に接していて、対岸の墨田区との区境となっています。

「台東区」の北は「荒川区」「北区」、西は「文京区」、南は「千代田区」「中央区」、東は「墨田区」と隣接しています。

「台東区」と言えば「上野」や「浅草」が有名で、数多くの歴史的な観光名所に恵まれた地域でもあります。

駅前は、非常に栄えていて、交通の便も良いのが特徴です。

「台東区」には、浅草エリアの「仲見世」、上野エリアの「アメ横」、「かっぱ橋道具街」、「浅草橋問屋街」、「仏具街」、「ジュエリー街」など、有名で個性的な商店街が多く有ります。

「台東区」は都心に近い所にあり、繁華街が広がる土地でありながら、歴史と伝統、そして下町の懐かしい感じを味わうことができる、見どころの多い魅力溢れてるエリアとなっています。

台東区の代表的なエリア・シンボル

  1. 上野エリア
  2. 上野公園
  3. 浅草エリア
  4. 浅草寺
  5. 花やしき
  6. アメヤ横丁(アメ横)
  7. 谷中エリア
(19)墨田区エリア

墨田区エリアの特徴

「墨田区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約27万人で、都内23区では人口は16位です。

「墨田区」は、東京都の「東部」にあり、西の区境は「隅田川」と、東の区境は「荒川」および「中川」に挟まれた位置にある「河川」に挟まれた町です。

「墨田区」の北は「葛飾区」「足立区」、西は「荒川区」「台東区」、南は「江東区」、東は「江戸川区」と隣接しています。

「墨田区」には、「墨田エリア」「堤通エリア」「東隅田エリア」「八広エリア」「東向島エリア」「立花エリア」「文花エリア」「京島エリア」「吾妻橋エリア」「東駒形エリア」「本所エリア」「業平エリア」「横川エリア」「向島エリア」「押上エリア」「横網エリア」「両国エリア」「千歳エリア」「石原エリア」「亀沢エリア」「緑エリア」「立川エリア」「菊川エリア」「太平エリア」「錦糸エリア」「江東橋エリア」などがあります。

「東京スカイツリー」や「ソラマチ」のある「押上」は、観光客も多いエリアとなります。

また「錦糸町」の繁華街エリアや、両国国技館のある「両国」など、「墨田区」には、魅力的な地域が多数、存在します。

墨田区の代表的なエリア・シンボル

  1. 両国エリア
  2. 向島エリア
  3. 東京スカイツリー
  4. ソラマチ
  5. すみだ水族館
  6. 両国国技館
(20)江東区エリア

江東区エリアの特徴

「江東区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約51万人で、都内23区では人口は8位です。

「江東区」は、東京都の「東部」にあり、「隅田川」と「荒川」に挟まれた位置にあります。

「江東区」の北は「墨田区」、西は「中央区」、東は「江戸川区」と隣接し、南は「東京湾」に面しています。

「江東区」は、「豊洲エリア」などの「タワーマンション」が立っている地域や、「亀戸エリア」などの「昔からの商店街」がある地域など、多彩な顔を持つ地区です。

「江東区」は「歴史」「文化」の観点から、大きく3つのエリアに分けることが出来ます。

「深川八幡祭り」「深川めし」などの「江戸の文化」が息づく「深川エリア」、「亀戸天神」「砂町商店街」などの見どころ満載の「城東エリア」、「豊洲」「有明」などの、開発が進み未来的な雰囲気が漂う「臨海部エリア」です。

このように「江東区」は、埋め立てで発展した「江戸情緒あふれるエリア」と「再開発で生まれた近代都市のようなエリア」が混在している、非常に面白い地域になります。

江東区の代表的なエリア・シンボル

  1. 亀戸天神
  2. 東京国際展示場
  3. 有明コロシアム
  4. 東京ビッグサイト
  5. 豊洲市場
(21)江戸川区エリア

江戸川区エリアの特徴

「江戸川区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約69万人で、都内23区では人口は4位です。

「江戸川区」は、東京都の「東部」にあり、東に「江戸川」が流れ、千葉県と接しており、西は「江東区」「墨田区」、北は「葛飾区」と隣接しております。

「江戸川区」は、子育てに力を入れており、大型マンションの建設が相次いでいることから、今でも人口が増え続けている「エリア」となります。

「江戸川区」は、北部の「住宅が密集するエリア」、中部の「住宅と工業が混在するエリア」、南部の「共同住宅が多いエリア」などに分かれています。

「江戸川区」には、「菖蒲園」や「大きな商店街」がある「小岩エリア」、水族館や大きな観覧車のある「葛西エリア」、インド人コミュニティがあり国際色豊かな「西葛西エリア」など、様々な表情のある、魅力ある街となります。

江戸川区の代表的なエリア・シンボル

  1. 葛西臨海公園
(22)葛飾区エリア

葛飾区エリアの特徴

「葛飾区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約45万人で、都内23区では人口は9位です。

「葛飾区」は、東は「江戸川」を境に「千葉県松戸市」、西は「足立区」「墨田区」、南は「江戸川区」、北は「大場川」を境として「埼玉県八潮市」「三郷市」に、それぞれ隣接しています。

「葛飾区」は、北部の「金町」「亀有」周辺と、南部の「新小岩」周辺は、主に「商業地域」となっており、西部の「四ツ木」「立石」周辺は、主に「工業地域」、東部は「住宅地域」、北部「水元」周辺は、主に「畑などが散在する農地と閑静な住宅地域」となっています。

映画「男はつらいよ」の「葛飾柴又」や、漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の「葛飾亀有」など、誰もが知っている地名も多くあります。

葛飾区の代表的なエリア・シンボル

  1. 葛飾柴又エリア
  2. 亀有エリア
  3. 柴又帝釈天
(23)足立区エリア

足立区エリアの特徴

「足立区」は、東京都の特別区の1つです。

人口は、約68万人で、都内23区では人口は5位です。

「足立区」は、東京都の最北部に位置し、北は「足立区」、南は「江戸川区」、西は「墨田区」と隣接しています。

丘らしい高地はほとんどなく、全体的に平らな地形となっています。

西は「荒川」と「新芝川」、南は「隅田川」、北は「毛長川」、東は「中川」「綾瀬川」「垳川」が流れていて、非常に川が多いことも「特徴」です。

「都心」から程よく離れていて、「豊かな自然を活かした公園」や、「ゴルフ場」が整備されているほか、「下町情緒」も残っています。

「足立区」は、「西新井駅」周辺エリアや、「新田エリア」、「千住大橋駅」周辺エリアなどの「再開発」、また、新線の開通に伴う沿線地域の都市基盤整備も進められています。

足立区の代表的なエリア・シンボル

  1. 西新井大師
  2. 舎人公園
「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(地域)」の中でも「注文の需要が高い地域(注文数の多い地域)」では、「配達パートナー」にとっては、通常より多くの「配達リクエスト」を受けることが出来ます。

地図で表示されている「赤い部分」が、そのサービスエリアの中で、「注文の需要が高い地域(注文数の多い地域)」になります。

サービスエリア(地域):関東

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 東京 千葉 ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 神奈川 ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 埼玉

サービスエリア(地域):中部

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 愛知 名古屋

サービスエリア(地域):関西

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 大阪 ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 京都 uber Eats ウーバーイーツ サービスエリア 地域 兵庫 神戸

サービスエリア(地域):九州

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 福岡 Uber Eats ウーバーイーツ 仕組み ビジネスモデル 稼ぎ方ウーバーイーツ(Uber Eats)仕組み・ビジネスモデル・配達員の配達料・対応地域エリア

上記の画像の引用は「配達パートナーガイド」から引用させて頂きました。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の営業時間は「毎日9:00~24:00」の時間帯で営業しています。(※神奈川県内のサービスエリアのみ、毎日10:00~23:00) 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の営業時間とは、「ユーザー(注文者)」が「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を使って、店舗に注文をすることが出来る時間帯です。

(※店舗ごとにより、営業時間も異なってきますので、ご注意ください。店舗の営業時間とUber Eats上の営業時間は、必ずしも同じではありません。Uber Eats上の営業時間を確認する場合は、「アプリ」からご確認ください。)

特に「ランチタイム(11:00~14:00)」と、「ディナータイム(18:00~21:00)」は、一番、注文が多い時間帯となります。

「配達パートナー」は、この時間帯に、注文数の需要の高いエリアにいると、多くの「配達リクエスト」を受け取ることが出来ます。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)個人事業主の確定申告・税金|副業・配達員・配達料
  ウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツ(Uber Eats)って何?サービスエリア・配達料・配達員仕組み・ビジネスモデル

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」拡大エリア(地域)確認方法

「Uber Eats」のサービスエリアを確認する方法は、簡単です。「Uber Eats」の「公式サイト」の「検索窓」に、任意の「都市名」や「住所」を打ち込んで、検索を行ってください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)拡大エリア・対象地域の確認方法

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 配達地域 確認する方法

検索窓に「都市名」や「住所」を打ち込み「フードを探す」ボタンをクリックしてください

  「検索窓」に打ち込んだ「都市名」や「住所」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスエリア(地域)内であれば、対応できる「レストラン」が表示されます。  

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 確認方法

サービスエリア内の地域であれば、その地域で利用できる「レストラン」が一覧で表示されます

  「サービスエリア」ではない地域や住所の場合は「その地域ではまだサービスを展開しておりません」という文言が表示されます。  

ウーバーイーツ uber eats サービスエリア 地域 確認する方法

サービスエリア外の地域の場合は、レストランは表示されず「その地域ではまだサービスを展開しておりません」と画面に表示されます

ユーザー登録はこちら

儲け方 Uber Eats ウーバーイーツ 本登録 副業 いくら稼げるウーバーイーツ 副業 登録方法|Uber Eats配達パートナーなり方・配達員やり方・配達料・対応可能エリア

Amazon Audible【30日無料体験】本は耳で読む時代に突入…

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録