これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(UberEats)配達バッグ・手提げ袋|カバンの使い方

ウーバーイーツ Uber Eats 配達バッグ 手提げ袋 カバンの使い方

ウーバーイーツ(UberEats)配達バッグ・手提げ袋|カバンの使い方

uber eatsとは ウーバーイーツとは

UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が、「レストランパートナー(飲食店)」から商品を受け取る場合、「手提げ袋」で渡されて、「商品」を受け取ることがあります。

このような「手提げ袋」を受け取った時は、どのように「配達用バッグ(カバン)」の中に、収納すれば良いのでしょうか。

UberEats(ウーバーイーツ)とは

基本は、「配達用バッグ(カバン)」の「仕切り版」で、「手提げ袋」が縦に入るくらいの隙間を作り、「手提げ袋」が倒れないように、縦向きに収納してください。

ウーバーイーツ 使い方 uber eats

「配達用バッグ(カバン)」の中で、商品が動きそうな感じの時は、出来ているスキマに、「サバイバルシート」や「タオル」などの「緩衝材」を入れて、配達中に「手提げ袋」が揺れないように、工夫してください。

uber eats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 静音アルミブランケット 仕切り方 固定方法

「サバイバルシート」は、Amazon(アマゾン)などでも安く販売しています

uber eats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 静音アルミブランケット 仕切り方

保温・保冷の効果もあり、くしゃくしゃと形を変えることで、配達バッグの中にできる「隙間」を埋める効果も期待できて「一石二鳥」です

また、それでも心配な人は、別途、自分で、「保冷・保温効果のある手提げカバン」を購入して、「UberEats(ウーバーイーツ)」から借りている「配達用バッグ(カバン)」の中に入れる「内バッグ」として、利用するのも、良いでしょう。

ubereats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 仕切り方 保冷バッグ 保温バッグ ミニ お弁当 丼ぶり

ここまでは、「配達前」の「商品が入った手提げ袋」の取扱いについての注意点ですが、配達中にも気を付けることがあります。

それは、配達中の「配達バッグの傾き」です。

特に、前傾姿勢になりやすい「ロードバイク」などで配達をしている「配達パートナー(配達員)」の人は、背負っている「配達用バッグ(カバン)」が、運転中の前傾姿勢に合わせて、傾いたり、揺れることがあります。

そのような場合の時は、「配達バッグの紐」を調節して、バッグの紐の遊び部分をなくし、「配達用バッグ(カバン)」が揺れたり、傾かないように、気を付けることで、症状が改善されます。

uber eats ウーバーイーツ 出前サービス 宅配サービス

最近、「配達パートナー(配達員)」になった人達に配られている「新型の黒色バック(2代目)」が、以前の「緑バッグ(1代目)」に比べて、防水性がアップしたり、縦横だけでなく上下にも仕切りができるようになったりと、かなり便利になっています。

uber eatsとは ウーバーイーツとは

もし、まだ「緑色の配達用バッグ(1代目)」を使用している「配達パートナー(配達員)」の人がいましたら、お近くの「パートナーセンター」へ行き、パートナーセンターに「在庫」があれば、新しいバッグと交換してもらえますので、早めにバッグを「交換する」ことで、随分、「配達し易くなる」と思います。

UberEatsの「配達パートナー」になりたい人

UberEats ウーバーイーツ ベジタリアン ヴィーガン ビーガン 料理 菜食主義者UberEats(ウーバーイーツ)ベジタリアン・ヴィーガン(ビーガン)料理・注文方法・商品頼み方

3代目の「黒色ロゴ無しバッグ」も登場している

実は、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が使っている「配達用バッグ(カバン)」は、2019年6月以降、3代目のバッグ(黒色)が登用されています。

色は、2代目と同じ「黒色」ですが、「2代目バッグ」に大きくプリントされていた「UberEats」という「ロゴ文字」がなくなって、非常にシンプルな構造となりました。

配達用バッグ(カバン)」の中も、「2代目黒バッグ」と比較すると、中身が「空洞」となり、かなりシンプルなものになっています。

そのため、「新聞紙」や「タオル」「サバイバルシート」などの「緩衝材」を入れてないと、中の商品が固定できなようになっていますので、配達の際は、「緩衝材」を必ず購入しておきましょう。

最近は、以前に比べると、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になって、配達の仕事を始める人が、かなり増えていますので、「UberEats(ウーバーイーツ)」側も、経営コスト削減のため、「カバン」をシンプルにしていることが予想されます。

必要最低限の機能だけを残して、シンプル化した「カバン」でコストを抑えているようです。

逆に言うと、「2代目の黒色カバン(多機能)」を持っている人は、3代目の黒色カバン」よりも、機能が多く、より配達に便利なように作られていますので、重く煩わしくなければ、そのまま利用しても良いでしょう。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 副業 バレる 会社 バレない方法UberEats(ウーバーイーツ)配達員|副業バレるの?副業が会社にバレない方法を解説

まとめ

今回は「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の「配達用バッグ」と、「レストランパートナー(飲食店)」から受け渡される「手提げ袋」の、配達方法について、解説してきました。

UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達用バッグ」は、モデルチェンジを繰り返しており、2019年10月現在、「3種類の配達用バッグ」が存在します。

ただし、これから「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に登録する人達には、原則、過去の配達バッグは手に入らないようになっているみたいです。

また「配達用バッグ」の交換は、「パートナーセンター」に行けば、交換してもらえますが、「最新のカバン」との交換になりますので、その辺、注意をして、使いやすいカバンを使用するようにしてください。

UberEatsの「配達パートナー」として登録する

Uber Eats ウーバーイーツ 使い方 登録 注文方法 配達エリアUberEats(ウーバーイーツ)使い方|登録方法・注文方法・配達エリア・配達員の配達料

「UberEats」始める方法・配達パートナー登録

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録