これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)副業|新規登録バイト・ドライバー

Uber Eats ウーバーイーツ 新規登録 バイト 始め方 配達員 ドライバー

Uber Eats(ウーバーイーツ)副業の始め方|新規登録バイト

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として「新規登録」する方法と「始め方」を解説します。

「Uber Eats」の「配達パートナー」のことを、あまり知らない人は「配達員・ドライバー」などと呼んでいる人も多いですよね。ただし、正式名称は「配達パートナー」が正解です。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「アルバイト」ではなく、「個人事業主」となります。

ですので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で仕事をする場合、「Uber Eats」に雇われて、働くわけでは「ない」のです。

ここを勘違いしている人が多いので、この点は、しっかり覚えておいてくださいね。

「配達パートナー(ドライバー)」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、「雇用関係にありません」ので、注意が必要です。

Uber Eatsの登録はこちら

雇用関係でないと何が「デメリット」なのか?

「配達パートナー(配達員)」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の間には、雇用関係が発生しないと述べましたが、雇用関係が発生しないと起こる「デメリット」について、最初に説明します。

「配達パートナー」になりたいと考えている人は、以下に挙げた点を、理解した上で、「配達パートナー」へ登録するようにしてくださいね。

儲け方 Uber Eats ウーバーイーツ 本登録 副業 いくら稼げるUber Eats(ウーバーイーツ)副業 本登録|配達員はいくら稼げるか儲け方を計算してみた

「雇用関係がない」場合に起こる「デメリット」

  • 労災保険(労働者災害補償保険)が下りない
  • 自ら確定申告をして、稼いだ金額から税金を納める義務が発生
  • 配達にかかるガソリン代や交通費は実費(ただし経費に出来る)
  • 稼げても、稼げなくても、全て「自己責任」
  • 体調を崩して休むと、一切、お金が入って来なくなる

それぞれ、簡単に見ていきたいと思います。

労災保険(労働者災害補償保険)が下りない

労災保険(労働者災害補償保険)は、事業主(つまり会社)が保険料を全額負担して、労働者のために加入する保険です。

「正社員」や「パート」「アルバイト」でもよいのですが、事業主(会社)と「雇用関係」にある立場の人(労働者)は、勤務中のケガや災害、通勤中のケガや災害に対して、給付が補償されています。

ただし、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は、「労働者」ではなく、「個人事業主」ですから、「労災保険(労働者災害補償保険)」は、そもそも適用されません。

「Uber Eatsの配達中」に「事故」や「ゲガ」などが起こった場合は、「自己負担」で治療しなければならないのです。

自ら確定申告をして、稼いだ金額から税金を納める義務が発生

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で稼いだ金額は、手元に入る「全てのお金」が、「自分のものではない」ことに、注意してください。

稼いで手元に入ってきたお金から、後で「税金」を払わなくてはなりません。「個人事業主」が、1年に1度、まとめて納税する行為のことを、「確定申告」と言います。これを怠ると「脱税」となってしまいます。

サラリーマンやOLの給料の場合は、お金が自分の手元に入ってくる時には、源泉徴収された後(税金が引かれた後)の、お金が入ってくるために、毎月、自分が税金を支払っていることを「意識しない」人も多いのですが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達員」のような、「個人事業主」になると、一旦、稼いだお金から、否が応でも「税金」を支払っていくことになるのです。

ですので、「配達パートナー」として稼いだお金を、見境なしに「使い切ってしまう」と、後で「税金」が払えなくなるので、収入の「3割~5割」は、後で支払う「税金」用に、残しておくことが必要です。

詳しくは、下にリンクを貼った記事の中でも、解説していますので、参考にしてください。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)確定申告|配達員は個人事業主

配達にかかるガソリン代や交通費は実費(ただし経費に出来る)

事業主(会社)に雇われている場合、例えば、「ピザハット」などの配達員の場合は、配達で使う「原付バイク」の「ガソリン代」などは、会社が負担して、会社が経費として計上するために、配達する「ドライバー」の、お財布からお金を使うことは、まずありません。

配達中に、急にガソリンが減って、実費で支払う場合でも、後で、会社に請求して、自腹で使った分のお金は、全て返ってくるはずです。

「Uber Eats」の「配達パートナー」となった場合は、「個人事業主」となるわけですから、「原付バイク」の「ガソリン代」や、仕事にかかわるもろもろの出費は、まずは、あなたが持っているお金から、支払う必要が出てくるのです。

ただし、これらは、会社が経費計上できるように、「個人事業主」である「あなた」も「経費として計上」し、その分だけ「所得」を低くして、税金を安く抑えることが出来るのですが、手元のお金が残っていない「カツカツ」の状態だと、「ガソリン代」や、その他の経費も、支払う余力のないまま、ビジネスをすることになりますので、毎月、経費に使うお金も計算しながら、上手く使っていかなければなりません。

稼げても、稼げなくても、全て「自己責任」

これ、案外見落としがちことですよね。

「稼げても、稼げなくても、全て自己責任」

会社員やアルバイトの場合は、1ヵ月間の決められた日数を働けば、最初に決められた金額の、お給料を、何も疑問に思うことなく、当たり前に貰えるわけです。誰も疑いませんよね。

なんなら、「正社員」の場合は、2~3日、風邪で会社を休んだりしても、その月に入ってくる給料に、変化はありません。仮病で上手く休めた場合も、同じです。

しかも、ある月に、成績の良い社員と、成績の悪い社員がいた場合でも、その月、突出した成績を出した社員が、25万円の給料を先月貰っていたとしたら、成績が良かった月があったとしても、先月と同額の、25万円の給料が振り込まれることが、ほとんどです。

つまり、会社員の場合は、会社を休んだ時などの、給料が補償されている分、頑張って、圧倒的な成果を出したとしても、なかなか給料を上げにくい仕組みに、なっていると言えるでしょう。

その分、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は、「個人事業主」であるために、稼げば稼ぐだけ、自分の給料が増えていきます。休みなしに、31日間働いた場合は、31日間、働いた分の、稼ぎが入ってくるのです。

逆に、1日でも休むと、その1日分の収入は、入って来なくなるわけですね。ですので、怖い面もあるわけです。

体調を崩して休むと、一切、お金が入って来なくなる

前述しましたが、「正社員」の場合だと、会社を2日~3日ほど休んでも、給料に変化はありませんが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」の場合、「個人事業主」となりますので、休めば休んだ分だけ、収入が途絶えることになるわけです。

これは、「個人タクシー」の「おっちゃん」を想像してもらえば、分かりやすいのですが、「個人タクシー」の「おっちゃん」も「個人事業主」ですので、稼ぐためには、多少の体調不良でも、「タクシーに乗って、お客さんを捕まえるために、街中をウロウロ走り回らなければならない」のです。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」も、これと同じ状況になってしまいます。

ですので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」だけで、生活していくのは、多少の「不安定さやリスク」も抱えることになると、言えるでしょう。

僕が、おすすめなのは、「本業+ウーバーイーツの副業」で働くという形です。

例えば、本業としてサラリーマンをやりながら、会社から帰宅した後の夜の時間を使ったり、週末の時間を使って、副業で「Uber Etas(ウーバーイーツ)」で働くと、体調を崩した時でも、本業のサラリーマン収入がありますので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」1本で、働いている人よりも、お給料の「安定」はすると思います。

ただし、サラリーマン以上の給料を稼いで、稼いだ資金で、別の事業を起こしたいと思ってる人などは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に集中して、休みなく働き、一気に稼ぎきるのが、得策だとも言えます。

「給料の安定をはかりたいなら、本業+副業」で、「サラリーマン以上の収入を得たいなら、Uber Eats、1本」で、頑張ると良いでしょう。

Uber Eatsの始め方

また、「本業+副業」で「Uber Eats」を活用した場合、会社に副業所得がバレないようにする方法を知っておくことも重要です。

会社に副業所得がバレないようにする方法は、過去記事で詳しく解説しております。

興味がある人は、下に貼ったリンクの記事を、チェックしてみてください。

副業 バレない方法 副業 バレる理由 確定申告 住民税 変動 会社 隠す 副業解禁 企業副業バレない方法|確定申告で住民税の変動を会社に隠す方法

Uber Eatsで働くことには、もちろん「メリット」もあります

もちろん「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で「個人事業主」として働くことにも「デメリット」だけではなく、「メリット」も存在します。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」になりたいと考えている人は、以下に挙げた「メリット」も、理解した上で、「配達パートナー」へ登録するようにしてください。

Uber Eats ウーバーイーツ 登録方法 やり方 始め方 契約方法Uber Eats(ウーバーイーツ)登録方法|やり方・始め方・契約方法

「雇用関係がない」場合に起こる「メリット」

  • 口うるさい、嫌な上司がいない
  • 毎日、地獄のような通勤電車に乗らなくてもよくなる(そもそも通勤という概念がない)
  • 決まった時間に起きる必要がなく、好きな時に働ける
  • シフトを自分で決めるので、平日の休みや、長期休みも取りやすい
  • 自転車で配達すると、運動しながら、お金を稼ぐことができる
  • 個人事業主となるので、「日本の税制度」や「税金」について、実体験で勉強することが出来る
ウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れUber Eats(ウーバーイーツ)って何?Uber Eatsのやり方・流れ

とにかく、理不尽な事が嫌い、自由に働きたい人にお勧め

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になって、「個人事業主」として働き始めると、サラリーマン時代に遭遇した「口うるさく、理不尽な上司」は、いなくなります。

また、毎日、軍隊のように、決まった時間に起床して、会社に出社する必要もなくなり、都会で働いている人なら、地獄のような通勤電車に乗る必要がなくなります。

つまり、働きたい日や、働きたい時間を、自分で決めることが出来るので、平日に休みを取って出かけたり、まとまった長期の休みを、自由にとることも可能になります。

あとは、「個人事業主」となり、自分で「税金」を納めなくてはならなくなるので、「税金」に関する知識は、否応なしに蓄積されます。

これまで、サラリーマンやOL時代には、意識して来なかった「日本の税制度」に触れることで、「日本でお金を稼ぐこと」について、真剣に考えるキッカケとなるはずです。

また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達手段に、「バイク」ではなく「自転車」を選択することで、「運動不足の人」は、「運動をしながら、お金を稼ぐ」ことが出来ます。これは、健康志向の人には、一石二鳥となり、もってこいですよね。

uber eatsとは ウーバーイーツとは

最後に、サラリーマンの所得税の計算方法についての、過去記事のリンクも貼っておきます。良かったら見ておいてください。

サラリーマン 給与所得者 所得税 計算方法サラリーマン(給与所得者)|所得税の計算方法(計算式)

配達パートナーになりたい人

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員・ドライバーの始め方

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「仕組み」を、簡単な図にしましたので、下に載せておきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アプリケーション上」では、「ユーザー(注文者)」「レストランパートナー(料理を作る人)」「配達パートナー(料理を届ける人)」の「3者」が、協力し合い、ビジネスモデルを成り立たせてます。

Uber Eats ウーバーイーツ 仕組み ビジネスモデル 稼ぎ方Uber Eats(ウーバーイーツ)ビジネスモデル・仕組み・稼ぎ方

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「配達パートナー」として、新規登録したい人は、「配達パートナー登録」から、新規登録を行ってください。

配達パートナーになりたい人はこちら

逆に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で「ユーザーとして注文をしたい人」は、注文者用の「アカウント登録」が必要ですので、まずは、「注文者用のアカウント登録」を済ませてください。

注文したい人はこちら

あとは、「配達パートナー」として働きたい人の中でも、1度も「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスを利用して、料理の出前を頼んだことがない人は、「注文者」として、1度は、料理を頼んでみると、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」という仕事が、どういう仕事なのかを、リアルに理解できるので、おすすめしています。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達エリア サービスエリア 地域Uber Eats(ウーバーイーツ)配達エリア&サービス地域の確認方法

「配達パートナー」になる手順(ステップ)

「配達パートナー」になる手順としては、インターネットのオンライン上で「配達員のアカウント登録」をした後、お近くの「パートナーセンター」で「アカウントを有効化」してもらい、「配達バッグ」をもらったら、すぐに稼働し、稼ぐことが出来ます。

uber eatsとは ウーバーイーツとは

  1. 「オンライン」で「アカウント登録」をする
  2. 近くの「パートナーセンター」で「アカウントを有効化」する(配達バッグはここで借りることが出来ます)
  3. 好きなタイミングで配達を開始する

オンラインでアカウント登録する場合は、以下の7つのステップのみで、新規登録は完了します。登録自体は、とても簡単です。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 おすすめ 便利アイテム 持ち物Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員|持ち物・便利グッズ

オンラインでアカウント登録する

  1. 「Uber Eats」の「配達パートナー」サイトにアクセスする
  2. 「配達パートナー」のアカウントを作成する
  3. 「配達に使用する車両」を選択する
  4. 「必要書類」を用意する
  5. 「必要書類」をアップロードする
  6. 「銀行情報」を入力する
  7. 「Uber Driverアプリ」をインストールする

詳しい「配達パートナー登録」の手順は、こちらの記事で解説していますので、よろければ、下にリンクを貼った記事を、1度、読んでみてください。

Uber Eats,ウーバーイーツ,配達員,ドライバーUber Eats(ウーバーイーツ)配達員(ドライバー)の登録方法 Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 登録 必要なもの 必要書類Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録に必要なもの・必要書類

「DAZN(ダゾーン)」無料体験の登録・視聴方法を解説

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録