これからは「個人で稼ぐ時代」です。

UberEats(ウーバーイーツ)最新配達バッグ使い方・種類|仕切り・固定の便利アイテム|緩衝材はサバイバルシート購入

UberEats ウーバーイーツ 配達バッグ 使い方 仕切り 便利アイテム

UberEats(ウーバーイーツ)配達バッグ使い方|仕切り便利アイテム

ウーバーイーツ 使い方 uber eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達用バッグ」の「使い方」について、説明していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になり、「配達の仕事」を始める場合、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」から貰った「配達バッグ」だけでは、配達をすることが出来ません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達用バッグ」を入手したら、最低でも、中にいれる「保冷バッグ(2種類あると便利)」と「緩衝材」は、各自で用意しましょう。

配達バッグの中に入れる「便利グッズ」

  • 「メイン」で使う「保冷・保温バッグ」(10Lサイズ)
  • 「サブ」で使う「保冷・保温バッグ」(ミニ・サイズ)
  • 「緩衝材(かんしょうざい)」
Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)個人事業主の確定申告・税金|副業・配達員・配達料

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達バッグの使い方|アイテム編

配達バッグの中に入れる「保冷バッグ(保温バッグ)」

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達バッグ」は、基本的に、それ単体では使用しません。

普通は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で預かった「配達バッグ」の中に、自分で購入した「保冷バッグ(保温バッグ)」を入れて、その「保冷バッグ(保温バッグ)」の中に、「レストランパートナー」から預かった「料理」を、入れていきます。

「配達バッグ」の中に入れる「保冷バッグ(保温バッグ)」は、使わない時は「コンパクト」にできるので、「折り畳み式」が便利です。

可能であれば、「折りたたみ式」の「中サイズ」と「小サイズ」の「2種類」の「保冷バッグ(保温バッグ)」を用意しておくと、どのような形の料理でも、配達に対応できるようになるので、おすすめです。

「メイン」で使う「保冷・保温バッグ」

僕が「メイン」で使っている「保冷バッグ(保温バッグ)」のサイズは【高さ21.5cm × 幅27.5cm ×奥行き18.5cm】のモノを、使っています。

基本、「Amazon(アマゾン)」などで、「10L(10リットル)」用の「保冷バッグ(保温バッグ)」を探すと、これと似たようなサイズの「保冷バッグ(保温バッグ)」を見つけることができます。

「10L」で「折り畳み式」の「保冷バッグ(保温バッグ)」であれば、値段は「約3,000円」前後で、購入できると思います。

ubereats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 仕切り方 保冷バッグ 保温バッグ 10L

この「10L」の「保冷バッグ(保温バッグ)」だと、使い勝手も抜群で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で貰った「配達用バッグ」の中にも、スッポリ入ります。

使わない時は、コンパクトにできるので、必ず「折りたたみ用」を買うようにしてくださいね!

このサイズに近い「保冷バッグ(保温バッグ)」を購入すれば、配達する「弁当箱」のサイズなら、大抵のサイズが、この「保冷バッグ(保温バッグ)」の中に収まります。

何かと便利なので、必ず「1つ」は、このサイズの「保冷バッグ(保温バッグ)」を「メイン」で、持っておきましょう。

女性の「配達パートナー(ドライバー)」さんであれば、「ピンク色」とか、可愛い色の「保冷バッグ(保温バッグ)」も、すぐに見つかると思いますよ!

ubereats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 仕切り方 保冷バッグ 保温バッグ 10L 折りたたみ式

10Lの折り畳み式「保冷・保温バッグ」をアマゾンで探す

「サブ」で使う「保冷・保温バッグ」

僕は「メイン」で使う「保冷バッグ(保温バッグ)」以外にも、「サブ」で使うために、1回りサイズの小さい「保冷バッグ(保温バッグ)」を購入して、一緒に使っています。

この「サブ」の「保冷バッグ(保温バッグ)」は、「料理」や「飲み物」を分けて詰める時に使ったり、「暖かい物」と「冷たい物」を、同時に運ぶ際などにも、「メイン」の「保冷バッグ(保温バッグ)」と別々に入れることが可能になりますので、とても重宝しています。

また、「マクドナルド(マック)」の「小さな袋」などは、「配達バッグ」の中で、揺れて、安定しないことが多いので、この小さいサイズの「サブ」の「保冷バッグ(保温バッグ)」に入れて配達すると、安心です。

これぐらいの「小さいサイズ」の「保冷バッグ(保温バッグ)」であれば、「Amazon(アマゾン)」で注文しなくても、「ダイソー」や「Seria(セリア)」などの「100円均一ショップ」で購入することが出来ますので、「安く済ませたい」時は、お近くの「100均ショップ」で購入しましょう。

ubereats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 仕切り方 保冷バッグ 保温バッグ ミニ お弁当 丼ぶり

Uber Eats ウーバーイーツ ダイエット 痩せる方法Uber Eats(ウーバーイーツ)ダイエット商品(サラダ・スムージー)頼み方・注文方法

配達バッグの隙間を埋める「緩衝材」

「配達用バッグ」の中にできる「隙間(空間)」は、「清潔」な「包装紙」や「プチプチ」「布」などの緩衝材で、隙間を埋めて、固定させておくのが、おすすめです。

緩衝材で、配達バッグの中にできるスキマを埋めておくことで、坂道や凸凹道で、揺れた時でも、中の「料理」や「飲み物」が、動かないので、こぼれる心配はありません。

スポンジ・ウレタン緩衝材

ubereats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 仕切り方 ウレタン スポンジ

大きな隙間がある場合は、例えば、上記のような「スポンジ・ウレタン素材」の「緩衝材」をカットして、配達バッグの中の隙間を埋めます。(※ソフト・タイプを選んでください)

「スポンジ・ウレタン素材」の「デメリット」としては、「かさばる」ことと、1度、カットしてしまうと、「形を変えずらい」こと、少し「高価」なことです。

値段が安くて、形の融通を効かせるためには、次に紹介する「クラフト紙」や「プチプチ」、最後に紹介する「静音アルミブランケット(サバイバルシート)」などが、個人的にはオススメです。

UberEats ウーバーイーツ ドライバー登録 配達員 登録 バイト 稼ぐウーバーイーツ ドライバー登録|配達員に登録してバイトより稼ぐ

クラフト紙

ubereats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 仕切り方

「クラフト紙」は「100均ショップ」などでも売っているので、1番安く入手できます。

「クラフト紙」を使って、配達用バッグの隙間を埋める時は、適当な大きさにカットした「クラフト紙」を、緩い握力で、くしゃくしゃに丸めて、配達バッグの中の隙間を埋めていきます。

安く購入できて、大きさも自由自在に出来るので、個人的にはおすすめしています。

家にある「新聞紙」なども、同じ用途で使えますが、インクが付着するなど、食べ物を扱う場合は、「衛生上」良くありませんよね。

また、注文者の前で、料理を取り出す時に、「新聞紙」で包んでいるのがバレると、印象も最悪ですので、同じように使える、「清潔」な新品の「クラフト紙」を、百均ショップなどで、購入して、使用するようにしましょう。

これが、最も「経済的な方法」だと思います。

UberEats 範囲拡大 Uber Eats ウーバーイーツ 範囲拡大 配達エリア 対応地域 対象区域 範囲外 エリア外ウーバーイーツ エリア(Uber Eats)範囲拡大・配達地域エリア外【新エリア拡大予定いつ?最新情報】

プチプチ緩衝材

プチプチ梱包材

緩衝材と言えば、すぐ思い浮かぶのが「プチプチ緩衝材」ですよね。

衝撃を吸収するという意味では、1番ではないでしょうか。

ただし、配達用バッグの中の隙間が、比較的大きい場合は、そのスキマを埋めるために、結構、大量の「プチプチ」を用意しなければいけません。

ただ、あると何かと便利なので、僕は「クラフト紙」と合わせて、この「プチプチ」を使っています。

Uber Eats ウーバーイーツ 始め方 登録 注文方法 配達エリアUber Eats(ウーバーイーツ)始め方|登録方法・注文方法・配達エリア・配達員の配達料

静音アルミブランケット(サバイバルシート)

uber eats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 静音アルミブランケット 仕切り方

最近の僕のイチオシはこれですね!「静音アルミブランケット(サバイバルシート)」です。

安いものであれば、Amazon(アマゾン)で「500円」以内の値段で、購入できます。

これを、丸めたり、形を変えながら、配達用バッグの隙間を埋めると、中の料理が、かなり安定します。

僕も、最初は「クラフト紙」や「プチプチ」などを使っていたのですが、この「静音アルミブランケット(サバイバルシート)」を見つけてからは、こいつが「相棒」になりました。

「静音アルミブランケット(サバイバルシート)」の「メリット」は、「緩衝」「保温」「保冷」と、どれも効果絶大だという点です。

保冷バッグとも相性が良く、隙間を埋めて、弁当箱などを支えてくれますので、崩れやすい食べ物や、飲み物、汁物なども、ある程度であれば、この「静音アルミブランケット(サバイバルシート)」が、支えてくれますよ。

uber eats ウーバーイーツ 配達用バッグ 使い方 静音アルミブランケット 仕切り方 固定方法

Uber Eats ウーバーイーツ 始める 副業 配達パートナー 登録 バイト ドライバー 配達員Uber Eats(ウーバーイーツ)始める|配達員副業で配達パートナー登録方法・配達エリア

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達バッグの使い方|運び方

正直、「料理」や「飲み物」の運び方に関しては、自分自身で「創意工夫」して、最適な運び方を、見つけていくのが、「better(ベター)」だと思います。

特に難しいのは「スープ」や「ラーメン」などの汁物系や、「お寿司」など、料理自体が小さいモノです。

これらを「配達する時」は、「ちょっとした工夫」が必要になります。

「ピザ」

「ピザ」などは、「配達バッグ」の中に入れた「10Lの保冷・保温バッグ」の天井部分に置くように、入れると良いでしょう。

多少、上部に隙間が出来ると思うので、上部のスキマは、「静音アルミブランケット(サバイバルシート)」や「クラフト紙」で、埋めると、安定してズレなくなります。

「大皿のお寿司」など大きくて不安定なもの

「大皿のお寿司」のような、大きくて不安定なものは、配達バッグの底に入れて、上部と横の部分のスキマを、緩衝材で完全に埋めて、配達中に動かないようにしましょう。

そして、配達中も、中のお寿司が動かないように、慎重に「配達する」ようにしましょう。

飲み物(飲料)

「飲み物(飲料)」などは、「サブ」の「保冷バッグ(保温バッグ)」に入れると、安定して配達が可能です。

それ以外の方法では、「クラフト紙」で巻いてあげて、配達バッグの中で動かないように、まわりの隙間を、緩衝材などで埋めてあげると、配達しやすくなります。

あと、冷たい飲み物などを配達する場合は、温かい料理とは、別の「保冷バッグ(保温バッグ)」に入れたり、仕切り板で分けた、別々のスペースに入れて、温度に変化がないように、注意して運びましょう。

「スープ」や「ラーメン」などの汁物

「スープ系」の料理や、「ラーメン」などの汁物は、基本的に、「レストラン(店舗)」側で、汁がこぼれないように、最低限度の工夫をしてくれているため、そのまま、メインの「保冷バッグ(保温バッグ)」に入れて、隙間を緩衝材で埋めるだけで、問題ありません。

ただし、注文数が5人前以上となり、「汁物」を「保冷バッグ(保温バッグ)」の中で、重ねたりしなければならない時などは、容器が軋まないように、緩衝材を上手に使い、十分に慎重になって、配達する必要があります。

Uber Eats ウーバーイーツ 使い方 注文方法 配達パートナー 始め方 配達員 ドライバー バイトUber Eats(ウーバーイーツ)始め方|注文方法・商品頼み方・配達員・配達パートナー登録方法・配達エリア

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達バッグの使い方|注意点

「配達バッグ」に「料理」や「飲み物」を入れた後でも、「注文者(ユーザー)」にしっかりと配達するまでは、なかなか気が抜けません。

配達中の衝撃で、「配達バッグ」の中の料理が、「ぐちゃぐちゃ」になってしまっては、元も子もないからです。

そこで、「配達バッグ」に料理を入れてから、実際に、「注文者(ユーザー)」の手元に届けるまでの間で、特に気を付けるべきことを、整理してみました。

飛び跳ねが心配な人は、上部の隙間も塞ぐ

緩衝材を購入して、隙間を埋めるのはよいのですが、横の隙間を埋めても、上下の隙間を埋めない人が、たまにいます。

上下の隙間に緩衝材を入れていないと、配達中に「お弁当」や「飲み物」が上下に飛び跳ねて、中身が「ぐちゃぐちゃ」になってしまいますので、なるべくなら、「料理をおいた後に出来る、上の空間」にも、「緩衝材」を入れて、スペースを埋めてあげると、上下の振動にも、お弁当全体が動かなくなり、安全に配達することが出来ます。

「汁物系」や「飲み物」配達の時は、1番注意して

「汁物系」や「飲み物」を配達する時は、特に気を付けて、配送中の衝撃に、注意する必要があります。

普段から「汁物系」の注文が多い「ラーメン屋」さんなどは、「汁物系」の配達に慣れているお店も多く、お店でやってくれる包装や容器にも、手慣れた感があり、安心できるのですが、「汁物系」の注文に慣れていないお店の中には、「これ、大丈夫か?」というような、容器で、手渡されるものもあります。

「汁物系」の場合、慣れないうちは、出発前に、入念に固定しなければいけません。

特に「汁物系」の注文が重なった場合などは、「重量」も、かなり重くなるので、特に、慎重に運ぶようにしてください。

運転中の姿勢・坂道での姿勢に注意

「前傾姿勢」で運転したり、坂道の上り下りで、後ろに担いだ「配達バッグ」が、意図せず傾いてしまうと、料理がこぼれる原因となってしまいます。

配達中の姿勢は、配達バッグが、なるべく真っすぐな向きを保つように、体の向きにも気を遣って、配達するように、心がけましょう。

それ以外には、配達中でも、「配達バッグ」の向きをコントロールしやすいように、肩紐の長さを調節するなどの工夫も、重要になってくるかと思います。

ウーバーイーツ Uber Eats 配達 やり方 コツ 配達員 人気エリア 時間帯 配達パートナーウーバーイーツ(Uber Eats)配達やり方とコツ|配達員の人気エリアと時間帯

まとめ

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」での「配達バッグ」の「使い方」を中心に、配達の仕方を説明してきました。

いろいろ書いてきましたが、まずは「百聞は一見にしかず」で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」という仕事がどういうものなのかを体験するためにも、実際に、1件配達してみるのが、おすすめです。

1件配達をしてみると、各自「問題点」や「工夫点」「改善点」なども見えてくると思いますので、あとは、効率面も考えて、自分なりの工夫をしていくだけです。

今回の記事で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」をやってみようかなと思われた人は、まずは「配達パートナー」の「アカウント登録」から、最初の1歩を、進めていってくださいね。

「配達パートナー」の「アカウント登録」

ウーバーイーツ Uber Eats 配達員 新宿エリア 宅配バイト 登録 東京 都内 配達パートナーウーバーイーツ(Uber Eats)登録|新宿エリアの宅配バイト配達員

「おすすめ転職サイト」20代・30代・40代別の転職サイト比較

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録