これからは「個人で稼ぐ時代」です。

資産運用とは|初心者におすすめ資産運用の種類

資産運用とは 初心者 おすすめ 資産運用

資産運用とは|初心者におすすめ資産運用の種類

「資産運用(しさんうんよう)」という言葉は、よく聞くのですが、具体的に、何が「資産運用」に分類されるのかが、よく分からない人も多いと思います。 世の中には、お金に関する様々な情報が溢れています。 しかし、それらをシンプルに考えると、お金を増やす方法は、実は「収入を増やす」「支出を減らす」「運用する」の「3つ」しかないことが分かります。

「お金」を増やす「たった3つの方法」

お金を増やす「3つの方法」
① 収入を増やす② 支出を減らす③ 運用する

終身雇用の崩壊が叫ばれている今の時代、年齢とともに、必ずしも「収入」が増えていくとは限りません。 また、「消費税の10%への増税」や「保険料の増加」等で、「節約できる金額」にも「限界」が出てきています。 つまり、「お金を増やす、たった3つの方法」の中の、「①収入を増やす」と「②支出を増やす」を、実現するためには、かなりの努力を要するのが、今の世の中なのです。 そのような中で、今、注目されているのが、3つ目の「③運用する」という方法です。 これが「資産運用(しさんうんよう)」と言われている方法になります。 「資産運用」とは、簡単に言うと、「お金に働いてもらう」ことで、財産をコツコツ増やしていく方法のことです。 難しい言葉を聞くだけで、アレルギー反応が出てしまう人もいるかもしれませんが、「資産運用」を難しく考える必要はありませんし、また、「資産運用」は、お金持ちだけの特権でもありません。 「資産運用」とは、「わずかな資金」と「勇気」さえあれば、「誰にでもできる」ものなのです。 そこで、今回は、「資産運用とは?」という質問に、初心者でもわかりやすく、簡単に理解できるように、なるべく丁寧に、説明していきたいと思っています。

もう1度、復習しよう「お金を貯める3つの方法」
① 収入を増やす技術を身に付けて高い賃金の仕事に就くか、「副業解禁」に合わせて、副業などで仕事の量を増やす。この方法では、働き方次第では、大きな可能性があるが、速効性がなく、コントロールも難しい。一番、収入を増やしやすいのは、自分で起業して、自らのビジネスを成長させることで、収入を増やしていく方法が、理想的です。
② 支出を減らすまずは、「光熱費」「家賃」「通信費」「保険料」などの「固定費」を見直し、「固定費」をできるだけ切り詰める・削減することから、「スタート」になります。
③ 運用する②が、ある程度終わったら、少額から資金を投資し、お金に働いてもらう段階に、早い段階で移行しましょう。資産運用には、節約のような金額的な限定がないほか、1度、商品を決めて投資をすると、自分の時間を奪われない種類の「金融商品」も存在します。

資産運用とは

将来に向けて、お金を準備していくためには、僕たちは「資産運用」を行っていく必要があります。 資産運用とは、自分の持つ「資産」を「貯蓄」や「投資」に回し、効率的に「資産」を増やしていくことを言います。 「資産運用」には、様々な種類や方法があります。 「運用」と聞くと、なんとなく怖いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、「長期に渡り、バランス良く」お金を増やしていくことで、少ない「元手」でも、安全に手堅く、財産を増やしていくことは可能です。 比較的有名な「資産運用」のサービスの種類を、一覧表にしてみましたので、まずは、以下の表をご覧ください。

貯蓄型資産運用投資型資産運用
普通預金銀行に「資産」を預け、その利子により資産を増やす方法株式投資公開されている企業の株式を売買することで、利益を狙う方法。
定期預金銀行に「資産」を預ける時に、前もって預ける期間を決める預金のこと。普通預金よりも金利が良いが、預入期間の満期が来るまでは、途中で「資産」を引き出すことが出来ない。インフレ(物価上昇)になると、預けた「お金の価値」は下がる。投資信託日本を含む、海外の株式や債券、不動産等を運用する投資信託(ファンド)へ投資する方法
貯蓄預金貯蓄している「残高」によって、「金利」が設定される「預金」のこと。残高が基準以上ある場合、普通預金より金利が高くなる。お金の出し入れは自由にできるが、自動支払い、自動受け取りには対応していない。オプション取引ある「原資産」について、あらかじめ決められた将来の期間において、一定の価格で取引する権利を、付与・売買する取引のこと。
外貨預金上記の預金方法を、「外貨(国外のお金)」を用いて行う方法。為替相場の影響を大きく受け、通常の預金よりもリスクが高い。また、外貨預金を行う場合の「手数料」は「FX(外国為替証拠金取引)」の方が安いため、FXを使って外貨預金をする人も多い。先物取引価格や数値が変動する各種「有価証券」「商品」「指数」の将来の売買について、あらかじめ、現時点で約束をする取引のこと。先物取引には、取引の期日があり、期日内であれば、いつでも売買できるが、期限になれば自動的に決済される。
学資保険満期で保険金が受け取れたり、解約時に「解約返戻金」が戻ってくる「貯蓄型保険」の1種。子供の教育資金を準備する保険で、子どもが17~18歳に達した時に、満期になるモノが多い。外国為替証拠金取引(FX)少額の証拠金を預けることで、差益決済により、通貨(外貨)間の売買を行い、その差益を狙う取引のこと。
終身保険満期で保険金が受け取れたり、解約時に「解約返戻金」が戻ってくる「貯蓄型保険」の1種。一生涯の死亡保障の保険。貯蓄性が高く、解約返戻金を老後の資金にも利用できる。個人向け国債国が発行する「債券(国債)」に投資する方法。
養老保険満期で保険金が受け取れたり、解約時に「解約返戻金」が戻ってくる「貯蓄型保険」の1種。契約期間中に死亡した場合は、「死亡保険金」が、満期まで生存しれいれば「満期保険金」が受け取れる保険。社債会社が発行する債券に投資する方法。
個人年金保険満期で保険金が受け取れたり、解約時に「解約返戻金」が戻ってくる「貯蓄型保険」の1種。老後の年金を用意するための保険。不動産投資「土地」や「建物」など、「不動産」に投資する方法。
金投資日々、変動する「金」へ投資し、売買の差益を狙う方法。

資産運用は「貯蓄」と「投資」の「2種類」

上の図のように「資産運用」は、大きく分けると「貯蓄」と「投資」の「2種類」に分けられます。

資産運用とは
貯蓄投資

「貯蓄」とは、「お金を貯めることを目的」としたもので、「銀行の預貯金」などが、代表的です。どちらかというと、「安全」に「お金」を守るという意図が強いといえます。 一方の「投資」とは、「お金を増やすことを目的」としたもので、持っている現金を、「株式」や「債券」などの金融商品に換えて、それを運用することで、お金を増やしていきます。 1番重要なのは、「投資」には、一切手を出さないということではなく、目的に合わせて、様々な「金融商品」を組み合わせて、運用することで、「投資リスク」を抑えながら、財産を増やしていくことなのです。

「貯蓄」⇒「投資」に変える

「投資」における「リスク」

「貯蓄」から「投資」に徐々に変えていく過程で、または、「金融商品」を選らぶ中で、最も大切なのが、「金融商品ごとのリスク」の「把握」です。 この「リスクの把握」を見誤ると、1度に、大きな損失を抱えかねません。投資で「借金」を抱えてしまう人は、この「リスクの把握」を見誤ってしまった場合が、ほとんんどです。 もともと、投資の世界で、「リスク」とは、「運用結果のブレ幅の大きさ」を指して使われます。 わかりやすくいうと、「振り子」のようなイメージをしてもらうと、理解がしやすいかと思います。 つまり、「リスク」が「高い」投資というものは、それだけ「値動き」=「振り子の幅」も激しくなり、「大きなリターン」を得られる可能性が出てくる一方で、同じ勢いで逆側に振り切れてしまうと、「リスクも大きく」なり、「運用資金が減る」「元本が割れる」といった、危険性も高くなってくるのです。

金融商品ごとの「リスク分布」

資産運用とは わかりやすく 簡単に 図解 解説 説明

「手数料」と「税金」は極力安く抑えよう

「資金」を増やすうえで、もう1つ注意しなければならない「重要」なモノが、「手数料」と「税金」です。 「手数料」の額は、選択する「証券会社」によって、まちまちですが、基本的には、1取引あたり(もしくは1日あたり)、「数百円」の「手数料」が取られてしまいます。 たかだか「数百円」と思うかもしれませんが、「手数料」とは「取引回数が積み重なること」で、いつの間にか「大きな金額や負担に膨れ上がっている」ものですので、あなどってはいけません。 特に「短期売買」で「取引回数」が多い場合は、この「手数料」には、要注意です。 また、どの「金融商品」でも、「投資によって得た利益」には、「税金」がかかります。 株式投資の場合は、売買によって得た利益の「約20%」は「税金」として納めなければいけません。 従って、「資産運用」で、効率的に利益を得るためには、できるだけ、この「手数料」や「税金」を、安く抑えることが、必要になってきます。

「手数料」と「税金」を安く抑えるには

「手数料」と「税金」を安く抑える秘訣
① 売買手数料の安い「証券会社」を選ぶ② 長期運用により「取引回数」を抑える③ 非課税枠のある「NISA(ニーサ)」などを利用する
税金 抜け道 日本日本で金持ちになる方法【税金 抜け道】税率が低い金儲けの方法

素人でもできる「少額投資」の代表例

日本で投資を行うためには「株式」「FX」「債券」「投資信託」などの売買を代行してくれたり、売買の取次を行ってくれる「証券会社」を利用することになります。 このような「証券会社」のホームページを見てみると、「投資」の「超初心者向け」に「数百円」程度から「1万円」くらいの金額で始められる「投資商品」が用意されています。 例えば「株式投資」には、「単元未満株」というサービスがあり、投資する「銘柄」次第では、わずか「100円」から、取引が可能です。 また、長期的に投資するのであれば「積立型の投資信託」や「国債」などが、おすすめですが、どちらも比較的「リスク」は少ないので、毎月、少しずつ運用資金を積み増していくことで、「複利効果」により、将来的に、大きな利益を得ることも可能です。

少額投資の代表例

少額投資の代表例
単元未満額単元未満株を利用すると、1株から取引可能になります。1株1,000円で、単元株数が100株の銘柄の場合、通常10万円が必要なところ、1株の1,000円から購入できます。銘柄によっては、数百円から取引可能なものもあります。
積立型の投資信託(投信積立)積立型の投資信託は、毎月決まった日に、決まった金額だけ「投資信託」の買い付けを行う「サービス」です。定期預金のように、自動的に行われるため、長く続けやすく、「複利効果」も期待できます。
国債国債は「債券」の1種で、個人向けにいくつかの種類が用意されています。国が運営しているため、安全性が高く、「資産運用」の「スタート」に買うのに、適しています。

それぞれの「金融商品」利益発生の「仕組み」を知ろう

「資産運用」は、運用次第で資金を増やしていくことができるツールですが、そのために知っておいてもらいたいのが、「各金融商品の、利益発生の仕組み」です。 「金融商品」の中でも、「お金の増え方」は、選択する「金融商品ごとに異なる」のが、一般的です。 まずは、「なぜ、その金融商品では、お金が増えるのかを理解し、金融商品の性質を、完全に理解した上で、綿密な運用計画を立てる」ことが、「資産運用」で「利益」を獲得するための、第1歩だと言えるでしょう。

代表的な「金融商品」と利益発生の「仕組み」

利益発生の仕組みと注意点
株式売却益(キャピタルゲイン)株の購入時より、株価が高い時に売却できれば「売却益」が得られ、「権利確定日」に株を保有していれば、「配当金」が受け取れます。「企業の業績」と「景気」に、影響を受けます。
配当金(インカムゲイン)
債券利息債券ごとに、定められた金利に応じて、「利息」が支払われます。また、中には購入時と売却時の金額差で利益(売却益)を得るタイプの債権も存在します。市場の金利と、発行体(国、地方公共団体、企業など)の「信用度」に影響を受けます。
割引
海外投資売却益海外へ投資をする場合は、通常の「売却益」や「配当金(利息)」などに加えて、日々、刻々と移り変わる「為替レート」の差によっても、損益が発生します。国内の「金利」や「経済状況」だけではなく、海外の「金利」や「経済状況」にも、影響を受けます。
配当金(利息)
為替差益

「株式投資」でお金を増やす

「株式投資」は、金融商品の中でも「リターン」と「リスク」ともに、大きいのが「特徴」です。 「株式投資」とは、企業が発行する「株式」の売買で、利益を得る投資のことです。 企業の成長性、安定性、将来性などを踏まえて「銘柄」を選び、売買のタイミングを考えます。 投資の中では、「リターン」と「リスク」が大きいため、短期間の間で、大きなリターン(利益)を得られることもあれば、短期間で大きな損失が発生することもあります。 株式投資を習得するには、株価の値動きを示す「チャートの読み方」や、企業の業績がわかる「指標の読み方」などを、マスターすることで、安定的に利益を獲得できるようになります。

「株式投資」はこんな人向けの金融商品
  1. 大きな「リターン(利益)」を狙いたい人
  2. 「分析」が得意な「オタク気質」の人
  3. 「資金」「リスク」管理が上手な「マメな人」
  4. 「企業」を選別できる「観察眼」のある人
株式投資の「メリット」&「デメリット」
株式投資(かぶしきとうし)
「株式投資」の「メリット」「株式投資」の「デメリット」
「大きなリターンが狙える」 ・数ある投資商品の中でも、株式投資は値動きが大きいため、大きな利益を得られる可能性があります。また、株式の「売却益」以外にも「配当金」「株主優待」などの嬉しいメリットもあります。「元本割れのリスクがある」 ・日々、変動している株では、価格の変動幅も大きいため、購入のタイミングによっては、損失が発生する可能性がある。
「自分の知識や技術が活かせる」 ・売買のタイミングや企業業績、世の中の景気など、株価に影響する要因を、的確に分析できれば、それだけ「リターン」を増やすことができる。「チャート読み、企業分析が難しい」 ・値動きを予想するためには、「チャート(株価の変動)」を読むテクニックが必要で、チャート読みをマスターするには、時間と経験がいる。
「NISAを使えば非課税で運用できる」 ・2014年から始まった「NISA(ニーサ)」を使えば、売却益や配当金にかかる税金が0円になる。「値動きが早い」 ・「株価」は「景気」や「世界情勢」の動きに、敏感に反応するため、刻々とかわる「株価の値動き」を掴むスピード感が求められる。
「課税税率が低い」 ・株式投資の「売却益」に課税される税率は「約20%」と低い。「大きな元手(種銭)が必要」 ・購入できる1口の株数が決まっているので、数万円の元手から始めるのは厳しい。最低でも、数十万円の元手が必要。

「債券投資」でお金を増やす

「債券」とは、「国」や「地方自治体」「企業」が、お金を借りるときに発行する「借用証書」のようなものです。 「債券投資」とは、「国」「地方自治体」「企業」などに資金を貸し、その見返りとして「利息」を得るもので、「信用度の高い、債券」であれば、ほぼ確実に「元手を減らすことなく利益を得る」ことができる金融商品のことです。 基本的には、「債券投資」では、「資金は満額返済」されます。つまり、投資した元本は全額戻ってくるのです。 また、「債券投資」では、「貸付期間」や、受け取れる「利息額」も、あらかじめ決まっているため、安全かつ計画的に投資できるのが「メリット」です。 「債券投資」は何と言っても、この「安全性が高い」ことが、最大の「特徴」だと言えるでしょう。 このように「債券投資」では、頻繁に「売買価格」や、「金利動向」を確認したり、専門知識が求められることもないために、「投資初心者」や、普段、時間のない「サラリーマン」や「OL」の副業としても、時間を有効活用することが出来ます。 ただし、「債券投資」では、「リスクが小さい」分、「リターンも小さい」ので、その点は、よく理解する必要があります。

「債券投資」はこんな人向けの金融商品
  1. 「元本割れ」のリスクを避けたい人
  2. 「銀行預金より有利な金利」で運用したい人
  3. 「少額」で「安全」に投資を始めたい人
  4. 「管理の手間」をかけたくない人
債券投資の「メリット」&「デメリット」
債券投資(さいけんとうし)
「債券投資」の「メリット」「債券投資」の「デメリット」
「安全性が高い」 ・債券は、その他の「金融商品」よりも、安全性が高いのが特長です。とくに「国債」は、お金の借主が「国」になるので、安心感の高い金融商品と言える。「運用期間が長い」 ・債券は、「年単位」での運用が基本。個人向け国債も、最短で3年からなので、資金拘束の時間は長くなる。
「運用計画が立てやすい」 ・債券は投資期間が決まっている商品で、金利も固定されているタイプが多く、運用期間や利回りの、予測が立てやすい。「リターンが少ない」 ・株式投資などと比べると、安全性は高いが、得られる利益は少ない。
「国や地域の発展に貢献できる」 ・国債は地方債は、設備などの運営に使われる資金源。地方債への投資は、特に、自分の住む地域などの発展に貢献できる。「信用リスクがある」 ・基本的に、満期日まで保有していれば、資金が全額戻ってくるが、発行体の財務状況によっては、元本割れする可能性もある。
「課税税率が低い」 ・債券投資の「利子」に課税される税率は「約20%」と低い。「銀行等の金融機関に新規の口座開設が必要」 ・国債などを購入する場合、銀行等の金融機関に、国債専用の新規口座を開設する必要がある。

「海外投資」でお金を増やす

「海外投資」には、「外貨預金」「外国株」「外国債券」「外貨MMF(マネーマーケットファンド)」「FX」などが、あります。 「海外投資」とは、外国企業の株、外国の発行体の債権、外貨などを売買する取引などを指します。 「海外投資」では、日本国内の経済状況に影響を受けづらいため、資産運用のリスク分散として、利用することが出来ます。 取引する際のポイントは、海外情勢に目を向けて、投資する国の経済情報を、しっかりと分析することが重要です。 また、「利益」や「損失」は「外貨建て」で発生しますので、円に戻す際の「為替レート」にも、注意が必要です。 基本は、「円高の時に【購入】」し、「円安の時に【売却】」するのが、セオリーです。

「海外投資」はこんな人向けの金融商品
  1. 「海外」に投資したい人
  2. 「投資対象」を増やしたい人
  3. 「円建て投資」のみという「リスク」を分散したい人
  4. 「為替変動」でも利益を獲得したい人
海外投資の「メリット」&「デメリット」
海外投資(かいがいとうし)
「海外投資」の「メリット」「海外投資」の「デメリット」
「分散投資の効果が得られる」 ・海外投資では、所有している資産の1部を、海外に投資することで、日本経済が停滞した時の、リスク回避ができる。「情報収集が難しい」 ・海外企業の株式や、新興国の債券などは、情報収集が困難で、手間や時間がかかったり、最新の情報を得るのには、その国の語学の習得が必要になる。
「投資の幅が広がる」 ・海外の市場で取引されてる「金融商品」は、日本市場以上にあり、「株式」「債券」「通貨」などの様々な、投資商品を購入できる。このように投資の範囲を広げることで、投資の選択肢が増える。「外国の政治・経済に影響を受ける」 ・海外投資では、外国の経済状況や、為替レートの影響をダイレクトに受けるため、海外のニュースなどにも、常にアンテナを張っておく必要がある。
「為替変動で利益獲得のチャンス」 ・円建てのみの「国内投資」では、円安になると価値が下がるが、外貨建ての海外投資では、同じ円安でも、逆に価値が上がり、利益獲得のチャンスとなる。「為替変動で損失発生のリスク」 ・海外投資の「外貨建て商品」は、円安になると利益が生まれるが、円高になると損失が発生し、金融商品によっては、元本割れの商品も出てくる。
「課税税率が低い」 ・海外投資の場合、選択した「金融商品」などの「複数の要因」によって、課税額が変化しますが、おおむね課税税率は「約20%」のものが多い。「ルールが複雑になる」 ・日本のルールと海外のルールの双方を、遵守する必要があり、よりルールが複雑になる。
海外投資の「タイプ分け」
海外投資の「商品タイプ」
外貨預金米ドルやユーロなどの外貨で預金する。基本的な仕組みは「円預金」と同じで、外貨ベースでは、元本割れリ。リスクがなく、通貨によっては「高い金利」で運用できる。また、円安時に引き出すことで、「為替差益」を得ることも可能が、その逆もある。
外国株国内株と同様に、株価上昇による「売却益(キャピタルゲイン)」と「配当金(インカムゲイン)」を得ることができる。利益は「外貨」で獲得するため、円に戻す時に、「為替差益」が加わり、より大きな利益が得られることもあるが、その逆もなる。
外国債券外国債券とは「発行市場」「発行体」「通貨」のどれかが「外国」である、「債券」のこと。国内債券と同じで、資金を発行体に貸し出す取引。「利息」や「償還後の元本」は、外貨で得るために、獲得時の「為替レート」によって、「為替差益」が得られることもあるが、その逆もある。
外貨MMF外貨建てで、海外の「国債」や「社債」を運用する投資信託(ファンド)の1種だが、預金のように、自由に換金(引き出し)できるのが、特徴。外貨預金よりも、為替手数料が安く、利回りが良いことが多い。為替差益には、税金が掛からないのも特徴である。
FX外貨を売買する取引のこと。「為替レート」の値動きから、「売却益(キャピタルゲイン)」を得る方法と、金利が高い通貨を保有して、「利息(インカムゲイン)」を狙う方法がある。また、「レバレッジ機能」を使い、少額の資金で、大きな金額の取引ができるのも特徴。

「投資信託」でお金を増やす

「投資信託(ファンド)」とは、複数の投資家から集めたお金を、「株式」や「債券」など、様々な投資先に分散して運用する「金融商品」のことです。 「投資信託」は「投信」「ファンド」とも呼ばれています。 「投資信託」の流れを見ると、まずは僕たち個人投資家が、「証券会社」や「銀行」などの「投資信託」の「販売会社」を通じて、投信を購入します。 次に、「運用会社」が、その資金を使い、どの金融商品を、どの程度、購入するかを決定します。 その「決定」に従って、資金を管理する「信託会社」が、実際に「株式」や「債券」を購入します。 運用の結果として、「利益」が出た場合は、投資家が購入した「口数」に応じて、利益が還元されます。 「個人投資家」からすると、「投資信託」の購入後、「利益が還元されるまでは、基本的に何もしなくてOK」なので、投資の経験や知識の少ない「投資初心者の人」でも、手軽に始めることが出来ます。 また「投資信託」では「少額投資」も可能で、「1口が1万円」程度の少額予算からでも、投資に参加できます。

「投資信託」はこんな人向けの金融商品
  1. 「運用のプロに銘柄を選んでもらいたい」投資初心者の人
  2. 「分散投資」で市況悪化のリスクを回避したい人
  3. 「少額」で「安全」に投資を始めたい人
  4. 「管理の手間」をかけたくない人
投資信託の「メリット」と「デメリット」
投資信託(とうししんたく)
「投資信託」の「メリット」「投資信託」の「デメリット」
「分散投資ができる」 ・投資信託の資金は、複数の投資先(金融商品)に、分散して運用されるため、自動的に「分散投資」の効果が得られる。「運用期間が長い」 ・投資信託も債券同様、「年単位」での運用が基本。償還期限は、最短でも1年、長くて3年などとなり、資金拘束の時間が長くなる。
「少額で買える」 ・ある程度、まとまった資金が必要な「株式」や「債券」と比較して、「投資信託」は、1万円程度の少額資金で投資可能。「手数料が高く、リターンが少ない」 ・投資信託では、「購入」「運用」「売却」のタイミングで、それぞれ「手数料」を取られてしまう。取られる手数料が多いため、その分、利益も少なくなる。
「種類が豊富」 ・投資信託は、投資先(株式、債券など)の組み合わせ数が多く、種類が豊富。自分の投資スタイルに合う投資商品が見つけやすい。「元本割れのリスクがある」 ・投資信託には、あらかじめ「償還期限(元本が返ってくる日)」が定められているが、ファンドの運用成績が悪いと、元本が割れてしまうリスクがある。
「プロのファンドマネージャーが運用してくれる」 ・投資先に選択や変更は、「運営会社」のプロのファンドマネージャーが行うため、投資する側には、専門知識がいらず、基本的には、資金を出した後は、任せっぱなしでOK。「数が多すぎて選ぶのに苦労する」 ・投資信託では、様々な金融商品を組み合わせることで、4,000本以上の種類の商品が販売されているため、多すぎて選べないことがある。
投資信託の「リターン」と「コスト」
投資信託の「リターン(利益)」と「コスト(手数料)」
投信で得られる3つのリターン投信にかかる手数料
売却益販売手数料
分配金信託報酬
償還金信託財産留保額
売却益
購入価格よりも、売却価格が高くなった時に、得られる利益。ただし、購入価格よりも、売却価格が低くなってしまうと、売却損が発生するので、注意が必要。
分配金
投資信託の運用によって得た利益を、一定期間で投資家に分配するお金。分配金の支払いは、3ヵ月、半年、1年などと、投信によって異なる。また分配金を受け取らずに、再投資に回す投信もある。
償還金
投資信託の償還日に、投資家に戻されるお金。
販売手数料
投資信託の購入時に、証券会社や銀行などの「販売会社」に支払うコスト。一般的に、「基準価額(投信1口あたりの値段)」の「1~3%」も取られてしまうことが多い。最近では、この「販売手数料」が「無料」の「ノーロード投信」という商品もある。
信託報酬
ファンドが行う「運用報告書の作成」や「資産の保管費用」などをまかなうコスト。信託財産に対して、年1%~2%が日割り計算され、毎日の「基準価額(投信1口あたりの値段)」から差し引かれる。
信託財産留保額
投資信託を換金する(現金に変える)ためのコスト。一般的に、「基準価額(投信1口あたりの値段)」の1%~2%が、売却時の換金代金から差し引かれる。また、1部の「債券型投信」では、このほかにも「解約手数料」が発生するものさえある。
こうしてみると、「投資信託」というものは、「プロのファンドマネージャーが運用してくれる安心感」はありますが、「購入~売却までの間」で、かなり多くの「手数料」が取られるので、正直、僕は、あまりオススメしたくない「資産運用」です。

資産運用初心者は「中~長期の投資が基本」

実際に「資産運用」を始めるにあたって、初心者の僕たちが意識したいのが「どのくらいの期間、投資を続けるか」です。 1年後に「利益」を得たいのか、30年後を見据えて運用するのかで、投資スタイルや、選択すべき「金融商品」は変わってきます。 初心者のうちは、「短期」よりも「長期投資」の方が、良いと思います。 まだ、投資になれていないうちは、長期投資の方が、精神的な負担も少なく、日々、学びながら「資産運用」を続けることが出来ます。 投資では、一攫千金も夢ではありませんが、「投資の基本は、勝つことより負けないこと」というような格言もあるぐらい、投資で確実に利益を得るなら、じっくりと粘り強く続けることが最良の戦略です。

長期投資で初心者が得られる「メリット」

リスクの低い商品が選べる手数料や税金が安く済む手間や時間がかからない
値動きが小さく短期では利益の出ない商品でも、年単位の動きで見れば、利益が得られることが多い取引や利益確定の回数が少ないために、同じ利益でも、長期の方が手数料や税金が安く済んで、お得になる短期の場合、常に値動きを確認し、頻繁に売買をする必要があるが、長期投資なら、1度、投資すれば、しばらく手間がかからない

複利効果を味方につける

もう1つ、長期の資産運用で見逃せないのが、「複利」の効果です。 「複利」とは、簡単に言えば、「利息が利息を生む効果」のことです。 例えば、「100万円」を「年利1%」で運用した場合、1年後に得られる利益は、1万円になりますが、複利の効果を最大限に発揮するためには、お金をいっさい出金せずに、受け取った利益を含んだ元本を、まるまる「再投資する」のです。 ここで、利益の1万円を口座から出金してしまうと、「元本は100万円のまま」なので、次の年に受け取る利益も、「100万円」のままです。 一方、利益が出た「1万円」を再投資し、「101万円の元本」で再投資すれば、次の年に受け取れる利益は「1万100円」となり、前年よりも100円多くの利益を受け取れることになります。 たった100円じゃないかと侮るなかれ、この「複利効果」は年を重ねるほど、大きくなります。 さて、ここで問題です。 「厚さ0.1mmのコピー用紙を、25回折ると高さは何センチになるでしょうか?」 答えは、「33,554.43cm」となり、メートルに変換すると、「3,355.443m」になるのです。 富士山の高さが「3,776m」ですから、0.1mmのコピー用紙を、25回折ると、富士山に匹敵する高さになってしまうのです。 実は、これも「複利の力」です。 この凄まじい「複利の力」について、相対性理論を証明した天才物理学者の「アインシュタイン」が、「複利は、人類最大の発見、宇宙で最強の力」と言ったことは有名な話で、実際、若くして「投資」で成功した人たちは、皆、この「複利の力」を使っているのです。

単利と複利の利益比較

※100万円を年利3%で運用した場合

種類1年後5年後10年後30年後
単利で資産運用3万円15万円30万円90万円
複利で資産運用3万円15万9,274円34万3,916円142万7,263円
利益の差0円9,274円4万3,916円52万7,263円
72の法則とは「72の法則」「100の法則」「115の法則」資産は何年で倍になる?

金融商品の最適な選び方

数ある「投資商品(金融商品)」の中から、利益の出る金融商品を選ぶ時は、それぞれの「金融商品」の「性格」を掴むことが重要です。 まず、知っておいてもらいたいのが「収益性」「安全性」「流動性」の「3つの要素」です。

金融商品の特徴と性格
① 収益性② 安全性③ 流動性

まず、「収益性」は、金融商品の運用で、「どのくらいの利益を見込めるか」を計る目安となります。 ただし、「リターンとリスクの関係」から、「多くのリターン(利益)が得られる金融商品ほど、その反対のリスクも大きくなる」ということも、同時に覚えておいてくださいね。 次に「安全性」とは、「投資したお金が目減りしたり、期待したリターン(利益)が得られなくなる可能性」のことです。 この「安全性」には、金融商品自体のリスクだけではなく、株式や債券の発行体や、取扱い金融機関の経営状況などの、複数の要因が関わってきます。 そして最後に、「流動性」とは、「換金のしやすさ」を表しています。「お金に換えやすいかどうか」ということですね。 現金が必要になった時に、いつでも自由に現金に換えられる「金融商品」が、「流動性の高い金融商品」だということが出来ます。

目安は「収益性」「安全性」「流動性」の3つ

金融商品の性格を知る「3つの物差し」
金融商品の特徴① 収益性② 安全性③ 流動性
内容どのくらいの利回りや値上がり益が見込めるかを見る基準。金融商品の価格や、価値の変動幅の大きいものほど、高収益を狙える投資したお金が目減りしたり、予想外の損をする可能性。元本が保証される商品や、信用のある発行体・金融機関の商品は、安全性が高い。投資したお金を自由に現金に換えられるかどうか。満期があって中途解約の難しいものや、売りたいときに売れないものは、流動性が低い。
性格収益性が高いほど、安全性は低い安全性が高いほど、収益性は低い流動性が高いほど、収益性は低い
金融商品・株式 ・投資信託 ・海外債券 ・FX・定期預金(国内) ・個人向け国債 ・個人向け社債・普通預金 ・MMF(マネーマーケットファンド) ・MRF(マネーリザーブファンド)

金融商品の「特徴」と「選び方」

上記で説明した「収益性」「安全性」「流動性」の「金融商品の特徴」すべてが、高い商品があれば、1番の理想ですが、残念ながら、すべてを満たしたような、完璧な金融商品は存在しません。 「収益性」「安全性」「流動性」の3つの物差しは、それぞれ「相関関係」にあり、基本的には、「収益性の高い金融商品ほど、安全性や流動性が低くなります」。 反対に、「安全性」や「流動性」の高い金融商品は、「爆発的な収益を期待できない」という特徴があります。 大まかに分類すると、「流動性・安全性の高い金融商品の代表例が【預貯金】」であり、「収益性の高い金融商品が【株式】」といえるでしょう。

利回りとは、わかりやすく言うと何?

金融商品を選ぶ時は、金融商品の種類や性格と共に、「目標利回り」も考慮しましょう。 「利回り」とは、「運用に対する収益」を「1年あたりに換算したもの」のことを指しています。 似た言葉である、「金利」や「利率」とは、「元本に対する1年間の利子の割合」のことを指しています。 「資産運用」では、この「利回り」という言葉が、よく使われます。 「利回り」は、先ほど、説明した「収益性」と、ほとんど同じ意味だと考えてもらえれば、わかりやすいかと思います。 一般的に、先ほどの「収益性」での説明と同じように、「利回り」が良い金融商品ほど、リスクは高くなります。 逆に「利回り」低い金融商品は、安全ですが、資産の増えるスピードは、遅くなります。

「年平均利回り」の計算が全てのスタート

年平均利回りの計算方法
「年平均利回り」とは「年平均利回り」とは、一定期間で得られる利息が、1年あたりでいくらになるかを計算し、それを元本で割ったもののことです。自分が目標とする金額を達成するために必要な、「利回り」が算出できます。
計算式(最終的な利益 ÷ 元本)÷ 運用年数 × 100 = 年平均利回り
計算例元本100万円を20年間運用して、150万円まで増やしたい人 (50万円 ÷ 100万円)÷20年間 × 100 = 年利2.5%【年利2.5%の運用で達成できる】

ただし、上記の表は「単利運用」の場合の計算式で、「複利運用」の場合は、下の表を参考にしてください。

資産運用の期間利息 1%利息 3%利息 5%
5年105.1 万円115.1 万円127.6 万円
10年110.5 万円134.4 万円162.9 万円
15年116.1 万円155.8 万円207.9 万円
20年122 万円180.6 万円265.3 万円
25年128.2 万円209.4 万円338.6 万円
30年134.8 万円242.7 万円432.2 万円
35年141.7 万円281.4 万円551.6 万円
「良い利回り」×「複利」で、「運用成績」にこれだけの違いが出るんですね。

キューピーちゃん

まとめ

今回の記事では、これから「資産運用」を始める人へ向けて、「資産運用」の基礎知識から、基本的な「資産運用の種類」までを、解説しました。 「資産運用」とは、簡単にいうと「お金に働いてもらう行為」です。 お金を増やすためには、「収入」を多くして、「支出」を減らすことが基本ですが、そう思うようには、なかなか上手くいかないのが、僕たちの現実だと思います。 また、「銀行」に「お金」を預けておくだけでは、インフレ(物価上昇)が進行する現在の日本では、何もしなくても、どんどん「円の価値」は「下落していく」ことになります。 そこで、考えてもらいたいのが「資産運用」なのです。 「株式」「債券」「投資信託」など、「資産運用」には、様々な種類のものがあります。 これは、「お金に働いてもらうための仕組みが、既にたくさん用意されている」ということなのです。 「なんだか難しそう」と思う人もいるかもしれませんが、それぞれの仕組みさえ、しっかり理解すれば、あと必要なのは、「始める勇気」だけです。 実際にやりながら、少しずつ、学んでいってください。

クラウドファンディング・サービス「一覧リスト」★

サービス名カテゴリー投資の見返り
CREAL(クリアル)不動産投資型配当金
FANTAS funding(ファンタスファンディング)不動産投資型配当金
Jointoα(ジョイントアルファ)不動産投資型配当金
Owners Book(オーナーズブック)不動産投資型配当金
LENDEX(レンデックス)不動産投資型配当金
Pocket Funding(ポケットファンディング)不動産投資型配当金
FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型未公開株の売却益
Unicorn(ユニコーン)株式投資型未公開株の売却益
SBIソーシャルレンディング融資型(ソーシャルレンディング)配当金
maneo(マネオ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CROWD CREDIT(クラウドクレジット)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Crowd Bank(クラウドバンク)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
SAMURAI証券(サムライ証券)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
COOL(クール)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
ネクストシフトファンド融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Funds(ファンズ)ファンド貸付型配当金
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)購入型モノ・サービス
ふるまるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるなびふるさと納税型寄付控除・返礼品
さとふるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとチョイスふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとプレミアムふるさと納税型寄付控除・返礼品

以上が、有名な「クラウドファンディング・サービス」の「分類別」の「一覧リスト」になります。

是非、参考にしてみてください。

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「LINEスマート投資」ラインのワンコイン投資とは