これからは「個人で稼ぐ時代」です。

リクルートエージェント登録方法・無料申し込み|転職エージェント始め方・使い方・口コミ・評判

リクルートエージェント おすすめ 求人 転職エージェント

リクルートエージェント
転職支援サービスの申込み(無料)

リクルートエージェントのサービスは、すべて「無料」で利用できます

リクルートエージェント 無料登録|おすすめ求人・転職エージェント

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント おすすめ ASP アフィリエイト

「リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)」とは、リクルートグループの「株式会社リクルートキャリア」が運営する「転職エージェント(人材紹介)サービス」のことです。

「転職エージェント」とは、人材を求めている「企業」と、「転職希望者」をマッチングさせるサービスです。

「転職エージェント」は、「人材コンサルタント」とも呼ばれています。

リクルートエージェント【公式】

リクルートエージェントの仕組み

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント メリット デメリット 登録方法 おすすめ

「リクルートエージェント」に代表される「転職エージェント」では、求人を募集する「企業」から、直接「紹介手数料」を貰って、事業が運営されています。

そのため、「転職エージェント」を利用する「転職者」は、一切利用料金がかからずに、すべてのサービスを「無料」で使用することが可能となります。

これは、民放のテレビ局が、スポンサーからお金を貰い作った番組を、僕たちに無料で届けてくれている構造と、同じですよね。

また、「転職エージェント」のサービスを利用できる人は、すでに会社を退職した人のみに制限されているわけではありません。

まだ、会社を退職していない、「在職中の人」でも、会員登録さえ行えば、キャリアアドバイザーとの面談も、することが出来ます。

「転職しようか悩んでいる人」や「今後のキャリアが不安な人」は、是非、登録して「相談」してみましょう。

このように「転職エージェント」を利用する人は、必ずしも転職の意思が固まっていない人でも大丈夫ですし、サービスを利用し始めたら、絶対に、「転職エージェント」を活用して、転職しないといけないという、規約があるわけでもないのです。

転職活動に疲れたら、途中で就職活動を少し休んでみたり、試しに別の転職エージェントを利用することも、可能となります。

「リクルートエージェント」とは

転職エージェントNO.1の実績「リクルートエージェント」

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント ASP アフィリエイト

今回、紹介する「リクルートエージェント」は、業界NO.1の実績を持っている「転職エージェント」です。

「リクルートエージェント」は、実は「非公開求人の数も多い」ことで、有名な「転職エージェント・サービス」ですので、悩んでいる人は、あまり難しく考えずに、まずはお気軽に、業界大手の「リクルートエージェント」を利用してみることを、お勧めします。

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント メリット デメリット

もし、まだ「退職しようか悩んでいる人」がいましたら、気になる「転職エージェント」に登録して、今後のキャリアについての相談だけでも行ってみると、悩みが解消されて、何か道が開けるかもしれませんよ。

リクルートエージェントに登録する(無料)

利用の前に、まずは、公式サイトから「会員登録」を行ってください。

「リクルートエージェント」転職支援サービス申込み欄

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント メリット デメリット 登録方法

  1. 転職希望時期
  2. 転職希望地
  3. 現在の職種
  4. 現在の年収
  5. メールアドレス
  6. 転職情報メール

「リクルートエージェント」への登録方法は簡単で、上記6つの項目を入力して、「同意して次へ」をクリックするだけで、完了します。

転職支援サービスの始め方(無料)

「リクルートエージェント」転職支援実績がNO1の理由

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント メリット デメリット

業界最大級の非公開求人数
「リクルートエージェント」には、一般の求人サイトには掲載していない「非公開求人」が「20万件以上」あります。
経験豊富なキャリアアドバイザー
それぞれの業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに合った求人を、厳選して紹介してくれます。
充実した転職サポート
提出書類の添削、面接対策、リクルートエージェントが独自に分析した、業界・企業情報の提供などの転職サポートが充実しています。

「リクルートエージェント」の口コミと評判

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント メリット デメリット 登録方法 申し込み 加入方法

Recruit Agent リクルートエージェント ロゴ logo 転職エージェント メリット デメリット 登録方法 申し込み

口コミや評判を見る

リクルートエージェントのサービスの流れ

例として、以下に「リクルートエージェント」を実際に利用した時の、「サービスの流れ」を記載しましたので、興味がある方は、確認しておいてください。

ステップ1
会員登録・サービスの申し込み
まずは「リクルートエージェント」に会員登録を行います。申し込みサイトの指示に従って「必要事項」を入力していきます
ステップ2
サービス開始の連絡
リクルートエージェントに申し込みをしてから7日以内に、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーから、「メール」や「電話」で、連絡が入ります
ステップ3
キャリアアドバイザーとの面談
リクルートエージェントに赴き「対面」か、もしくは「電話」を使って、キャリアアドバイザーに、あなたの「これまでの経験」や「希望の就職先」などを伝えます
ステップ4
求人の紹介・履歴書添削など
キャリアアドバイザーとの面談を終えると、リクルートエージェントが持っている「公開求人」や「非公開求人」の紹介が始まります。また、志望企業への応募へ向けて、キャリアアドバイザーと「履歴書」や「職務経歴書」の添削作業を行っていきます
ステップ5
応募・書類選考・面接対策
キャリアアドバイザーとのやり取りを終え、応募先の企業が決定した後、リクルートエージェントが、あなたを、志望企業に、推薦してくれます。また、本人が希望すれば、合格に向けた「面接対策」なども、キャリアアドバイザーから受けることが可能になります
ステップ6
内定・退職交渉・入社
内定が決まる前であれば、希望者には、転職エージェントを利用しないと難しい「年収交渉」などを、リクルートエージェントが、代行して行ってくれます。また、内定が決まった後は、その他にも「入社日の調整」や「現在、在職している企業との円満退社の手続きやアドバイス」など、その他「現在の会社の退職交渉~新しい会社への入社」までを、「リクルートエージェント」に、最後までサポートしてもらえます

No.1求人数「リクルートエージェント」

直接応募では返信が貰えないことも多い

「転職エージェント」を利用せずに、企業へ、直接応募が出来る「転職サイト」などを使って、就職活動をしている人も、多いとは思います。

「直接応募」と一口に言っても、ルートは様々あり、「直接応募」の代表的なものでは、「新聞の求人広告を見て応募する」ルートと、「企業が開設している求人案件(転職サイト)を見て応募する」ルートが、一般的です。

ただ、いずれのルートにも言えるのは、「応募書類」を送っても、「まったく返事がないことが多い」ということです。

直接応募の方法で、企業へ「応募書類を送っても、まったく返事がこない理由」として大きいのは、「求人企業の多くは、面接に呼びたい人にしか、連絡をしない」からです。

また、応募総数が、あまりにも多い場合もあります。例えば、全国紙に求人広告を出すと、小さな広告枠で、若干名の採用だとしても、約300人くらいの応募があると聞いたことがあります。

その、約300人のうちの、5人を面接に呼ぶとすると、残りの295人の人、全てに、返事をする余裕がないというのも、企業側にとっては、無理がないことだとも、予想できます。

実際に「転職サイト」や「新聞広告」などの「直接応募型」の「求人」の中には、「書類選考が通った人にしか、連絡をしない」と、最初から明記している「応募案件」も、多々あります。

しかし、「求職者」の側からすると、これが「悩みの種」になります。

「直接応募」ばかりしていると、「いくら応募しても、なしのつぶての連続になる」ことがあります。

企業からの連絡があったとしても、「残念ながら….。」といった、お決まりの常套句から始まる定形フォームが、メールで送られてくるだけの「苦しい時期」が長く続く、「就活スランプ」の時期を過ごす場合が、あるのです。

転職エージェントを利用すると「フィードバック」が得られる

一方で、「転職エージェント」を利用すると、「転職エージェント」が「企業」と「求職者」の間に入ってくれるため、書類選考や面接で不採用になった時でも、「〇〇の理由でご縁がなかった」というような、「具体的なフィードバック」を、直接もらえることがあります。

この「失敗した時のフィードバック」こそが、転職を成功させる上での、とても重要な要素となります。

「失敗する⇒フィードバックをもらう⇒改善する」の繰り返しを行うことで、成功に1歩ずつ近づいていくのが、理想的な「転職活動」であると言えるのです。

「直接応募」には、この「フィードバック」がないので、「失敗から学ぶことができずに、掛けた労力の割に、リターンが少ない」という状況が、続いてしまいます。

また、「直接応募」は、「転職エージェント」が間に入る時とは違い、応募の時点で、「企業の募集背景」や「企業が求める人材像」「面接官の癖」などが聞けないため、「企業に合わせた経歴書作り」が難しいという「デメリット」もあります。

逆に言うと、「転職エージェント」を利用すると、これらの「貴重な情報」を、「キャリアアドバイザー」との面談の中などで、聞くことも可能になるので、「志望企業に合った履歴書や職務経歴書」の作成や、「企業や業界に合った面接対策」など、より具体的な対策を、行うことが出来る「メリット」が、あるのです。

もちろん、「直接応募」にも、良い所がないわけではなく、「直接応募」を利用すると、「意中の企業にすぐにアクセスできる」などの「メリット」もありますので、「転職エージェント経由の応募」と「直接応募」の、両方の「メリット」「デメリット」を分かった上で、上手に使い分けることが、転職活動を成功させる上で、重要なポイントの1つだと言えるでしょう。

転職エージェントと信頼関係を築くコツは「即レス」

「そもそも、転職エージェントの人と信頼関係なんて、築く必要があるの?」と思う人がいるかもしれませんが、「就職」や「転職」は、あくまで「人対人」で、全てが決まっていきます。

「相手のことを、どれだけ想像して、思いやり、行動できるかどうか」が、ここでも、1番大切になってきます。

「求人案件を紹介してくれたら、あとは自分の実力で応募するわけだから、信頼関係なんていらないじゃないか」「転職エージェントは、ただ仲介しているだけでしょ」と、思っている人も中にはいるようですが、それは大きな間違いです。

つまり、企業に採用をもらう前に、あなたが、「転職エージェント」に「信頼できる人」だと認めてもらうことが、「成功」への「近道」となることを、「求職者」の人達は、よく理解しておくべきなのです。

では、転職エージェントとの「信頼関係」を築くためのコツは何でしょうか?

最も重要なのは、「転職エージェントからの連絡に即レスすること」です。

「即レス」とは「即時にレスポンスするの略で、すぐに返信すること」を言います。

これは、多くの「転職エージェント」が、「転職はタイミング次第」だと考えていることと、深い関係があります。

転職エージェント側は、日々、企業の人事部が設定する「応募期限」に追われた仕事をしています。

「転職エージェント」の側も、同時進行の案件を、いくつも抱えており、「面接の候補日時を3つ挙げるので、金曜日までに選んでほしい」といった「企業からの無茶振り」にも、対応していかないと、いつまでたっても面接調整が出来ずに、「エージェント活動」が停滞してしまうこともあるようです。

このような事態の時に、「求職者」に送った「メッセージ」の返事が、なかなか返ってこず、面接などの調節が、いつまで経っても出来ずにいると、最悪の場合、「せっかく、採用に向けて動いていた話が、破談になる」ことすら、あるのです。

このような緊迫した事情があるにもかかわらず、「転職エージェント」からの連絡に対する返事が遅い「求職者」は、少なくないようです。

つまり、それだけ「求職者の返事の遅さ」に悩んでいる「転職エージェント」が、多いということでもあります。

例えば、面接をして下さる企業の担当者の人は、役職が上の人達が、ほとんどです。

応募した会社の中には、「社長」や「部長」が、直接、面接をして下さる会社もあります。なのに「社長や部長との面接設定に対する返事」を「2日も寝かせてしまう」と、社長や部長も、忙しい身なので、返事が来ない間に、新しいスケジュールが入ってしまい、全ての調整がやり直しになってしまいます。

さらに「転職エージェント」側が困るのは、携帯電話に着信を残しても、日中の時間はまったく電話に出ずに、留守電を残しても、折り返しの電話も掛けてこない人です。

このような「求職者」の人は、「転職エージェント」との「信頼関係」が築けないばかりか、志望企業へ、自分をアピールするチャンスも、同時に逃してしまっています。

逆を言うと、「転職エージェント」からの連絡に、「YES」か「NO」かの意思表示を、「即レス」できる人は、それだけでも「転職エージェント」との信頼構築が上手くなるために、その結果として「転職エージェント」側からの良い提案が、多く舞い込んできたり、志望企業への推薦時に、「エージェント」から、「企業」へ、あなたをプッシュしてくれる可能性も、高まってくるのです。

内定後も転職エージェントを積極的に利用しよう

「転職エージェント」を利用して、内定がとれたら、「転職エージェント」との付き合いは、そこで終わりというわけでは、ありません。

「転職エージェント」の利用者の人は、内定後も、転職エージェントを、遠慮なく活用するべきなのです。

「入社時の準備」に関しては、自分1人で、直接企業とやり取りをした方が良い場合も多いのですが、「現職の会社から、退職するためのプロセスがスムーズになるように、状況に応じた退職についてのアドバイスを、転職エージェントからしてもらう」ことも可能です。

今まで勤めた会社を円満退職できるようなら、そうするべきですが、一方で、これまで勤めた会社を、円満退職するのは、相当難しいことでもあります。

これまで勤めた職場を退職するにあたっては、現実には、なかなか思うようにはいかないことも多いようです。

「退職を申し出た途端」に、社内での信頼を失うのを恐れて、ズルズルと退職が伸びて、無理をしてしまうケースも多々あるようです。

僕自身も、12年勤めた会社を、2019年に退職した時には、お世話になった会社に大きな迷惑だけはかけまいと、退職の1年以上前から、上司に「退職の申し出」を行い、「会社にも新たな採用に向けた準備の時間」が作れるように、慎重に事を進めてきた過去があります。

勤めていた会社には、大変お世話になっていたので、僕の場合は、そのように慎重に進めていきましたが、中には、退職を申し出た直後から、上司や同僚から、冷たく扱われる職場も、あると聞きます。

そのような場合は、遠慮することなく、お世話になった「転職エージェント」に、相談をするようにしましょう。

「キャリアアドバイザー」の方が抱えてきた、幾多あるこれまでの事例の中から、あなたが取るべき行動など、適切なアドバイスを貰えることがありますので、1人で悩むよりは、「転職エージェント」を使って、積極的に相談していきましょう。

キャリアアドバイザーに無料相談する

リクルートエージェントの「注意点」と「会員限定サービス」

「リクルートエージェント」に申し込むと、「リクルートエージェント」の「会員限定サービス」を、受けることが出来ます。

また、他の「転職サイト」では、得られない「企業の情報」を入手できたり、特別な「面接セミナー」も受講できたりと、「リクルートエージェント」に申し込むと、お得な面が多々あります。

また、「リクルートエージェント」を利用するにあたって、同時に「気を付ける点」も、以下に記載しましたので、よければチェックしてみてください。

リクルートエージェントで「気を付ける点」

「リクルートエージェント」のサービスを利用するにあたって、利用者が気を付ける点を、まとめてみました。

電話やメールのやり取り

「リクルートエージェント」では、担当者との連絡は、基本的に「電話」か「メール」で行われます。

「キャリアアドバイザー」との最初の面談を終え、志望企業への選考が進み、複数の企業との面接が予定され始めると、「求職者」は、「担当者」との連絡を、頻繁に行うようになります。

そのような時に、「転職エージェント」との「電話連絡」や「メール対応」で、気を付けるポイントを、以下に記載しましたので、チェックしてみてください。

担当者からの面接日程の依頼には、なるべく早い返事をする

「リクルートエージェント」の担当者からくる「面接日程の調整のお願い」には、可能な限り早急に返信するようにしましょう。

担当者からのメッセージに「YES」か「NO」を、素早く返事することで、応募企業に対して、志望意欲が高いという、やる気をアピールできるほか、担当してくれている「転職エージェント」の方との、信頼関係も構築できるようになりますので、上手に「転職エージェント」を活用したい人にとっては、届いた内容に対する「即レス」は、必須です。

面接当日などの緊急時の連絡は電話で行う

例として、面接当日などに、電車の遅延などで、どうしても面接に遅刻してしまう恐れがある場合なども含めた、「緊急時」「前日」「当日」の連絡は、担当者との行き違いを防ぐためにも、メールではなく、電話で、直接、連絡を取るようにしましょう。

携帯のメールアドレスも伝えておく

「リクルートエージェント」の「担当者」に「PCのメールアドレス」だけを伝えている人は、特に面接などが進行し始めたら、素早く連絡のやり取りが出来るように、「携帯のメールアドレス」も、伝えておくと便利です。

携帯であれば、メールの着信にも、素早く対応することが可能になり、外出先でもチェックできるようになるので、やり取りが多くなってくる、転職活動終盤では、考慮してみましょう。

ただし、「リクルートエージェント」の場合は、「登録者専用のスマホアプリ」がありますので、「アプリのプッシュ通知」を「オン」にしておくと、「リクルートエージェント」からの新着メールのお知らせを、携帯に受信することが可能になります。

もちろん、メッセージの返信も、外出先でも、スマホから、簡単に行うことが出来ますので、最初の「キャリアアドバイザーとの面談」が終わったら、必ずインストールしておきましょう。

担当者との電話に出られない時、いつ折り返せばいいの?

まだ仕事を続けながら「リクルートエージェント」で、転職活動をしている人は、仕事中の「担当者」からの電話は、出にくい時がありますが、電話に出られない時間帯がある時は、あらかじめ「担当者」に、「電話対応が可能な時間帯」と、「メールなら対応が可能な時間帯」を、伝えておくと、「担当者」も安心します。

電話での連絡は、急ぎの場合も多いですので、対応可能な時間帯を、事前に伝えておくとともに、「メール対応が可能な時間帯に、急ぎの要件がある場合は、携帯に着信履歴や留守番電話を残して」と、転職エージェントに依頼しておくことで、仕事中で、電話に出られない時でも、かかってきた要件が、「緊急かどうか」を判断することが可能です。

特に、「緊急の場合」の折り返しの電話は、スキマ時間を見つけて早急に対応するようにしましょう。

面談時の服装

「リクルートエージェント」の「キャリアアドバイザー」と行う、面談の時の服装は、必ずしも「スーツである必要はなく」、「私服でもOK」です。

「リクルートエージェント」側も、「求職者」のこれまでの経験や、希望する転職条件などを、出来る限り確認するために、本人がリラックスして話ができる服装で、大丈夫だと明言していますので、安心してください。

企業との面接本番までに用意しておくと良い物

「リクルートエージェント」の「キャリアアドバイザー」との「面談」では、スーツでも私服でも問題ありませんが、以下の物を事前準備しておくと、「面談」当日も、スムーズに進むかと思います。

企業との面接前にやること

  1. 面談前に「希望の転職条件」を伝えておく
  2. 「履歴書」や「職務経歴書」を用意しておく
  3. 書類が入る大きさのカバンを用意しておく

面談日程を調節する、担当者とのメールや電話の時に、「転職先の希望条件」や「希望の職種」「希望の業界」などが、具体的に固まっている場合は、希望条件を「担当者」に伝えておきましょう。

「転職エージェント」との「面談前」に、希望条件を伝えておくと、面談では、求人票を見ながら、具体的な話まで、踏み込んでいくことが可能になります。

また、「キャリアアドバイザー」との面談時に、「履歴書」や「職務経歴書」を持っていくと、「履歴書」や「職務経歴書」の添削も、その場で受けることが出来ます。

「キャリアアドバイザー」との面談では、「転職エージェント」から、「書類」や「求人票」を渡されることがありますので、書類が入る大きさのカバンも用意しておきましょう。

「転職エージェント」との「面談」は、企業との面接とは異なり、これまでの経歴や希望の転職条件などの、キャリアプランを明確にする場所です。

話しやすい環境を自ら作るためにも、服装に気負うことなく、いつも着ている「私服」で、面談に足を運んでください。

企業との面接で気を付けたい服装・身だしなみ

一方で、企業との面接対策の時に、服装や身だしなみについてのアドバイスを貰いたい人などは、企業との面接で着ていく予定の本番用の服装をしていくことで、改善点などのアドバイスを、その場で貰うことが出来ます。

「リクルートエージェント」との面談ではなく、「転職エージェント」から紹介された「企業」との「面接」が決まった場合は、企業からの服装の指定がない限りは、「スーツ」を着用するようにしましょう。

その時の、「スーツ着用時」のポイントは、以下の通りです。

スーツ着用時のポイント

  1. 体に合ったサイズ・シワのないスーツを着用する
  2. ネクタイや小物が派手過ぎないものを選ぶ
  3. 髪型は清潔感を意識して、手入れされている状態で臨む
  4. メイクやネイルも派手過ぎないものを選ぶ

面談内容

「転職エージェント」に申し込みを済ませて、「キャリアアドバイザー」との面談をすることが決まったら、面談当日までに、以下の物を、事前に準備しておきましょう。

最初の面談前に準備しておくこと

  1. 履歴書や職務経歴書を「リクルートエージェントの担当者」へ、先に送付しておく
  2. 希望条件や転職先に求めるものを、事前に伝えておく

面談当日の持ち物として、特に指示されている物は、ありませんが、「転職エージェント」から依頼されることが多い「履歴書」「職務経歴書」「写真(画像で送付する場合もあります)」「筆記用具」だけは、用意しておきましょう。

また、「キャリアアドバイザー」との「面談」当日は、「求人票」や「資料」を渡されることもありますので、「A4の書類」が入る程度の大きさのカバンも、「面談」に持って行っておきましょう。

まずは「無料面談」に申込む

転職エージェントとの「面談の場所」は?

「リクルートエージェント」では、社内に、個別面談ができる個室を持っており、そちらでの面談が基本となりますが、中には、カフェなどを利用する「転職エージェント」の人もいます。

また、「地方」に住んでいて、「転職エージェント」との面談に、足を運ぶことが出来ない人は、対面ではなく、電話での面談が実施されます。

その場合も、「履歴書」や「職務経歴書」を手元に置き、また、可能であれば「パソコン」が閲覧できる環境を用意すると、面談がスムーズに進むでしょう。

面談にかかる時間は、個々の「転職エージェント」によって異なりますが、「1時間~1.5時間」くらいが、平均時間となります。

「転職エージェント」との面談は、企業の採用担当者との面接とは違い、転職に至った背景や理由を、正確に伝えて、転職の方向性を決める場です。

「キャリアアドバイザー」や「転職エージェント」の人達は、あなたの転職が成功するために、サポートをしてくれる「転職活動の味方」となります。

そのため、「転職エージェント」には、これまでの経歴や、転職に求める希望条件はもちろん、不安な点や、悩みなども、この段階で、気軽に相談するようにしてくださいね。

個別カウンセリングの場所を確認

面談後の独自サービス

「リクルートエージェント」の「転職支援サービス」に申し込み、キャリアアドバイザーとの面談を終えると、「リクルートエージェント」のノウハウが詰まった、以下の独自サービスが無料で利用できるようになります。

面談後に利用できる独自サービス

  • AGENT Report(エージェントレポート)
  • 面接力向上セミナー
  • Perdonal Desktop(PDT)
AGENT Report(エージェントレポート)

AGENT Report(エージェントレポート)は「リクルートエージェント」が独自に収集・分析した企業の情報を見ることが出来ます。

「活躍する人材」「企業の特徴・業界トレンド」「仕事のやりがい・働く環境」「内定のための選考ポイント」など、情報収集の時間がない「求職者」のために、「リクルートエージェント」が集めた詳細な企業レポートがチェックできます。

面接力向上セミナー

「リクルートエージェント」の「転職支援サービス」に申し込むと、面接官の立場をシミュレーション体験して、面接官がどこを見ているかを実感できる「面接力向上セミナー」を受講することが出来るようになります。

Personal Desktop(PDT)

Personal Desktop(パーソナルデスクトップ)は、転職活動をサポートしてくれる便利機能をまとめた「あなたの専用ページ」のことです。

先ほど、紹介した「AGENT Report(エージェントレポート)」や、「キャリアアドバイザーへの応募の手続き依頼がボタン1つで行えたり」、「案内に従って情報を入力するだけで職務経歴書が作成できる、職務経歴書作成ツールの【レジュメnavi】」などの機能が、すぐに利用できます。

会員限定の転職支援サービスとは(無料)

書類添削・面接対策

「リクルートエージェント」に会員登録すると、企業に提出する応募書類の添削や、面接対策というサービスも、無料で受けられます。

応募書類をブラッシュアップしたり、面接での印象を良くしたりするために、活用していきましょう。

応募書類の添削や面接対策を受けることによって、得られる最大のメリットは、「選考の通過率が上がる可能性がある」ということです。

実際は、経験やスキルを持ちながらも、書類審査や面接審査で、上手に良さを伝えられずに、選考から漏れてしまうというケースを減らすためにも、転職エージェントのこれらのサービスは、積極的に活用していきましょう。

年収交渉

「リクルートエージェント」などの「転職エージェント」を利用するメリットは、「直接応募」では、なかなか言い出しにくい「年収交渉」を「転職エージェント」に、依頼することが可能な点です。

自分からは言い出しにくい条件面の交渉を、キャリアアドバイザーが代行し、求職者の人が、直接、企業の採用担当者に確認する必要がないようにしてくれます。

一般的に、年収は内定時に提示されることが多く、年収にこだわりがある場合は、内定が出る前に「転職エージェント」のキャリアアドバイザーに相談しておくようにしましょう。

「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーは、企業の採用の背景や経緯を把握しているために、年収交渉を行うべきかどうか、どのタイミングで行うかを含めて、交渉の進め方をアドバイスしてくれます。

内定は、年収も含めて決定されることが多いため、年収交渉をしたい場合は、内定が出る前の、選考の早い段階で、あらかじめキャリアアドバイザーに相談しておくようにしましょう。

年収交渉を行う場合は「これだけは譲れない」という最低条件と、「できればこのくらい欲しい」という希望条件に切り分けて、キャリアアドバイザーに明確な基準を伝えておきましょう。

このような「年収交渉」が出来るのも、転職市場の給与相場を知り尽くしている「転職エージェント」の強みだと言えるでしょう。

働きながら転職エージェントを利用する

まとめ

今回は、「リクルートエージェント」について、解説してきました。

20代の転職活動では、年齢が若いというだけで、書類審査に落ちにくいという「メリット」もありますが、30代以上の人になると、自分の強みを客観的に分析し、プレゼンできる力が、転職活動にも必要になってきます。

リクルートエージェントに申込む(無料)★

「リクルートエージェント」などの「転職エージェント」は、1人1人の強みを引き出すための、様々なサービスが受けられますので、自分だけの転職活動に行き詰まった人は、突破口が開けるかもしれませんので、是非、利用してみてください。

リクルートエージェント
転職支援サービスの申込み(無料)
転職エージェント ITフリーランス 個人事業主 おすすめ エージェント転職エージェント|ITフリーランス・個人事業主おすすめエージェント

「おすすめ転職サイト」20代・30代・40代別の転職サイト比較