これからは「個人で稼ぐ時代」です。

マイナビエージェント 無料登録|転職エージェント始め方・使い方

マイナビエージェント 無料 登録 転職エージェント おすすめ 求人

マイナビエージェント(転職エージェント)
マイナビエージェントに登録する(無料)

「マイナビエージェント」のサービスは、全て「無料」です。

マイナビエージェント 無料登録|転職エージェント始め方・使い方

マイナビエージェント アフィリエイト asp 転職エージェント mynavi agent

「マイナビエージェント」は、「株式会社マイナビ」が手掛ける「20代~30代」の転職に特化した「転職エージェント・サービス」です。

もちろん、「登録」も「サービス利用」も、全てのサービスが「無料(タダ)」で使えます。

「マイナビジョブ20’s」が「第二新卒」「既卒」をターゲットにしているのに対して、「マイナビエージェント」の特長としては、それより若干上の「20代~30代の求職者」をターゲットにした「転職エージェント」と、言えるでしょう。

特に、「首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)」「関西圏」の求人を多く、保有しているため、「関東エリア」や「関西エリア」の「20代~30代」の「ビジネスパーソン」には、おすすめの「転職エージェント・サービス」となります。

マイナビエージェント【公式】

マイナビエージェントの仕組み

「マイナビエージェント」などの「転職エージェント」では、「求人を募集してもらう企業」から、「求職者」とのマッチングが成功した時点で、「成功報酬」という形で、直接、お金を貰っています。

このように「転職エージェント側」は、企業から入る「手数料」で、事業を運営しているために、利用者である僕たちは、「マイナビエージェント」で利用する全てのサービスを、「無料(タダ)」で受けることが、出来るようになっているのです。

例えるなら、若干、ニュアンスは違いますが、「民放テレビ局」と「CMスポンサー」のような関係性だと言えるでしょう。

「テレビ局」は「スポンサー」から貰ったお金で、より視聴者が獲得できる番組を制作し、その番組に、「CM(コマーシャル)」を流すことで、スポンサーに見返りを提供します。

これと似たような、ビジネスモデルが「転職エージェント」の業界でも使われていて、「テレビ」の視聴者のように、「無料(タダ)」で、僕たち「求職者」を集めてきて、その中から、優秀な人材を、企業とマッチングさせることで、「マイナビエージェント」は、「成功報酬」として、企業から「紹介手数料」を貰っているのです。

この仕組みを、よく見てみると、「転職エージェント側」の「第一顧客」は、求人を募集してくれる「企業」であり、僕たち求職者は、「企業」に次ぐ、「第二顧客」という立ち位置となることが、分かります。

これは、仕方ないことで、この辺の「パワーバランス」は、どこからお金が発生しているかを考えると、容易に想像できることですので、これらの事実を踏まえた上で、「転職エージェント」を、上手に利用していくことが、僕たち「求職者」には、求められるわけです。

「マイナビエージェント」は会社を退職していなくても利用可能

よく勘違いしている人も多いのですが、「マイナビエージェント」などの「転職エージェント」のサービスは、まだ「会社に在職している人」でも、利用することが可能です。

何も、既に、会社を退職した人だけが、使えるわけではないのです。

まだ、会社を退職していない人でも、自分のキャリアに疑問を持った時点で、「転職エージェント」の「転職支援サービス」を利用することができるのは、嬉しい限りですよね。

ですので、「これからキャリアアップをしていきたいが、まだ、具体的な、キャリアの道筋が見えていない人」などは、在職中であっても、「マイナビエージェント」などの「転職エージェント」に登録し、「キャリアアドバイザー」の人と行う「キャリア面談」で、まずは自分の今の気持ちと、「これからどうなっていきたいか」を相談すると良いでしょう。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、「次にあなたが取るべき行動」や「今、学んでおいた方が良いこと」「今、儲かっている業界」などの情報を、あなたに与えてくれますので、それらを吸収した上で、「現在の職場で、もう少し頑張るのか」、それとも「転職を実際に行って、すぐにキャリアアップを目指すのか」を、決断していけばいいのです。

マイナビエージェント」登録する(無料)

 

営業職

法人営業、個人営業、代理店営業、ルートセールスなど

IT系技術職

SE、PG、社内SE、ネットワークエンジニア、プロジェクトマネージャー、システムコンサルタントなど

建築土木系技術職

施工管理、工事管理者など

金融系

コンサルタント、アナリスト、アドバイザリーなど

医薬・医療系職

メディカル営業(MR、MS)、研究、開発、分析、生産技術、生産管理など

販売・サービス系職

店長、販売スタッフ、店舗管理、スーパーバイザー、エリアマネージャーなど

クリエイティブ職

プロデューサー、プランナー、ディレクター、デザイナーなど

企画・管理系職

マーケティング、経理、総務、人事、法務、経営企画、広報、秘書など

20代~30代の転職に強い「マイナビエージェント」

今回、紹介する「マイナビエージェント」という「転職エージェント」は、「20代~30代の若手人材」の転職に特に強い、若手におすすめの「転職エージェント」だと言えるでしょう。

転職業界大手の「マイナビグループ」だからこそできる「豊富な求人情報」や「最新の業界情報」を、「マイナビエージェント」は、既に持っているため、これから「転職活動」をしたいと思っている「20代~30代の若手社員や退職者」は、お試しで「マイナビエージェント」に登録して、今後のキャリアについて、「専任のキャリアアドバイザー」に相談してみるのも、良いかもしれませんよ。

「マイナビエージェント」では、全国の「大手上場企業」から「人気のベンチャー企業」、「隠れた優良企業」まで、あなたの経歴や希望にマッチした「求人情報」を、紹介してくれますので、自分の世界だけでは知らなかった「企業」や「職種」や「知識」を、得られることは、間違いなしです。是非、試してみてください。

「マイナビAGENT」とは

「マイナビエージェント」の申し込みフォーム

マイナビエージェント 申し込みフォーム 無料 登録 入会 始め方 使い方

「マイナビエージェント」への登録方法は、とても簡単で、「約3分」もあれば、登録が完了します。

「会員登録」画面の指示に従って、表示される項目に、あなたの現在の情報を入力していくだけです。

あとは、数日後(3営業日以内)に、「マイナビエージェント」の「キャリアアドバイザー」から、「キャリア面談」の連絡が入りますので、都市部にお住まいの人は、面談の日程調節をしてください。

また嬉しいことに、「マイナビエージェント」では、まだ退職していない在職中の人のために、「平日の夜間」や「土曜日」の「キャリア面談」も、行ってくれていますので、普段、仕事で忙しい人でも、それらの時間帯に調整すれば、「キャリア面談」に行くことが可能となります。

それと、もし「遠方に住んでいて面談に直接参加が出来ない人」は、その件を伝えれば、「電話」や「メール」を使って、最初の「キャリア面談」も行ってくれますし、今後、あなたの希望に合った「求人情報」が見つかった時も、「メール」や「電話」を使って「求人」を紹介してくれるようになりますので、地方在住者の人だとしても、安心して、「マイナビエージェント」に、登録してみてくださいね。

申込みフォーム(無料)

「マイナビエージェント」はココがおすすめ

「マイナビエージェント」は、「20代~30代の若手人材」に、特に強みを持っている「転職エージェント・サービス(人材紹介サービス)」です。

「マイナビエージェント」では、以下のサービスを、「無料(タダ)」で受けることが出来ます。

マイナビエージェントに登録すると利用できるサービス

  1. 転職のプロが、「あなた」と「企業」をマッチングしてくれる
  2. 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  3. 志望企業が決まったら、面接対策等をサポートしてくれる
  4. 企業との面接日程を調節してくれる
  5. 年収交渉やその他条件の交渉を代行してくれる
  6. 内定が決まった場合の、入社日を調整してくれる
  7. 非公開求人を紹介してくれるようになる
転職エージェントの「特徴」や「強み」を知ろう

「転職エージェント・サービス」には、それぞれ「強み」や「特長」があります。

「40代の人」が、「20代~30代に強い転職エージェント」を利用しても、上手くいくはずがありませんし、逆に「20代の人」が「企業の管理職を専門に取り扱っているハイクラスな転職エージェント」を利用しても、門前払いをくらいはめになる可能性もあります。

「転職エージェント」のサービスを利用する時に、重要な視点は、自分の「年齢」や「性別」「経験」「スキル」などに合った、最適な「転職エージェント」に登録することです。

また、転職に成功する確率を上げるためには、1つの「転職エージェント」にこだわらずに、複数の「転職エージェント」に登録して、それぞれの「転職エージェント」が持っている「求人情報」を比較したり、「キャリアアドバイザー」との「相性」を確かめることも、非常に大切です。

今回は、「マイナビエージェント」の「強み」を、下記に記載しましたので、必ず、チェックしておいてくださいね。

マイナビエージェントの強み

  1. 20代~30代の転職に、めっぽう強い
  2. 求人票には載っていない裏情報を網羅している
  3. 転職業界で長年働いてきたキャリアアドバイザーが在籍している
  4. 応募書類の添削や面接対策にも強い
  5. 年収や条件交渉も行ってくれる
  6. マイナビグループが持っている信頼がある
マイナビエージェントを利用した「転職までの流れ」

「マイナビエージェント」を利用して、「転職が成功する」までの流れを、タイムラインで記入しましたので、確認しておいてください。

転職までの流れ

ステップ1
申し込む
マイナビエージェントの「無料転職サポート」に申し込みます。個人情報の入力時に、詳細に入力するほど、求人を紹介してもらいやすくなります。

会員登録(無料)はこちら

ステップ2
キャリア面談
転職業界に精通した「キャリアアドバイザー」が、あなたのスキルや希望を聞き取りします。
ステップ3
求人情報の紹介
マイナビエージェントが抱える、多数の求人の中から、あなたに合った求人を、紹介してくれます。中には、世に出回っていない「非公開求人」を紹介してくれる時もあります。
ステップ4
業界特有の知識の共有
求人票だけでは伝わらない、会社の雰囲気や社風、書類選考、面接通過の難易度など、キャリアアドバイザーが知っている知識や経験を、求職者に共有してくれます。
ステップ5
応募書類の添削
職務経歴書や履歴書などの応募書類の添削をサポートしてくれます。
ステップ6
面接対策
志望企業が決まったら、キャリアアドバイザーが、面接官役となって、模擬面接を行ってくれます。
ステップ7
内定・入社
条件面や入社日の調整などを、マイナビエージェントが代行して交渉してくれます。入社後の年収を交渉したい場合は、内定が決まる前に、キャリアアドバイザーに相談するところから、始めましょう。
ステップ8
アフターフォロー
転職成功後も、本人が長期的なキャリアアップを望む場合は、マイナビエージェント側も、長期的に支援してくれます。

転職支援サービスの始め方(無料)

マイナビエージェントで年収100万円アップを目指そう

「マイナビエージェント」を利用して、転職に成功した「成功事例」を、下記に載せておきます。

年収で100万円アップしている人が、多くいるのは、勇気が貰えますよね。

マイナビエージェントの転職成功事例

マイナビエージェント おすすめ 登録 無料 申し込み 使い方 始め方 口コミ 評判

「マイナビエージェント」の口コミと評判

  • 量より質という印象。求人数こそ、他には劣りますが、無駄な情報量がなく、じっくり応募することが出来た
  • 20代半ばで、「転職したいなー」と思っている人には、おすすめの転職エージェントだと思う
  • 相性の悪いエージェントに当たると、やる気がなくて嫌になる
  • 感じの悪いエージェントは、見下してくるような態度だった
  • メルマガが多くて、ちょっとうざい
  • 求人数は少なめなので、他の転職エージェントと併用すると良い
  • 親身に相談に乗っていただき、希望の転職先へ転職できた
  • 優良な求人が多い転職エージェント

マイナビエージェントは「第二新卒」~「20代・30代」の転職に強い

「マイナビエージェント」が、「第二新卒」や「20代・30代」の転職に強いことを、これまで説明してきました。

ここで、「マイナビエージェント」の「強み」を、もう1度、おさらいしたいと思います。

「マイナビエージェント」の強み

「マイナビエージェント」は、転職支援業界における「大手企業」です。

求人情報サイトには、掲載されていないような「人事担当者」や「現場責任者」の本音を、長年、聞き続けているため、「入社後のミスマッチ」や、「後で後悔する転職をしない」ためにも、「業界選び」「企業選び」に役立つ、裏情報も、求職者に公開してくれることが、あります。

求人票だけでは分からない裏の情報を共有

  1. 志望する企業の社風や雰囲気
  2. 志望する企業の業界の成長性や動向
  3. 入社後の具体的なキャリアパス
  4. 採用の決め手やポイント
  5. 書類選考や面接通過の難易度
  6. 平均残業時間などの働く環境の情報

転職業界に精通したキャリアアドバイザー

「マイナビエージェント」では、「業界」や「職種」別に「専任性のチーム」を編成してくれているので、あなたが志望する「業界」や「職種」について、深い知識を持っている人が、担当者となります。

システムだけに頼らない、経験やひらめきを、最大限に活用した「マッチング・サービス」を提供してくれるのも、特長です。

求職者の、転職に関わる「潜在的なニーズ」を引き出しつつ、多様な選択肢や、本人にも気づかなかった、新たな可能性を、提案してくれます。

キャリアアドバイザーに相談する

応募書類や面接対策をブラッシュアップ

求人の選考基準は、応募先の企業や職種によっても変わります。

あなたが志望する企業の選考を突破するためにも、キャリアアドバイザーが求職者と向き合い、「応募する求人に合わせた、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策」をしてくれます。

そもそも「転職エージェント」とは?

「転職エージェント」とは、「人材紹介サービス」の1つのことを言います。

求職者が抱える、様々な悩みを解決して、求職者に合った、最適な転職先を提案するのが、「転職エージェント」のサービスです。

「転職エージェント」のサービス内容

  • 転職のプロが、企業と求職者をマッチングしてくれる
  • 提出書類の添削や、面接対策のサポート
  • 入社日、条件等を企業へ交渉してくれる

昨今、転職市場は、めまぐるしく変化を続けています。価値観やライフスタイルが多様化してきたせいで、企業や求職者のニーズも、多様化し始めています。

このような世の中では、転職活動を、最初から最後まで、自分1人の力で、成功させることが出来る人は、少なくなり、「自分の強みが分からない」「キャリアアップの仕方が分からない」といった人が、多くなってきた傾向が、見受けられます。

「転職エージェント」では、そうした「多様化」する「働き方」を捉えて、より細かな「転職支援活動」が行える仕組みを、構築してきていますので、転職を考えている人は、是非、利用するようにしましょう。

「転職エージェント」の「メリット」とは?

「マイナビエージェント」などの「転職エージェント」は、企業と求職者の双方にとって「メリット」があるために、成り立っています。

「転職エージェント・サービス」を利用することで、得られる「メリット」について、下記に記載しました。

求職者が転職エージェントを使うメリット

  1. 利用料が「無料」
  2. 非公開求人に応募できる
  3. 給料交渉や面接の日程調整を代行してくれる
  4. 自分に合った企業を探してくれる
  5. 書類選考・面接の通過率を上げてくれる
  6. 転職活動中の不安や疑問の相談に乗ってくれる
利用料が「無料」

「転職エージェント側」は「企業」から「謝礼(紹介料)」を受け取っているため、求職者はサービスを「無料(タダ)」で受けることが可能です。

非公開求人に応募できる

「転職エージェント側」は、一般的に、「非公開」としている「求人情報」を、企業から預かっています。

求職者が「転職エージェント」に登録することで、その「非公開求人」を、紹介してもらえるチャンスが出てくるのです。

「非公開求人」の中には、「新規プロジェクト案件」や「重要なポジションが与えられる案件」などもあり、他の求人と比較しても、質の高い求人が多くあります。

給料交渉や面接の日程調整を代行してくれる

これからお世話になる会社に「働く前の段階」から給料交渉をするのは、気が引ける行為だと思います。

そのような「年収交渉」なども、「転職エージェント側」が、率先して行ってくれますので、希望の条件面なども、キャリアアドバイザーには、常に話をするようにしてください。

自分に合った企業を探してくれる

「転職エージェント」は、最初に、求職者と面談をした上で、求職者の希望を聞き出していますので、その情報を基に、求職者に合った企業を、提案してくれます。

ですので、「実際に仕事を始めてから、思っていた会社ではなかった」という、入社後のズレが少なく済むのです。

書類選考・面接の通過率を上げてくれる

「転職エージェント」では、企業がどのような人材を求めているのかを、熟知しているので、求職者が「履歴書・職務経歴書」を出すときや、「面接」を行う時に、嘘のない範囲で、自らをアピールできるポイントを、求職者に伝えることが出来ます。

転職活動中の不安や疑問の相談に乗ってくれる

「本当に今のタイミングで転職すべきか」「現在の会社を円満退社するには、どうしたらいいか」「IT系の仕事に就きたい場合は、何を勉強した方が良いか」など、転職に関係した悩みや疑問があれば、何でもキャリアアドバイザーに相談することが可能です。

企業が転職エージェントを使うメリット

  1. 応募数を増やすことが出来る
  2. ミスマッチを未然に防ぐことが出来る
  3. 求人にかける無駄なコストが、削減できる
応募数を増やすことが出来る

企業がアピールするポイントと、市場ニーズに開きがあると、人は、なかなか集まりません。

最悪、応募期間中に採用が決まらないこともありますので、そのようなことが起こらないように、転職エージェントでは、募集職種や仕事内容ごとに、最適な求人票の書き方も、指導してくれます。

ミスマッチを未然に防ぐことが出来る

「転職エージェント」の「キャリアアドバイザー」が、「求職者」と、しっかり面談を行ってくれるため、企業が欲している人材を、紹介してくれる際に、ミスマッチとなる可能性が低く、転職サイトでの転職活動と比較しても、企業の、採用にかかる時間や手間を、大きく削減することが出来ます。

求人にかける無駄なコストが、削減できる

転職エージェントは、通常、内定後に入社する人が出た場合のみ、「企業」から「謝礼(紹介手数料)」を貰うことができるので、企業側も、新聞広告などのように、応募が来るかわからない「転職媒体」に、お金を払い続ける無駄なコストを、削減することが可能です。

「転職エージェント」の「役割」とは?

「転職エージェント」の「役割」は、求職者が転職を効率的に進められるように、サポートすることです。

「求職者」が、まだ「在職中」の場合は、無理のない時間に、キャリアアドバイザーが、面談を実施し、ヒアリングを行います。

その時に、もし、まだ転職するべきではないと、キャリアアドバイザーが判断した場合は、その旨も、正直に「求職者」へ、アドバイスしてくれるので、安心です。

決して「転職」という結果をゴールにするのではなく、「納得のいく転職」という結果に、結びつけられるように、地に足を付けて、サポートしていってくれます。

また、「企業側」に対しても、やみくもに応募をするわけではなく、「ミスマッチになりそうな書類選考」や「ミスマッチになりそうな面接回数」を減らして、企業の採用にかかる「コストの削減」や「内定率アップ」に努めてくれます。

「マイナビエージェント」には、「業界」「職種」「地域」に特化した「キャリアアドバイザー」が、多数在籍しているために、「企業」と「求職者」の、それぞれに適したアドバイスを、行うことが出来るのです。

マイナビエージェントの内定率が高い理由

「マイナビエージェント」には、手厚いサポート体制が存在するため、「書類審査の通過率」「1次面接通過率」「内定獲得率」において、他社と比較しても、高い実績を誇っています。

やみくもに「企業へ応募する」よりも、効率が良いために、「マイナビエージェント」で、転職が上手くいった人が、他の求職者を紹介するケースもあるようです。

また、「マイナビエージェント」では、面接後のフォロー体制も万全で、評価の高かった点などを、企業からフィードバックしてもらい、後日、その内容を「求職者」に、「メール」や「電話」で伝えてくれます。

さらに、「転職エージェント」の「サービス」として、利用できる「キャリアアドバイザーとの面談」や「職務経歴書の添削」「模擬面接」などの利用回数に、制限は付いていないので、納得がいくまで、「マイナビエージェント」のサービスを利用することが可能です。

転職活動が、長引いてしまった場合でも、求職者の希望を伝えて、サポートを続けてもらうことも出来ますので、安心してください。

「マイナビエージェント」の使い方

「転職エージェント」を利用した方が良い人とは?

「マイナビエージェント」などの「転職エージェント」では、様々なサービスを利用することが出来ますが、特に、以下のような人は、「転職エージェント」を活用した「転職活動」を行うことを、おすすめします。

転職エージェントを利用した方が良い人

  1. 自分の持っている「スキル」の棚卸が出来ていない人
  2. まだ、会社に在職中で、転職活動の時間が取れない人
  3. 年収アップや、勤務時間など、条件面の交渉が苦手な人
自分の持っている「スキル」の棚卸が出来ていない人

「新卒」で就職することと、転職活動を行い「転職」することでは、大きく意味が異なります。

まだ、キャリアのない「新卒」の場合は、「やる気」をアピールすれば、面接などを乗り越えられる可能性もありますが、「転職」の場合は、企業も即戦力となる人材を求めている場合が、ほとんどです。

今までの自分のスキルやキャリアを、しっかり企業へ伝えられないと、内定をもらうことは、難しくなります。

「マイナビエージェント」では、「求職者」との「面談」を通じて、「経験」や「スキル」の棚卸を、事前に行っているため、企業に対しても、しっかりとした「応募書類」を提出することができ、求職者の「面接への不安」も、失くすことが可能です。

会社に在職中で、転職活動の時間が取れない人

実は、「会社に在職しながら、転職活動を行う人」は「とても多くいる」のが、現状です。

しかし、仕事の忙しさを理由に、転職活動が滞ってしまうことは、あまりよくありません。

「マイナビエージェント」のような「転職エージェント・サービス」では、「求人情報の検索」や「面接スケジュールの調整」などを、「求職者」の代わりに「エージェント側」が、行ってくれるため、普段忙しい人でも、スムーズに転職活動を継続することが出来ます。

年収アップや、勤務時間など、条件面の交渉が苦手な人

あなたが働きたいと思い、志望した会社に対して、自分の都合を伝えることが、気になる人もいるかもしれません。

特に「給料面」や「残業時間」「休日出勤のあるなし」などの、条件に関しての交渉は、全て「転職エージェント」が代行してくれますので、言いずらいことを、言うのが苦手な人でも、自分の納得した「転職活動」を進めることが出来ます。

「転職エージェント」を選ぶ時の「ポイント」

「転職エージェント」は「マイナビエージェント」1社だけでは、ありません。

様々な「転職エージェント会社」が、「独自のサービス」を「無料(タダ)」で、提供してくれています。

最後に「転職エージェント」を利用するにあたって、どのような目線で「転職エージェント」を選べば良いのかについて、説明していきたいと思います。

「転職エージェント」を選ぶ「3つのポイント」

  1. キャリアアドバイザーが、希望する業界に詳しいかどうか
  2. 非公開求人の数が多くあるかどうか
  3. 基本的なサービスを除いた「独自のサービス」の充実度
キャリアアドバイザーが、希望する業界に詳しいかどうか

「転職エージェント」の「サービスの良し悪し」は、正直、キャリアアドバイザーの「力量」次第と言っても、過言ではないでしょう。

どの「転職エージェント・サービス会社」を選んだとしても、担当についてくれた「キャリアアドバイザー」が「優秀な人」であれば、「求職者」に不満が貯まることなく、スムーズに「転職活動」を行ってくれますが、「キャリアアドバイザー」が「優秀ではない人」が担当に付いてしまうと、いかに優れた「エージェント会社」であったとしても、信頼関係が築けずに、転職活動も、上手くいかなくなることがあります。

実際に、求職者に対して、サービスを行うのは「キャリアアドバイザー」の役目ですから、そこに当たりはずれが出てきてしまうのは、仕方のないことではありますが、あまりに、「どのキャリアアドバイザーも、同じ対応しかできない会社」は、その「転職エージェント会社」の「社風」や「仕事の仕方」が、自分に合わないのだと、諦めざるを得ません。

また、アドバイスや接客技量を抜きにすると、「キャリアアドバイザー自身」が、「求職者」の「転職したい業界」に対して、専門性を持っているかどうかも、重要になってきます。

転職活動は、だいたい3ヵ月から半年くらいと言われていますが、その中で、いかに「求職者」のニーズに合う企業を紹介できるかや、その企業から内定をもらうことができるように、サポートできるかが強く求められます。

アドバイザーの力量によって、人生が大きく左右されてしまうことを考えると、質の高いアドバイザーや、自分が目指している業界に詳しいアドバイザーがいる「転職エージェント」を選ぶことは、重要なポイントの「1つ」だと言えるでしょう。

非公開求人の数が多くあるかどうか

「転職エージェント」の魅力の1つは「非公開求人」の存在です。

「非公開求人」の中には、事業の核となるポジションや、高待遇求人、人気のベンチャー企業や大手企業の求人が、混ざっています。

せっかく「転職エージェント・サービス」を利用するのですから、このような「非公開求人」を紹介してもらえるように、「非公開求人」を多く持っている「転職エージェント」を選ぶことも、ポイントの1つと言って、良いでしょう。

マイナビエージェントについては、全求人のうちの「8割」が「非公開求人」となります。

決して、求人数の総数は多くはありませんが、非公開求人の割合が高いということは、それだけ「質の良い求人」が多いということの、証拠となります。

基本的なサービスを除いた「独自のサービス」の充実度

「転職エージェント」の基本的なサービス(求人紹介・面接対策・非公開求人の紹介・職務経歴書の添削・条件交渉)を除いた「プラスのサービス」が、その「転職エージェント」に、どのくらいあるかによって、「転職エージェント」を選ぶことも、重要です。

また、意外と忘れがちですが、「アフターフォロー」まで、しっかりと行ってくれる「転職エージェント」は、実際に転職して入社した後でも、「話していた給料と違う」「合意した職種や部署ではないところで働かされた」といった、トラブルが発生した場合に、しっかり対応してくれるところが多くある、印象です。

このような「入社後のトラブル」が発生した時に、「転職エージェント側」で、しっかり対応してくれるかどうかは、最初の段階で、事前に確認しておきましょう。

転職エージェントの中には、「数ヵ月でサポートが終了してしまう」ところもありますので、「転職エージェント」のサポートを、どこまで受けられるのかは、事前に確認しておくようにしましょう。

ちなみに「マイナビエージェント」では、「サービス提供期間」は「無制限」となっていますので、最初に登録だけしておいて、入りたい企業の求人が出るのを待って転職活動を始めたり、その業界に必要な資格を先にとってから、転職活動を再開したりするなど、あなたのペースで、じっくりと時間をかけて、転職活動を行うことが可能です。

「マイナビエージェント」に登録(無料)

まとめ

今回は「マイナビエージェント」の「転職エージェント」について、解説してきました。

「第二新卒」や「20代」「30代」の人に、お勧めの「転職エージェント・サービス」が、「マイナビエージェント」です。

今から転職を考えている人は、是非、利用してくださいね。

「マイナビエージェント」に申込む(無料)★

「マイナビエージェント(マイナビAGENT)」などの「転職エージェント・サービス」では、「無料(タダ)」で、様々な「転職支援サービス」が受けられます。

「転職サイト」などを利用した「自分1人だけの転職活動」に行き詰まった人は、このような「転職エージェント・サービス」を利用することで、何か突破口が開けるかもわかりませんので、この便利な「マイナビエージェント(マイナビAGENT)」という「転職エージェント・サービス」を、是非、利用してみてください。

マイナビエージェント(転職エージェント)
マイナビエージェントに登録する(無料)

「マイナビエージェント」のサービスは、全て「無料」です。