これからは「個人で稼ぐ時代」です。

マイナビジョブ20’s 無料登録|転職エージェント始め方・使い方

マイナビジョブ20’s 無料 登録 転職エージェント おすすめ 求人

マイナビジョブ20’s(転職エージェント)
マイナビジョブ20’sに登録する(無料)

「マイナビジョブ20’s」のサービスは、全て「無料」です。

マイナビジョブ20’s 無料登録|転職エージェント始め方・使い方

マイナビジョブ20’s マイナビジョブトゥエンティーズ 転職エージェント 求人 おすすめ 評判 口コミ

「マイナビジョブ20’s(マイナビジョブトゥエンティーズ)」は、マイナビグループの「株式会社マイナビワークス」が手掛ける「20代」の「第二新卒」「既卒(フリーター)」に特化した「転職エージェント・サービス」です。

もちろん、「登録」も「サービス利用」も、全てのサービスが「無料(タダ)」で使えます。

「マイナビジョブ20’s(マイナビジョブトゥエンティーズ)」の特長としては、「20代の若者向け」「第二新卒」「既卒」の人をターゲットに、良質な求人情報の提供してくれる点です。

「マイナビジョブ20’s」では、全て「20代若手社会人」「第二新卒」などの、若手人材を必要としている企業の求人ばかりを保有しているため、20代で「転職」を考えている人にとっては、最適の「転職エージェント」だと言えるでしょう。

また、「マイナビジョブ20’s」にも、「転職エージェント」という「人材紹介会社」ならではの、「プロのキャリアアドバイザー」が在籍しているため、キャリアアドバイザーとの「キャリア・カウンセリング面談」「履歴書・職務経歴書の添削&アドバイス」「志望企業への面接対策」など、「転職エージェント」ならではの、「転職支援サービス」を、誰でも「無償(無料)」で受けることが出来ます。

マイナビジョブ20’s転職エージェント【公式】

マイナビジョブ20’s転職エージェントの仕組み

「マイナビジョブ20’s」などの「転職エージェント」では、求人を募集する「企業」から、直接、「紹介手数料」を貰って、事業を運営しているために、僕たち「サービス利用者」は、全てのサービスが「無料(タダ)」で、利用できるようになっています。

この仕組みを例えるなら、「民放のテレビ局」が、CMスポンサーから「スポンサー料」を貰い、制作した「バラエティ番組」などを、僕たち「視聴者」に「無料」で届けてくれている「構造」と、何か似ていますよね。

つまり「転職エージェント」の「第1顧客」は、求人を出してくれる「企業側」であり、その次の顧客が、僕たち「求職者」なのです。

どこから「お金」が出ているかによって、この辺の「パワーバランス」は変わってきますので、これは仕方のないことだと思います。

会社を退職していない人も利用できる!

「マイナビジョブ20’s」などの「転職エージェント・サービス」を利用できるのは、何も「会社を退職した人」だけでは、ありません。

まだ、会社を退職していない、在職中の人でも、次の転職先を探すために、エントリー(登録)して、無料の「転職支援サービス」を利用することが出来るのです。

ですので、将来、「転職しようか悩んでいる人」や「今後、キャリアアップを目指したい人」などは、まだ「在職中」であったとしても、「マイナビジョブ20’s」を利用してみるのも、良いと思います。

このように「マイナビジョブ20’s」のような「転職エージェント」を利用する人は、必ずしも「転職の意思が固まっている人」でなくても大丈夫ですし、そのような人が「転職支援サービス」を利用したからといって、絶対に「転職エージェント」が紹介してきた「求人」から、「転職しないといけない」わけでも、ありません。

今やっている「転職活動」に疲れてしまったり、少し転職活動を休んでみたい場合には、別会社が運営する「転職エージェント・サービス」を、利用することも、問題ありませんので、ご安心ください。

「マイナビジョブ20’s」とは

20代の「第二新卒」「既卒」に特化した「マイナビジョブ20’s」

マイナビジョブ20’s マイナビジョブトゥエンティーズ 転職エージェント メリット デメリット

今回、紹介する「マイナビジョブ20’s」転職エージェントは、20代の若手人材(第二新卒、既卒)に特化した「転職エージェント」です。

転職業界大手の「マイナビグループ」だからこそ出来る「豊富な求人情報」や「業界ごとの情報」を、「マイナビジョブ20’s」も持っているので、これから「転職活動」をしたいと思っている「第二新卒者」「既卒者」の20代の若手は、「マイナビジョブ20’s」に「登録」して、今後のキャリアについてを、「キャリアアドバイザー」に相談するだけでも、仕事に関する抱えていた悩みが解消され、何か突破口が開けるかもしれませんよ。

「マイナビジョブ20’s」に登録する(無料)

サービスを利用したい人は、公式サイトで会員登録をしてください。

「マイナビジョブ20’s」の申込みフォーム

マイナビジョブ20’s マイナビジョブトゥエンティーズ 転職エージェント 申込みフォーム

  1. 氏名
  2. ふりがな
  3. 生年月日
  4. 性別
  5. 都道府県
  6. 携帯番号
  7. 連絡先メール
  8. 職務経歴
  9. 学校名(学部・学科・選考)
  10. 文理区分
  11. 卒業年・区分
  12. 転職希望時期

「マイナビジョブ20’s」の登録方法は、とても簡単です。

「会員登録」画面の指示に従って、表示される項目に、あなたの情報を入力していくだけです。

あとは、数日後(通常5日営業日以内)に「キャリアアドバイザー」から「個別カウンセリング」の案内の連絡が入ります。

「個別カウンセリング」は、「マイナビジョブ20’s」の全国3拠点(東京オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス)のどこか1つへ行き、当日は「キャリアアドバイザー」と1対1で、今後の転職活動についての、方向性を決めていきます。

ただし、地方に住んでいて、登録後に上記拠点に来社が不可能な場合は、「メール」や「電話」を使って、「求人の紹介」や「転職活動のサポート」も、してくれますので、安心してください。

また、希望の勤務によっては、求人情報がなく、紹介できない場合もあるので、希望勤務地などが決まっている人は、キャリアアドバイザーに、早めに相談しておきましょう。

転職支援サービスの始め方(無料)

会員登録は「マイページ」が使えるようになる

マイナビジョブ20’s マイナビジョブトゥエンティーズ 転職エージェント 選考の流れ マイページ

「マイナビジョブ20’s」の「マイページ」は、会員登録(申込み)後、担当者から送られてくる「メール」の「URL」から、登録することで、利用することが可能となります。

「マイナビジョブ20’s」に申込んだ後、すぐに「マイページ」が使えるようになるわけではなく、「マイナビジョブ20’s」のサービス対象者であると、判断された人にのみ、会員限定の「マイページ」が発行されます。

サービス申し込み後の流れ

「マイナビジョブ20’s」の「転職支援サービス」を利用したい人の流れは、以下の通りとなります。

  1. WEBで申込みをする(会員登録)
  2. 個別カウンセリング(来社or電話・メール)
  3. 求人に応募する
  4. 選考・面接
  5. 内定・入社

WEBで申込みをする(会員登録)

「マイナビジョブ20’s」のサービスを利用するには、「Web申込み」からスタートとなります。

「申込みフォーム」で「必要事項」を入力した後、「マイナビジョブ20’s の担当者」より、「個別カウンセリング」の案内が届きます。

「個別カウンセリング」の案内は、通常、登録から5日営業日以内に来るようになっていますので、登録後は、少し待つようにしてください。

20代の転職はマイナビジョブ20’s(無料)

個別カウンセリング(来社or電話・メール)

「WEB申し込み」が完了すると、数日以内に、担当者から連絡が来ます。

次は、20代の転職市場を熟知している「キャリアアドバイザー」が、申込み時に「登録した情報」をもとに、「1対1」でカウンセリングを、してくれます。

この「個別カウンセリング」で、転職に関する疑問点や不安な点、希望などを、「キャリアアドバイザー」へ相談します。

また、「個別カウンセリング」では、「キャリアアドバイザー」の「経験」と「適性診断」を用いた「客観的な分析」をもとに、今後の転職活動の方向性を、おおまかに絞っていって貰えます。

「個別カウンセリング」が終わると、「キャリアアドバイザー」は、結果を踏まえて、今後、最適な求人を紹介してくれるようになります。

基本、「個別カウンセリング」は、「東京オフィス」「大坂オフィス」「名古屋オフィス」で行われますが、地方在住で、上記の場所へ行けない人は、「メール」または「電話」でも、「キャリアアドバイザー」へ相談することが可能ですので、安心してください。

個別カウンセリングの場所を確認

求人に応募する

「マイナビジョブ20’s」は、「マイナビグループ」で、唯一「20代に特化した転職エージェント」として、20代を対象とした厳選求人を「1,000件以上」保有しています。

登録されている企業も、20代という若い年齢の人材を募集しているため、未経験職種・業界へのチャレンジを歓迎している求人も、豊富にあります。

応募求人は、キャリアアドバイザーと一緒に相談しながら決定し、選考通過率を高めるために、「応募書類の添削」も、サポートしてくれます。

また、志望企業の採用担当者に、あなたの「人柄・やる気・ポテンシャル」などが伝わるよう、 応募書類の他にも、「マイナビジョブ20’s」から「推薦状」を作成し、送付してくれます。

この「サポート」は、とても有難いですよね。

選考・面接

志望企業へ、応募書類を送付した後は、実際の「選考」「面接」に向けて、準備をしていきます。

求人応募後の「面接の日程調整」など、企業とのやり取りは、全て「マイナビジョブ20’s」が代行してくれますので、普段、忙しく、時間の取れない「会社員」の人などでも、安心して、活動を進めていくことが出来ます。

また、面接に向けた「追加の求人情報」はもちろん、「キャリアカウンセリング」とは別に、「面接対策」も実施し、少しでも万全な状態で、面接に臨めるように、「マイナビジョブ20’s」が、手配してくれます。

万一、面接に通過できなかった場合は、「不採用の理由」を、採用担当者に確認してくれ、求職者である僕たちに、フィードバックしてくれますので、今回、ダメだった理由を改善して、次の志望企業の選考へ、採用されなかった経験も、無駄なく、活かすことが出来ます。

この「フィードバック」は、「転職サイト」だけを使って、1人で転職活動をしている人には、知り得ない「貴重な情報」となりますので、「転職エージェント」を利用している人は、転職活動において、成功する確率を、上げていけることが出来るのです。

内定・入社

志望企業への選考が、すべて終わり、晴れて「内定」「入社」が決定した後も、自身では交渉しづらい条件面や入社日に関する調整を、「マイナビジョブ20’s」のキャリアアドバイザーが代行してくれます。

ただし、年収交渉など、内定後に変更しずらい条件に関しては、選考の段階で、「キャリアアドバイザー」に相談しておきましょう。

キャリアアドバイザーに無料相談する

「マイナビジョブ20’s」はココがおすすめ

「マイナビジョブ20’s」は、「20代の若手社会人」や「第二新卒者」の転職を支援する「人材紹介サービス(転職エージェント)」です。

「マイナビジョブ20’s」が、企業から預かっている求人の全てが、20代・第二新卒向けであると共に、専任のキャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングを通し、自己分析、業界研究・職種研究、履歴書の作成、職務経歴書の作成、面接対策などの転職活動を、二人三脚でトータルにサポートしてくれます。

「マイナビジョブ20’s」の口コミと評判

「マイナビジョブ20’s」の口コミと評判

  • 初めての転職だったので不安があったが、とても丁寧にサポートしてくれました
  • マイナビジョブ20’sは、スタッフの人のきめ細かい対応が印象的でした
  • キャリア相談は、浅い印象でしたが、いい求人が見つかりました
  • ブラック企業からの転職で、上手くいくか不安だったが、しっかりサポートしてもらえました
  • 志望した企業には、不採用となりましたが、キャリアアドバイザーのアドバイスは的確で、今後にも活かせそうです

マイナビジョブ20’sは「20代求職者」の強い味方

これまで、「マイナビジョブ20’s」が「第二新卒」や「既卒」の「20代の若者」の「転職支援をサポート」してきている点を、説明してきましたが、「第二新卒」や「既卒」とは、一体、どういう人達のことを指して使われる言葉なのでしょうか?

このあたりについて、簡単に解説していきたいと思います。

マイナビジョブ20’sの強み「第二新卒者」とは

今、企業は「第二新卒者」の求人を必要としている所が多いです。

では、「第二新卒者」とは、一体、どこの世代のことを言うのでしょうか?

企業は「第二新卒者」のどの部分に期待しているのか、「第二新卒者」に対する「ニーズ」から、基本的な「第二新卒者」の定義までを、詳しく解説していきます。

「第二新卒者」とは?

学校を卒業して1年~3年で、転職または就職を志す若年層(25歳前後)のことを指す

「マイナビジョブ20’s」では、「派遣社員」「契約社員」や、「既卒者」に該当する「フリーター」など、社会人経験のある人や、留学などの何かしらの理由で、遅れて就職活動を始める人も、「第二新卒」と定義しているようです。

「第二新卒」とは、一般的には、学校を卒業後、一度就職をしたが、数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

「新卒者」が就職後、数年で離職する割合は年々増加傾向にあります。

厚生労働省が毎年発表している「大学新卒者の離職率統計」では、「約30%」が、就職した会社を「3年以内に辞めている」と言われています。

この原因としては、不況下で、企業の採用数が減少していたり、早期・短期化の就職活動の中で、自分に合った就職先に就くことが容易でないことが、一因に挙げられています。

「第二新卒」と「既卒」の違い

また、「第二新卒」と似た言葉に、「既卒(きそつ)」という言葉があります。

「既卒」という言葉にも明確な定義はありませんが、一般的には、学校卒業後に、「正社員として勤務したことのない人」のことを「既卒」と言います。

つまり、就業経験の有無が、「第二新卒」と「既卒」の大きな違いとなります。

「フリーター」や「ニート」などの人は、「既卒」という枠組みで、語られることが多いのですが、「マイナビジョブ20’s」では、「第二新卒者」と「既卒者」を、まとめて「第二新卒」と呼んでいます。

「第二新卒」の採用ニーズは増加傾向にある

マイナビジョブ20’s マイナビジョブトゥエンティーズ 転職エージェント 第二新卒 既卒 違い

現在、第二新卒の採用ニーズは、増加傾向にあり、約6割の企業で「第二新卒を積極的に採用していきたい」と考えているというデータも、「マイナビジョブ20’s」のホームページに載っていました。

なぜ企業は「第二新卒」を求めているのか?

転職したいと考える「若手社員の採用」に対しては、「どの企業でも採用意欲が高く」、経験よりもその人の「ポテンシャル」で、採用を考える企業が多いのが、特徴です。

その理由としては、「第二新卒」は、キャリアのある転職希望者に比べ、社会経験が少ない分、「柔軟性」に優れ、若いがゆえに、企業風土に染まりやすく、能力開発の余地も非常に大きく残されている層であると、捉えられているからです。

その他の理由としては、「第二新卒者」には、数年間の社会人としての経験がある分、「新卒者」に比べても、社会人としての常識や、一定のビジネススキルを備えている事実にも、企業は、大きな魅力に感じており、「新卒採用」に比べ、採用時のミスマッチも少なくできると、期待されているところもあります。

このような背景をもとに、マイナビジョブ20’sでは、主に社会人経験2年以上の経験をもつ人(20代若手社会人)を中心とした(それ以外もある)、幅広い職種の求人を、取り扱ってくれているのです。

第二新卒者の特徴と採用する企業側のメリット

「第二新卒者」の特徴 「採用する企業側」のメリット
若いので、「柔軟性」がある 新しい「企業風土」にも、なじみやすい
新卒採用で「ビジネス・スキル」の基礎は、身に付いている 初期の教育コストを、削減できる

第二新卒「マイナビジョブ20’s」が良い理由

「第二新卒者」の主な転職理由を知ろう

以下に掲載した「第二新卒者」の「転職理由」を見てみると、20代の人たちは、自分の気持ちと同じだと思うものも、多いのではないでしょうか。

「第二新卒者」の主な「転職理由」

  1. さらなる「スキルアップ」を望んでいる
  2. 現在の年収など、待遇に不満がある
  3. 現在の仕事に、やりがいを感じない
  4. 業績悪化など、今の会社の将来に不安がある
  5. 残業が多く、休日の少ない、ブラック企業化している状態である
  6. 上司や同僚との、人間関係が悪化している

「第二新卒」の「転職理由」で多いのは、「キャリアアップのため」と「現在の仕事に不満があるため」との2つに、大きく傾向が分かれているようです。

その根本には、「新卒時の就職で得られなったもの」や、「前職で経験できなかったもの」を、再チャレンジによって得たい、そして自分の可能性を広げたいという、「第二新卒」ならではの思いがあることが、わかります。

このような「第二新卒者」が希望に沿った転職をするためには、「キャリアアップしたい動機」や、「前職での不満の原因」をきちんと「自己分析」することが、次の一歩へとつながる「重要なポイント」となることでしょう。

さらに言えば、「自分にとって価値ある会社とはどんな会社か?」「自分にとって価値ある仕事とはどんな仕事か?」などの、自身の持つ「仕事観」を、大きく見つめ直す大切なチャンスとも、捉えることも出来ます。

転職活動は、1人1人、スタイルが違って当然です。

希望する企業や業務内容によって、対策も変えていかなければなりません。

「マイナビジョブ20’s」は、キャリアアドバイザーが個別にキャリアカウンセリングすることによって、前職と比較するだけの転職活動ではなく、人生において長期的に活躍することができるような転職活動を支援してくれます。

「第二新卒者」の「メリット」と「デメリット」

「第二新卒者」の「メリット」と「デメリット」について、それぞれ、簡単に説明していきます。

「第二新卒」は、「新卒」から短期間で、企業を一度、退職しているため、一見、転職でも「不利」に見えてしまいますが、実際は、そんな事はありません。

「第二新卒」は、厳しい入社試験に一度は合格し、社会に出た人材を指しますので、「企業側」も「第二新卒」の「メリット」となる部分を考慮して、「第二新卒者」を、重視してくれているのです。

「第二新卒者」の「メリット」

  1. 1度、社会に出た人物として「評価」される
  2. 柔軟性があり、意欲が高いと思われている
  3. 企業の戦力として、育成がしやすい
  4. まだ、年齢的にも若く、異業種への転職も可能である

「企業側」は、「第二新卒」が「新卒時」に、厳しい入社試験を突破して企業に入社し、短い期間でも、社会人を経験しているという、そのパフォーマンスを、評価してくれています。

そして、一度社会に出た経験を活かしながら、転職活動をしようとする「第二新卒者」の「意欲」と「やる気」を、企業側は評価しているのです。

「新卒の就活」では、多くの企業にエントリーしますが、「第二新卒」の場合は、自身の経験をふまえた上で、少数の企業にアプローチするため、企業のサービスはもちろん、「社風」や「理念」なども、しっかり研究した上で、選んでくれたのだと、企業側が、前向きに捉えてくれているのです。

また、人間関係の面から言っても、「第二新卒」は、一般的な「中途採用者」よりも、有利な立場にあります。

確かに即戦力となる「中途採用者」は、現場でも重宝されますが、自身が培ってきた知識や技術に加えて、年を取ることによって出来た「プライド」があるため、新しい企業に、なじみにくい人も、少なくありません。

しかし、「第二新卒」は、若く社会経験が少ない故に、社風にも染まりやすく、企業のルールも、ゼロから覚えてくれる素直さが、優遇される要因となるのです。

このように、企業になじもうと必死に努力をするのは、やはり年齢が若い「第二新卒」の方だとも言えます。

その他、「中途採用」の場合、転職先の先輩の方が、年下という事も少なくはないため、指示が出しづらかったり、衝突しやすかったりという問題点もあげられます。

こうした、「前からやりたかった職種を諦められずに挑戦した」という動機を、「熱意・やる気がある」という風に企業側も評価してくれるため、その点は「第二新卒者」の「有利な点」だと、言えるでしょう。

年齢が若ければ、新しい仕事を覚えるスピードも早いですし、「第二新卒」であれば、前職での経験が浅い故に、ビジネスにおける吸収力が、まだ高く、企業側としても、その点を「メリット」と捉えて、「第二新卒」を、採用する所が、多くあるようです。

「第二新卒者」の「デメリット」

  1. 基本的な「ビジネスマナー」は、できて当たり前と思われている
  2. 現場経験が浅いため、新しい職場で、戸惑うことも多い
  3. 嫌なことがあると「すぐ辞める人材」なのではと、警戒されている

「第二新卒者」は、一度、社会人として働いているため、企業の期待値も高く、面接でも「○○はできますよね?」と高いレベルの職務内容を求められることがあります。

そのため、転職活動では、自分のできることをアピールしつつ、できないことは素直に「頑張らせていただきたいです」と謙虚な姿勢を伝えましょう。

現場に出ても、これまでと全く社風が異なる企業であったり、異業種であったりすれば、戸惑うことや、失敗も増えてしまいます。

その都度、業務を学び、同じ失敗を繰り返さず、上司に確認するようにしましょう。

例えば、「この仕事は初めてなのですが、取り組む上での注意点などはありますか?」など、必ず、自分から進んで質問をして、積極性を見せながら、仕事に取り組むことが「重要」です。

また、「第二新卒」は、新しい社風に染まりやすい「メリット」がある反面、企業側からは、「すぐに辞めてしまうのではないか」と、警戒されている場合があります。

そのため、面接では、なるべく前向きな姿勢を、強調しましょう。

例えば、「前職では私の〇〇が足りなかったと思っています。そのため、私の〇〇という課題と向き合い、長く勤められるように努力していきます」と、自分なりに分析した問題点をあげて、今後は、修正していく努力を、新しい企業の方にも伝えましょう。

最も大切なのは、自分が「第二新卒」として、何を学んだのかを、企業側にアピールすることなのです。

働きながら「転職エージェント」を利用する

まとめ

今回は、「マイナビジョブ20’s」の「転職エージェント」について、解説してきました。

20代の「第二新卒」「既卒(フリーター)」の人に、お勧めの「転職エージェント」が、「マイナビジョブ20’s」です。

転職を考えている人は、試しに、1度、利用してみてくださいね。

マイナビジョブ20’sに申込む(無料)

「マイナビジョブ20’s」などの「転職エージェント」は、1人1人の強みを引き出すための、様々なサービスが受けられますので、自分だけの転職活動に行き詰まった人は、突破口が開けるかもしれませんので、是非、利用してみてください。

マイナビジョブ20’s(転職エージェント)
マイナビジョブ20’sに登録する(無料)

「マイナビジョブ20’s」のサービスは、全て「無料」です。