これからは「個人で稼ぐ時代」です。

転職エージェントとは|おすすめ転職エージェントと転職サイト

転職エージェントとは おすすめ 転職エージェント

転職エージェントとは|おすすめ転職エージェント

「転職エージェント」と「転職サイト」を、よく混同されている人がいるのですが、この2つは異なる求人案内の体系を有しています。

簡単に説明すると、「転職サイト」は「自分1人でインターネットのサイトから、求人を探して、自らが企業へ応募するタイプのサイト」なのに対して、「転職エージェント」は「登録すると、最初にキャリアアドバイザーに転職の相談をすることができ、そのキャリアアドバイザーが、希望の転職先をマッチングしてくれる求人紹介サービス」という感じです。

「転職エージェント」は、民間がやっている「ハローワーク」のようなサービスだというと、分かりやすいかもしれませんね。

「ハローワーク」を利用する時は、まず近くの「ハローワーク」で求職者として登録をしてもらい、最初に、希望の年収や職種、就職先に求めたい条件などを登録してもらいます。

その後は、キャリアアドバイザーから、定期的に「転職先候補の斡旋」や「スキルアップのための職業訓練」などの情報を提供してもらい、自らも就職の相談をしながら、希望する転職先への再就職を目指します。

この「ハローワーク」の業務は「国」がやっていますが、今回紹介する「転職エージェント」は、簡単に言うと、それの「民間バージョン」だと言えます。

転職エージェントとはどういうサービスか?

では、「転職エージェント」を使うと、再就職先を探している求職者には、どういった「メリット」が受けられるのでしょうか。 「転職エージェント」を使うメリットには、以下のようなものがあげられます。

「転職エージェント」を「求職者」が使うメリット

「転職エージェント」を「求職者」が使う「メリット」
サービス利用料が「無料(タダ)」 「転職エージェント」は、就職希望者からは「お金を取りません」。つまり、登録さえすれば、利用者は、全てのサービスを「無料(タダ)」で利用することが可能です。これは、「転職エージェント」側が「企業側」から「紹介料」を受け取り、運営しているためです。民放のテレビ番組も、テレビ局は、CMを出してくれる企業からお金を貰っているため、視聴者は「タダ」で番組を観ることができる仕組みと、ほとんど同じ仕組みです。
未公開の求人情報を教えてもらえる 転職エージェントは、「転職サイト」などでは公開されず、一般的には「非公開」となっている「求人情報」を「企業」から預かっています。「求職者」は「転職エージェント」に登録するだけで、「転職サイト」などでは手に入らない「非公開の求人情報」を、紹介してもらうチャンスが出てくるのです。非公開求人のメリットは、「一般公開の求人よりも給料が高かったり、新規プロジェクトのリーダー募集のような、責任あるポストに就ける可能性がある」というメリットがあります。
就職前の「給料交渉」や「条件交渉」を代行してくれる 就職が決まる前に、求職者本人が企業に対して、「給料交渉」をしたり、「条件交渉」をしたりするのは、非常に言い出しにくいことです。特に面接の場では「ぜひとも入社したいです」と言いながら、「金額はこのくらい欲しいです」というのは、外資系ならまだしも、日本企業だと良い印象を持たれません。「転職エージェント」では、サッカーの代理人制度のように、「エージェント」が「求職者」に代わって、給料などの条件面の交渉を、希望の企業に行ってくれるようになるのです。
自分の「能力」や「実績」を客観的に判断し、自分に合った企業へマッチングしてくれる 「転職エージェント」に登録すると、求職者は「転職エージェント」に出向き、最初の面談を行います。そこでは、たくさんの求職者を導いてきた「専門のキャリアアドバイザー」が、求職者の「転職先の条件や叶えたい夢」・「どのような企業が合っていそうか」などを聞き取り、その情報を基に、求職者に合った企業を紹介してくれます。こうすることで、転職後に「思っていた会社とは違った」という、ミスマッチを、限りなく発生しないようにしてくれます。
書類選考での足きり率を低くし、書類審査や面接の通過率を上げてくれる 「転職エージェント」にとっては、企業側とも、頻繁にコミュニケーションを取り、親密な関係性を維持しているので、ある企業がどのような人材を求めているのかを熟知しています。ですので、「求職者」には、企業が求めている人材であることをアピールできるような「履歴書」や「職務経歴書」の書き方をレクチャーすることが可能なのです。「転職サイト」を使った転職活動では、全て1人で行うため、自分よがりの「履歴書」や「職務経歴書」になってしまうことも、しばしば起こりますが、「転職エージェント」を使うことで、それを未然に防止できます。
企業との面接のスケジューリングを代行してくれる 「転職サイト」だけを使って企業に応募すると、「履歴書」だけで判断され、「書類選考」をなかなか通過しない場合が多くあります。特に、40代・50代の人の転職活動では、どれだけ優秀な実績を持っている人でも、履歴書で「年齢」を判断され、書類選考で落とされるパターンが多くあります。ただし、「転職エージェント」では、希望する企業へ「推薦状」を書いてくれるところも多くあり、書類選考の通過率は、自己応募よりも高くなります。さらに、模擬面接なども行ってくれるので、面接の場で、しっかりとアピールできるようにもなります。また、面接のスケジューリングも、エージェントが代行してくれるので、自己管理が楽になります。
「職業相談」や「スキルアップ相談」など、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれる まだ「会社に勤務している人」なら「円満退社するには、どうしたらいいのか?」などの、気軽な相談も出来ますし、「本当に今転職すべきだろうか?」という、客観的な意見が欲しいような事柄も、相談することが出来ます。あとは、希望する就職先へ就職できるようになるために、必要なスキルの習得などを、アドバイスしてもらえたり、「履歴書の書き方」「面接の仕方」など、「キャリアアドバイザー」に、何でも相談することが出来ます。

上記は、利用者である「求職者」が、「転職エージェント」を利用する時の「メリット」でしたが、「転職エージェント」が、近年増えている背景には、「企業側」にも、利用するメリットがあるからなのです。

「転職エージェント」を利用する「企業側のメリット」に関しても、以下に表で書きましたので、確認してみてください。

「転職エージェント」を「企業」が使うメリット

「転職エージェント」を「企業」が使う「メリット」
就職後のミスマッチを防止できる 「転職エージェント」が間に立って「求職者」と面談を行い、企業が本当に欲している人材を紹介してくれるので、就職後、ミスマッチになる可能性が低く、「転職サイト」で募集する時と比べても、採用するまでの時間や手間を削減できます。
求人の無駄なコストを削減できる 「転職エージェント」の仕組みでは、「内定後に入社した人が出た場合のみ」、企業は「お金を支払う」ことになっているので、「転職サイト」のように、応募が来るかわからない「求人広告」に「何十万円~何百万円」の広告費を先に支払う必要がなくなるのです。
応募が増える 日本の人口が減っていく中、これからは、企業の国内での人材確保は、どんどん難しくなっていきます。「転職サイト」などで、求人を募集しても、最悪、応募期間までに採用が決まらないことも、起こり始めています。また、求職者側も、ブラック企業などに引っかからないように、企業を慎重に選ぶようになっており、「転職エージェント」を使う人は、増加しています。

転職エージェントの役割と存在意義

「転職エージェント」の役割とは、仕事を探している「求職者」が「転職活動」を、効率的に進められるように、全面的にサポートすることです。

「求職者」は、会社に在職している最中からでも、「転職エージェント」が利用できます。 近い将来、「転職したい」と考えている人は、早めに「転職エージェント」に登録して、まだ在職中だったとしても、「キャリアアドバイザー」と、密にコミュニケーションを取り、将来、希望の転職先へ就職できるように、早めに行動していくことが、最適です。

求職者がまだ在職中で、転職を行うタイミングではないと、「転職エージェント」との面談を通じて、判断があったなら、次の転職で「有利」になるように、今の仕事を続けながら、アピールできるポイントを増やしていくことが、在職中であれば、可能です。

「転職エージェント」では、「転職できた」という結果だけにフォーカスするのではなく、「求職者」が「納得できる転職先に転職できる」ことを、最も重視してくれます。

「転職したはいいけど、給料が大きく下がって、転職しなければよかった」という転職では、「転職エージェント」の存在価値がなくなるので、「転職エージェント」では、「求職者」が納得する転職先を、親身になって、探してくれるのです。

このように、「求職者」にとっても、「企業」にとっても、内定し、入社後のミスマッチを防ぐ意味でも、書類選考や面接回数を効率的に減らすコスト削減の意味でも、「転職エージェント」が求められる役割は、近年、非常に大きくなっていると言えます。

「求職者」は「転職サイト」を使って、やみくもに企業へ応募するよりも、「転職エージェント」を利用する方が、書類選考が通過する確率が高まります。

また「転職エージェント」では、面接を終えた後のフォロー体制も、万全です。 評価の高かった点などを、企業から「フィードバック」してもらい、「求職者」が、今後に活かせるように、リアルな情報を共有してくれます。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違い

「転職サイト」は「求職者」が「希望年収」「希望勤務地」「希望の休日」などの、求める条件を検索して、企業を探すサイトのことです。

一方「転職エージェント」とは、転職サイトと同様に、人材サービスという枠の中ではありますが、似て非なる明確な違いがありますので、まずはその違いを、以下で確認しておいてください。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違い

内容 転職エージェント 転職サイト
求人数 総数は転職サイトの方が多いが、転職エージェントには、非公開求人が多数ある 多種多様な求人を多数掲載
サポートの手厚さ 転職したい業界の動向を把握しているキャリアアドバイザーのサポートが受けられる × サイト内の役立つコンテンツをチェックして、後は自らが行動する
就職成功率 希望する企業への「推薦状」を書いてくれたり、書類選考で落とされないための対策もある これまでの実績も、企業へのアピールも、すべて自分で作っていく
就職活動の手間 キャリアアドバイザーとの面談は手間どるが、企業を探すだけの、無作為な時間は短縮できる キャリアアドバイザーとの面談はないが、全て自分でやるしかないので、計画性が必要
申し込みまでの気軽さ まずは登録し、その後、近くの人は直接の面談、遠くに住んでいる人は、電話などで面談をする必要がある パソコンやスマホを使って、いつでもどこでも求人情報にアクセスして応募することが可能

「転職エージェント」の求人数は、一見すると少ないと思えるかもしれませんが、公になっていない「非公開求人」も、多数持っています。

また、「各社」の「転職エージェント」が保有している「非公開求人」も、バラバラですので、様々な「転職エージェント」を利用してみるのも、1つの手だと思います。

おすすめ「転職エージェント」と「転職サイト」

おすすめ転職エージェントを紹介

一般転職(転職エージェント)
「BIZREACH(ビズリーチ)」 「管理職」「専門職」「次世代リーダー」「グローバル人材」などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級の「スカウト型の転職サイト」が「ビズリーチ」です。公開求人数11万4,000件、登録ヘッドハンター数3,300名を誇り、キャリアアップを目指す人材の「転職サイト」としては、日本最大級を誇ります。無料プラン(無料会員)では「スカウト機能」しか使えませんが、「有料プラン(有料会員)」にアップグレードすると、ヘッドハンターへの相談などの「エージェント機能」が利用できます。 チェックする
「doda(デューダ)」 パーソルキャリアが運営する、日本最大級の転職エージェント・サービスが「doda(デューダ)」です。「キャリアアドバイザー」が、非公開求人を紹介してくれたり、面接対策、キャリアプランの提示などで、あなたの転職を、全面的にバックアップしてくれます。35歳以下の人には、おすすめの転職エージェントです。 チェックする
パソナキャリア パソナグループとして幅広いネットワークを活用している「転職エージェント」が「パソナキャリア」です。業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約1万5,000件の非公開求人の中から、求職者のキャリアプランを実現するための、最適な求人を、親切・丁寧に紹介してくれます。 チェックする
マイナビエージェント 「就活サイト」として有名な「マイナビ」が母体で、各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」も多数在籍している「転職エージェント」が「マイナビエージェント」です。「マイナビ・ブランド」で入手した「データ」や、就職活動における「成功例」「失敗例」などの、過去の経験の蓄積を活かし、これまで培ったノウハウをもとに、求職者を「専任制」でサポートしてくれます。 チェックする
リクルートエージェント 業界最大手の「リクルート」が手掛ける「転職エージェント」が、「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人数を誇っていますので、非公開求人や年収1,000万円以上の求人も多数所有しています。「リクルートエージェント」では、経験と実績が豊富な「転職エージェント」が、希望に合った求人を、非公開求人などから紹介し、転職が成功するまで、親身になって相談にのってくれます。20代・30代・40代くらいの方に、最適な「転職エージェント」です。 チェックする
JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント) 「JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)」は「ハイクラス」「エグゼクティブ」「グローバル人材」「スペシャリスト」の求人情報に、特に強みを持つ「転職エージェント」です。「外資系企業」「海外進出企業の駐在案件」「海外関連ポジション」など、アジアを中心とした「グローバル」な転職を、希望している人は、グローバル企業に強い、この「JACリクルートメント」がお勧めです。 チェックする
Type転職エージェント 「type転職エージェント(タイプ転職エージェント)」は「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」の1都3県で展開する「IT企業」「医療系」「営業職種」「事務・経理職種」に特に強い「転職エージェント」です。既卒・第二新卒からミドル世代(20代・30代・40代)まで、幅広い転職支援を行ってくれる、国内でも老舗の転職エージェントサービスとなります。 チェックする
CAREER CARVER(キャリアカーバー) 「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」は「リクルート系列」の「リクルートキャリア」が運営する「スカウト型転職サービス」です。(厳密に言うと、転職エージェントではありません)ビズリーチ同様、「ハイクラス」「エグゼクティブ」限定の「スカウト転職サービス」となります。厳選された優良なヘッドハンターが登録されていて、あなたの職務経歴書を見て、スカウト・メールが送られてくると、企業との選考に進むことが出来ます。さらなるキャリアアップや年種アップを希望の方は、こちらも、是非、登録してみてください。 チェックする

表で書いた「転職エージェント」を分類分けすると、「ハイクラス」「エグゼクティブ」な人材として「キャリアアップ」を目指したい人は、「BIZREACH(ビズリーチ)」や「JACリクルートメント」や「キャリアカーバー」などの「ハイクラス人材」や「ハイクラス転職」に特化した「スカウト型転職サービス」が、おススメです。

そこまで「ハイクラス」な企業への「転職」を希望していない人であれば、「doda(デューダ)」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」「type転職エージェント」などの、多種多様な「求人情報」が集まっている「転職エージェント」を活用してみてください。


一般転職(女性の転職エージェント)
女性の転職 マイナビエージェントWoman Will 「女性の転職マイナビエージェント(ウーマンウィル)」には、女性の転職市場に詳しい知識と経験を持った「キャリアアドバイザー」が、女性の転職に特化したチームを作り、女性のための転職支援を行ってくれている「転職エージェント」です。母体の「マイナビ」が保有する「情報」や「リソース」を活かし、女性が活躍できる職場を、丁寧に紹介してくれます。 チェックする
女の転職Type 「女の転職type(タイプ)」は、女性を積極的に採用する企業の正社員・契約社員求人情報を多く持っている「転職エージェント」です。経験者から未経験者まで、「女性」に特化した幅広い情報を持っており、「女性転職者インタビュー」「適職カウンセリング」「その場で結果がわかる無料年収診断テスト」などの補助的なサービスも充実しています。 チェックする
クリーデンス 「クリーデンス(CREDENCE)」は「doda(デューダ)」「an(アン)」などを運営する転職業界大手「パーソナルキャリア」が展開する「アパレル・ファッション業界」専門の「転職エージェント」です。「クリーデンス」では、「国内トップクラスのブランド・デザイナー」「世界的外資ラグジュアリーブランドの販売」「安定の老舗商社の企画」「成長著しいファッション系ECポータル運営」など、取引企業2,700社以上、非公開求人を含め常時1,700件以上の求人情報から、「専任のキャリアアドバイザー」が、あなたに合った就職先を、親身になって、提案してくれます。アパレル関係に就職したい人は、是非、利用してみてください。 チェックする
LiBZ CAREER 「LiBZ CAREER(リブズキャリア)」は、女性のキャリア採用に特化した「転職エージェント」です。しかも、日本初の「ハイキャリア」を目指す女性のための「転職エージェント」が、この「リブズキャリア」です。現在の日本では、女性の「キャリア」について、相談できる場所は、本当に少ないのが現状ですが、「キャリアアップ」を目指したい女性への就職支援を、親身になって行ってくれる「転職エージェント」となります。 チェックする

女性の人で「ハイクラス」な転職先へ就職したい人は、前項で紹介した「ビズリーチ」「JACリクルートメント」「キャリアカーバー」にプラスして、女性専用のハイクラス転職エージェントである「LiBZ CAREER(リブズキャリア)」も、利用してみるのが、おススメです。

「ハイクラス」な企業への転職を希望していない人であれば、「女性の転職マイナビエージェント(ウーマンウィル)」「女の転職type」「グリーデンス」なども、前項で紹介した「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」「マイナビエージェント」などと合わせて、利用してみるのが、おススメです。


おすすめ転職サイトを紹介

一般転職(転職サイト)
リクナビNEXT 「リクナビNEXT(リクナビネクスト)」は、「リクルートグループ」の「リクルートキャリア」が運営する転職・求人情報サイトです。「リクナビNEXT(リクナビネクスト)」では、「求人情報の閲覧」「求人への直接応募」「会社説明会への直接応募」「匿名でのスカウトサービス」などの機能が利用できます。既に有名なので、かなりの人が利用しているとは思います。 チェックする
シゴトin 「シゴトin(シゴトイン)」は、「ハローワーク」から「大手転職サイト」までの、各社間で分断された求人情報を、高速横断検索できる、とても便利な「転職サイト」です。この「シゴトin(シゴトイン)」を使って、求人情報を横断して検索することで、情報取得の時間を効率化できますので、是非、利用してみてください。 チェックする
はたらいく 「はたらいく」は、「タウンワーク」なども運営している「リクルートグループ」の「リクルートジョブズ」が運営している「転職サイト」です。先ほど紹介した「リクナビNEXT」と「はたらいく」の違いは、「リクナビNEXT」が「大企業・中堅企業」の求人情報を多く取り扱っている傾向があるのに対して、「はたらいく」は、地元に密着した「中小企業」の求人情報を、多く紹介している傾向があります。ですので「Uターン」や「Iターン」で、都市から地方へ行く人にとっては、「はたらいく」の方が、「求人情報」を探しやすい「転職サイト」だと言えるでしょう。 チェックする
とらばーゆ 「とらばーゆ」も、「はたらいく」と同じ「リクルートジョブズ」が運営している「転職サイト」です。ちなみに、この「とらばーゆ」は「女性専用の転職サイト」となります。女性求人や女性の転職情報を、全国から検索できたり、「18時退社」「産休・育休あり」など、あなたのライフスタイルに合わせた求人情報を、探し出すことが出来ます。「とらばーゆ」では、「転職者インタビュー」「面接対策」「自己PRの書き方」などの、女性の転職をサポートする情報も、充実しています。 チェックする

「転職サイト」は、やはり「リクルートグループ」が強い印象ですね。

「転職エージェント」と「転職サイト」は、それぞれ、一長一短があり、それぞれの長所を補えるように、どちらも利用していくのがベストですね。

おすすめの方法は、「転職サイト」で大まかな求人情報を探しておき、「転職エージェント」を利用して、自分の希望する就職先に就職できるように、「エージェント」に働きかけていくのが良いでしょう。

転職エージェント利用の流れはどうなる?

「転職エージェント」を利用したい人は、まずは「登録」することから始まり、面談を重ね、最終的には「内定」を獲得し、入社するまでの流れを経ていきます。

  1. まずは「転職エージェント」へ登録します
  2. 「転職エージェント」と面談し企業紹介を受けます
  3. 紹介された企業へ応募することが決まったら「履歴書」や「職務経歴書」を「キャリアアドバイザー」にも添削してもらい提出します
  4. 書類選考や面接を通過し、内定が決まった後も、勤務開始日の調整や年収といった条件交渉のサポートを「転職エージェント」が代行してくれます

まとめ

今回は、「転職エージェント」について、解説してきました。

「転職サイト」も「転職エージェント」も、それぞれ一長一短がありますので、各特長を把握しておいてくださいね。

注意
紹介している情報は、2019年7月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。