これからは「個人で稼ぐ時代」です。

dodaエージェント登録方法・無料申し込み|doda(デューダ)転職エージェント始め方・使い方・評判・口コミ

doda デューダ 転職エージェント おすすめ 求人 エージェント

dodaエージェント
dodaエージェントに登録する(無料)

doda(デューダ)のサービスは、すべて「無料」で利用できます

dodaエージェント 無料登録|デューダ転職エージェント始め方・使い方

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp 転職サイト おすすめ 求人

「doda(デューダ)」とは、「アルバイト・パート向けの求人情報サービス」の「an(アン)」を運営する「パーソナルキャリア」が手掛ける、大手「転職情報サイト+転職エージェント・サービス」です。

「doda(デューダ)」の特長としては、求人広告に「直接応募」して、企業の人事担当者と直接やり取りを行う、従来型の「転職サイト」の機能にプラスして、キャリアアドバイザーが、企業の人事担当者との仲介役を担い、求職者の転職相談や、非公開求人の紹介などの、転職支援サービスを提供する「転職エージェント」の機能も、合わせて持っている点です。

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp 転職サイト おすすめ 求人 キャリアアドバイザー 転職サイト スカウト機能

業界では、「リクナビNEXT」や「en(エン)」のように、企業に直接応募ができる「転職サイト」のみに特化したサービスや、「リクルートエージェント」のように「転職エージェント」のみに特化したサービスなど個別に専門化が進んでおり、「doda(デューダ)」では、「転職サイト」と「転職エージェント」の両方の機能が利用できるメリットを活かし、他社と差別化を図っています。

doda転職エージェント【公式】

doda(デューダ)転職エージェントの仕組み

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp 転職サイト おすすめ 求人 キャリアアドバイザー

「doda(デューダ)」に代表される「転職エージェント」では、求人を募集する「企業」から、直接「紹介手数料」を貰って、事業を運営しています。

そのため、「doda(デューダ)」などの「転職エージェント」を利用する「求職者」は、一切の利用料金がかからずに、すべてのサービスを「無料」で、使用することが可能です。

例えるなら、民放のテレビ局が、CMスポンサーからお金を貰い、作った番組を、僕たちに「無料」で届けてくれている構造と、一緒ですよね。

また、有難いことに「転職エージェント」のサービスを利用できる人は、すでに会社を退職した人だけでは、ありません。

実は、まだ会社を退職していない「在職中の人」でも、会員登録さえ行えば、キャリアアドバイザーとの面談や、非公開求人の紹介などの「転職支援サービス」を利用することが出来ます。

「転職しようか悩んでいる人」や「今後のキャリアが不安な人」は、「退職した人」でも「在職中の人」でも、是非、「doda(デューダ)」に登録して、「転職支援サービス」を利用してみましょう。

このように「doda(デューダ)」のような「転職エージェント」を利用する人は、必ずしも転職の意思が固まっている人ではなくても大丈夫ですし、転職支援サービスを利用しても、絶対に「転職エージェント」を利用して「転職」しないといけない決まりもありません。

「転職活動」に疲れたら、途中で転職活動を少し休んでみたり、試しに別会社の「転職エージェント」を利用することも可能です。

「doda転職エージェント」とは

日本最大級の紹介実績「doda(デューダ)」転職エージェント

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp logo ロゴ

今回、紹介する「doda(デューダ)」転職エージェントは、日本最大級の紹介実績を持つ「転職エージェント」です。

「doda(デューダ)」エージェントは、非公開求人を含む10万件以上の求人情報から、あなたの希望する条件に合った「企業」をマッチングしてくれますので、まずはお気軽に、業界大手の「doda(デューダ)」エージェントを、利用してみることを、お勧めします。

もし、まだ「在職中で退職しようか悩んでいる人」がいましたら、気になる「転職エージェント」にいくつか登録してみて、今後のキャリアについて、キャリアアドバイザーの人に相談するだけでも、抱えていた悩みが解消されて、突破口が開けるかもしれませんよ。

「dodaエージェント」会員登録する(無料)

利用する前に、まずは公式から「会員登録」を行ってください。

「doda(デューダ)」エージェントの申込み欄

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp 転職サイト おすすめ 求人 キャリアアドバイザー 転職サイト スカウト機能 リクルートエージェント

  1. 名前
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 住んでいる地域
  5. 連絡先

「doda(デューダ)」エージェントの登録方法は、とても簡単です。

会員登録画面の指示に従って、表示される項目に、あなたの情報を入力していくだけで、あっと言う間に「申し込み」が、完了します。

あとは、数日後にかかってくる「キャリアアドバイザー」からの連絡を待って、「対面」か「電話」などで面談を行い、転職したい職種や、転職したい業界、自分のこれまでの経歴を、キャリアアドバイザーの人に伝えれば、あなたに最適だと思われる「企業」の候補を、いくつか提案してくれるようになります。

キャリアアドバイザーに相談する

「doda(デューダ)」エージェントはココがおすすめ

「doda(デューダ)」エージェントを、僕が、おすすめする理由は、以下のような理由からです。

  • 「転職サイト」+「転職エージェント」の機能が両方とも利用できるのは「doda」ならではの特長
  • 「an(アン)」を手掛ける、業界大手の「パーソナルキャリア」が運営
  • 公開・非公開合わせて13万件以上の求人情報が取得可能
  • 「求職者」は、すべてのサービスが「無料」で利用できる

doda(デューダ)登録すると利用できるサービス

応募書類の添削
「履歴書」や「職務経歴書」の書き方を、「転職エージェント」が、サポートしてくれます。
面接対策のサポート
「doda(デューダ)」から応募した「企業ごと」に、「転職エージェント」から、面接のアドバイスや、対策を受けることも出来ます。
応募書類の提出や面接日程の調整を代行してくれる
あなたの代わりに、「転職エージェント」が、「応募書類の提出」や、「面接日程の調整」を行ってくれます。ですので、忙しい人でも、今の仕事を続けながら、無理なく、転職活動が続けられます。
年収交渉や入社日交渉を代行してくれる
あなたが希望する転職後の条件を叶えるために、内定が出る前に、「転職エージェント」が、年収などの条件交渉を行ってくれたり、内定が出た後は、転職先に対して、入社日の調整なども、代行してくれます。

「転職エージェント」のライバルである「リクルートエージェント」は、保有求人情報が20万件以上あるので、求人数だけを比較してみると、「doda(デューダ)」の方が劣っているように見えますが、「doda(デューダ)」には、「転職サイト」の機能+「転職エージェント」の機能を、1つのサイトで利用できる「操作性」の良さがありますので、どちらも登録して、利用していくのが、良いと思います。

「dodaエージェント」申込む(無料)

「doda(デューダ)」の口コミと評判

「doda転職エージェント」を利用した人の「口コミ」や「評判」の一部です。

現在の仕事で抱えている不安を、解消するための人が、「転職エージェント」を利用して、転職していることが多いですね。

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp 転職サイト おすすめ 求人 キャリアアドバイザー 転職サイト スカウト機能 口コミ 評判

doda(デューダ)エージェントのサービスの流れ

例として、以下に、実際「doda(デューダ)」エージェントを利用した時の、「サービスの流れ」を記載しましたので、興味がある人は、確認しておいてください。

ステップ1
会員登録・サービスの申し込み
まずは「doda(デューダ)」の「エージェント・サービス」に会員登録を行います。申し込みサイトの指示に従って「必要事項」を入力していきます

会員登録(無料)はこちら

ステップ2
サービス開始の連絡
doda(デューダ)エージェントに申し込みをしてから数日以内に、doda(デューダ)のキャリアアドバイザーから、「メール」や「電話」で、連絡が入ります
ステップ3
キャリアアドバイザーとの面談

doda デューダ 転職エージェント キャリアカウンセリング 面談 20代 30代 40代 50代

全国に点在するキャリアカウンセリングの場所に赴き「対面」か、もしくは「電話」や「メール」を使って、キャリアアドバイザーに、あなたの「これまでの経験」や「希望の就職先」などを伝えます

ステップ4
求人の紹介・履歴書添削など
キャリアアドバイザーとの面談を終えると、「doda(デューダ)」エージェントが持っている「公開求人」や「非公開求人」の紹介が始まります。また、志望企業への応募へ向けて、キャリアアドバイザーと「履歴書」や「職務経歴書」の添削作業を行っていきます
ステップ5
応募・書類選考・面接対策
キャリアアドバイザーとのやり取りを終え、応募先の企業が決定した後、doda(デューダ)エージェントが、あなたを、志望企業に、推薦してくれます。また、本人が希望すれば、合格に向けた「面接対策」なども、キャリアアドバイザーから受けることが可能になります
ステップ6
内定・退職交渉・入社
内定が決まる前であれば、希望者には、転職エージェントを利用しないと難しい「年収交渉」などを、doda(デューダ)エージェントが、代行して行ってくれます。また、内定が決まった後は、「入社日の調整」や「現在、在籍している企業との円満退社の手続きやアドバイス」など、その他「現在の会社の退職交渉~新しい会社への入社」までを、「doda(デューダ)」に、最後までサポートしてもらえます

「転職支援サービス」とは

「doda転職エージェント」支援サービスに申し込む(無料)

doda デューダ 転職エージェント 求人数 メリット デメリット

「doda転職エージェント」では、「非公開求人」を含む「10万件以上」の求人の中から、あなたに合った求人を、紹介してくれます。

非公開求人を含む「10万件」以上の求人情報を「doda」が保有

「doda転職エージェント」を利用すると、「doda(デューダ)」が共有している、これら多くの求人の中から、あなたの適正や希望に合った企業を「doda(デューダ)」の「エージェント」が提案してくれますので、「職業の選択肢を広げたいという積極的な人」から「自分に合った仕事がわからないという少し迷っている人」まで、とにかく幅広いニーズに応えてくれるのが、「doda転職エージェント」の「ウリ」です。

また、「エージェント」が紹介してくれた求人も、その時点で、自分の希望する求人でなければ、応募しなくても、求職者の側にペナルティになることはありません。

「エージェント」から紹介された「求人」でも、あなたの希望に沿わなければ、応募しなくても大丈夫ですので、安心して、自分のペースで、転職活動を続けることが可能です。

また、「doda転職エージェント」を利用した「求職者」は、「応募書類の添削・面接サポート」「応募書類の提出や面接日程の調整」「年収などの条件面の交渉や入社日の調整」などの、自分1人の転職活動では面倒なこれらの業務も、「エージェント」が、「サポート」&「代行」してくれます。

これだけ便利なサービスが「無料」で利用できる「doda転職エージェント」ですので、求職活動中の皆さんも、是非、活用してくださいね。

「dodaエージェント」の支援内容

doda デューダ 転職エージェント アフィリエイト asp 転職サイト おすすめ 求人 キャリアアドバイザー

応募書類の添削・面接サポート
  • 「doda(デューダ)」が、履歴書・職務経歴書の書き方をサポートしてくれます。記入方法が分からない人でも、分からない点は、何でも質問することが出来ます。
  • 志望する企業が決定したら、応募する企業ごとに、「doda(デューダ)」から、「面接のアドバイス」が貰えることがあります。
面倒な手続きを代行
  • 忙しいあなたに代わって、「履歴書」や「職務経歴書」などの応募書類の提出を、「doda(デューダ)エージェント」が行ってくれます。
  • また、書類選考を通過して、志望企業への面接が決まりましたら、「doda(デューダ)エージェント」が「企業」と「あなた」の間に入ってくれて、「面接の日程調整」を行ってくれます。
年収交渉や入社日の調整
  • 志望企業に対する「希望の年収」など、希望条件がある場合は、内定が出る前に「dodaエージェント」に相談をしておくと、あなたに代わって、志望企業との、交渉を代行してくれます。
  • 内定が決まった企業の、入社日は、「dodaエージェント」が、あなたの意見と企業の希望日を聞きつつ、調整してくれます。
  • 営業
  • 企画
  • 管理
  • 事務
  • アシスタント
  • 販売
  • サービス
  • コンサルタント
  • 士業
  • 金融専門職
  • 公務員
  • 教員
  • SE
  • インフラエンジニア
  • Webエンジニア
  • 機械
  • 電気
  • 組み込みソフトウェア
  • 建築
  • 土木
  • 不動産
  • プラント
  • 設備
  • 化学
  • 素材
  • 化粧品
  • 食品
  • 香料
  • 飼料
  • 医療系専門職
  • クリエイティブ

「doda転職エージェント」の専門スタッフ

「doda(デューダ)」の「転職エージェント」は「分業体制」をとっています。

doda デューダ 転職エージェント スカウト キャリアアドバイザー 20代 30代 40代 50代

「doda転職エージェント」は「分業体制」

  1. キャリアアドバイザー(求職者と面談を行い、採用プロジェクト担当が取ってきた求人を紹介する役割)
  2. 採用プロジェクト担当(企業の採用担当者と連絡を密にとり、求人案件の獲得や年収交渉などを行う役割)

この「分業体制型」の「転職エージェント」は、「片面型タイプ」とも呼ばれており、「大手の転職エージェント」や「人材派遣会社の中にある人材紹介事業部」などは、この「分業体制」をとっている「片面型タイプ」の「エージェント」が多いのが、特徴です。

つまり、分業体制をとる「片面型タイプ」とは、「求人案件を開拓するスタッフ」と「求職者と面談するスタッフ」に、役割を分けて、効率化を図っていると言えます。

「doda転職エージェント」では、規模が大きいので、この「分業体制」の「片面型タイプ」を採用しています。

「doda(デューダ)」でも、「求人案件を開拓するスタッフ」である「採用プロジェクト担当」と、「求職者を面談するスタッフ」である「キャリアアドバイザー」に、役割を分けて、求職者をサポートしており、また、このような分業体制をとる「大手の転職エージェント」は、基本的に、「35歳以下の若手向けの案件」を、中心に取り扱っている傾向があることも、覚えておいてください。

なぜ「分業体制」を取ると、効率が上がるのか?

分業体制の「転職エージェント」で働く「キャリアアドバイザー」の多くは、1日中、より沢山の求職者と面談することが、仕事の基本となります。

「キャリアアドバイザー」本人には、「求人案件を開拓する役割はない」ため、「企業の採用担当者」とも会うことは、めったにありません。

「キャリアアドバイザー」の仕事とは、「求人開拓担当者(採用プロジェクト担当)」が集めた求人案件の情報をもらって、それを求職者に紹介するのが役割となります。

このような「分業体制」をとることで、「キャリアアドバイザー」は、より多くの求職者と面談できるため、「エージェント会社」は、多くの「候補者」を登録することが可能となり、「求人開拓担当者(採用プロジェクト担当)」は、「企業の採用担当者」を、しっかりとコミュニケーションを取る時間が生まれるため、さらに「求人開拓の効率が上がる」のです。

このようなことからも、「分業体制」をとる「大手の転職エージェント」には、比較的、多くの数の求人案件が集まっており、「求職者」にとっては、「分業体制」をとる「大手の転職エージェント」の方が、「大量の案件を紹介してもらえる」という「メリット」があります。

35歳以下の若年層の転職の場合は、なるべく多くの求人に、片っ端から応募していくのも、1つの手段だと思いますので、「doda転職エージェント」のように、「分業体制」をとっている「片面タイプ」の「大手転職エージェント」に申込むのが、理想的です。

転職支援サービスの始め方(無料)

「doda(デューダ)」ならではの「スカウト・サービス」

doda デューダ 転職エージェント スカウトサービス キャリアアドバイザー 20代 30代 40代 50代

「doda(デューダ)」では、「転職エージェント・サービス」と「転職サイト」の「2つのサービス」が、同じプラットフォーム上で受けられるということを、最初にお話しました。

「doda(デューダ)」で、「転職活動をしたい」とお考えの人は、是非、「スカウト・サービス」という「便利な機能」も使用するようにしてください。

「スカウト・サービス」も、もちろん「無料(タダ)」で利用できます。

スカウト・サービスの「メリット」

doda デューダ 転職エージェント メリット スカウトサービス キャリアアドバイザー 20代 30代 40代 50代

「doda(デューダ)」の「スカウト・サービス」を利用すると、「企業から、直接、オファーを受けられる」「スカウト・サービス限定の面接が確約されたオファーが届く」「求人情報を見る時間のない、忙しい会社員などでも、企業側からスカウトが届く」など、多くの「メリット」があります。

「doda(デューダ)」スカウト・サービス

  1. 「スキル」「経験」に合った求人が見つかりやすくなる
  2. 自分で探していると気が付かない「意外な企業」や「大手企業」からスカウトが届く
  3. 「名前」「生年月日」などは、企業や人材紹介会社には公開されない
  4. 現在の勤務先など「特定の企業」に対して、登録情報を「完全非公開(ブロック設定)」にすることが出来る
  5. 「面接確約オファー(書類選考がない)」や「プレミアムオファー(内定の可能性が高いオファー)」「転職サイトには非公開の求人からのオファー」が届くこともある
  6. 在職中で、忙しい会社員でも、企業からのオファーを待つことが出来る

「スカウト・サービス」は、企業に情報を公開するので、「個人情報」などの漏洩が、不安な人も多いかと思いますが、「doda(デューダ)」の「スカウト・サービス」では、「名前」や「生年月日」などの情報は、企業側には公開されず、「経歴」や「職歴」のみで、オファーが届くようになっていますので、個人の「匿名性」が担保されており、「在職中」の人でも、身バレすることなく、安心して「転職活動」を行うことが出来るようになっています。

「企業ブロック」を設定しよう
  • 現在の勤務先、関連会社、取引先に、転職活動していることを、知られたくない
  • オファーを受け取りたくない企業がある

便利な「スカウト・サービス」ですが、上記のような理由で、「特定の企業」には、「スカウト情報」を見られたくないという人がいましたら、「ブロック機能」を利用して、特定の企業からは、あなたのスカウト情報が見られないようにしましょう。

「プレミアムオファー」とは

「プレミアムオファー」とは、「doda(デューダ)」の「スカウト・サービス」を利用していると、たまに届く「特別なオファー」のことです。

「プレミアムオファー」が届いたということは、「あなたを高く評価してくれている企業が、あなたと会って、直接話をしてみたいと、期待を寄せてくれたこと」をあらわしています。

「プレミアムオファー」のポイント
  • 企業が1人1人の「経歴」「スキル」を見た上で、厳選した人にだけ送るオファーです
  • プレミアムオファーの中には、あなたをスカウトした「担当者の写真や経歴」、「一緒に働くメンバーの情報」など、企業を身近に感じることができる「オファー」もあります
  • 「プレミアムオファー」は、あなたの経歴とのマッチ度も高く、「内定の可能性が高い」オファーです

「スカウト・サービス」の詳細を確認

転職エージェントの活用方法

「doda(デューダ)」だけに限らずに、「転職エージェント」を、どのように「転職活動」に活用していけば良いのかは、悩むところだと思います。

最後に、一般的な「転職エージェント」との、上手な付き合い方を、簡単に説明していきたいと思います。

「35歳転職限界説」のウソ・ホント

「35歳転職限界説」という言葉を、皆さんも1度は聞いたことがあるでしょうか。

この言葉には、一見すると「35歳になったら転職先はなくなるから、転職をするなら35歳までにするべきだ」というニュアンスがあるように思うのですが、この「35歳転職限界説」には、少し誤解もあることを、認識しなくてはなりません。

確かに「35歳転職限界説」は、一定条件のもとでは、本当なのですが、それは「未経験の業界・業種への転職」という条件付きでのことです。

20代の人が転職する理由として多いのが、「最初の就職で、やりたくない仕事に就いてしまった」、「入社してみたら、会社がブラック企業だった」など、社会経験が乏しいことで、初期の就職活動に失敗してしまい、それを補うための「転職」を、20代の間にするケースが、多く見られます。

20代の人は、上記のような理由から転職活動を行ったとしても、まだ年齢的にも若く、仕事を覚えるのも早いため、企業からも「成長のポテンシャルがある」と判断され、「未経験の業界や業種」でも、採用を頂けることもあります。

ところが、35歳を超えてくるあたりから、他人の見る目や、評価そのものが、若干変化してきます。

35歳というのは、本人の適正次第では、「管理職」を任される「年齢」でもあります。30代の中盤は、20代の若手のお手本として、リーダー的な役割も期待される年齢になっており、「本人が、まったく0から、新しい仕事をするには、少し遅すぎる」という考えが、企業側にはあるのです。

(本人の猛烈な努力次第では、あっという間に差を埋めることは可能なのですが、人材採用は、企業にとっては「投資」ですので、本人が未経験の分野であれば、時間に余裕のある20代の採用率が高くなる傾向も、理解できるかと思います。)

このように、35歳以上の人の「未経験の職種や業界」への「転職」チャンスは少なくなるのは本当なのですが、35歳以上の人であっても、「これまで培ってきた経験やスキルを発揮できる職種や業界」への「転職」チャンスは、実は大きく増えているのです。

つまり、「35歳以上の人は、転職自体ができないのでは、なく」、これまで培ってきた「経験」や「スキル」を活かせる場を、本人が望めば、むしろ「転職でキャリアアップするチャンスを掴める可能性」は、大いにある「年齢」だと言えるでしょう。

ですので、「35歳以上」で「転職」をお考えの人は、まずは「未経験の仕事」を求めるのではなく、「今までの経験やスキル」をどう活かすか、どこで活かせるのかを考慮して、「転職先」を探してみることを、おすすめします。

それでも、「未経験の分野」に挑戦したいという35歳以上の人は、転職を少し思い留まってもらい、現在、在籍している企業にいながら、「転職エージェント」に登録をして、新たな分野の技術習得に励み、「転職エージェント」から、習得したスキルが、業界基準に達したというお墨付きを得てから、「転職エージェント」のサポートを受けて、自分が望んでいた新しい業界に、チャレンジする流れを組むのが、ベストでしょう。

転職者と求人数は「秋口」に増える傾向がある

「結婚式場は6月に忙しくなる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

このような「業界」ごとの「シーズン」と呼ばれる兆候は、「転職業界」にも存在します。

僕が「ハローワーク」に通っていた時に、直接聞いたところでは、「年間を通じて、最も求人が増えるのは、9月~10月頃の秋口」だと言う事でした。

もちろん、1年を通じて、求人案件はあるのですが、聞くところによると、「毎年、お盆を過ぎたあたりから、秋口にかけて、企業の中途採用の需要は高まる」そうです。

これにはいくつかの理由が考えられるのですが、1つは「6月のボーナスをもらった後に、会社を退職して転職活動を始める人が多い」ことが挙げられます。

これらの人は、7月~8月にかけて、在籍している会社に退職届を出すために、その欠員に対する求人案件が、秋口に増加する傾向にあるとのことでした。

また、企業の6月の中間決算で、おもいのほか業績が良かった会社は、この時期に、新規の採用を追加で募集する会社もあります。

このように、毎年、秋口になると、企業の求人数は増加する傾向にあるために、他の時期と比べても、「転職」に成功する確率は高くなると言えます。

ただし、この時期まで、転職を待とうとする人は、少し、注意が必要です。

本来であれば、「自分が転職したいと思った時が、転職するタイミング」だと思うので、この時期まで待って、無理やり転職するのは、本末転倒になる可能性も出てきます。

僕は、もちろん、このような季節性も頭に入れながら、自分のベストなスケジュールで、転職活動を始めるのが、1番良いのではないかと思っています。

「転職エージェント」との最適な付き合い方

「転職エージェント」は、今やほとんどの「求職者」が利用する「サービス」となりました。

「転職エージェント」は「人材を求めている企業」と「転職希望者」をマッチングしてくれる存在ですが、国が運営している「ハローワーク」と違って、民間企業が手掛けている「転職エージェント」のサービスは、あくまで「ビジネス」です。

企業から、「手数料」をもらっている以上、「転職エージェント」にとっては、第一の顧客は「求人を出してくれる企業」であり、「求職者」は、あくまでも「第二の顧客」だという位置づけは、仕方ありません。

「転職エージェント」では、在籍している求職者の中で、企業が求める人材が見つかった場合、「エージェント」が、企業に求職者を推薦してくれるようになります。

このように「求職者」と「転職エージェント」は、忍耐強く付き合い、信頼関係を築き上げていくことで、良いサービスを受けることが可能となっていきます。

「求職者」が、「転職エージェント」への不信感から、感じの悪い態度をとったり、転職エージェントの存在を軽視するような行動や発言が出てくると、転職エージェントとの信頼関係は、もろくも崩れ去ってしまいます。

つまり、「求職者」は、「転職エージェント」に登録したからと言って、安心することなく、どんどん「自分を売り込んでいく」必要があるのです。

「dodaエージェント」で転職活動を始める(無料)

まとめ

今回は、「doda(デューダ)」の「転職エージェント」について解説してきました。

人生は有限ですので、出来るだけ無意味な転職を繰り返さないためにも、「転職エージェント」という「客観的な立場」の人の助けを借りながら、また、「アドバイス」を貰いながら、後悔のない、あなたらしいキャリアを、構築していって頂ければ幸いです。

「doda転職エージェント」に申込む(無料)★

「doda(デューダ)エージェント」などの「転職エージェント・サービス」では「無料(タダ)」で、様々な「転職支援サービス」が受けられます。

「転職サイト」などを利用した「自分だけの転職活動」に疲れた人などは、「doda(デューダ)」のような「転職エージェント・サービス」を利用することで、停滞していた「転職活動」の突破口が開けるかもしれませんので、この便利な「doda(デューダ)エージェント」という「転職エージェント・サービス」を、是非、利用してみてください。

dodaエージェント
dodaエージェントに登録する(無料)

doda(デューダ)のサービスは、すべて「無料」で利用できます

転職エージェント ITフリーランス 個人事業主 おすすめ エージェント転職エージェント|ITフリーランス・個人事業主おすすめエージェント

「おすすめ転職サイト」20代・30代・40代別の転職サイト比較