これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ふるさとプレミアム 口コミ・評判|ふるさと納税始め方・仕組み・登録方法・限度額・還元率・シミュレーション

ふるさとプレミアム 口コミ 評判 ふるさと納税 始め方 仕組み 登録方法 限度額 還元率

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】会員登録
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」や、利用中の「手数料」は「無料(タダ)」です。お得な「返礼品」と「節税」の機会を手に入れましょう。

ふるさとプレミアム 口コミ・評判|ふるさと納税始め方・仕組み・登録方法・限度額・還元率

ふるさとプレミアム ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション 寄付金控除 節税 税金

「ふるさとプレミアム」は、「株式会社ユニメディア」が提供する「ふるさと納税サイト」です。

「ふるさと納税サイト」とは、全国の「ふるさと納税」を行っている自治体が一覧となり、まとめて掲載されている「サイト」になります。

ただし、「ふるさと納税サイト」に掲載されている自治体は、「サイト事業者」に対して「手数料」を支払っている「自治体」だけです。

ですので、「ふるさと納税サイト」に掲載されている「自治体の数」や、「返礼品の内容」などは、各サイト毎に異なります。

つまり、「掲載されている自治体の数が多いサイト」もあれば、逆に「掲載されている自治体の数が少ないサイト」も、あるわけなので、それぞれの「サイト」の「特徴」は、よく理解しておきましょう。

「ふるさと納税」とは

「ふるさと納税」とは、「納税」という言葉が付いていますが、実際には「自治体への寄付」です。

自治体に「寄付」をすることで、自分がお世話になった「地域」や「好きな地域」を応援することが出来ます。

また自治体からは、寄付をしてくれた「お礼」として、地域の「特産品」などの「返礼品」が贈られてくるという「メリット」もあります。

さらに「ふるさと納税」では、「上限付き」ですが、「寄付」した金額の中から、2000円を除いた額が、「翌年の住民税」から控除されます。(※なので、実質、自己負担は2000円になる)

この場合、「確定申告」をしている人は、「所得税の還付」と「住民税の控除」が適用されるため、「ふるさと納税」には、「節税」の「メリット」もあります。

ふるさとプレミアム【公式】

ふるさと納税サイト「特徴」

  1. 好きな自治体を応援できる
  2. 返礼品を受け取ることができる
  3. 税金の控除が受けられる

「ふるさと納税」の特徴としては、以下のような特徴があります。

好きな自治体を応援できる

「ふるさと納税」は、自分の生まれた故郷であるかどうかに関係なく、好きな「自治体」に「寄付」ができる制度です。

支援したい自治体に「寄付」をすることで、自分がお世話になった地域や、好きな地域を応援することが出来ます。

また、ほとんどの地域で、「寄付」する「お金」の「使い道」を、選ぶことも出来ます。

返礼品を受け取ることができる

「ふるさと納税」を行うと、「寄付」した「自治体」から、「寄付のお礼」として、「地域の特産品」などの「返礼品」が贈られてきます。

「返礼品」は、「食品」だけではなく、「日用品」や「旅行」「家電」「宝石」など、沢山の種類の中から、選ぶことも出来ます。

税金の控除が受けられる

日本には「寄付金控除」という「仕組み」があり、寄付をした人には「税金」を控除するという「ルール」があります。

「ふるさと納税」は、この「寄付金控除」に当てはまるため、「寄付」をした人は、「税金」が控除されます。

例えば「会社」から「給料」をもっている「給与所得者(会社員など)」の場合、寄付をした「翌年の住民税」から控除されるため「翌年6月からの1年間、手取りがアップ」します。

「ふるさと納税」には、「自治体」に行った寄付のうち、2000円を超える部分については、一定の限度額までは、原則として「所得税」「住民税」から、全額控除されるため、例えば「3万円」を寄付した人は、「3万円ー2,000円=2万8,000円」が、翌年の住民税から控除されます。

つまり、実質2000円の負担で、地域も応援でき、返礼品も受け取ることが出来るのです。

ふるさと納税とは ふるさと納税 仕組み 還元率 税金 安くなる 確定申告 住民税 控除 お得 やらなきゃ損 ワンストップ特例制度 返礼品 お礼品 故郷

このように、「ふるさと納税」は、基本的に「寄付をした額から2000円を除いた額が、翌年の税金の控除対象となる」ため、「寄付額が多いほど、お得」になります。

ただし、控除が受けられる「上限の寄付金額(限度額)」というものが決まっており、この「限度額」は、現状、納めている税金や、家族構成などで異なってくるため、自分がどこまでの金額を寄付すれば、「実質、2000円で、ふるさと納税が出来るのか」を、最初に理解しておくことが、重要です。

この「ふるさと納税」の「限度額(上限額)」を知りたい人は、「ふるさとプレミアム」などの、「ふるさと納税サイト」から、「シミュレーション(計算)」できますので、是非、シミュレーション機能を利用して、自分の限度額を計算してみてください。

「限度額」を「シミュレーション」 

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】口コミ・評判・仕組み・始め方

「ふるさと納税」とは、全国の自治体に「寄付」をすることで、その自治体の「特産品」が貰えて、「節税」まで出来る「制度」のことです。

また、「ふるさと納税」で出来る「節税」は、「個人事業主」だけではなく、会社務めをしている「サラリーマン」や「OL」などの「会社員」でも、利用することが出来る「仕組み」ですので、今まで使ったことがなかった人は、是非とも、利用してもらいたい、お得な仕組みだと言えます。

さらに、ここからは、皆さんが気になる「ふるさと納税」の最大の特徴である「節税方法」について、「確定申告制度を利用した節税方法」と、「会社員」など、普段「確定申告」をしていない人たちの「手続き方法」を「簡略化」するために、新しく新設された「ワンステップ特例制度を利用した節税方法」の2つを、説明していきたいと思います。

ふるさと納税「メリット」を復習する

  1. 節税ができる
  2. 返礼品が貰える
  3. 故郷や、学生時代に住んでいた地域に、遠方から支援できる

「ふるさと納税」の申し込み方法と流れを、以下に整理しましたので、確認してください。

手順1
限度額をシミュレーションする
 

まずは「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」にある、「シミュレーション機能」に、「あなたの家族構成」や「年収」などを入力して、「ふるさと納税」を行った場合の、税金から「控除」ができる「限度額(上限額)」が求めましょう。

「シミュレーション(無料)

手順2
寄付したい自治体と返礼品を決める
 

次は「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」で、「会員登録(無料)」を行い、寄付をしたい「自治体」や、欲しい「返礼品」を探してください。

「寄付」を行う「自治体」や「返礼品」が決まったら、「自治体」に「寄付」を申し込みましょう。

「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」を利用すると、自治体に直接応募する時に、面倒に感じることが多い「自治体への問い合わせ」「申込書のやり取り」などの手間を、省略することが出来ます。

「ふるさと納税サイト」を利用すると、上記のような「手間」を省いて、「ネットショップ」で、お買い物をするような感覚で、各自治体に「ふるさと納税」の申し込みが可能です。

また、「クレジットカード払い」に対応している「自治体」であれば、「ふるさと納税」への申し込みと同時に、寄付が完了するため、とても便利に・簡単に、そして早く「ふるさと納税」を行うことが出来ます。

「会員登録(無料)」

手順3
お礼の返礼品を受け取る
 

「ふるさと納税」の「申し込み」を行うと、寄付をした「地方自治体」から、「寄付のお礼」として、「返礼品」が贈られてきます。

なお、寄付をした「自治体」や「返礼品」によっては、「返礼品」の発送に、時間がかかる場合もあります。

「ふるさと納税」で貰える「返礼品」には、営利目的の通販サイトとは異なり、発送が遅くなったりすることもありますので、そこは「返礼品」というものは、もともと「自治体の善意のお返し」だということを理解した上で、「返礼品」が自宅に届くのを、ゆっくり待ちましょう。

手順4
寄附金受領証明書を受け取る

「ふるさと納税」に申込むと、「返礼品」が送られてくる以外にも、「ふるさと納税」を行った証明として、「寄付金受領証明書」という「寄付金の領収書」が送られてきます。

この「寄付金受領証明書」は、「確定申告」を行い、税金を控除する(節税する)ために、必須の書類となりますので、「自治体」から送られてきて、手元に届いたら、「確定申告」の時期が来るまで、大切に保管しておいてください。

寄附金受領証明書は、自治体によって届くタイミングが異なる
  • お礼の「返礼品」とは別に、寄付後「1ヵ月~2ヵ月後」に送られてくる
  • お礼の「返礼品」と一緒に同封され、送られてくる
  • 確定申告が始める「2月中旬」までに「1年分の寄付の総額」が記載され、まとめて送られてくる
手順5
税金の控除を受ける
 

「ふるさと納税」では、「所得税」と「住民税」から、一定の控除を受けることが出来ます。

※控除には「年収」や「家族構成」などによって、限度額が決まっていますので、自分の限度額を知りたい人は、「ふるさとプレミアム」の「シミュレーション機能」を利用してください。

①確定申告制度を利用する人

「確定申告」を利用して「控除の申請」をしたい人は、「確定申告」の時期に、「手順4」で受け取った「寄付金受領証明書」を添えて、住んでいる地域の「税務署」へ行き、「確定申告」をしてください。

②ワンストップ特例を利用する人

「ワンストップ特例制度」を利用して「控除の申請」をしたい人は、「寄付を行った自治体」に、「ワンストップ特例の申請書」と「本人確認」のための「本人確認資料」を提出してください。

「ワンストップ特例」を申請する場合は、「寄付先が4か所」とかある人は、その「4か所」全てに「ワンストップ特例の申請書」を提出する必要がありますので、寄付先の「自治体の数」が多い人は、「確定申告」から「控除の申請」を行った方が、手続きが簡単な場合があります。

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】登録

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】口コミ・評判

北海道では知らない人がいない「北菓楼」のお菓子、「ふるさとプレミアム」に、その「北菓楼」の「北海道開拓おかき」という「返礼品」があったので、ついつい注文してしまいました。

「ふるさとプレミアム」は、商品券・食事券・宿泊券などの金券や、家電が充実している感じでした。

他の「ふるさと納税サイト」と比較すると「ふるさとプレミアム」は、まだまだ掲載している自治体数が少ないので、これからに期待

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】仕組み・ビジネスモデル

「ふるさと納税」を「地方自治体」に申込んだ後の「流れ」は、「ワンストップ特例制度」か「確定申告制度」を申請するかで、方法が異なっていきます。

「ワンストップ特例制度」については、後述する「専門用語の項目」で、説明していますので、そちらをご覧ください。

A.確定申告を使って「控除の申請をする方法」

確定申告を使って「控除の申請をする方法」

「確定申告制度」を利用する人
手続きは何回必要?・年1回
概要・条件

・1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させ、税金を申告する

・申告時期は、毎年2月16日~3月15日

こんな人が「おすすめ」

・面倒な手続きは、年1回で済ませたい人

・たくさんの自治体に寄付をする人

・複数回寄付をする人

①確定申告制度を利用する人(ワンストップ特例申請しない)

手順1
「寄付をする自治体」を選ぶ
 

「ふるさと納税サイト」または「地方自治体ホームページ」などから、寄付をする(支援する)「地方自治体」を選んでください。

「自治体」をチェック

手順2
「ふるさと納税」に申込む
 

「ふるさと納税」の「申し込み方法」で有名なモノでは「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」を利用する方法と、直接「地方自治体」に問い合わせて、申し込み方法の「2種類」があります。

「自治体」に「ふるさと納税」を行うと、「確定申告」に必要な「寄付を証明する書類(寄付金受領証明書)」が、寄付をした「自治体」から送られてきます。

この「寄付金受領証明書」は、「控除」を受けるために、「確定申告」の時に「添付」する必要がありますので、「確定申告の時期」まで、大切に保管しておいてください。

手順3
確定申告で受領証明書を提出する
 

「確定申告」の時期が来たら、住んでいる地域の「税務署」へ行き、「確定申告」をする必要があります。

保管しておいた「寄付金受領証明書」を利用して、「税務署」で、「寄付金控除」の「手続き」を行ってください。

「確定申告制度」を利用して、「寄付金控除」を行う場合は、「ふるさと納税」を行った年の「翌年3月15日まで」に、住んでいる住所を管轄する「税務署」へ行き、「確定申告」をするようにしてください。

また「確定申告」をする際は、忘れずに、保管しておいた「寄付金受領証明書」を添付して、「ふるさと納税」で「寄付」を行ったことを、証明してくださいね。

手順4
「所得税」が控除される
 

「寄付金受領証明書」を添付して、「確定申告」を行うと、その年の「所得税」から、寄付金として使った分(2000円を超える部分)が、「控除」されます。

また「源泉徴収」などで、既に納めている「税金」がある人は、「確定申告」をおこなったことで、払い過ぎていた「所得税」が、還付されます。

手順5
「所得税」が控除され翌年の住民税が減額される
 

「寄付金控除」の手続きを行い、「所得税」が控除されたことで、自動的に、「翌年の住民税」も減額されます。

次は、「ふるさと納税」の「ワンストップ特例制度」を利用して、「税金の控除」を受けたい人に、「ワンストップ特例」が受けられる「条件」と、「ワンストップ特例の申請手続きの方法」や「流れ」について、解説していきたいと思います。

B.ワンストップ特例を使って「控除の申請をする方法」

「ワンストップ特例制度」を利用する人
手続きは何回必要?・寄付の都度
概要・条件

・以下の2つの条件を全て満たす人

①ふるさと納税をする自治体が5つ以内である人

②ふるさと納税をしていないと仮定した場合、確定申告をする必要のない人(会社員など)

こんな人に「おすすめ」・寄付回数が少ない人

②ワンストップ特例を申請する人

手順1
「寄付する自治体」を選ぶ
 

「ふるさと納税サイト」や「地方自治体ホームページ」などから、寄付をする(支援する)「地方自治体」を選んでください。

「自治体」をチェック

手順2
「ふるさと納税」に申込み、期日までに申請を提出

ふるさとプレミアム ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション 寄付金控除 節税 税金 新規登録 申請方法

「ワンストップ特例制度」とは、毎年、「確定申告」をしなくても良い「会社員などの給与所得者」が、「確定申告」をせずに「控除の申請」ができる制度のことを言います。

「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」で申し込む際に、「ワンストップ特例」を利用したい人は、「返礼品」を「カート」に入れた後の「寄付者情報」の入力画面で、忘れずに「ワンストップ特例制度の申請」欄の「ドロップダウン」を「希望する」に変更しておいてください。

また、「返礼品」が届いた後に、「ワンストップ特例制度」を、自治体に申請するには、「ワンストップ特例制度の申請書」と「本人確認書類」を、寄付をした「自治体」全てに、提出する必要があります。

ワンストップ特例の申請に必要な書類

  1. ワンストップ特例制度の申請書
  2. マイナンバーカードのコピー

「ワンストップ特例申請書」と「本人確認書類(マイナンバーカードの写し)」を、「ふるさと納税」で「返礼品」を注文した、全ての「自治体」に、送ってください。

「ワンストップ特例申請書」の提出には、提出期日(ふるさと納税を行った翌年の1月10日必着)がありますので、必ず期日内に郵送するようにしてください。

これを忘れると、「寄付金の控除」が適用されませんので、注意してください。

手順3
翌年の住民税に控除額の全額が減額される

「ワンストップ特例申請書」と「本人確認書類(マイナンバーカードの写し)」を「自治体」に提出すると、次は「自治体」側で、「住民税」を減額する「手続き」をしてくれます。

「ワンストップ特例制度」を利用した「控除の手続き」を行った場合は、直接、翌年の「住民税」から減額されます。

※「確定申告」を利用した「控除の手続き」では、「所得税の控除⇒住民税の減額」と言う流れでしたが、「ワンストップ特例制度」では、その名の通り、いきなり「住民税が減額」されるのです。

※「6つ以上」の「地方自治体」に「ふるさと納税」を申し込んだ人は、「ワンストップ特例制度」は利用できませんので、①の確定申告を利用して、「寄付金控除の手続き」を行ってください。

ふるさと納税「ビジネスモデル」

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】始め方・登録方法★

次は、「ふるさと納税サイト」の「ふるさとプレミアム」を利用した、「ふるさと納税」の「申込方法」を、簡単に説明していきます。

手順1
会員登録をする
 

ふるさとプレミアム ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション 寄付金控除 節税 税金 新規登録

まずは「ふるさとプレミアム」の「公式サイト」から「会員登録(無料)」を行ってください。

「ふるさとプレミアム」は、「利用者」は、利用するための「手数料」なども、かかりません。

「ふるさとプレミアム」の「公式サイト」の右上にある「会員登録」ボタンをクリックすると、「無料会員登録」画面が開きますので、「無料会員登録」画面の指示に従って、必要事項を入力していってください。

「会員登録(無料)」

手順2
「無料会員登録」を完了させる
 

ふるなび ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション 寄付金控除 節税 税金 新規登録

「無料会員登録」画面が開いたら、必要項目に、個人情報を入力していってください。

入力が完了したら、画面下部にある「確認画面へ進む」ボタンをクリックすると、内容の確認画面が表示されますので、無料会員登録を終了させてください。

ふるさとプレミアム ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション 寄付金控除 お礼品 返礼品 メール認証

次に、登録した「メールアドレス」に「ふるさとプレミアム」から、「認証メール」が届きます。

「認証メール」を開いて、メール本文に記載のある「認証URL」をクリックすると、登録が完了します。

手順3
「マイページ」にログインし「返礼品」を注文する
 

ふるさとプレミアム ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション おすすめ人気ランキング

「会員登録」で登録した「メールアドレス」と「パスワード」を使って、「マイページ」に「ログイン」して下さい。

「マイページ」にログインしたら、「おすすめ人気ランキング」「地域」「返礼品」「おすすめ特集・キャンペーン」などのカテゴリーから、気になる「返礼品」を探してください。

「注文したい返礼品」や「寄付したい自治体」が見つかったら、「返礼品」の「サムネイル画像」をクリックすると、「返礼品」の「詳細ページ」が開きます。

手順4
「ふるさと納税」の支援先を探し選択する
 

ふるさとプレミアム ふるさと納税 登録方法 会員登録 ふるさと納税とは ワンストップ特例制度 確定申告 上限額 限度額 シミュレーション 寄付金控除 返礼品 お礼品 注文

「返礼品」の「詳細ページ」が開いたら、よく内容を確認してから、注文する場合は、「カートに追加する」ボタンをクリックしてください。

まだ、この段階では、注文は確定していませんので、追加で「返礼品」を購入したい人は、そのまま続けて、他の「返礼品」もカートに追加してください。

「返礼品」を確定させたい時は、画面右上にある「カート」ボタンをクリックしてください。

手順5
「支払い情報」を入力し、注文を確定させる
 

「注文」を「確定」させたら、「寄付者情報」「支払い情報」を入力して、「申し込み」を完了させてください。

「ワンストップ特例制度」を利用したい人は、「寄付者情報」の入力画面で、忘れずに「ワンストップ特例制度の申請」欄の「ドロップダウン」を「希望する」に変更しておいてください。

後は、画面の指示に従って、必要項目を入力していけば「ふるさと納税」の申し込みは完了です。

「返礼品」が自宅に届くのを、気長に待っていましょう。

ふるさとプレミアム 登録(無料)

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】手数料なぜ無料?

「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」では、利用者の「手数料」は「無料」にしてくれている所が、ほとんどです。

でも、これが本当なら、「ふるさと納税サイト」を運営している会社は、どこからの収入で、事業を経営しているのでしょうか?

気になったので、「ふるさと納税サイト」の「ビジネスモデル」を調べてみると、「返礼品」を「サイト」に掲載する「地方自治体」が、「ふるさと納税サイト」を運営する「事業者」に対して、「約10%くらいの手数料」を支払っているとのことが、分かりました。

また、それ以外にも、「ふるさと納税サイト」内で、目立つ場所に、自分の「自治体の情報」を掲載しようとすると、通常の「手数料」とは別の「広告枠」を、「地方自治体」が「広告費」として「購入する」こともあるようです。

このように「ふるさと納税サイト」を運営する「事業者」は、「返礼品」を掲載してくれる「地方自治体」から、「手数料」を取ることで事業を運営し、逆に、僕たち「利用者」の「手数料」は、「無料」としているのです。

ただし、その分、「地方自治体」も「支払った広告費(結局は僕たちの税金なのですが)」分を、「寄付金額額」に上乗せしているはずですので、僕たち「利用者」も、間接的には、「手数料」を支払っていることになっていると、言えるでしょう。

ワンポイント
  • 「ふるさと納税サイト」の「手数料」は「地方自治体」が支払っているため、「利用者」の「手数料」は「無料」になっていますが、最終的には「寄付金額」に「経費」として、上乗せされるため、「利用者」も「間接的に支払っている」ことになっています。

ふるさと納税とは?【ふるさとプレミアム】の専門用語

「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」を利用するにあたり、「ふるさと納税サイト」から「返礼品」を申し込む際に、よく目にする「専門用語」は、しっかりと意味を理解しておきましょう。

【ふるさとプレミアム】ふるさと納税とは?ふるさと納税の専門用語

「ふるさとプレミアム」を利用する上で、よく目にする「ふるさと納税の専門用語」について、以下で説明していきます。

ふるさと納税の「仕組み」とは?

ふるさと納税「5つのメリット」

  1. 自治体の「名産品」が貰える
  2. 寄附金の一部が税金から「控除」され、「節税」になる
  3. 好きな地域が応援できる
  4. 寄附金の用途を選べる「ふるさと納税」もある
  5. 複数の地域に寄付ができる

「ふるさと納税」の、主な「特徴」としては、上記の「5つ」が挙げられます。他にも、色々と良い点はあるのですが、大きくは、上の5つがメリットだと思います。

ふるさと納税の「控除上限額」とは?

「ふるさと納税」で「控除」ができる金額には、「上限」が定められており、この金額のことを「控除上限額」と言います。

「控除上限額」は、「利用者」の「年収」「家族構成」「その他の控除の状況」によって、「上限額」が変わってきますので、「ふるさと納税」を行う前に、自分の「控除上限額」を「シミュレーション」しておくと良いでしょう。

「控除上限額」の「シミュレーション」は、「ふるさと納税サイト(ふるさとプレミアム等)」にある「シミュレーション計算機能」を利用して「上限額」を計算してみると良いでしょう。

ふるさと納税「シミュレーション計算」必要な物

  1. 「源泉徴収票」または「確定申告書」
  2. 「特別徴収税額決定通知書」

「ふるさと納税」の「シミュレーション計算」をする場合は、「年収」などを入力する必要がありますので、「源泉徴収票」または「確定申告書」と、「特別徴収税額決定通知書」を用意して、「シミュレーション計算機」に、「必要事項」を入力してください。

ふるさとプレミアム【上限額シミュレーション】

ふるさと納税の「返礼品」とは?

「返礼品」とは、「ふるさと納税」で寄付をしてくれた「利用者」に対して、「自治体」がお礼の意味を込めて送ってくれる「名産品」のことを言います。

「返礼品」を「自治体」が送る「メリット」としては、「返礼品」目当てに、多くの人に「寄付」をしてもらいたいという目的があるのと、「返礼品」を送ることで、「自治体の産業をPRできる」こと、また「返礼品」の出荷数が増えれば、「返礼品」の「生産者」にも、お金がまわることなど、その地域にとっては、多くの「メリット」が発生するため、「自治体」も頑張って送ってくれています。

ワンポイント
  • 「ふるさと納税サイト」を利用して、「好きな地方自治体」に「寄付(納税)」をすることで、「返礼品」が貰えて「税金」も安くなるのが「ふるさと納税」の「メリット」です。

「返礼品リスト」を見る

ふるさと納税の「限度額」とは?

「限度額」とは、先ほどの「控除上限額」と、同じことを言っています。

ふるさと納税の「確定申告」とは?

「確定申告」とは「毎年1月1日~12月31日までの1年間に生じた、全ての所得の金額」と、「それに対する所得税および復興特別所得税の額」を計算し、「申告期限」までに「確定申告書」を、「所轄の税務署」に提出して、「源泉徴収」された税金などとの「過不足」を「清算する手続き」です。

自ら商売を営んでいる「個人事業主(フリーランス)」や「法人」などは、「確定申告」をする必要があります。

しかし、「給与所得者」である「会社員」の場合は、会社が「源泉徴収」および「年末調整」で、「確定申告の代わりをしてくれている」ので、基本的に、「確定申告」をする必要はありません。

ただし、「会社員」でも、「複数の収入源がある」場合や、「住宅ローン控除(初年度)」を受けたい場合は、「確定申告」をする必要があります。

そして、「ふるさと納税」の「寄付金控除」については、これまでは、全ての人が「確定申告」をするように、義務付けられていましたが、2015年4月から新設された「ワンストップ特例制度」を利用すると、全ての条件を満たせば、「会社員」でも「確定申告」を行わずに、簡単な「申請書」を、寄付した「自治体」全てに提出するだけで、「確定申告」をしなくても、「控除」が受けられるようになりました。

ふるさと納税の「還元率」とは?

「還元率」の計算方法

「還元率(%)」=「返礼品の市場価格」÷「寄付金額(ふるさと納税サイトの価格)」×100

「還元率」とは「寄付金額」に対して、「返礼品」の価値がどれくらいあるかを表す「割合」のことです。

例えば、ある「ふるさと納税サイト」で、「寄付金額」が「10万円」と設定されている「返礼品」が、一般の市場で「2万円」の価格がついていた場合、「2万円÷10万円×100=20%」となるため、「還元率」は「20%」と計算されます。

ただし、2018年に「総務省」が「返礼品は寄付額の3割以下の地場産品にせよ」とのお達しがあり、この「基準を守っている自治体のみ」が、「ふるさと納税」の「対象地域」とすることになりました。(それ以前に過剰な還元率を保持していた大阪府の「泉佐野市」など一部の自治体が除外されてしまいました)

この「返礼品」の「還元率」の「計算式」を覚えておくと、何かと便利ですので、なるべく「高還元率」の「返礼品」を探して、「自己負担」する「2000円」を切る「返礼品」には、なるべく「寄付」をしないように、注意してください。

ワンポイント
  • 「ふるさと納税」では、なるべく「高還元率」の「返礼品」を狙おう!

「還元率」を調査する

ふるさと納税の「寄付金控除」とは?

「寄付金控除」とは、「国」「地方公共団体」「特定公益増進法人」などに対して、「特定寄付金」を支出した場合には、「所得控除」を受けることができる制度のことです。

この「所得控除」が受けられることで、その年の「所得税」や、翌年の「住民税」を減額することが出来るのです。

ふるさと納税の「控除額」とは?

「控除額」とは、上記の「寄付金控除」や、その他の「所得控除」によって、「控除される金額(所得税から差し引かれる金額)」のことです。

ふるさと納税の「ワンストップ特例制度」とは?

「ふるさと納税」の「ワンストップ特例制度」とは、以下の条件を満たすことで、「ふるさと納税」の「確定申告」が、不要になる制度です。

ワンストップ特例制度が利用できる条件

  1. ふるさと納税以外の「確定申告が不要」な「給与所得者(会社員など)」である
  2. その年(1月~12月)の「ふるさと納税の寄付先」が「5つ以内の人(5自治体以内)」

※上記の②に関しては、「5自治体以内であれば、その5つの自治体の中で、何度でも寄付を行うことも可能」です。

「ワンストップ特例制度」が導入されたことにより、主に「サラリーマン」や「OL」などの「給与所得者」は、「確定申告」をすることなく、「ふるさと納税」を利用することが出来るようになりました。

ただし、「自営業」や「高所得者」など、もともと「確定申告」を行う必要がある人は、全ての寄付の「寄付金受領証明書」を添えて、「税務署」に「確定申告」を行ってください。

「確定申告」に必要となる「寄付金受領証明書」は、「寄付」を行った「自治体」から、郵送されるので、手元に届いたら大切に保管してください。

ワンストップ特例制度の「メリット」

  • 「サラリーマン」などの「会社員」でも、「確定申告」をする手間を省略して、「個人住民税」の「税額控除(寄付金控除)」が受けられる

以前は、「サラリーマン(会社員)」の人でも、「ふるさと納税」の「寄付金控除」を受けるためには、「会社員」が毎年行っている「年末調整」とは別に、「確定申告」を行わなければなりませんでした。

しかし、2015年4月の制度改正によって、それ以降に行う「ふるさと納税」に関しては、もともと「確定申告をする必要のない立場の人(会社員などの給与所得者等)」で「ふるさと納税の納付先が5か所までの人」に限り、「ワンストップ特例制度」の申請をすることで、確定申告をしなくてもよくなりました。

「ワンストップ特例制度の対象となる人」の「寄付金控除」の情報は、「寄付をした自治体」から「対象となる人の住所がある自治体」へ、送付されることになります。

ワンストップ特例制度【申請の必要書類】

  1. ワンストップ特例申請書
  2. マイナンバー提供に必要な本人確認書類

必要書類①:ワンストップ特例の申請書

「ワンストップ特例の申請書」は、多くの場合は、寄付先の「地方自治体」から「寄付金受領証明書」と共に、送られてきます。

もし、郵送されてこなかったり、紛失してしまった人は、「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」でも、ダウンロードすることが出来ますので、ダウンロードしてください。

「ワンストップ特例申請書」ダウンロード

必要書類②:各種書類

以下の「A」「B」「C」いずれかの組み合わせでの提出が必要となります。

AパターンBパターンCパターン

・マイナンバーカード(表面)のコピー

・マイナンバーカード(裏面)のコピー

次のうち、いずれか1点のコピー

・マイナンバー通知カード

・マイナンバーの記載されている住民票

次のうち、いずれか1点のコピー

・運転免許証

・パスポート

次のうち、いずれか1点のコピー

・マイナンバー通知カード

・マイナンバーの記載されている住民票

次のうち、いずれか2点のコピー

・健康保険証

・年金手帳

・提出先自治体が認める公的書類

上記の書類が全て揃ったら「記入を終えたワンストップ特例申請書」と「各種書類」を、「寄付を行った自治体宛て」に、郵送してください。

提出に不備があると、「寄付金控除」が受けられませんので、注意してください。

また「ワンストップ特例制度」では、寄付の回数分の申請書の提出が必要になってきます。

寄付先の自治体が5つ以内であっても、寄付回数が多い場合などは、「確定申告」で手続きをした方が、楽な場合もあります。

※ワンストップ特例申請の受付期間には注意してください

寄付の翌年1月10日迄(必着)で寄付先の自治体に書類を提出してください。

「ワンストップ特例制度」とは

ふるさとプレミアム「ふるさと納税」まとめ

今回は、「ふるさとプレミアム」の「ふるさと納税」について、解説をしてきました。

「ふるさと納税」とは、「自分の選んだ自治体に寄付を行う」と、「寄付した金額の中の2,000円を超える部分」は、「確定申告」をすることで、「所得税」の「減額」または「還付」と、「住民税からの控除」を、受けられるという制度です。

また、その「自治体」の特産品を、寄付の「返礼品」として貰えることも、「支援者」にとっては、大きな「メリット」になっています。

このように、「ふるさとプレミアム」などの「ふるさと納税サイト」を利用することで、「地方自治体」独自では、集客が難しい「ふるさと納税」を、広く知ってもらうチャンスが生まれたりしますので、是非、この機会に「ふるさと納税サイト」の「ふるさとプレミアム」を利用したい人は、無料の「会員登録」から、行ってみてください。

ふるさとプレミアム【公式】

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】会員登録(無料)する★

「ふるさとプレミアム」で「ふるさと納税」を行いたい人は、まずは「無料」の「会員登録」を行ってください。

「ふるさとプレミアム」で「会員登録」を行うと、「支援したい地方自治体」や「お好みの返礼品」に、「ふるさと納税」を通じて、支援することが出来ますので、試してみてくださいね。

ふるさとプレミアム【ふるさと納税】会員登録
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」や、利用中の「手数料」は「無料(タダ)」です。お得な「返礼品」と「節税」の機会を手に入れましょう。

クラウドファンディング・サービス「一覧リスト」★

サービス名カテゴリー投資の見返り
CREAL(クリアル)不動産投資型配当金
FANTAS funding(ファンタスファンディング)不動産投資型配当金
Jointoα(ジョイントアルファ)不動産投資型配当金
Owners Book(オーナーズブック)不動産投資型配当金
LENDEX(レンデックス)不動産投資型配当金
Pocket Funding(ポケットファンディング)不動産投資型配当金
FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型未公開株の売却益
Unicorn(ユニコーン)株式投資型未公開株の売却益
SBIソーシャルレンディング融資型(ソーシャルレンディング)配当金
maneo(マネオ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CROWD CREDIT(クラウドクレジット)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Crowd Bank(クラウドバンク)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
SAMURAI証券(サムライ証券)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
COOL(クール)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
ネクストシフトファンド融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Funds(ファンズ)ファンド貸付型配当金
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)購入型モノ・サービス
ふるまるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるなびふるさと納税型寄付控除・返礼品
さとふるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとチョイスふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとプレミアムふるさと納税型寄付控除・返礼品

以上が、有名な「クラウドファンディング・サービス」の「分類別」の「一覧リスト」になります。

是非、参考にしてみてください。

評判 口コミ アースカー 登録方法 オープンカー 高級外車 カーシェアリング 予約方法 FC契約 始め方 アプリ 使い方 副業 利用方法 オーナー 登録 駐車場 シェアサービス 特P 特ピーアースカー評判・口コミ|カーシェアリング登録方法・高級外車予約・オープンカー・FC始め方・使い方・オーナー登録・副業利用方法

「OYO LIFE」口コミ・評判|オヨライフ賃貸不動産物件