これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Funds(ファンズ)登録方法・口座開設|貸付投資ファンドとソーシャルレンディングの違い・確定申告

Funds ファンズ 投資 ソーシャルレンディング 口座開設 登録方法

Funds(ファンズ)口座開設
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」「口座開設」は「無料(タダ)」です。資産運用を始めたい人は、登録してみてください。

Funds(ファンズ)貸付ファンド投資|ソーシャルレンディング口座開設・登録方法

funds ファンズ アフィリエイト asp ソーシャルレンディング 融資クラウドファンディング

「Funds(ファンズ)」は「株式会社クラウドポート」が提供する「融資型」の「ソーシャルレンディング・サービス」です。

この「融資型」の「ソーシャルレンディング・サービス」のことを、「Funds(ファンズ)」では「貸付ファンド・サービス」と呼んでいます。

「融資型」は「貸付ファンド型」とも呼ばれており、意味は、ほとんど同じです。

「Funds(ファンズ)」のことを、さらに簡単に説明すると「貸付投資」を通じて、「事業資金を借りたい企業」と「お金を貸して利息収入を得たい個人」を繋ぐ、「新しい金融サービス」だと言えるでしょう。

また、「ソーシャルレンディング」と「貸付ファンド」は、同じような「ニュアンス」なのですが、若干「役割」が異なりますので、後ほど「違い」を説明します。

Funds(ファンズ)とは

「Funds(ファンズ)」を利用して、「貸付ファンド(金融商品)」に投資を行うと、僕たちのような「お金を貸して利息を得たい個人投資家」が、「資金を借りたい企業」に、インターネット経由で「お金を貸す」ことができ、その見返りとして「利息収入」を得ることが出来るのです。

Funds(ファンズ)「貸付ファンドのメリット」

  1. 「利回り」と「運用期間」が予定されているので、投資成果が計算しやすい
  2. 「相場による値動きがない」ため、1度投資をしたら運用期間終了まで放置できる
  3. 「銀行預金」「国債」よりも「利回り」が高い
  4. 「Funds」は「ファンド組成企業(大企業・ベンチャー企業)」から「手数料」を取っているため、利用者である「投資家」の払う手数料は「0円」
  5. 「1円単位」から「少額投資」ができるので、「投資初心者」や「会社員」の副業としても利用できる

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 メリット

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 手数料

※「手数料」の補足としては、利用している金融機関から「Fundsの口座」に入金する時だけ、銀行所定の振込手数料がかかりますが、それ以外は、「投資家」から「手数料」は取っていません。

投資用語解説

「ファンド」とは

「ファンド」とは、「金融商品」のことです。

「投資家から集めた資金」を「専門家(プロ)」が運用し、運用成果が出れば、投資家の「個々の投資額」に応じて、それぞれ個人に「利益収入」が分配される仕組みの、「金融商品」です。

「貸付」とは

「貸付(かしつけ)」とは、「条件」を付けて、「金銭」「土地」「建物」などの「物品」や「権利」を貸すことです。

この「条件」の中には、「金額を指定する」「金利を指定する」「期間を指定する」「担保を取る」などがあります。

「銀行融資」などのように「融資」という言葉にも、「貸付」同様、「お金を貸す」という意味があるのですが、「貸付」と「融資」の「言葉の違い」は、一体何なのでしょうか?

「融資」という言葉は「銀行融資」という言葉からもイメージできるように、「金銭を貸す」というように、どちらかと言うと「お金」に限定されて使われる言葉であります。

対して「貸付」の場合は、「金銭」以外にも使う言葉で、「土地」や「建物」などの「物品」や「その権利」を貸す時にも、使われる言葉なのです。

つまり、「融資」は「お金(資金)」を「貸す場合に限定されている言葉」なのに対して、「貸付」は「お金以外」にも使うことができる言葉で、「融資」よりも「貸付」の方が、「より広範囲に渡って利用可能な言葉」として、何らかの条件を付けて貸す際に、使われます。

「貸付投資」とは

「貸付投資」とは、「貸付で利益を得る投資手法」のことです。

「事業資金」を借りたい「企業」に、貸付を行うことで、利益収入や分配金などを得る「投資方法」です。

「貸付ファンド」とは

「貸付ファンド」とは、「貸付で利益が得られる金融商品」のことです。

「事業資金」を借りたい「企業」に、投資家から集めた資金を貸し付け、利益収入を得ることを目的にした「金融商品」です。

Funds(ファンズ)【公式】

「Funds」を利用した「貸付ファンド」の流れ

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 仕組み

「Funds(ファンズ)」の「公式サイト」では「貸付ファンド(金融商品)」を作る会社のことを、総じて「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」という言葉で、呼んでいます。

また、「Funds(ファンズ)」と「ファンド組成会社(ファンド組成企業)」は「別の会社」です。

「ファンド組成会社(ファンド組成企業)」は、「Fundsのプラットフォーム上(サービス上)」に掲載する「貸付ファンド(金融商品)」を、組成する(組み立てて作る)会社で、「上場企業やベンチャー企業」が務めます。

この「ファンド組成会社(ファンド組成企業)」が作った「貸付ファンド(金融商品)」を、「Funds(ファンズ)のプラットフォーム上(技術基盤の上)」に「掲載」して、「投資家」を集めるわけです。

「Funds(ファンズ)」という「プラットフォーム上(技術基盤の上)」に「掲載」された「貸付ファンド(金融商品)」を見た「個人投資家」が、投資したい「貸付ファンド(金融商品)」に、資金を提供し、投資をしてくれます。

こうして「集まった資金」を、「プラットフォーマー」である「Funds(ファンズ)」が、「ファンド組成会社(ファンド組成企業)」に「委託」して、「ファンド組成会社(ファンド組成企業)」が「資金を必要とする企業(借り手)」に「貸し付けて」、得た「返済額」+「利息」から、「手数料」を引いた「最終的な利益」を、最後に「個人投資家」へ、「個々の投資額」に応じ分配して、サービス終了です。

この「仕組み」自体は、「個人向け社債」と「同じ」ですよね。

「Funds(ファンズ)」の主要な「プレイヤー」

  1. 「投資家」「Fundsを利用してファンド組成企業の作った貸付ファンド(金融商品)に投資をする」
  2. 「Funds(ファンズ)」「プラットフォーマー(基盤を提供する事業者)。多数の投資家から資金を集める」
  3. 「ファンド組成会社(ファンド組成企業)」「貸付ファンド(金融商品)を組成する(作る)。審査を通過した大企業やベンチャー企業が担当」
  4. 「借り手企業」「ファンド組成企業から資金を借りる企業。返済の際に「利息」を払ってくれる」
ワンポイント
  • 「Funds(ファンズ)」の取り扱う「貸付ファンド」は、「個人向け社債」と同じ性質を備えつつ、インターネットの良さを最大限に活用した「スピード感」が「ウリ」の「モダンな個人向け社債」と言えます。

Funds(ファンズ)の始め方

Funds(ファンズ)始め方・使い方・口座開設方法

「Funds(ファンズ)」の「貸付ファンド(金融商品)」に、投資したい人のための「Funds(ファンズ)」の「始め方」「口座開設方法」「使い方」について、解説していきます。

Funds(ファンズ)始め方・使い方

「Funds(ファンズ)」の「貸付ファンド(金融商品)」に投資をして、資産運用を始めるためには、まず「Funds(ファンズ)」の「口座開設(無料)」を行っていきましょう。

Funds(ファンズ)口座開設・新規登録方法

「Funds(ファンズ)」の「口座開設」「新規登録方法」を説明していきます。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類

口座開設の方法と流れ

ステップ1
口座開設の申し込み
 

「Funds(ファンズ)」の「口座開設」をするにあたり、まずは「名前」「住所」「出金時の振込先」情報を、登録していきます。

「口座開設」は、申し込みの最中でも、入力内容を途中で保存し、いつでも好きな時に、途中から続きを入力することが出来ます。

「ユーザー登録」

ステップ2
マイナンバーをアップロードする
 

画面の指示に従って「マイナンバー」をアップロードしていきます。

手元に「マイナンバー」の「確認書類」がない場合は、一旦、「マイナンバーの提出をスキップして、先に進む」ことも出来ますが、「口座開設」を完了させるためには、必ず「マイナンバー」の提出が必要ですので、「マイナンバー」が「確認できる書類」を用意して、口座開設を完了させる前に、アップロードするようにしてください。

マイナンバーを提出する理由
  • 「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」は、法令により、税務署に対して「マイナンバー」が記載された「支払調書」を提出することが義務付けられているため、「Funds(ファンズ)」を運営する「株式会社クラウドポート」は、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」から「マイナンバー」の「取得・管理」の「委託」を受けているため、口座開設を申し込む人は、「マイナンバー」の提出が義務付けられています。
ステップ3
ウェルカムレターを受け取る
 

「マイナンバー」をアップロードし、口座開設を申請してください。

「Funds(ファンズ)」を運営する「株式会社クラウドポート」で、「口座開設」の内容が確認でき次第、登録した住所の確認のため、「簡易書留」で「ウェルカムレター」が送られてきます。(5営業日以内)

ステップ4
口座開設が完了
 

ウェルカムレターを受け取ると「口座開設」は完了です。

早速、募集中の「貸付ファンド」を確認してみましょう。

口座開設をする(無料)

口座開設に必要な書類

「本人確認」と「マイナンバーの確認」のため、「Funds(ファンズ)」での「口座開設時」には、以下の「書類」の「写真アップロード」が必要です。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 提出書類 必要書類

1種類アップロードすれば済むもの

  1. マイナンバーカード(顔写真付きのもの)

2種類アップロードが必要なもの

  1. マイナンバー通知カード(顔写真が付いていないもの)
  2. 運転免許証、パスポート、在留カード、健康保険証、印鑑登録証明書から1つ

※「法人口座開設」の場合は、上記の資料に追加して「履歴事項全部証明書(登記簿謄本)」が必要です。

Funds(ファンズ)投資方法・投資の流れ

「Funds(ファンズ)」の「口座開設」が完了したら、早速、「貸付ファンド(金融商品)」への投資を始めましょう。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用

「貸付ファンド」への投資の「流れ」

ステップ1
好きなファンドに投資する
 

「Funds(ファンズ)」の「口座開設」が完了したら、「ファンド一覧ページ」から、好きなファンドを探して、「投資申込み」をしてみましょう。

入金は「投資申込前」でも「投資申込後」でも「OK」です。

「デポジット口座」に残高がある場合、「投資申込ボタン」をクリックした時点で、その残高分の投資申込が「確定」します。

もし、「デポジット残高」が足りない場合は、「投資申込受付ページ」に表示された「入金期日」までに、必ず「デポジット口座」に、入金をしてください。

注意
  • 振込をした資金は、「平日10:00、12:00、15:00」のタイミングで、着金を確認できたものを、1時間以内に「マイページ」に反映してくれます。15:00までに着金しない場合、振り込みの反映が、翌営業日となってしまいますので、「入金期限」には、注意してください。
ステップ2
出資した資金の運用開始

「ファンドの募集終了日」を迎えて、「最低成立金額」を超えてお金が集まった場合、「ファンド」は、無事、成立となります。

数週間のうちに、集まった資金から投資が実行されます。

ステップ3
分配を受け取る
 

「ファンド」の運用が開始されるタイミングで、「マイページ⇒ファンド一覧⇒各ファンド詳細ページ」で、そのファンドの「分配予定表」が更新されます。

この「分配予定表」をもとに、「分配日」には、「あなた専用のデポジット口座」に、「分配金」が振り込まれます。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 分配金

まずは「ユーザー登録(無料)」

「ファンド」への投資申込方式は「先着」と「抽選」の2種類

「Funds(ファンズ)」で取り扱う「ファンド」に「投資申込」をする方法は「2種類」あります。

「ファンド」への「投資申込方式」

  1. 「先着方式」:先着順で応募する方式
  2. 「抽選方式」:応募者の中からランダムで応募できる権利を割り当てる方式

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 分配金 抽選 先着

「Funds(ファンズ)」に掲載されている、全ての「貸付ファンド」で「先着方式」と「抽選方式」の両方での募集を実施する訳ではなく、一部の「ファンド」では、「先着方式でのみ」ファンドを募集します。

「先着方式」の特徴

  1. 「投資申込額」の制限はありません
  2. 「1人」につき何度でも申し込みできます
  3. 「ファンド」が「抽選方式」と「先着方式」の併用での募集を行う場合、「抽選方式」に参加した人は、「当落」に関係なく「先着方式」でも申し込むことが可能です
  4. 「1円単位」での投資申込が可能です

「抽選方式」の特徴

  1. 「1人1ファンド」につき「最大100万円」までの申し込みが可能です
  2. 申込めるのは「1ファンドにつき1度まで」です。申し込み後は「申し込み金額」を変更することは出来ません
  3. 「1円単位」での投資申込が可能です

「ファンド(金融商品)」を見る

Funds(ファンズ)入金・出金方法

「Funds(ファンズ)」の「入金方法」「出金方法」について、説明していきます。

入金方法

ステップ1
「マイページ」内の「デポジットページ」にアクセス

「マイページ」内にある「デポジットページ」に、アクセスしてください。

ステップ2
「振込先を確認する」ボタンをクリック
 

「現在のデポジット口座状況」の「入金欄」にある「振込先を確認する」ボタンをクリックしてください。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 入金 振り込み方法

ステップ3
振込先を表示し、表示された口座へ振り込む
 

「振込先を確認する」ボタンをクリックすると、あなた専用の「振込先」が表示されます。

表示された「口座」へ「振込」をしてください。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 入金

「マイページ」に反映されるタイミング

振り込みした資金は「平日10:00、12:00、15:00」のタイミングで、着金が確認できたものについて、1時間以内に「マイページ上に反映」されます。

例:平日15:00を過ぎた場合や、土日祝日の振込は「翌営業日10:00の反映」となります

※「Funds(ファンズ)」では、「お客様都合による投資のキャンセル」は出来ません。入金が確認されず「投資申込」が無効となった場合、今後のサービス利用が制限されることもありますので、「投資申込」をした「貸付ファンド(金融商品)」には、必ず入金をして、お金を振り込むようにしてください。

出金方法

ステップ1
「マイページ」内の「デポジットページ」にアクセス

「マイページ」内にある「デポジットページ」に、アクセスしてください。

ステップ2
「出金申請」ボタンをクリック
 

「現在のデポジット口座状況」の「出金欄」にある「出金申請」ボタンをクリックして、出金申込みをしてください

出金申請した金額が口座に振り込まれるタイミング

出金申請をした金額が、あなたの口座に振り込まれるタイミングは、「出金申請を受けた翌営業日」に「振込手続き」が行われます。

Funds(ファンズ)の手数料

「Funds(ファンズ)」を利用する上での「手数料」は、以下の通りとなります。

「Funds(ファンズ)」の「手数料」

項目金額
会員登録に関する費用無料(0円)
口座開設に関する費用無料(0円)
口座管理に関する費用無料(0円)
指定口座への出金手数料無料(0円)
金融機関からデポジット口座へ振込手数料金融機関が指定する振込手数料

「Funds(ファンズ)」では、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」を募集する際に、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」から「業務委託料」を受け取って運営しているため、利用者である僕たち「個人投資家」からは、「手数料」を取らない形で、サービスを提供してくれています。

「利回り」や「手数料」をチェックする

注意
紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

Funds(ファンズ)利用する上での投資リスク

「Funds(ファンズ)」の「貸付ファンド」への投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資手法となります。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 金融商品

「元本割れ」の可能性がある一方、「Funds(ファンズ)」が取り扱う「貸付ファンド(金融商品)」の「予定利回り」は「1.5%~6%(年率・税引前)」と「銀行預金」や「国債」よりも、高い水準となっています。

「預金」や「国債」といった「ローリスク・ローリターン」の金融商品や、「株」や「FX」といった「ハイリスク・ハイリターン」の金融商品の間をとった「ミドルリスク・ミドルリターン」の金融商品が、「Funds(ファンズ)」が取り扱う「貸付ファンド(金融商品)」だと言えるでしょう。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 実質利回り

各金融商品のリスク・リターン比較表

金融商品のリスク・リターンの比較
リターン
リスク
金融商品

「銀行預金」

「国債」

「貸し付けファンド」

「ソーシャルレンディング」

「株」

「FX」

注意

「Funds(ファンズ)」で投資をする場合は、必ず「各ファンド」の「重要事項説明書」「匿名組合契約約款」を、確認するようにしてください。

①「Funds(ファンズ)」が取り扱う「ファンド」共通のリスク

「Funds(ファンズ)」が取り扱う「ファンド(金融商品)」に共通のリスクについて、説明していきます。

Ⅰ.金融市場との連動リスク

「Funds(ファンズ)」で取り扱う「ファンド(金融商品)」の「持分の売却」は制限されており(途中で売却ができない)、「Funds(ファンズ)」および、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」の「承諾」が必要となります。

また、「ファンド(金融商品)」の「投資対象債権」は、金融商品市場で取引されるものではないため「市場価格はない」ものの、第三者への売却価格を決定する際は、「市場動向」の影響を受けることもあります。

さらに「市場での流通を前提としない」ため、「評価額」や「売却額」が、低く評価される可能性もあるなどの理由で、「投資家」に「損失が発生する場合」があります。

「債券」とは

「債券」とは、国や地方公共団体、企業などが、、一般の投資家から借入を行う目的で発行され、満期まで持っておけば、お金が戻ってくるほか、利子も得られる「有価証券」の1種です。

一般的に、「株式」や「投資信託」などに比べて、安全が高い投資商品であると、言われています。

Ⅱ.債務者の信用リスク

「ファンド(金融商品)」の「投資対象債権」の「債務者」の信用状況の悪化により、「予定された利払いがないリスク」、または「元本が返済されないリスク」があり、「投資家」に「損失が発生する場合」があります。

つまり、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」が、お金を貸している先が、返済不可能な事態になった場合は、「投資家である僕たち」への「予定されていた利息の支払いがストップ」してしまったり、「元本が返済されない」などの損失を被る可能性があります。

「債務者」とは

「債務」とは、ある人(債権者=お金などを貸している人)に対して、何らかの行為を行わなければならない義務のことです。

つまり、「債務者」とは、特定人(債権者のこと)に対して、一定の給付をなすべき義務を負う者、もっと簡単に言うと、「借金を返さなければいけない義務のある人」と言い換えることができます。

Ⅲ.ファンド組成企業の信用リスク

「Funds(ファンズ)」を使って「投資(出資)」をすると、出資した「金銭(お金)」は、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」に「帰属(特定の団体に所属し従うこと)」し、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」は、この「出資」を用いて「出資対象事業(出資をして利息を得る事業)」を行います。

したがって、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」自体の「信用力が悪化(経済状態が悪くなる)」した場合、その業務運営が不能、または停滞することにより、「投資家」に「損失が発生する場合」があります。

万が一、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」が「デフォルト(倒産)」してしまった場合(破産等の倒産手続開始の申し立てが行われた場合)は、「投資家」が出資した「元本」に影響が及ぶ可能性があります。

「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」の財産のうち、清算の対象となるのは、投資家から受け入れた「出資金」で行った営業により取得した「財産(清算対象財産)」のみです。

この「清算対象財産」を換金(お金に替えて)して、投資家の出資比率に応じて、個々の投資家に分配されます。

ただし、「清算対象財産」の限りで、分配が行われるため、「投資家」が出資した「元本」は、「保証されません」。

「清算」とは

「清算」とは、「資産を売却」し、得られた資金で、債権者に支払えるだけの「弁済」をし、会社を解散させることです。

つまり「清算対象財産」とは、「清算の対象になっている財産」のことを言います。

「Funds(ファンズ)」では、出資した「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」が「デフォルト(倒産)」してしまった場合は、「出資金」を使って事業を行い、得た「利益」だけが、「清算対象財産」となります。

その他の財産は、「清算対象財産」には含まれませんので、出資金を利用して得た利益の額が少なかった場合、元本が保証されず、投資家が損失を被る可能性があります。

Ⅳ.「Funds(ファンズ)」の信用リスク

先ほどは、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」の信用リスクを確認しましたが、「Funds(ファンズ)」自体の信用リスクはどうなるのでしょうか?

万が一、「Funds(ファンズ)」が破産した場合を、見ていきたいと思います。

「Funds(ファンズ)」は、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」の「委託」を受けて「匿名組合」の募集を行う立場です。

つまり、「投資家」と「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」との「橋渡し的な役割」なわけです。

「投資家」から振り込みされた資金で「ファンド(金融商品)」が成立し、満期を迎え、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」から「資金を受け取り」、投資家が「出金」または「再投資」するまでの間、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」から受け取った資金を、「Funds(ファンズ)」は「分別管理口座」で、資金を一時的に預かってくれます。

この間、これら「分別管理口座の預り金」は、「Funds(ファンズ)」の「信用リスク」の影響下になります。

なお、「事業型ファンド」においては、投資家の振込みを受けてから、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」に「資金を送金」するまでの間、法令の定める頻度に従い、この一時預かりの資金を、「信託設定」して、倒産から隔離してくれます。

「分別管理」とは

「分別管理」とは、「投資家」から預かった資産と、「Funds(ファンズ)」の自社の資産を分けて管理することです。

分別管理が行われることで、「Funds(ファンズ)」が破綻した場合でも、分別管理口座にあるお金は、投資家に返還される対象の資金となります。

「信託設定」とは、信託設定がされた財産は、「信託銀行等の受託者」のものとなり、設定した目的に従って、投資家のために管理・運用されることを言います。

②「ファンド」テーマ別のリスク

「Funds(ファンズ)」では、「複数の仕組み(スキーム)」の「ファンド(金融商品)」を取り扱っています。

それぞれの「ファンド(金融商品)」に投資する際の注意点を説明します。

A.ローン型ファンド

投資家が振り込んだ「資金」を元手に、「ファンド組成企業(ファンドを組成する企業)」が「借り手」に対して「融資」を行う「ファンド(金融商品)」です。

一般的な「ソーシャルレンディング」の「ファンド(金融商品)」と、同じ仕組みです。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 ファンド組成企業 匿名組合契約 金銭消費貸借契約 ローン型

ローン型ファンドの「返済原資」

「ローン型ファンド」の「返済原資」は、「借り手が行う事業」から得た「収益」が、「基本原資」となります。

この「収益」から、投資家の出資比率に応じて、「分配金」が「分配」されます。

「借り手」が行う事業の種類は、様々ですが、代表的な例としては「ノンバンク(例:アイフルなど)」が行う「融資事業」などが挙げられます。

万が一、「借り手」が行う「事業」で、「想定したリターン(収益)」が得られない場合でも、「借り手」は「ファンド組成企業(ファンドを組成する企業=例:アイフルなど)」に対して「元利金」の返済が求められます。

(借入金を用いて行う事業の「成否」に関わらず、「借り手」の「全財産」が「借入金の返済原資」となるため、「借り手」の返済が滞った場合は、「借り手」は持っている財産を売却してでも、「借入金」を返済しなくてはなりません。これを「リコースローン」と呼びます。)

ローン型ファンドで「元本が欠損する場合」
Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 分配金 元本欠損「ファンド組成企業」が「デフォルト(倒産)」した場合、元本は欠損します。
Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 分配金 元本の欠損「借り手」が「デフォルト(倒産)」した場合、元本は欠損します。※ただし、担保・保証等が付与されている場合、元本が欠損しない可能性もあります。
Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 提出書類 必要書類 資産運用 分配金 元本が欠損「資金需要者(借り手からお金を借りる個人など)」が「デフォルト(倒産)」した場合でも、「借り手」が「ファンド組成企業」に「借入金」の返済を行うことができれば、元本は欠損しません。

B.不動産型ファンド

投資家が振り込んだ「資金」を元手に、「ファンド組成企業(ファンドを組成する企業)」が「借り手」に対して「融資」を行う「ファンド(金融商品)」です。

ここまでは「ローン型ファンド」と同じなのですが、ここから「借り手」は、その「資金」を元に「不動産事業」を行う点が、「ローン型ファンド」とは、異なります。

不動産型ファンドの「返済原資」

「不動産型ファンド」の「返済原資」は、「借り手が行う不動産事業」から得た「収益」が、「基本原資」となります。

この「収益」から、投資家の出資比率に応じて、「分配金」が「分配」されます。

万が一、「借り手」が行う「不動産事業」で、「想定したリターン(収益)」が得られない場合でも、「借り手」は「ファンド組成企業(ファンドを組成する企業)」に対して「元利金」の返済が求められます。

(借入金を用いて行う事業の「成否」に関わらず、「借り手」の「全財産」が「借入金の返済原資」となるため、「借り手」の返済が滞った場合は、「借り手」は持っている財産を売却してでも、「借入金」を返済しなくてはなりません。これを「リコースローン」と呼びます。)

不動産型ファンドで「元本が欠損する場合」
Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 ファンド組成企業 不動産型ファンド 借り手 不動産事業 元本損失「ファンド組成企業」が「デフォルト(倒産)」した場合、元本は欠損します。
Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 登録 ファンド組成企業 不動産型ファンド 借り手 不動産事業 元本の損失「借り手」が「デフォルト(倒産)」した場合、元本は欠損します。※ただし、担保・保証等が付与されている場合、元本が欠損しない可能性もあります。
Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 登録 ファンド組成企業 不動産型ファンド 借り手 不動産事業 元本が損失「不動産事業」の「投資回収が滞った」場合でも、「借り手」が「ファンド組成企業」に「借入金」の返済を行うことができれば、元本は欠損しません。

「投資リスク」を確認する

「貸付ファンド」の「用語」と「諸条件」の見方

投資受付金額、応募金額

「投資受付金額」や「応募金額」とは、その「ファンド(金融商品)」での「投資申込み」が確定した「金額」です。

  • 「先着方式」での投資受付金額:投資家が申し込んだ金額を反映します
  • 「抽選方式」での投資受付金額:投資家が申し込んだ金額のうち、当選したもののみを反映します
予定利回り

投資した「元本」に対して、「年率ベース」で、どれだけ「収益」が見込まれるかの「数値」です。

源泉徴収税引前の数値

「源泉徴収税」は考慮されていません。

実際の「デポジット口座」に「分配金」が入金される際は、「源泉徴収税(20.42%)」が引かれた金額が入金されます。

年率表記

また、当数値は「年率(1年あたりでみた増減率)」で表記されます。

例えば、「運用期間」が「6ヵ月」の「ファンド(金融商品)」で、予定利回りが「5%」の場合、実際の「配当額」は「5% /(6ヵ月 / 12ヵ月)=2.5%相当額」となります。

予定利回りはその成果が確約されているものではありません

「予定利回り」は、その成果を約束しているものではなく、「ファンド(金融商品)」の運用が、想定通りに進んだ場合の「期待値」である点に、ご注意してください。

予定運用期間

その「ファンド(金融商品)」が集めた資金を運用する「見込期間」です。

通常は、「募集終了日の5営業日後から運用」が開始されます。

「運用期間中」は、「資金を引き出すことができない」こと、「運用期間終了後、分配されたお金が、実際にデポジット口座に入金されるまではラグがある」ことに、注意してください。

「分配予定日」は「匿名組合契約約款」の「参考別表」に掲載されます。

「運用開始後」の「分配進捗」は、「マイページ」から「各ファンド」の「分配予定表」を確認してください。

期限前に運用が終了するファンドも

「ファンド(金融商品)」によっては、当初予定していた「運用期間」より、早く運用が終わる場合があります。

募集金額

その「ファンド(金融商品)」が募集する金額です。

「抽選方式」での「募集」がある場合は、「抽選方式」での募集金額を併記されます。

応募人数

その「ファンド(金融商品)」に「投資申込みをした人数」です。

抽選方式受付期間、先着方式受付期間

その「ファンド(金融商品)」に「投資申込できる期間」のことです。

募集方式ごとに記載されます。

元本償還方式

「元本の分配の頻度」です。

元本償還方法の主な種別
  • 半期ごと分割
  • 満期一括
利益配当方法

「利益の分配の頻度」です。

利益配当方法の主な種別
  • 毎月
  • 毎四半期
  • 満期一括
担保・保証
担保

「融資先」からの返済が滞った時、「差し押さえ」や「競売」等の手続きを通じて、その「売却金」を「債券」の「弁済」にあてることの出来る「資産」のことです。

なお、「担保」が設定されていても、「資産」の「処分時」の価値が「債権額」を下回る場合、「元本の返済」が、不能になる場合があります。

保証

「融資先」からの返済が滞った時、「融資先」に代わって返済する責任を負う内容の契約を結んでいること。

なお、「保証契約」を結んでいても、「保証人」に「債権額」を支払うだけの資力がなければ、元本の返済が不能になる場合があります。

「Funds(ファンズ)」では、「保証契約」がある場合、その「ファンド(金融商品)」の「関係企業欄」に「保証人」の情報が掲載されています。

その内容を確認してください。

最低成立金額

いくら応募があったら、その「ファンド(金融商品)」が成立するかを示した金額のことです。

「最低成立金額」を下回った場合、その「ファンド(金融商品)」は不成立となり、「投資申込金額」は「デポジット口座」に返金します

募集終了のタイミングで、最低成立金額を上回る応募がない場合、その「ファンド(金融商品)」は、不成立となります。

不成立だった場合、その「ファンド(金融商品)」に応募した金額は、「貸付ファンド」で「3営業日以内」、「事業ファンド」で「2週間以内」に、「デポジット口座」に戻ってきます。

最低投資金額

その「ファンド(金融商品)」に投資できる「最小の金額」のことです。

その「分配額」の算出は「1円単位」で行われ、「1円未満」は切り捨てによる「端数処理」が行われます。

そのため、「Funds(ファンズ)」では、原則として1円から投資できますが、10円など少額な金額で投資申込みをしても、最終的な利益が発生しない場合があります。

詳細を確認する

ユニコーン Unicorn 登録方法 口座開設 株式投資型クラウドファンディング 申し込み 申込みユニコーン(Unicorn)登録方法・口座開設|株式投資型クラウドファンディング

「貸付ファンド」と「ソーシャルレンディング」の違いとは?

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 ビジネスモデル 違い

「貸付ファンド」と「ソーシャルレンディング」の違い

「貸付ファンド」と「ソーシャルレンディング」は、どちらも「金融商品」であることは、同じです。

また、「個人が企業にお金を貸して、利息収入が得られる」という「仕組み」自体も、まったく一緒です。

ただし、「Funds(ファンズ)」が、あえて「ソーシャルレンディング」という言葉を使わずに「貸付ファンド」という言葉を使用しているのには、何か「理由」が、あるはずなのです。

そこで、次から「貸付ファンド」と「ソーシャルレンディング」の違いを、簡単に説明していきます。

ワンポイント
  • 「Funds(ファンズ)」という「プラットフォーム上」に、「投資家」「ファンド組成企業」「借り手」の「3者」が「プレイヤー」として存在していて、それぞれを「マッチング」させる「基盤となるサービス」が「Funds(ファンズ)」という「サービス」なのです。

「貸付ファンド」と「ソーシャルレンディング」の役割

「ソーシャルレンディング」とは、「資金を必要とする企業(借り手)」に対して「資金を貸したい個人(投資家)」が「ソーシャルレンディング運営会社」を通じて、「お金を融資するサービス」の「総称」のことです。

また「貸付ファンド・サービス」も「資金を必要とする企業(借り手)」に対して「資金を貸したい個人(投資家)」が「貸付ファンドの運営会社(Funds)」を通じて、「資金を貸し付けるサービス」の「総称」のことです。

「ソーシャルレンディング」も「貸付ファンド」も、「一般的な融資」における「銀行」の役割を、「Funds(ファンズ)」のような「事業者(運営会社)」が担っているわけです。

つまり、どちらも「銀行」を挟まずに、「個人」が「企業」に「お金を貸すことが出来る仕組み」を、採用している点では、非常に似たモデルの「サービス」だと言えるでしょう。

分かりやすく言うと「銀行が行っている、預金を集めて企業や個人にお金を貸し付ける業務(融資業務)」を「銀行を介さずに行う」サービスが「ソーシャルレンディング」であり「貸付ファンド」なのです。

「貸付ファンド」と「ソーシャルレンディング」の違い

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 ビジネスモデル 違い

「貸付ファンド」である「Funds(ファンズ)」と、「ソーシャルレンディング事業者」には、以下のような違いがあります。

「ファンドを自ら組成するか・しないか」の違い
  • 「ソーシャルレンディング」では、「運営事業者」が、自ら「ファンド(金融商品)」を組成する(組み立てて作る)
  • 「Fundsの貸付ファンド」では、「運営事業者」の「Funds(ファンズ)」は、自ら「ファンド(金融商品)」を組成しない(組み立てて作らない)。代わりに、Fundsの審査を通過した「ファンド組成企業(上場企業やベンチャー企業)」が、「ファンド(金融商品)」を組成する(組み立てて作る)
ソーシャルレンディングより「審査」が厳しくなった
  • 「ソーシャルレンディング」では、「ファンド(金融商品)」を組成するのが、「事業者」自身となるため、「監視の目」がなく、利用者が不利益を被るような「不正」も、し易い状態で、「利益相反」が起こりやすかった
  • 「Fundsの貸付ファンド」では、「Funds(ファンズ)」の厳しい審査に通過した「上場企業」「上場を目指す企業」「監査法人の監査を受けている企業」しか、「ファンド組成企業」になれないため、「第三者(株主・VC・監査法人など)」からの「牽制」が効果を発揮して、容易に「不正」が出来ない仕組みとなり「信頼度」が増した。また、「事業者」と「ファンド組成企業」を分離したことで、「利益相反」が起こりにくくなり、より投資家目線のサービスが提供できるようになった
上場企業やベンチャー企業への融資も可能になった
  • 「ソーシャルレンディング」では、「ローン型(融資型)」と呼ばれる一般的な「ファンド(金融商品)」や、「不動産型」と呼ばれる「不動産事業者」への「ファンド(金融商品)」しか、投資先(融資先)の候補がなかった
  • 「Fundsの貸付ファンド」では、「ファンド組成企業」を募集制にして、「ファンド組成企業」になる「審査」を厳しくしたおかげで、「上場企業」や「上場を目指しているベンチャー企業」など、以前よりも信頼度の高い「企業」が「ファンド(金融商品)」を組成できるようになり、利用者も「上場企業」や「ベンチャー企業」に、融資することが出来るようになり「投資先」の幅も広がった

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 仕組み

こうした「上場企業」の「ファンド(金融商品)」に投資できることが「Funds(ファンズ)」の「強み」と言っても、過言ではないでしょう。

実際、「Funds(ファンズ)」が「サービスを開始」した時の「ファンド組成企業」の中には、「独立系ノンバンク最大手」の「アイフル」や、「不動産販売事業でノウハウと実績」を持つ「デュアルタップ」といった「東証一部上場企業」や「東証二部上場企業」が、参加していました。

ワンポイント
  • 「Funds(ファンズ)」では「運用」と「ファンド組成」を分離させ、分業体制を取っているため、不正や利益相反を起こしにくく、顧客満足度を高める施策に特化した、品質の高いサービスを提供できるようになった

「ユーザー登録(無料)」

既存のソーシャルレンディングの問題点を審査とスキームで回避

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 流れ 新規登録 利回り 運用期間 仕組み

「Funds(ファンズ)」は、既存の「ソーシャルレンディング」で課題となっている「不適切な貸付審査」「不適切なファンド募集」「利用者が不利益を被る運用・管理」を避けるため、「貸付ファンド(金融商品)」を作る「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」に対して、「厳しいルール・厳しい審査基準」を設けて、「ソーシャルレンディング」の問題点を、抜本的に改善しようという「ミッション」のもと、作られました。

また、サービスの「運営事業者」である「Funds(ファンズ)」と、「金融商品」を作り出す「ファンド組成企業」を「分離する」ことで、「運営事業者」による直接的な不正をできなくし、「利益相反」も、起こりにくくなりました。

「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」に対して課している、「厳しいルール・厳しい審査基準」の例を出すと、「上場企業であること」または「監査法人の監査を受けている企業」「ベンチャーキャピタルから出資を受けている企業」などが挙げられます。

上記のような「前提条件」を「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」に対して課すことで、これらの「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」は、必然的に「上場済み」もしくは「上場を目指している企業」となるため、いずれも「第三者からの牽制(株主・ベンチャーキャピタル・監査法人)」効果が発揮され、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」も「不正を起こす確率が低い企業」だけが、審査に通過し、掲載されるようになりました。

また「Funds(ファンズ)」で「調達された資金」は、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」から、その会社の「グループ企業」に貸し付けられて、その後、様々な事業に使われる流れとなっていきます。

そのため、「個人投資家」は、実質的に、「ファンド組成企業(ファンド組成会社)」の「グループ企業」の信用に対して、投資をする形となります。

もし万が一、「借り手」の「グループ会社」が「貸し倒れた」場合には、連動して「投資家」の「元本」が損なわれる可能性もあるのですが、このような「仕組み」のおかげで、商品性やリスクも、「個人向け社債」に似たような、限定的なものになっています。

ワンポイント
  • 「Funds(ファンズ)」では、「ファンド組成企業」の審査を厳格化したことで、「上場済み企業」や「上場を目指すベンチャー企業」など、投資対象として魅力のある企業へ、投資が出来るようになった

「貸付ファンド(ソーシャルレンディング)」の「流れ」

ソーシャルレンディング 仕組み 図解 ビジネスモデル 融資型クラウドファンディング

「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」の中でも、「企業」へ、「融資」によってお金を貸し付ける方法を取っているサービスを「ローン型」と言います。

ローン型

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 ファンド組成企業 匿名組合契約 金銭消費貸借契約 ローン型

この「ローン型」では、「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」の、基本的な「リターン」と「リスク」の「コンセプト」は、銀行が行う「銀行融資」と、ほぼ同じです。

ただし、「個人」に限らず「一般の企業」といえども、「賃金業法上」の「一定の資格要件」を満たさないと、「商売」として「第三者」に「お金を貸してはいけない」ので、「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」では、「匿名組合契約」や「金銭消費貸借契約」を使って、「お金の貸し借りができる」ように、しているのです。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録

「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」では「匿名組合契約」という「商法535条」に規定されている特殊な契約に基づき、「投資家」は「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」が持っている「貸付ファンド(案件)」に「投資」をします。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 ファンド組成企業

次いで「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」は、「金銭消費貸借契約」という「民法587条」に規定されている契約に基づき、「借り手の企業(ファンド組成企業)」に対して「貸し付け(融資)」を行う代わりに、「借り手企業(ファンド組成企業)」から、予め約束した「利息」を受け取ります。

Funds ファンズ 貸付ファンド 貸付投資ファンド ソーシャルレンディング 融資 出資 投資 利息 分配金 口座開設 新規登録 ファンド組成企業 匿名組合契約 金銭消費貸借契約

僕らも「銀行」から借金をしたら、「利息」を付けて返済するのと一緒ですよね。

そして、「貸付ファンド・サービス(ソーシャルレンディング・サービス)」が、その「融資」により生じた「利息」を、最終的に「出資者に分配する」ことで「投資家」は「利益」を得ることが出来るのです。

貸付ファンド(金融商品)の契約関係

契約名匿名組合契約金銭消費貸借契約
どの当事者間で結ぶか投資家 ⇔ ファンド組成企業ファンド組成企業 ⇔ 借り手企業
どの法令商法535条民法587条
主な権利または義務

・「投資家」は「ファンド組成企業」に対して「出資」を行う代わりに、貸付事業で発生した「利益」の分配を受ける権利があります

・「ファンド組成企業」は「投資家」から出資を受ける代わりに、貸付事業で利益が出た場合に、その利益を分配する義務を負います

・「ファンド組成企業」は「借り手企業」に対して、「貸付」を行う代わりに、予め約束した「利息」を受け取る権利があります

・「借り手企業」は、「ファンド組成企業」から、借り入れにより資金を得る代わりに、予め約束した「利息」を支払う義務を負います

「Fundsの貸付ファンド」は「リコースローン」対象

「Funds(ファンズ)」で、取り扱う「貸付ファンド(金融商品)」では、「借入金」を用いて行う事業の「成否」に関わらず、「借り手」の「全財産」が「借入金の返済原資」となります。

つまり、「借り手」の返済が滞った場合は、「借り手」は、持っている財産を売却してでも、「借入金」を返済しなければなりません。

この「種類の借入」のことを「リコースローン」と呼びます。

したがって、「借り手」が、「借入金」を用いて行う事業で、当初想定した「リターン」を得られなかったとしても、「借り手」が倒産でもして、「返済不能」にならない限り、「投資家の利回り」は、確保されます。

注意
紹介している情報は、2019年9月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

Funds(ファンズ)の口座開設

maneo マネオ 登録方法 口座 開設 ソーシャルレンディング 投資家 口座開設 新規登録maneo(マネオ)登録方法・口座開設|ソーシャルレンディングの投資家口座開設・新規登録

「Funds(ファンズ)」まとめ

今回は「Funds(ファンズ)」の「貸付ファンド(ソーシャルレンディング)」について、解説をしてきました。

「Funds(ファンズ)」を利用して「ファンド(金融商品)」に投資をすれば、ほとんど放置で、「分配金」を得ることが出来ます。

これから「資産運用」を始めたいと思っている「投資初心者」は、是非、この機会に「Funds(ファンズ)」の「会員登録(無料)」を行い、投資を始めてみてください。

「Funds(ファンズ)」口座開設(無料)をする★

「Funds(ファンズ)」の「ユーザー登録(無料)」から「口座開設(無料)」をすると、販売されている「ファンド(金融商品)」を、全てチェックすることが出来ます。

まずは、「Funds(ファンズ)」の「会員登録」を行い、どのような「ファンド(金融商品)」に投資ができるのか、是非、チェックしてみてください。

Funds(ファンズ)口座開設
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」「口座開設」は「無料(タダ)」です。資産運用を始めたい人は、登録してみてください。

クラウドファンディング・サービス「一覧リスト」★

サービス名カテゴリー投資の見返り
CREAL(クリアル)不動産投資型配当金
FANTAS funding(ファンタスファンディング)不動産投資型配当金
Jointoα(ジョイントアルファ)不動産投資型配当金
Owners Book(オーナーズブック)不動産投資型配当金
LENDEX(レンデックス)不動産投資型配当金
Pocket Funding(ポケットファンディング)不動産投資型配当金
FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型未公開株の売却益
Unicorn(ユニコーン)株式投資型未公開株の売却益
SBIソーシャルレンディング融資型(ソーシャルレンディング)配当金
maneo(マネオ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CROWD CREDIT(クラウドクレジット)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Crowd Bank(クラウドバンク)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
SAMURAI証券(サムライ証券)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
COOL(クール)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
ネクストシフトファンド融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Funds(ファンズ)ファンド貸付型配当金
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)購入型モノ・サービス
ふるまるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるなびふるさと納税型寄付控除・返礼品
さとふるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとチョイスふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとプレミアムふるさと納税型寄付控除・返礼品

以上が、有名な「クラウドファンディング・サービス」の「分類別」の「一覧リスト」になります。

是非、参考にしてみてください。

おすすめ 副業 在宅ワーク バイト 稼ぐ方法 ブログおすすめ副業|主婦や女性が稼ぐ方法33選【スマホ在宅ワーク】

「LINEスマート投資」ラインのワンコイン投資とは