これからは「個人で稼ぐ時代」です。

LINEスマート投資とは|ワンコイン投資・テーマ投資の口座開設・始め方・ライン資産運用やってみたい人

LINEスマート投資とは 口座開設 始め方 やり方 資産運用 やってみた LINE ライン 申し込み 登録 ブログ

LINEスマート投資(ワンコイン投資)口座開設
ユーザー登録(無料)

「ワンコイン投資」の「口座開設(無料)」です。少額の資金で資産運用を始めたい人は、登録してみてください。

LINEスマート投資とは|口座開設の始め方・やり方・資産運用やってみたい人

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」は「LINE(ライン)」が提供する「初心者でも簡単に投資が始められるシンプルな投資サービス」です。

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」は、「ワンコイン投資」「テーマ投資」で運用します

ちなみに「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」は、「オンライン証券会社」の「フォリオ(株式会社FOLIO)」と「LINE(ライン)」が組んで、「フォリオ」が手掛けている「テーマ投資」や、「フォリオ」が提供する「お任せ投資」をベースに商品設計された「ワンコイン投資」を、LINE(ライン)ユーザー向けに、最適化して提供している「投資サービス」のことです。

 

「株式会社FOLIO」とは「資産運用をバリアフリーに。」というビジョンを掲げ、2015年12月に設立された「証券会社」です。

国内株を取り扱う「独立系証券会社」としては、約10年ぶりの「オンライン証券」となり、初心者でも「投資」や「資産運用」を、分かりやすく簡単に始められる「仕組み」や「サービス」を提供してくれているのが「フォリオ」なのです。

「フォリオ」で有名な「資産運用方法」は「2つ」あります。

「フォリオ」が投資初心者のために、おすすめする「資産運用方法」の1つは、「ドローン」「人工知能」「アンチエイジング」などの「好きなテーマ」を選び、そのテーマに含まれている「有望企業」に分散投資を行う「テーマ投資」が1つ。

「資産運用」に関する、簡単な質問に答えるだけで、「ロボアドバイザー」が、「あなたに最適なプラン」を提案してくれる「おまかせ投資」の2つです。

どちらのサービスも「少額から始める」ことができ、「個別銘柄の難しい分析」が必要ないため、初心者や素人でも、誰でも簡単に「資産運用」が楽しめるのが特徴です。

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」では、上記の「テーマ投資」と、毎月500円を積み立てて投資をしていく「ワンコイン投資」の「2種類」が利用できます。

LINEスマート投資は「こんな人におすすめ」

  1. 難しい「銘柄分析」ができない投資初心者の人
  2. お試しで、少額から「株式投資の世界」を体験してみたい人
  3. 普段「会社員」などで、「資産運用」の勉強に、なかなか時間を割けない人
  4. 将来に備えて、長期的な「資産運用」を始めたい人
  5. リスクは少ないけど、銀行預金の金利以上の、副収入を得たいと考えている人

上記の例で挙げた人は、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」をきっかけにして、「株式投資の世界や資産運用」について関心を持つのは、個人的には良いことだと思います。

逆に「次に挙げた例のような人」は、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」は、正直、おすすめしませんので、最初に確認しておいてください。

下の例に挙げるような人は、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」ではなく、普通に「証券会社」で「株式の口座開設」をして、通常の「株式投資」をしていくべきだと思っています。

LINEスマート投資より株式投資が「おすすめな人」

  1. 「難解な銘柄分析」にチャレンジし、投資スキルを磨いた上で、自分の実力で稼げるようになりたい人
  2. 最低100万円くらいの失ってもいいと思える「種銭」が用意できた人
  3. 「自由に使える時間」が多少でもあり、どんなことがあっても「資産運用」の勉強を継続してできる強い意志のある人
  4. 長期的はもちろんだが、株式売却で、短期的に「大きな利益」を上げたい人
  5. 多少のリスクをとって、大きなリターンを狙っていきたい人

LINEスマート投資【公式】

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」とは

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「投資方法」は「2種類」です。

その2つとは、「ワンコイン投資」と「テーマ投資」の「2種類」です。

LINEスマート投資(2種類)

  1. ワンコイン投資
  2. テーマ投資

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の実態。

簡単な言葉で言い換えると、「ワンコイン投資」は「積立型のロボアドバイザー(AI)投資」、「テーマ投資」は「投資信託」だという認識で、大丈夫だと思います。

また「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「ウリ」は「上記2種類の投資手法」が「少額から利用できる」点が、最大の「メリット」だと言えます。

だから「ターゲット」としては、「投資をしたことがない投資初心者」や「本格的に投資をするお金がない会社員の人」たちに、提供しているサービスだと言えるでしょう。

ただし、「少額から投資」できるからと言って、「株で儲けられることとは別問題」ですので、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」をやろうか考えている人も、「少額から投資できること」と「稼げること」とは、切り離して考えるようにしましょう。

「ワンコイン投資」と「テーマ投資」の違い

「500円」から始める「ワンコイン投資」は、「1日、500円から積み立て(月額約1万5,000円くらい)するだけで、資産を全自動でバランス投資」してくれる「ロボアドバイザー投資」のような投資方法です。

もう一方、企業ではなく「テーマ」で選ぶ「テーマ投資」は、「投資したいテーマを選ぶだけで、複数の有望企業の株式に分散投資」してくれる「投資信託」のような投資方法です。

ワンコイン投資

「ワンコイン投資」は、積立金額を最初に決めて、あとは「ロボアドバイザー(AI)」の運用に、全て任せる「資産運用」です。

「ワンコイン投資」の特徴としては、「1日500円」から「貯金感覚」で始めることができる「投資」だという点です。

また「ワンコイン投資」では、「LINE Pay(ラインペイ)」の「自動決済(自動引き落とし)」を使って積み立てしていくため、口座に資金を振り込む、面倒な「口座振り込み作業」なども発生しません。

ほぼ半自動で、動いていくので、「普段忙しく、自由にできる時間があまりない人」にとっては、便利な「資産運用方法」だと思います。

テーマ投資

「テーマ投資」のテーマは、プロが厳選した複数の有望企業で構成されています。

例えば「テーマ投資」のテーマには、「ドローン」「人工知能」「VR(仮想現実)」「e-Sports」「アンチエイジング」「働く女性」「温泉」「京都」「寿司」などなど、数々のテーマから、自分が興味のあるテーマを選ぶことができます。

選んだテーマの中に「複数の企業」があり、これら複数の企業に、投資した資金が分散投資されます。

LINE(ライン)のテーマ投資は、一般的な「投資信託」に、仕組みは非常に近いです。

厳選された複数の有望企業に分散投資することで、投資の素人や初心者でも、誰でも簡単に、リスクを低く抑えた「資産運用」を始めることが出来ます。

「LINEスマート投資」を利用できる人の条件

「LINEアカウント」を持っている人は「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「サービス」を利用できます。

ただし、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「口座開設ができる」のは、「20歳以上75歳未満の人」のみですので、未成年の人は、利用できませんので、注意してください。

また「口座開設」には「日本に住んでいてマイナンバーが発行されている」必要がありますので、日本以外の国に「居住している人」は、口座を開設することが出来ません。

口座開設できる人の条件

  • 20歳以上~75歳未満の人
  • 日本に住んでいて「マイナンバーが発行されている人」

口座開設(無料)はこちら

「LINEスマート投資」の「始め方」と「口座開設方法」

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」を始めたい人は、「LINEスマート投資サービス規約」に同意した上で、利用を開始してください。

最初の「口座開設」の「流れ」

ステップ1
口座開設を申し込む
 

まずは、「投資」を行うための「口座開設」を行います。

最初に「アカウント」を登録後、「マイページ」内より、いくつかの質問に対して回答して、「口座開設」を申し込みます。

この際「マイナンバー書類」と「本人確認書類の鮮明な画像」を、申込み画面から「アップロード」してください。

口座開設に必要な書類

  • 「マイナンバー書類」
  • 免許証など「本人確認書類の鮮明な画像」

口座開設(無料)

ステップ2
「ウェルカムレター」を受け取る
 

「ステップ1」で「口座開設の申し込み手続き」を完了させると、口座開設時に登録した「住所」に「ウェルカムレター」が、「転送不要」の「簡易書留郵便」で届きます。

「ウェルカムレター」を開封し、指示に従って、「口座開設」を完了させてください。

ステップ3
開設した口座にお金を入金する

「口座開設」が完了したら、「マイページ」から「リアルタイム入金」または「銀行ATM・窓口」および「インターネットを利用した銀行振込」を使って、投資資金(お金)を、入金してください。

「マイページ」の画面で、「開設した口座」に「入金」が確認できたら、取引を開始することが出来るようになります。

「リアルタイム入金」とは

「リアルタイム入金」とは、「提携金融機関」で「インターネットバンキング」を契約している人が利用できる「入金方法」です。

・みずほ銀行「みずほダイレクトネット振込決済サービス」

・三井住友銀行「SMBCダイレクト ウェブ振込サービス」

・三菱UFJ銀行「三菱UFJダイレクト ネット振込(EDI)」

・イオン銀行「WEB即時決済サービス」

・ジャパンネット銀行「リンク決済」

ステップ4
LINE Payでの銀行口座登録
 

「テーマ投資」の場合は、「ステップ3」までで大丈夫です。

さらに「ワンコイン投資」を開始したい人は、別途、「LINE Pay(ラインペイ)」の「アカウント(無料)」を作成して、銀行口座情報を登録し、本人確認書類をアップロードしてください。

上記を準備すると「ワンコイン投資」もすることが出来るようになります。

※すでに「フォリオ」の「おまかせ投資サービス」を契約している人は、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「ワンコイン投資」は、することが出来ないようになっているので、注意してください。

少額でも資産運用を始める

「LINEスマート投資」で発生する「手数料」

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」を通じて、「保有資産の売買」を行う場合、以下の表に記載した「手数料」が、かかってきます。

「保有資産」を売買する際には、「各銘柄」ごとに、「売買代金の0.5%(税抜き)」の「手数料」が発生します。

「各銘柄ごと」ですので、投資する銘柄の数だけ、売買する際には「売買代金の0.5%」が「手数料」として、かかってきます。

「LINEスマート投資」の手数料(2019年9月時点)

手数料の内容手数料の中身
銀行からの入金手数料銀行が定める手数料がかかる
リアルタイム入金手数料0円
出金手数料0円
運用手数料手数料0円(2020年4月30日以降は有料になる)
口座管理手数料手数料0円
取引手数料0.5%(1銘柄の最低手数料は50円)

※入金手数料が「無料」になるのは、「リアルタイム入金」のみで、銀行振込による入金には、銀行所定の「振込手数料」が、かかります。

注意
紹介している情報は、2019年9月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

LINEスマート投資の手数料

「有価証券の売買」に課される「税金」について

売買にかかる税制については、「株式等の譲渡所得等に対する申告分離課税」が適用されます。

税制の詳細については、下記の過去記事を確認してください。

「ワンコイン投資」について

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「ワンコイン投資」について、簡単に解説していきます。

「ワンコイン投資」とは

毎月1万円台(毎日500円)から投資できる「LINE(ライン)」の「積立型のロボアドバイザー投資(AI投資)」のことです。

「LINE Pay(ラインペイ)」で「銀行口座情報」を登録し、「本人確認が既に済んでいる人」であれば、「LINE Pay(ラインペイ)」の「自動引き落とし機能」を利用して、積立投資をすることも「可能」です。

ワンコイン投資の口座開設(無料)

※フォリオの口座開設も必要です。

「ワンコイン投資」の「手数料」

2020年4月30日までは「運用手数料」は「無料」になっていますが、2020年4月30日以降は、下記の「1」または「2」の、どちらか「高い条件」の方が、「運用手数料」として、徴収されることになります。

2020年4月30日以降の運用手数料

  1. 月額100円(税別):最低運用報酬料
  2. 運用資産の時価評価額の年率1.00%(税別):運用報酬料

※「2」に関して、「運用している資産」の「時価評価額3,000万円」を「超える部分」は、「年率0.5%」の割引料率が適用されます。

注意
紹介している情報は、2019年9月時点の情報です。現在は変更している場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

「ワンコイン投資」の「投資対象」は何?

「ワンコイン投資」の「投資対象」は、「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」または「ナスダック(NASDAQ)」に上場している「ETF」から、投資対象を選別して、銘柄が決められています。

「ワンコイン投資」は、投資先を一任しているため、僕たちでは、「投資対象」を選ぶことは、出来ません。

※「投資一任契約」とは、「LINEスマート投資」で「LINE(ライン)」とパートナーを組んでいる「フォリオ」が、資金を預かっている個人投資家から投資判断を一任されるとともに、その投資判断に基づいて、投資を行うための「権限」を委託されることを内容とする「契約」のことです。

「資産運用」はどういう「仕組み」で行われる?

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「ワンコイン投資」では、「ノーベル賞」を受賞した「現代ポートフォリオ理論」をもとにした「アルゴリズム」で運用し、自動的に「リバランス」されます。

「リバランス」とは

「リバランス」とは、ポートフォリオを構築した後、相場変動などで、投資分配比率が変化した場合、その変化を見直し、「値上がりした資産・銘柄」を売り、「値下がりした資産・銘柄」を買い増すなどをして、ポートフォリオの構成を、「最初の比率に修正していく手法」のことです。「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」では、自動的に「リバランス」されていきます。

積立金額の上限と下限

「ワンコイン投資」で投資できる「1回の積立金額」の「上限は10万円」で、下限は「500円」です。

注文される日

投資資金の「引き落とし日後、日本市場と米国市場が、ともに営業日である「最初の日」に、注文が出されることになっています。

売却可能額

保有している「資産」は「1,000円以上」で「1円単位」から「売却」することが可能です。

ただし、以下の条件の場合に限り、「全売却(解約)」をすることになります。

全売却になる条件

  • 保有ETF(保有資産)の時価評価額の「95%以上」の金額を「指定する」売却の場合
  • 保有ETF(保有資産)の時価評価額が「1,000未満」である場合
  • 保有ETF(保有資産)の処分時までに、その「時価評価額」が「換金希望額」を下回った場合
  • 売却すると「あなたの運用額が1,000円未となるような金額を指定する売却」の場合(例:運用額3000円の人が、2300円を売却指定する場合)

※また、時々、「指定した売却額」より、「受取金額」が少ない時がありますが、これは「為替」「市場動向」「その他の状況」により、「受取金額」が「売却指定額」を下回った場合に起こる現象となります。

強制売却

毎月、「第10営業日」に、保有資産(ETF)の時価評価額が「最低運用金額の200円を下回っていた場合」、保有資産が強制的に売却されます。

「株式の分配金」はどうなるの?

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「ワンコイン投資」では、「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」または「ナスダック(NASDAQ)」に上場されている「ETF」から、投資対象を選別して、銘柄を決め、投資されています。

そのため、基本的には「分配金」は「米ドル」で支払われますが、「フォリオ」が「円」に転換し、「フォリオ口座」に入金してくれます。

「LINE Pay(ラインペイ)」と「ワンコイン投資」

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」を利用して「ワンコイン投資」を行う場合、「LINE Pay(ラインペイ)」と「連携する」ことで、より手軽に便利に、投資を行うことが出来るようになります。

「ワンコイン投資」を行う上での「LINE Pay(ラインペイ)」の「注意点」などを、以下の記載しておきます。

名義不一致

「ワンコイン投資」を「LINE Pay(ラインペイ)」の「引き落とし機能」を使って利用する場合は、「LINE Pay(ラインペイ)」と「フォリオ証券口座」に登録された「名義」が一致しないと、「LINE Pay(ラインペイ)」の「引き落とし機能」を使った「ワンコイン投資」をすることは、出来ません。

「LINE Pay(ラインペイ)」に登録した名義と、「フォリオ証券口座」の名義が一致するように、修正をしてください。

「積立資金」引き落とし先

「積み立て資金」は、「LINE Pay(ラインペイ)残高」または、「LINE Pay(ラインペイ)と連携している銀行口座」から、引き落とされます。

積み立て資金の引き落とし先

  • LINE Pay(ラインペイ)残高
  • LINE Pay(ラインペイ)と連携している銀行口座

LINE Payボーナスの付与

「積立額引き落とし」の際に、「LINE Pay(ラインペイ)ボーナス」が付与されますので、お得です。

引き落としされる「積立額」に対して、「LINE Pay(ラインペイ)マイカラー(特典プログラム)」が適用され、「LINE Pay(ラインペイ)ボーナス」が付与されます。

引き落とし日の確認

「投資金額の引き落とし日」に関しては、毎週、特定の曜日に、自動的に引き落とされます。

引き落とし曜日は、「マイページ」から確認することができますが、引き落とし曜日の変更は、できません。

引き落としが失敗する場合

「LINE Pay(ラインペイ)」の残高は足りているのに、引き落としに失敗する場合は、「LINE Payボーナス(ラインペイ・ボーナス)」が影響している恐れがあるようです。

「LINE Payボーナス(ラインペイ・ボーナス)」とは、「LINE(ライン)」の「キャンペーン」などで、プレゼントされる「LINE Pay専用のポイント」のことです。

「LINE Payボーナス(ラインペイ・ボーナス)」は、一部利用できないサービスがあり、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」は「利用対象外」のため、「LINE Pay(ラインペイ)残高」が足りているのに、引き落としされない現象が、発生します。

ですので、「LINE Pay(ラインペイ)残高」で「ワンコイン投資」の引き落としをする場合は、「LINE Pay(ラインペイ)ボーナス」を除き、「LINE Pay(ラインペイ)残高」に、引き落とし額が賄えるポイントが、チャージされていることを、事前に確認しておいてください。

売却金のLINE Payへの出金

「ワンコイン投資」で「保有資産(ETF)」を売却して得た「売却代金」は、自動的に「フォリオ口座」へと入金されるため、「フォリオ口座」から、そのまま「LINE Pay(ラインペイ)」に出金することは出来ません。

一旦「フォリオ口座」から「出金」した上で、面倒ですが「LINE Pay(ラインペイ)」に、入金するようにしてください。

ワンコイン投資の詳細

「テーマ投資」について

次は、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「テーマ投資」について、簡単に解説していきます。

「テーマ投資」とは

決められた「テーマ」を選ぶことで、テーマ内の有望企業に、自動で分散投資をしてくれる「投資信託」のような、投資方法です。

「LINE(ライン)」と組んでいるオンライン証券会社の「フォリオ(株式会社FOLIO)」のシステムを利用して、投資を行うため「テーマ投資」をしたい人は、新たな「フォリオの口座開設」をする必要があります。

「企業」は選ばず「テーマ」を選ぶ

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「テーマ投資」では、「ドローン」や「アンチエイジング」といった「テーマ」を選ぶだけで、「複数の企業」へ、簡単に投資することが出来ます。

各テーマは、「これから流行しそう」「何かを応援したい」など、様々な「カテゴリー」に分けて取り揃えられています。

「テーマ投資」では、「テーマ」を選ぶ過程で、「テーマと企業の関係」や、「そのテーマが市場でどのような盛り上がりをみせているのか」を知り、学ぶことも出来ます。

選べる「テーマ」の例

  • アンチエイジング
  • 京都
  • VR(仮想現実)
  • e-Sports
  • お酒
  • ようこそ日本へ
  • ペットと暮らす
  • 映画
  • 第4次アニメブーム
  • コスプレ
  • コーヒー
  • カメラ・写真
  • 隠れ高収益企業
  • 高ROE
  • 5Gフェーズ1
  • テーマパーク
  • ヘルステック
  • キャッシュリッチ企業
  • 中国
  • サイバーセキュリティ
  • AI最前線

上記以外にも、様々な「テーマ」があります。

「複数の有望企業」に「リスク」を分散

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「各テーマ」は、プロが厳選した複数の有望企業で、構成されています。

あなた自身は、このテーマの中から、「好きなテーマを選ぶ」だけで、自動的に「テーマに含まれた企業」に投資が開始され、「価格変動リスク」等を比較的抑えた、投資初心者でもリスクが少ない「資産運用」を始めることが出来ます。

「1万円」から「分散投資」が出来る

通常、「株式投資」の多くは、「単元株制度」といって「100株単位」で行われます。

この「単元株制度」のもとでは、例えば3社の企業の株を買うとすると、平均で「55万円程度」のお金が、最初から必要になってきます。

つまり、通常の株式投資では、「複数の企業へ分散投資」などしようものなら、最初の株を購入するだけで「多額の資金が必要」となってくるのです。

この自由に使える最初の「種銭」を用意するまでが、投資素人が「株式投資」に取り掛かれない「最大の悩み」となっていることが多いのです。

しかし、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」では、「この最初のハードルを取り払う」ことで、「少額資金(1万円台から)」からでも、「投資」を始めることができるような「仕組み」を提供してくれているため、「まずは少額から投資を体験したい投資初心者」には、「取っ掛かり易い投資商品」なのです。

実際、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「テーマ投資」では、「単元未満株」として、「各銘柄(企業)1株から購入可能」としてくれているため、「1万円台」から「複数社への分散投資」が出来るようになっています。

また、もう1種類の「ワンコイン投資」では、「1日500円」ずつ積み立て投資していくことで、昼間は忙しい「会社員」でも、ロボアドバイザー(AI)を使い、「ドルコスト平均法」を用いて、本当に少しずつですが、定期的に株を買い増していくことが出来るように、してくれているのです。

「資産運用中」の「サポート」も充実

「テーマ」を構成する「各銘柄」と「保有比率」、その「最適なバランス」は、時間の経過や相場の変動により、常に変わってきます。

その変化の中で、「ポートフォリオ」を最適なバランスに保つために、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」では「定期的」に「リバランス(銘柄や保有比率の見直し)」を、提案してくれます。

「手数料」が低い

「テーマ投資」の手数料は、「各銘柄ごと」に「売買代金」の「0.5%(1銘柄の最低手数料は50円)」です。

このパーセンテージは、「単元未満株取引」としては、「業界最低水準」になります。

「入金手数料」に関しては、「銀行振込による入金」の場合、「利用する銀行が定める手数料」がかかりますが、リアルタイム入金に関しては、「入金手数料」は「無料」です。

また、「出金手数料」も「無料」です。

あと「運用手数料」も「2020年4月30日」までは「無料」ですが、それ以降は、「有料」になることが決まっていますので、将来的には運用手数料を取られることも想定しておいた方が得策です。

「運用手数料」が「無料」のうちは、利益も出しやすいのですが、「運用手数料」が「有料」になる「2020年4月30日以降」で、急に「運用成績」が悪くなる可能性もあります。

2020年4月以降に、そのような事態になれば、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の利用自体をやめるか、投資先を再考する必要が出てくるでしょう。

「LINEスマート投資」の手数料(2019年9月時点)

手数料の内容手数料の中身
銀行からの入金手数料銀行が定める手数料がかかる
リアルタイム入金手数料0円
出金手数料0円
運用手数料手数料0円(2020年4月30日以降は有料になる)
口座管理手数料手数料0円
取引手数料0.5%(1銘柄の最低手数料は50円)
注意
紹介している情報は、2019年9月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

手数料の詳細

「テーマ投資」の「利用の流れ」

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「テーマ投資」では、予め用意された「テーマ」を選ぶだけで、「資産運用」が始まるので、投資初心者でも、簡単に「株式投資」をすることが出来ます。

また「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「テーマ投資」では、「1株単位」で購入できる「単元未満株」ばかりを取り扱っていますので、「1株が1万円台~」という「少額」から「分散投資を始める」ことが出来るのも「特徴」です。

分散投資のメリット

  • 投資金額を銘柄別に分散することで、株価下落時のリスクを抑えることができる

分散投資のデメリット

  • 銘柄を分散させると、1つの銘柄に資金を集中させた時よりも、株価上昇時の利益が、伸びなくなる

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「テーマ投資」を始める「流れ」を、説明していきます。

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」は、始めてからも「シンプル」な操作で、資産運用をすることが出来るので、「投資初心者」には、とても分かりやすい「仕組み」と、なっています。

「テーマ投資」の流れ

ステップ1
アカウント登録
まずは「フォリオ」の「アカウント」を作成します。
ステップ2
口座開設
「フォリオのアカウント」を作成した後は、「マイページ内」で「いくつかの質問に回答して」から、「口座開設」に申込みを行います。手続きを通過すると、登録した住所に「ウェルカムレター」が送られてきますので、レターを開封して、指示に沿って「口座開設」を完了させてください。 
ステップ3
口座にお金を入金
「マイページ」から「リアルタイム入金」「銀行ATM・窓口での入金」「インターネットバンキングでの近郷振込」などで「入金」して 、画面の口座に入金が確認できたら、取引をスタートすることが出来ます。
ステップ4
投資したいテーマを選ぶ
「これから流行しそうなトレンド」「注目産業」「応援したいテーマ」「経済にインパクトのあるイベント」など、カテゴリーに即して分類された「パートフォリオ」の「テーマのラインナップ」から、好きな「テーマ」を選んで投資を行います。
ステップ5
資産運用を開始
選んだ「テーマ」をもとに、設定された「金融アルゴリズム」が、テーマに含まれている有望企業に、自動で投資していきます。
ステップ6
リバランス
相場が変動すると、投資分配比率を調整する「リバランス」という作業を、「アルゴリズム」が自動で提案してくれます。

アルゴリズム」が提案してきた「リバランス」を見て、リバランス注文を行うかどうかは、あなたが決断していきます。

ステップ7
テーマを売却しポートフォリオ再構築

「リバランス」は、基本的に、「3ヵ月に1回」くらいの頻度で、提案されます。

その提案を見て、あなたが「リバランス」を決断すると、ポートフォリオを再構築してくれます。

「テーマ投資」は「いくらから投資できる?」

「1つのテーマ」で「1万円台~」投資を行うことが出来ます。

ただし、選ぶ「テーマ」によって「投資できる金額」が異なりますので、必要となる金額の詳細については、「各テーマ」の詳細が記載された「公式サイト」で確認してください。

まとめ

今回は、「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」について、解説してきました。

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」の「特長」としては、「投資初心者」でも、「半自動」で「少額」から投資が行える点です。

「資産運用に興味はあるけど、何からしていいのか分からない」という人は、最初の投資として「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」を使って、投資を実践しながら、色々と勉強していくと、投資の知識や力もついていくと思いますので、興味ある人は、まずは「口座開設(無料)」から行ってみてください。

「LINEスマート投資」の「口座開設(無料)」をする★

「LINEスマート投資(ラインスマート投資)」を始めるためには「フォリオの口座開設」が、1番最初に、必要となってきますので、まだ「フォリオの口座開設」をしていない人は、まず先に「フォリオの口座開設(無料)」を、行ってください。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)口座開設
ユーザー登録(無料)

「ワンコイン投資」の「口座開設(無料)」です。少額の資金で資産運用を始めたい人は、登録してみてください。

その他の資産運用:クラウドファンディング「一覧リスト」★

サービス名カテゴリー投資の見返り
CREAL(クリアル)不動産投資型配当金
FANTAS funding(ファンタスファンディング)不動産投資型配当金
Jointoα(ジョイントアルファ)不動産投資型配当金
Owners Book(オーナーズブック)不動産投資型配当金
LENDEX(レンデックス)不動産投資型配当金
Pocket Funding(ポケットファンディング)不動産投資型配当金
FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型未公開株の売却益
Unicorn(ユニコーン)株式投資型未公開株の売却益
SBIソーシャルレンディング融資型(ソーシャルレンディング)配当金
maneo(マネオ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CROWD CREDIT(クラウドクレジット)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Crowd Bank(クラウドバンク)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
SAMURAI証券(サムライ証券)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
COOL(クール)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
ネクストシフトファンド融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Funds(ファンズ)ファンド貸付型配当金
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)購入型モノ・サービス
ふるまるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるなびふるさと納税型寄付控除・返礼品
さとふるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとチョイスふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとプレミアムふるさと納税型寄付控除・返礼品

以上が、有名な「クラウドファンディング・サービス」の「分類別」の「一覧リスト」になります。

是非、参考にしてみてください。

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「おすすめ副業」主婦や女性が稼げる在宅スマホ副業