これからは「個人で稼ぐ時代」です。

クラウドクレジット登録方法・口座開設|ソーシャルレンディング投資家登録・確定申告

クラウドクレジット 登録方法 口座開設 ソーシャルレンディング 投資家 登録 確定申告

クラウドクレジット(CROWD CREDIT)口座開設
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」「口座開設」は「無料(タダ)」です。資産運用を始めたい人は、登録してみて下さい。

クラウドクレジット登録・口座開設|ソーシャルレンディングの始め方

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」は「クラウドクレジット株式会社」が提供する「海外ファンドに特化」した「ソーシャルレンディング・サービス」です。

投資できる貸付ファンド(金融商品)
  1. 個人向けローン
  2. 中小事業者向けローン
  3. ノンバンク向けローン
  4. 延滞債権投資
  5. マイクロファイナンス機関向けローン
  6. 再生可能エネルギー事業者向けローン
  7. 農業事業者向けローン
  8. 不動産担保ローン

「クラウドクレジット株式会社」が手掛ける「ソーシャルレンディング・サービス」の「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」は「お金を借りたい人(企業)」と「お金を貸して利息収入を得たい人(投資家)」を、インターネットを通じて結びつける「新しい金融サービス」です。

日本と比べ、銀行の貸出余力が低く、資金需要が大きい国(海外)の資金需要者に対し「日本の(投資家から集めた)余剰金をローン投資という形で融資」しています。世界規模での資金需要と供給を繋ぐことにより、高い表面利回りを実現しています。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 仕組み

「投資家」が「ファンド(金融商品)」に出資する場合は、「1口1万円」の最低出資額から投資することができ、「1万円単位」での増資が可能です。

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の場合は、「月2回前後の頻度」で「ファンド(金融商品)」を販売しています。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 始め方

「分配金」に関しては「毎月、一定の分配金が入ってくる元利均等型」や、「運用終了時に元本と収益が一括で支払われる満期一括型」などがあり、投資を開始した後、初回の分配金月がいつになるかは、投資をした「海外ファンド(金融商品)」ごとに異なってきますので、詳細は、各ファンドの詳細ページで確認してください。

クラウドクレジットの特徴
  1. 海外の成長国に投資できる
  2. 高利回りのファンド(商品)が多い
  3. 1万円から少額投資できる
  4. 社会意義のある投資ができる

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」は「ラテンアメリカ」「欧州」「アフリカ」などの様々な地域に投資可能です。

リスク商品ではありますが、高利回りが期待できる「投資方法」でもあり、上記のように、これから経済成長が見込める世界の国や地域に、日本に住みながら、「少額」からでも投資できるのが「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「メリット」ですので、「投資初心者」の人も、手軽に「ファンド投資」を始めてみることを、オススメします。

クラウドクレジット【公式】

「クラウドクレジット」登録・始め方・使い方・口座開設

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 おすすめ 比較

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「海外ファンド(金融商品)」に投資したい人のための「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「始め方」「使い方」「口座開設方法」について、解説していきます。

「クラウドクレジット」始め方・使い方

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「海外ファンド(金融商品)」に投資して、資産運用を始めるためには、まず「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「口座開設(無料)」を、行っていきましょう。

「クラウドクレジット」口座開設・新規登録方法

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設の流れ 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「口座開設」「新規登録方法」の「やり方」を、説明していきます。

口座開設の方法と流れ

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「投資家登録」は、「個人」だけでなく「法人」でも「登録することが可能」です。

「個人」と「法人」では、「提出書類」などが異なってきますので、間違わないように注意して「新規登録」を進めてください。

個人投資家の口座開設方法

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 新規登録

個人の登録方法・口座開設
ステップ1
ユーザー登録
 

まずは「ユーザー登録」を行っていきます。

「ユーザー登録」

「新規登録」ボタンをクリックして「ログインID」「パスワード」「メールアドレス」などを入力して、「ユーザー登録」をしてください。

ステップ2
個人情報の入力
 

「ユーザー登録」を行うと、登録した「メールアドレス」宛てに、「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」から「認証メール」が届きます。

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」からの「メール」を開いて「メール認証」ボタンをクリックしてください。

「メール認証」ボタンをクリックすると「お客様情報登録のお手続き」画面が開きますので、「名前」「生年月日」「住所」「銀行口座情報」などを入力して、「個人情報」の入力手続きを完了させ、口座開設の申し込みをしてください。

ステップ3
本人限定受取郵便物の受領
 

「ユーザー登録」から「2~3営業日前後」で、「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」から「本人限定受取」で「郵便物」が届きますので、郵便物を受け取り、郵便物に記載されている「お客様コード」を、「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「公式サイト」にログインした「マイページ」内の「投資家申請」から、入力してください。

自宅に不在で、郵便物を受け取れなかった場合は、「郵便局指定の本人確認書類」を用意して、郵便局に行き、受け取ってください。

ステップ4
口座開設・登録完了

「マイページ」の「投資家申請」から、「お客様コード」が入力できたら、口座開設と新規登録は、全て完了です。

口座開設をする(無料)

口座開設に必要な書類

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」で「投資家登録」する際の「個人」と「法人」の、提出しなければならない「必要書類」を、以下に記載しましたので、確認してください。

個人投資家に登録した人
  1. なし(代わりに本人受取限定の郵便物で確認が終了する)

※「特定事項伝達型本人限定受取郵便」の受取で本人確認が完了します。

法人投資家に登録した人
  1. 所定の申込書類
  2. 登記簿謄本(現在事項全部証明書)
  3. 取引時本人確認書類

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 法人登録

法人口座を作りたい人は、「ユーザー登録」の「こちら」という文字をクリックして、「お問い合わせ」画面から、「法人口座の登録方法」を、問い合わせると「法人登録」の方法や、法人口座の登録で提出しなければならない「必要書類」を教えてくれますので、聞いてみてください。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 法人口座

※「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」のサービスを利用するためには、「日本国内に在住の人」である必要があります。

利用中に海外転勤が決まった人などは、「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」のサポートに、1度、相談してください。

「クラウドクレジット」投資方法・投資の流れ

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」を利用した「投資方法」や「投資の流れ」について、説明していきます。

取引開始までの流れ
ステップ1
預託金口座への入金
 

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「公式サイト」にログインして「マイページ」から「入出金・口座情報」をクリックし、画面に表示されている「振込先口座」に、お金を入金します。

※各金融機関の振込手数料は「投資家負担」となりますので、注意してください。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 入金 出金

ステップ2
投資したいファンドの購入申し込み
 

振り込んだお金の入金が確認できたら、投資ができる「海外ファンド(金融商品)」の一覧から、気になる「ファンド(金融商品)」をクリックして、「ファンドの詳細ページ」を表示させてください。

投資をしたい内容の「ファンド(金融商品)」が見つかれば、「ファンドの詳細ページ」より、「このファンドに投資する」ボタンをクリックして、「購入申し込み」をしてください。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 ファンド投資方法

ステップ3
ファンドの購入完了
 

「このファンドに投資する」ボタンをクリックして、お目当ての「海外ファンド(金融商品)」に投資をしたら「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」から「ご契約成立のお知らせ」が、届くようになっています。

「ご契約成立のお知らせ」が「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」から届いたら、無事、ファンドへの投資は完了です。

「分配金」については、「購入したファンドごと」に、「預託金口座」に自動振り込みをしてくれます。また、この「預託金口座」にあるお金は、指定の金融機関の口座に戻し、出金することも出来ます。

まずは「ユーザー登録(無料)」

「クラウドクレジット」入金・出金方法

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「入金方法」と「出金方法」について、もう少し詳しく解説していきます。

入金の「振込手数料」は「自己負担」

「預託金口座」とは

「預託金口座」とは、投資家の投資用の資金を、一時的に預かってくれる「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」内の「口座」のことです。

「海外ファンド」を購入する前の「資金」や、投資したファンドから分配される「分配金」も、一旦、この「預託金口座」に振り込まれます。

「預託金口座」への入金方法

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」に「ユーザー登録」をして、「個人情報」を入力し、「本人限定受け取り郵便」に記載されている「5桁のお客様コード」を、ログイン後の「マイページ」に入力すると、あなた専用の「預託金口座」が開設されます。

この「預託金口座」にお金(資金)を振り込むことで、「ファンド(金融商品)」の購入が可能になります。

なお、振込先の「預託金口座番号」は、「マイページ」の「入出金・口座情報」で、確認することが出来ます。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 入金 出金

任意の銀行から、「預託金口座」に振り込む際は「振込人名義は、必ず本人の名義」で振り込んでください。

登録した名前と、振込人の名義が異なると、入金が行われませんので、注意してください。

万が一、登録した名前と異なる振込人名義で、お金を振り込んだ場合は、振込で利用した金融機関に「組み戻し(振込を取り消す手続き)」の依頼を、本人がしなければいけなくなります。

また「組み戻し」に際しての「組戻し手数料」は、個人負担となりますので、十分、注意してください。

「預託金口座」から「自分の口座」に払い戻す(出金)

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」で投資をした「海外ファンド」から分配される「分配金」は、一旦、あなた専用の「預託金口座」に振り込まれます。

この「預託金口座」から、あなたが登録した「金融機関の口座」に払い戻す場合は、銀行振込手数料が「756円」かかりますが、月1回の払い戻し(出金)までは「無料(タダ)」となりますので、できれば資金がまとまった段階で、月1回の払い戻し(出金)で、自分の金融機関の口座へ、お金を移動させるようにしてください。

利益の分配方法はどう決定している?

「各ファンド」において、現地で得た収益を「原資」として、利益の分配を行っており、原則的に、それぞれの投資家の「預託金口座」への入金をもって「分配」としています。

具体的な分配方法については、投資をする「ファンド(金融商品)」ごとに異なっており、毎月一定の分配金が生じる「元利均等型」や、運用終了時に元本と収益とが一括で支払われる「満期一括型」などがあります。

また、投資開始後、初回の分配月がいつになるかも、投資をする「ファンド(金融商品)」ごとに異なりますので、詳細を確認したい場合は、各ファンドの「詳細ページ」を確認するようにしてください。

「ファンド(金融商品)」を見る

「クラウドクレジット」手数料・投資リスク

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」を利用して「海外ファンド(金融商品)」に投資していく際の、「手数料」と「投資リスク」は、しっかりと把握しておきましょう。

「クラウドクレジット」の手数料

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「口座」を開設して、「ファンド(金融商品)」に投資をしていくにあたって、やはり1番気になるのは、「手数料」ではないでしょうか。

「手数料」が高ければ、いくら「ファンド(金融商品)」の「利息」や「分配金」で稼いでも、意味がないですので、しっかり「手数料」は、把握しておきましょう。

「クラウドクレジット」の手数料
手数料 金額
会員登録に関する費用 0円(無料)
口座開設に関する費用 0円(無料)
口座管理に関する費用 0円(無料)
出資申込をする場合の費用 0円(無料)
解約・退会する場合の費用 0円(無料)
入金する時の費用 金融機関が指定する振込手数料
分配金の払い戻し時の振込手数料 月1回は無料。2回目以降は1回756円(税込)
運用中に引かれる手数料
手数料 金額
運用手数料(営業者報酬) 「(出資金額 × 一定の掛け率)=運用手数料」が取られます。掛け率は「最大4%(年率換算)」で「1%」や「2%」など、投資するファンドによって異なります。また、「運用開始時に1回のみ」「毎年1回」など、徴収される回数も、投資した「ファンド(金融商品)」ごとに異なりますので、契約締結前交付書面で確認してください。※運用手数料がかからないファンドもあります。
契約解除手数料 途中でファンドをキャンセルした場合の手数料が「契約解除手数料」です。出資額の「5.4%(税込)」が取られます。
契約解除に伴い払戻し金額の算定に必要な時価評価の費用が発生した場合の費用 途中でファンドの契約を解除した時に、払戻し金額を計算して、教えてくれる際の、計算にかかる費用が、徴収されます。ほとんど人件費だと思われますが、実費が請求されます。
出資持分の譲渡手数料 投資した「ファンド(金融商品)」を、期間終了までに誰かに譲渡したい場合は、クラウドクレジットの許可が得られれば、譲渡することができます。譲渡手数料については「クラウドクレジットに譲渡(返還)する場合は、出資額の5.4%(税込)。第三者に譲渡する場合は、無料」です。
為替手数料・その他の費用 「為替手数料」や「その他費用」を負担しなければいけない「ファンド(金融商品)」もあります。

※保有ファンドの譲渡や、ファンド運用中の契約解除(キャンセル)は、投資家都合では、原則として受け付けられていないため、やむを得ない事情の場合のみ、クラウドクレジットの承諾を得れば、契約解除(キャンセル)は可能です。

「契約解除(キャンセル)」は、かなり手数料を取られるので、よほどのことがない限り、1度、運用を始めた「ファンド(金融商品)」は、終了期間まで、キャンセルしないようにしましょう。

あと、地味に痛いのが「運用手数料(営業者報酬)」ですね。

「運用手数料」がない「ソーシャルレンディング会社」もありますからね。

表示されている「利回り」が高く、おいしい投資先に見えたとしても、「運用手数料で年率4%」も取られる「ファンド(金融商品)」に投資をしてしまうと、あまり旨味がない投資になってしまう可能性が「大」ですので、気を付けましょう。

「利回り」や「手数料」をチェックする

注意
紹介している情報は、2019年9月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

「クラウドクレジット」の投資リスク

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」は「世界中の様々な地域で、お金を必要としている個人や企業と、お金を持っている日本の投資家を結びつけることで、新しいビジネスや雇用を創出し、世界経済を成長させていく「ソーシャルレンディング」を利用した「プラットフォーム」です。

こうした「海外ファンド(金融商品)」に特化した「ソーシャルレンディング」が「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」です。

ただし、「海外ファンド(金融商品)」に投資できるがゆえに、「国内ファンド」では、発生しないような「為替」や「政治的」な「投資リスク」も存在しますので、投資をする前に、しっかり確認しておきましょう。

ローン(貸付)としてのリスク
  1. 元本割れが生じるリスク(投資金額より少なくなるリスク)
  2. 貸付先で返済が遅延するリスク(返済が遅れるリスク)
  3. 期間終了までは途中解約できない、株のように他の人に売ったりできない
  4. 貸付先の破綻、クラウドクレジット自体の破綻の可能性も0ではない
どういう時にファンドの分配金が遅延するの?

分配金の原資は、毎月、月末までに、海外からファンド分別管理口座に入金され、翌月第5営業日を目途に、投資家の「預託金口座」に「分配金」として入金されます。

しかし、「海外貸付先」からの「回収が滞った場合」、「国際間の資金送金に遅れが出た場合」などで「分配金」の遅延が発生します。

「ファンドの分配金」に「遅延が見込まれる場合」、または「遅延が発生した場合」は、「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」内の「運用報告ページ」「マイページ」「メール」などで、随時、報告をしてくれますので、確認するようにしてください。

海外投資のリスク
  1. 為替の影響でマイナスになるリスク
  2. 投資先の国の政治・経済状況が変わるリスク
  3. 法や制度が変わることに伴うリスク

「海外ファンド(金融商品)」に特化した「クラウドクレジット」だからこそ、「海外投資のリスク」は、よく考えなければいけません。

「国内ファンド」であれば、考えなくてもよいことが、「海外ファンド」に投資することで、考慮しなければいけない事象も増えてきます。

これから「経済発展が見込まれる地域や国に投資できる」ことは「かなり魅力的なメリット」なのですが、それ以上に、自分たちでは想像もできないような複雑なリスクも内在していることは、十分理解して、投資を行うようにしてください。

「投資リスク」を確認する

ソーシャルレンディングはミドルリスク・ミドルリターン

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」などの「ソーシャルレンディング・サービス」は、一般的に「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われております。

crowd credit クラウドクレジット ソーシャルレンディング 登録方法 口座開設 無料申し込み 評判 口コミ 確定申告 利回り

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」が取り扱う「ファンド(金融商品)」には、他の金融商品と比較して、以下のような「メリット」や「デメリット」があります。

クラウドクレジットのメリット・デメリット
クラウドクレジットの「メリット」と「デメリット」
メリット

・債券や預金よりも利率が良い

・少額から投資が可能

・株式市場などの動向に影響されづらい

・商品によっては毎月配当金(金利)を得ることができる

デメリット

・元本が保証されていない

・途中解約ができない

・表面利回りを下回る可能性がある

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「ソーシャルレンディング・サービス」を利用して、「ファンド(金融商品)」に投資をすると「元本割れ」の可能性がある分、利回りは「5.6%~12.2%」と、「銀行預金」や「国債」よりも高い水準となっています。

また「株」や「FX」と比較すると、「市場でオープンに売買される金融商品」ではないため、「値動きの変動」がなく、1度投資してしまうと、後は「放置状態」で、毎月(一定期間で)入ってくる分配金を得ることが出来ます。

さらに「株」のように「最低購入単元」が「100株から」という制約もなく、ソーシャルレンディングで「ファンド(金融商品)」に投資をする場合は、「1口1万円~」投資できるサービスが、ほとんどです。

それゆえ、「会社員」の「副業」や、「投資初心者」の人にとっては、「ソーシャルレンディング」は、手軽に始めやすく、続けやすい「投資」だと言えるでしょう。

金融商品のリスク・リターン
各金融商品のリスクとリターンを比較してみた
リスク 「小」 「中」 「大」
リターン 「小」 「中」 「大」
主な金融商品

「銀行預金」

「国債」

「投資信託」

「ソーシャルレンディング」

「株式」

「FX」

注意点としては、手軽に始めることが出来る分、「投資信託」と同じように、「事業者」が中抜きする「手数料」には、注意した方が良いですね。

なるべく「運用手数料」の安い、もしくは「運用手数料」のかからない「ソーシャルレンディング事業者」を選ぶと良いでしょう。

Funds(ファンズ)」などは、他の「ソーシャルレンディング事業者」に比べると「利回り」は低いのですが、「運用手数料」は取っていないので、「長期で続けていきたい人」は、個人的には、おすすめしています。

クラウドクレジットの始め方

クラウドクレジットの「確定申告」

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」を利用するにあたって、「税金」のことや「確定申告」のことを、ここで簡単に説明しておきます。

疑問点 回答
他の金融商品との損益通算はできる? 「ファンドの分配金」は「雑所得」となるので、基本は、損益通算できません。ただし、損益通算できるかどうかは、金融商品の種類によって異なります。確定申告で不明な点がある場合は、税務署または税理士に相談してください
分配金の「所得」は何に当たりますか? ファンドの分配金は「雑所得」として、「総合課税」の対象となりますので、確定申告をする必要があります
年間報告書は貰えますか? 年間取引報告書の形ではないですが、毎年1月末~2月初旬ごろにマイページで年間損益報告書を確認することができます
利用中にかかる税金は? 分配金の利益額から、源泉徴収税が差し引かれます。

「ファンドの分配金」は「雑所得」として「総合課税」の対象となりますので、原則として「確定申告」をする必要が出てきます。

ただし、他に確定申告をする必要がない場合(他の所得がない場合)は、「雑所得」が「年間20万円以下」なら申告義務はありません。

また、「雑所得」は、他の所得とは損益通算できないので、その点は、注意してください。詳しくは、税務署や税理士に相談するのがベストです。

なお、「ファンドの分配金」について、利益の分配額の20%相当の額(2037年12月31日までは20.42%)は、分配金が入るごとに「クラウドクレジット」に控除(差し引くこと)されます。

この「源泉徴収税」は、「投資家」が払うべき「所得税」の「前払い」として、「クラウドクレジット」が、僕たち投資家の代わりに、納付してくれているものです。

「クラウドクレジット」が納付した「源泉徴収税額」は、確定申告により計算される「所得税額」から「控除(差し引くこと)」されます。

これにより、税金を納める時期に、支払う税額が、前払いした分だけ少なくてすみます(※払う総額は同じですので、得しているわけではないです)

逆に、所得が年間20万円以下で、確定申告をする必要がない人でも、前払いで「源泉徴収税」が勝手に収められていますので、確定申告をすることで、「源泉徴収された税金が戻ってくる場合」も、あります。

「ユーザー登録(無料)」

「クラウドクレジット」の専門用語

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」を利用するにあたって、よく目にする「ソーシャルレンディングの専門用語」を、ここで復習しておきたいと思います。

ソーシャルレンディングの専門用語
「ファンド」とは

「ファンド」とは、「金融商品」のことです。

「投資家から集めた資金」を「専門家」が運用し、運用成果が出れば、投資家の「個々の投資額」に応じて、それぞれ個人に「利益収入」が分配される仕組みの「金融商品」です。

「貸付」とは

「貸付(かしつけ)」とは、「条件」を付けて、「金銭」「土地」「建物」などの「物品」や「権利」を貸すことです。

この「条件」の中には、「金額を指定する」「金利を指定する」「期間を指定する」「担保を取る」などがあります。

「銀行融資」などのように「融資」という言葉にも、「貸付」同様、「お金を貸す」という意味があるのですが、「貸付」と「融資」の「言葉の違い」は、一体何なのでしょうか?

「融資」という言葉は「銀行融資」という言葉からもイメージできるように、「金銭を貸す」というように、どちらかと言うと「お金」に限定されて使われる言葉であります。

対して「貸付」の場合は、「金銭」以外にも使う言葉で、「土地」や「建物」などの「物品」や「その権利」を貸す時にも、使われる言葉なのです。

つまり、「融資」は「お金(資金)」を「貸す場合に限定されている言葉」なのに対して、「貸付」は「お金以外」にも使うことができる言葉で、「融資」よりも「貸付」の方が、「より広範囲に渡って利用可能な言葉」として、何らかの条件を付けて貸す際に、使われます。

「貸付投資」とは

「貸付投資」とは、「貸付で利益を得る投資手法」のことです。

「事業資金」を借りたい「企業」に、貸付を行うことで、「利益収入」や「分配金」などを得る「投資方法」です。

「貸付ファンド」とは

「貸付ファンド」とは、「貸付で利益が得られる金融商品」のことです。

「事業資金」を借りたい「企業」に、「投資家」から集めた「資金」を貸し付け、「利益収入」を得ることを目的にした「金融商品」です。

「ソーシャルレンディング」とは

「ソーシャルレンディング」とは、簡単に言うと「お金が必要な人(借り手)」に「お金の余裕がある人(投資家)」が、「資金を提供する(貸す・寄付する)」仕組みの「総称」のことです。

銀行が行っている銀行融資のような業務を、銀行の代わりに「ソーシャルレンディング事業者」が行っているイメージです。

しかも、「ソーシャルレンディング事業者」は、「インターネット」という武器を最大限に利用しているため、「銀行」には手が回らない「地域」や「プロジェクト」にも、自身の「プラットフォーム」を利用して、「融資する」ことが可能です。

ソーシャルレンディングの基本的な流れ

ソーシャルレンディング 仕組み 図解 ビジネスモデル 融資型クラウドファンディング

「ソーシャルレンディング」は「お金を借りたいニーズ」と「お金を運用したいニーズ」を結びつける「金融マーケット」です。

「ソーシャルレンディング」を利用することで、「借り手」は、少ない金利負担でお金が借りられるメリットがありますし、「投資家」は、元本割れのリスクを取る分、利回りの良い資産運用ができるというメリットが、あります。

現在の日本では、低金利で銀行預金では、ほとんどお金が増えない時代に突入しています。

そのような人たちに、おすすめなのが「ソーシャルレンディング」を利用した「ファンド(金融商品)」への投資です。

「ソーシャルレンディング」を利用すれば、資金余力のない「ベンチャー企業」や「プロジェクト」へ、誰でも投資ができるため、「成長力と技術力をもった若い企業」を応援することも可能です。

「ソーシャルレンディング」は「欧米」を中心に、急激に拡大している市場でもあり、日本でも、近年成長している分野となっています。

このような「借り手(企業)」と「貸し手(投資家)」の「お互いのニーズ」を結びつけることが出来る、便利なサービスが「ソーシャルレンディングサービス」の「良さ」なのです。

「クラウドクレジット」の口座開設

まとめ

今回は「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「ソーシャルレンディングサービス」について、解説をしてきました。

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」を利用して「ファンド(金融商品)」に投資すれば、基本は「放置」で、資産運用をしていくことが出来ます。

これから「資産運用」を始めたいと思っている「投資初心者」の人は、是非、この機会に「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「会員登録(無料)」を行い、投資を始めてみてください。

「クラウドクレジット」口座開設(無料)をする★

「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の「ユーザー登録(無料)」から「口座開設(無料)」をすると、販売されている「海外ファンド(金融商品)」を、全てチェックすることが出来ます。

まずは「クラウドクレジット(CROWD CREDIT)」の会員登録を行い、どのような「ファンド(金融商品)」に投資できるのか、是非、チェックしてみてください。

クラウドクレジット(CROWD CREDIT)口座開設
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」「口座開設」は「無料(タダ)」ですので、資産運用を始めたい人は、是非、登録してください。