これからは「個人で稼ぐ時代」です。

さとふる 口コミ・評判|ふるさと納税始め方・仕組み・登録方法・限度額・還元率・シミュレーション・クラウドファンディング

さとふる 口コミ 評判 ふるさと納税 始め方 仕組み 登録方法 限度額 還元率

さとふる【ふるさと納税】会員登録
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」や、利用中の「手数料」は「無料(タダ)」です。お得な「返礼品」と「節税」の機会を手に入れましょう。

さとふる 口コミ・評判|ふるさと納税始め方・仕組み・登録方法・限度額・還元率

「さとふる」は、「株式会社さとふる」が提供する「ふるさと納税サイト」です。

「ふるさと納税サイト」とは、全国の「ふるさと納税」を行っている自治体が一覧となり、まとめて掲載されている「ポータルサイト」になります。

ただし、「ふるさと納税サイト」に掲載されている自治体は、「ポータルサイト事業者」に対して「手数料」を支払っている「自治体」だけです。

ですので、「ふるさと納税サイト」に掲載されている「自治体の数」や、「返礼品の内容」などは、各サイト毎に異なります。

つまり、「掲載されている自治体の数が多いサイト」もあれば、逆に「掲載されている自治体の数が少ないサイト」も、あるわけなので、それぞれの「ポータルサイト」の「特徴」は、よく理解しておきましょう。

ふるさと納税サイト「特徴」

  1. 「ふるさと納税サイト」に掲載されている「自治体の数」は、各サイト毎に異なる
  2. 「ふるさと納税サイト」毎の「特別キャンペーン」などがある
  3. 「ふるさと納税サイト」毎に「返礼品」の内容が異なる場合もある

さとふる(ふるさと納税)【公式】

さとふる【ふるさと納税】口コミ・評判・仕組み・始め方

日本全国にある、「地方自治体」に寄付をすることで、その自治体の様々な「特産品」が貰えることで有名な「ふるさと納税」ですが、その最大の特徴は、「その年の所得税から、還付を受けることができる(収めた税金が一部戻ってくる)」および「翌年の住民税から一定の税額が控除される(収める税金が安くなる)」という点だと言えるでしょう。

ふるさと納税「最大のメリット」

  1. 寄付をすることで地方自治体の「特産物」が貰える
  2. その年の所得税から、還付を受けることが出来る(収めた税金が一部戻ってくる)
  3. 翌年の住民税から、一定の税額が控除される(収める税金が安くなる)

②と③は、控除される金額は同額になりますので、「申請方法」を選んで、どちらか一方を選択します。

「②所得税の所得控除の対象となる金額」と「③個人住民税からの税額控除額」ともに、「ふるさと納税」で寄付をした金額の、自己負担の「2000円を超える部分」のみが対象となります。

ふるさと納税とは ふるさと納税 仕組み 還元率 税金 安くなる 確定申告 住民税 控除 お得 やらなきゃ損 ワンストップ特例制度 返礼品 お礼品 故郷

「②その年の所得税から、還付・個人住民税の控除」を受けるためには、「確定申告」をしてください。

「③翌年の住民税から、控除」を受けるためには、「ワンストップ特例制度」を利用する必要がありますので、「ワンストップ特例」を申請してください。

「確定申告」を選ぶ場合は、「個人事業主」「会社員」共に利用することが出来ます。

「ワンストップ特例」とは、「給与所得者」である「会社員」が、確定申告をしなくても「控除」が受けられる制度になりますので、「会社員の人(サラリーマンやOLなど)」は、積極的に利用するようにしてください。

自分の状況に合致した方法で、それぞれ、「ふるさと納税」の「メリット」である「税額控除」を、受けるようにしてください。

「ふるさと納税」で節税をする

さとふる【ふるさと納税】口コミ・評判

良いレビューしか表示されないのでしょか?星1つや星2つのレビューを書いたら掲載されませんでした。さとふるサイト内のレビューは信用ができません…

対応・サポートが残念すぎる。長期不在が決まっていたので、前もって、この日に送らないで欲しいと連絡したにも関わらず、不在時に返礼品が届き、返礼品を受け取れなった旨を、サポートに問い合わせても、返答が来ずでした。

サイトが見やすく、使いやすかった。返礼品も多く、寄付してからの発送が早いのも良かった。

シミュレーション計算機を使って、税金がどれくらい安くなるのか、簡単に調べることが出来ると評判だったので、利用してみました。ネット操作も簡単で、私が寄付したい自治体や、返礼品などの情報を、簡単に探すことが出来て、安心しました。

さとふる【ふるさと納税】仕組み・ビジネスモデル

「ふるさと納税」の流れは、「ふるさと納税ワンストップ特例」を申請するかどうかで、異なります。

「ふるさと納税のワンストップ特例」に関しては、後述する「専門用語」の項目で、解説しているので、そちらを見てください。

「ふるさと納税」を申し込み、「返礼品」が「地方自治体」から送られてきた後の「寄付金控除の方法」は、「確定申告制度」を利用するか「ワンストップ特例制度」を利用するかで、大きく異なってきますので、両者の違いを、以下で把握しておいてください。

「確定申告制度」を利用する人
手続きは何回必要?・年1回
概要・条件

・1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させ、税金を申告する

・申告時期は、毎年2月16日~3月15日

こんな人が「おすすめ」

・面倒な手続きは、年1回で済ませたい人

・たくさんの自治体に寄付をする人

・複数回寄付をする人

①確定申告制度を利用する人(ワンストップ特例申請しない)

手順1
「寄付をする自治体」を選ぶ
 

「ふるさと納税サイト」や「地方自治体ホームページ」などから、寄付をする(支援する)「地方自治体」を選んでください。

「自治体」をチェック

手順2
「ふるさと納税」に申込む
 

具体的な「ふるさと納税の申し込み方法」や「納付方法」については、「各自治体」によって異なります。

「ふるさと納税の申し込み方法」については、「ふるさと納税」を行う「地方自治体」の「ホームページ」を直接確認するか、簡易的に「ふるさと納税サイト」を利用して、申し込むかして下さい。

選んだ「地方自治体」に「ふるさと納税」を行うと、「確定申告」に必要な「寄付を証明する書類(受領書)」が、送られてきますので、その「受領書」は「確定申告」の時期まで、大切に保管してください。

「ふるさと納税サイト」を利用せずに、「ふるさと納税専用の振込用紙」や「自治体より発行される納入通知書(納付書)」から、直接、地方自治体に「ふるさと納税」を行った人は、「払込票の控え」が「確定申告」を行う際の「寄付した事実」を証明する書類となる場合がありますので、大切に保管しておきましょう。

手順3
確定申告で受領証明書を提出する
 

「ふるさと納税」を申し込み、「返礼品」を受け取った後に、「確定申告」の時期が来たら、「地方自治体」から送られてくる「寄付金受領証明書」を使って、「寄付金控除」の手続きをしてください。

「確定申告制度」を利用して「寄付金控除の手続き」を行う場合は、「ふるさと納税」を行った翌年の3月15日までに、住所地の所轄の税務署で「確定申告」を行うようにしてください。

また「確定申告」を行う際には、「寄付を証明する書類(寄付金受領証明書)」を、提出する書類に、必ず添付してください。

手順4
「所得税」が控除される
 

「確定申告」を行うと、「ふるさと納税」を行った年の所得税から控除されます。

源泉徴収等で、既に納めている「所得税」がある場合は、払い過ぎていた所得税が「還付」されることがありますが、「還付される金額」は、「ふるさと納税」を行った人の「収入」や、他の「控除」などの状況により、異なってきます。

手順5
「所得税」が控除され翌年の住民税が減額される
 

「所得税」からの控除に加えて、「ふるさと納税を行った翌年分の住民税が減額される形」で、控除されます。

【確定申告が不要な給与所得者(会社員など)】+【ふるさと納税を行う自治体の数が5つ以内】の「2つの条件」を満たしている人は、以下の「ワンストップ特例制度」を利用して、「寄付金控除の手続き」を「簡略化する」ことが可能です。

「ワンストップ特例制度」を利用する人
手続きは何回必要?・寄付の都度
概要・条件

・以下の2つの条件を全て満たす人

①ふるさと納税をする自治体が5つ以内である人

②ふるさと納税をしていないと仮定した場合、確定申告をする必要のない人(会社員など)

こんな人に「おすすめ」・寄付回数が少ない人

②ワンストップ特例を申請する人

手順1
「寄付する自治体」を選ぶ
 

「ふるさと納税サイト」や「地方自治体ホームページ」などから、寄付をする(支援する)「地方自治体」を選んでください。

「自治体」をチェック

手順2
「ふるさと納税」に申込み、期日までに申請を提出

「ワンストップ特例制度」を利用して、「寄付金控除の手続き」を行う場合は、「ふるさと納税」を申し込み、「返礼品」を受け取った前後に、「ふるさと納税サイト」か、「各地方自治体」のホームページから、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例の申請書)」をダウンロードしておいてください。

「ワンストップ特例の申請書」と「本人確認資料(写し)」を、「ふるさと納税」を申し込んだ、各自治体に送ってください。

「ワンストップ特例の申請書」の「提出期限」は、「ふるさと納税」を行った「翌年の1月10日まで(必着)」となります。

手順3
翌年の住民税に控除額の全額が減額される

「ワンストップ特例の申請書」などの「書類」を受け取った各自治体が、書類の内容を確認し、申請者に課す「住民税」を減額する手続きを、行います。

「ワンストップ特例」の場合は、「所得税」からの控除は行われず、その分も含めた「控除額の全体」が、「ふるさと納税を行った翌年の住民税の減額という形」で、控除されます。

※「6つ以上」の「地方自治体」に「ふるさと納税」を申し込んだ人は、「ワンストップ特例制度」は利用できませんので、①の確定申告を利用して、「寄付金控除の手続き」を行ってください。

「寄付金控除」の申請方法

さとふる【ふるさと納税】始め方・登録方法★

次は、「ふるさと納税サイト」の「さとふる」を利用した、「ふるさと納税」の「申込方法」を、簡単に説明していきます。

手順1
会員登録をする
 

まずは「さとふる」の「公式サイト」から「会員登録(無料)」を行ってください。

「会員登録」画面に表示された入力画面から、「メールアドレス」を入力すると、登録された「メールアドレス」宛てに、認証メールが届きますので、認証メールに記載されている「URL」をクリックしてください。

「認証メール」の「URL」をクリックすると、本登録画面が表示されますので、「ログインパスワード」を決めて入力し、「電話番号」も入力して、会員登録を完了させてください。

「会員登録(無料)」

手順2
「マイページ」にログインをする
 

「会員登録」が完了したら「ログイン・ページ」を表示させて、先ほど登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「マイページ」にログインしてください。

手順3
配送先・支払い方法を登録する
 

「マイページ」にログイン出来たら、画面右上の「会員登録情報」から「配送先情報の登録」と「支払い方法の登録」を、行ってください。

また、この「マイページ」からでも「ふるさと納税」を行った場合の「納税額のシミュレーション」をすることが出来ますので、まだ「寄付金控除額のシミュレーション」をしていない人は、この機会に、1度、シミュレーションをしてみてください。

手順4
「ふるさと納税」の支援先を探し選択する
 

「配送先情報の登録」や「支払い情報の登録」を行ったら、早速、「ふるさと納税」の「返礼品」を探していきましょう。

「ふるさと納税」の「返礼品」は、「検索窓から検索」「おすすめ人気ランキング」「カテゴリー」「地域」「特集・キャンペーン」などから、探すことが出来ますので、自分が「支援したい自治体」や「返礼品」の種類から、「返礼品」を探してください。

手順5
返礼品をカートに入れ決済する
 

気になる「返礼品」や、支援したい「自治体」が取り扱っている「返礼品」が見つかった人は、その「返礼品」の「サムネイル画像」をクリックして、「返礼品の詳細ページ」を表示させてください。

「返礼品の詳細ページ」が表示されたら、内容をよく読んで確認し、注文したい場合は、「カートに入れる」ボタンをクリックして、「返礼品」をカートに入れてください。

「返礼品」をカートに入れた状態のままだと、まだ決済されていない状態となっていますので、他の返礼品を追加したい人以外は、画面右上の「カート」の「アイコン」をクリックして、カート内の画面を表示させ、「支払い」を完了させて下さい。

後は、注文した「地方自治体」から「返礼品」が送られてくるのを待つだけです。

また、「返礼品」が送られてきた後に、「寄付金受領証明書」が「自治体」から送られてきますので、「確定申告制度」で、「寄付金控除」を申請するつもりの人は、「確定申告」の時期まで、大切に保管してください。

「ワンストップ特例制度」を利用して「寄付金控除」を申請するつもりの人は、「ふるさと納税サイト」から「ワンストップ特例の申請書」をダウンロードして、「本人確認書類の写し」と合わせて、「提出期限」までに、「返礼品」を注文した「各自治体」に「控除」の申請をしてください。

さとふる(ふるさと納税)会員登録

さとふる【ふるさと納税】手数料なぜ無料?

「さとふる」などの「ふるさと納税サイト」の「手数料の欄」を見てみると、「本サービスの利用料は無料とします。」「さとふる ではお客様に送料・支払い手数料のご負担をお願いすることはございません。寄付金額のみのお支払となります。」と書かれています。

でも、これが本当なら、「ふるさと納税サイト」を運営している会社は、どこからの収入で、事業を経営しているのでしょうか?

気になったので、「ふるさと納税サイト」の「ビジネスモデル」を調べてみると、返礼品をサイトに掲載する「地方自治体」が、「ふるさと納税サイト」を運営する「事業者」に対して、「約10%くらいの手数料」を支払っているとのことが分かりました。

また、それ以外にも、「ふるさと納税サイト」内で、目立つ場所に、自分の「自治体の情報」を掲載しようとすると、通常の「手数料」とは別の「広告枠」を、「地方自治体」が「広告費」として購入することもあるようです。

このように「ふるさと納税サイト」を運営する「事業者」は、「返礼品」を掲載してくれる「地方自治体」から、「手数料」を取ることで事業を運営し、逆に、僕たち利用者の「手数料」は、「無料」としているのです。

ただし、その分、地方自治体も「支払った広告費(結局は僕たちの税金なのですが)」分を、「寄付金額額」に上乗せしているはずですので、僕たち利用者も、間接的には、「手数料」を支払っていることになっていると、言えるでしょう。

ワンポイント
  • 「ふるさと納税サイト」の「手数料」は「地方自治体」が支払っているため、利用者の「手数料」は「無料」になっていますが、最終的には「寄付金額」に「経費」として、上乗せされるため、利用者も間接的に支払っていることになっています。

ふるさと納税とは?【さとふる】の専門用語

「さとふる」などの「ふるさと納税サイト」を利用するにあたり、「ふるさと納税サイト」から「返礼品」を申し込む際に、よく目にする「専門用語」は、しっかりと意味を理解しておきましょう。

これら「ふるさと納税サイト」の専門用語を、知らないまま、「返礼品」を注文してしまうと、損をしてしまうこともありますので、「ふるさと納税サイト」から「返礼品」を注文する前に、「ふるさと納税」に関する「専門用語」の意味ぐらいは、しっかり覚えておきましょう。

【さとふる】ふるさと納税とは?ふるさと納税の専門用語

「さとふる」を利用する上で、よく目にする「ふるさと納税の専門用語」について、以下で説明していきます。

ふるさと納税の「仕組み」とは?

ふるさと納税「5つのメリット」

  1. 「寄付をして応援する」ことで「お礼品(返礼品)」が貰える
  2. 「確定申告(もしくはワンストップ特例)」で税金が安くなる
  3. 「好きな地域」を選んで寄付(納税)ができる
  4. 「寄付の用途」も選ぶことができる
  5. 「複数の地方自治体」にも「寄付(納税)」できる

「ふるさと納税」とは、「自分の選んだ自治体に寄付を行う」と、「寄付した金額の中の2,000円を超える部分」は、「確定申告」をすることで、「所得税」の「減額」または「還付」と、「住民税からの控除」を、受けられるという制度です。

ふるさと納税とは ふるさと納税 仕組み 還元率 税金 安くなる 確定申告 住民税 控除 お得 やらなきゃ損 ワンストップ特例制度 返礼品 お礼品 故郷

さらに、「寄付先の自治体」によっては、お礼として「返礼品」を用意してくれている「地方自治体」もあり、「ふるさと納税」に、その地域の特産物が貰える「特典」が付いていたりします。

また、「寄付する地方自治体」は、必ずしも「生まれ故郷」である必要はありませんし、自治体数においても、制限はありません。「ふるさと納税」では、好きな街、応援したい自治体に、自由に寄付(納税)をすることが出来ます。

つまり、「ふるさと納税」を行うと、寄付した金額の「2,000円」を超えた部分の額は、後で「払わなければいけない税金」から差し引くことが出来るので(控除と呼ぶ)、僕たちは、実質2,000円の負担で、「寄付した自治体の特産品」が貰えて、「所得税」や「住民税」などの「税金」も安くなるという「恩恵」を受けることが出来るのです。

このように「ふるさと納税」は、「利用者に多大なメリットのある制度」なのですが、地方自治体にとっても、「税収の確保」や「地域の産業振興」という「メリット」が生じるため、「寄付した個人」「寄付される地方自治体」「地域の生産者」など、関わる全ての人が、幸せになれる制度だと言えるでしょう。

「ふるさと納税」で「控除できる金額(税金を安くすることの出来る金額)」には、「上限が決まっている」ので、「節税」目的の人は「ふるさと納税」に、お金をつぎ込み過ぎると、本末転倒となりますので、その点は、注意してください。

分かりやすい「ふるさと納税」

ふるさと納税の「控除上限額」とは?

「ふるさと納税」で行う「寄付」の「合計金額」が「控除上限額」と呼ばれる金額を超えてしまうと、「自己負担額が2,000円以上になる」ことがあるため、「ふるさと納税」で「寄付をする」際には、各家庭の「控除上限額」を超えないように、注意しなければなりません。

「ふるさと納税」を行う際の「控除上限額」は、「年収」「家族構成」「住んでいる地域」「他の控除との兼ね合い」によって異なってきます。

「独身」「夫婦」「共働き」「子供あり・なし」「子供の数」「子供の年齢」「住んでいる地域」「年収」「他の控除との兼ね合い」などの条件によって、「控除上限額」が変わってきますので、自分の「控除上限額」を知りたい人は、「ふるさと納税サイト」にある「シミュレーション計算機」を利用して、自分の家庭の「上限額」を計算してみると良いでしょう。

ふるさと納税「シミュレーション計算」必要な物

  1. 「源泉徴収票」または「確定申告書」
  2. 「特別徴収税額決定通知書」

「ふるさと納税」の「シミュレーション計算」をする場合は、「源泉徴収票」または「確定申告書」と、「特別徴収税額決定通知書」を用意して、「シミュレーション計算機」に、必要事項を入力していってください。

【さとふる】控除額をシミュレーションする

ふるさと納税の「返礼品」とは?

「返礼品(お礼品)」とは、「ふるさと納税」で寄付をしてくれた人に対して、多くの自治体が、感謝の意味を込めて「返礼品(お礼品)」を用意してくれています。

これが「ふるさと納税」の「お礼品(特典)」なのです。

「返礼品(お礼品)」は、「お米・牛肉・魚介類」など、その「地方」の「特産品」である場合が、ほとんどです。

都市部の住民は、「寄付」を行うことで「返礼品(お礼品)」を受け取り、自治体は「財源」が増え、さらに、その地方の産業需要も促進される、これが「ふるさと納税」の大きな「メリット」となります。

「寄付した人」「地方自治体」「地域の生産者」、皆が幸せになれるのが、「ふるさと納税」という「制度」なのです。

ワンポイント
  • 「ふるさと納税サイト」を利用して、好きな地方自治体に「寄付(納税)」をすることで、「返礼品」が貰えて「税金」も安くなるのが「ふるさと納税」の「メリット」だ!

さとふるの【返礼品】を見る

ふるさと納税の「限度額」とは?

「限度額」とは、「ふるさと納税」では、「寄付金のうち、2000円を超える部分」について、一定の「控除上限額」までは「所得税」や「住民税」から「全額控除」が受けられます。

この一定の、「控除上限額(限度額)」を超える寄付をしてしまうと、自己負担分が、2000円から増えてしまうため、「ふるさと納税」では、自分自身や自分の家庭の「控除上限額(限度額)」を知ることが、まず第一歩となります。

「控除上限額(限度額)」は、「総所得金額」「家族構成」「住んでいる地域」「他の控除との兼ね合い」などで決定するため、人それぞれ違いますので、自分の「控除上限額(限度額)」を知りたい人は、「ふるさと納税サイト」などにある「税額控除シミュレーション」や「控除上限額の早見表」で、確認するようにしてください。

上記のような「ツール」を使用すると、難しい計算式を使って、自分で計算をしなくても、必要な項目を入力していくだけで、簡単に「控除上限額(限度額)」を計算して、大まかな数字を、はじき出してくれます。

【限度額】「早見表」を見る

ふるさと納税の「確定申告」とは?

「確定申告」とは、「毎年1月1日~12月31日までの1年間に生じた、全ての所得の金額」と「それに対する所得税および復興特別所得税の額」を計算し、「申告期限」までに「確定申告書」を提出して、「源泉徴収された税金」などとの「過不足」を清算する手続きです。

自分で商売を営んでいる「個人事業主」や「法人」などは、「確定申告」をする必要がありますが、「給与所得者」である「会社員」の場合は、会社が「源泉徴収」および「年末調整」で、確定申告の代わりをしてくれるので、基本的には、確定申告の必要はありません。

ただし、「会社員」などの「給与所得者」でも、複数からの所得がある場合や、「住宅ローン控除(初年度)」を受けたい人は、「会社員」であっても「確定申告」を、行わなければなりません。

また「ふるさと納税」の「寄付金控除」に関しては、これまでは、全ての人が「確定申告」を行う必要がありましたが、2015年4月から新設された「ワンストップ特例制度」を利用すると、「会社員」であっても「確定申告」を行わずに、簡単な申請書の提出だけで、「ふるさと納税」の「寄付金控除額」と同じ額が、住民税から控除されることとなり、とても便利になりました。

ふるさと納税の「還元率」とは?

「還元率」の計算方法

「還元率(%)」=「返礼品の市場価格」÷「寄付金額(ふるさと納税サイトの価格)」×100

「ふるさと納税」の「還元率」とは「寄付金額」に対して「返礼品」の価値がどれくらいかを表す割合のことです。

例えば、ある「ふるさと納税サイト」で、「寄付金額」が「10万円」と設定されている「返礼品」が、一般市場で「2万円」の値段が付けられていた場合、「2万円÷10万円×100=20%」となるため、「還元率は20%」となります。

ただし、2018年に総務省が「返礼品は寄付額の3割以下の地場産品にせよ」と、各自治体に通知をしたために、この基準を守っている自治体のみが、税控除の対象となることになった為、「還元率3割超」の「返礼品」は、ほとんど見なくなりました。(※この件で、過剰に豪華な返礼品を扱っていた大阪府の泉佐野市などが除外された)

この「ふるさと納税」の「還元率」の「計算方法(計算式)」を覚えておいて、なるべく「パーセンテージ」が高い「高還元率」の「返礼品」を狙って、寄付金を納めていくと、よりお得に「ふるさと納税サイト」が活用出来ますよ。

ワンポイント
  • 「ふるさと納税」では、なるべく「高還元率」の「返礼品」を狙おう!

「高還元率」な「返礼品」を調べる

ふるさと納税の「寄付金控除」とは?

「寄付金控除」とは、「国」「地方公共団体」「特定公益増進法人」などに対して、「特定寄付金」を支出した場合には、「所得控除」を受けることができる制度のことです。

僕たちが、この「所得控除(寄付金控除)」を受けることで、その年の「所得税額」が「軽減」されます。(税金が安くなります)

「給与所得者」である「サラリーマン(会社員)」の場合、「所得控除」のうち「扶養控除」や「保険料控除」などの控除については、「年末調整」で、既に控除の手続きが完了していますが、一方で、「所得控除」のうち、「医療費控除」「ふるさと納税に関連する寄付金控除」などは、原則として「自分で申告(確定申告)」をしないと、受けることが出来ません。

ただし「会社員」であっても、確定申告をせずに済む「ワンストップ特例制度」が新設されたことにより、「一定の条件(※ワンストップ特例の項目を参照)」を満たすと、「ふるさと納税を行った分」の「確定申告」をせずとも、「寄付金控除」と同等の金額を、個人が支払う「住民税」から、税額控除を受けることが出来るように、なりました。

「寄付金控除」の申請方法

ふるさと納税の「控除額」とは?

「控除額」とは、上記の「寄付金控除」や、その他の「所得控除」によって、「控除される金額(所得税から差し引かれる金額)」のことです。

ふるさと納税の「ワンストップ特例制度」とは?

ワンストップ特例制度が利用できる条件

  1. 確定申告をする必要のない立場の人(会社員などの給与所得者等)
  2. その年の「ふるさと納税の納付先」が「5つ以内の人」

「ワンストップ特例制度」とは、「確定申告」をする必要のない「給与所得者(会社員など)」が「ふるさと納税」を行う場合に、「確定申告」を行わなくても、「ふるさと納税」の「寄付金控除」を受けられる仕組みのことを、言います。

つまり、「会社員」の人たちが、「確定申告なし」で、「ふるさと納税」の「寄付金控除」を受けることが出来るように、手続きを簡素化した制度が、「ワンストップ特例制度」と言われる「制度」になります。

「ワンストップ特例制度」を利用する場合、「確定申告」を行わなくても、「確定申告」を行った時の「ふるさと納税」の「寄付金控除相当額」と同額が、「住民税」から控除されるようになりました。

ワンストップ特例制度の「メリット」

  • サラリーマンなどの「会社員」でも、確定申告をする手間を省略して、個人住民税の税額控除(寄付金控除)が受けられる

以前は、「サラリーマン(会社員)」の人でも、「ふるさと納税」の「寄付金控除」を受けるためには、「会社員」が毎年行っている「年末調整」とは別に、「確定申告」を行わなければなりませんでした。

しかし、2015年4月の制度改正によって、それ以降に行う「ふるさと納税」に関しては、もともと「確定申告をする必要のない立場の人(会社員などの給与所得者等)」で「ふるさと納税の納付先が5か所までの人」に限り、「ワンストップ特例制度」の申請をすることで、確定申告をしなくてもよくなりました。

「ワンストップ特例制度の対象となる人」の「寄付金控除」の情報は、「寄付をした自治体」から「対象となる人の住所がある自治体」へ、送付されることになります。

ワンストップ特例制度【申請の必要書類】

  1. ワンストップ特例申請書(ふるさと納税サイトからダウンロード可能)
  2. マイナンバー提供に必要な本人確認書類(マイナンバーカードの写し、番号通知カードの写し、マイナンバー記載ありの住民票、運転免許証の写し、パスポートの写し、健康保険証、年金手帳、提出先自治体が認める公的書類など)

※ワンストップ特例制度の申請を受けるために必要な「申請書」は、上記の2点となります。ワンストップ特例制度の「申請方法」と、「申請書類の詳細」については、「各ふるさと納税サイト」で、詳しく説明してくれていますので、そちらをチェックして、上記の「必要書類」を、「ふるさと納税を行った先の地方自治体」に送付してください。ワンストップ特例制度の「申請期限」は、「ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)まで」となりますので、遅れないように、注意してください。

わかりやすい「ワンストップ特例」

さとふる「ふるさと納税」まとめ

今回は、「さとふる」の「ふるさと納税」について、解説をしてきました。

「ふるさと納税」とは、「自分の選んだ自治体に寄付を行う」と、「寄付した金額の中の2,000円を超える部分」は、「確定申告」をすることで、「所得税」の「減額」または「還付」と、「住民税からの控除」を、受けられるという制度です。

また、その「自治体」の特産品を、寄付の「返礼品」として貰えることも、「支援者」にとっては、大きな「メリット」になっています。

このように、「さとふる」などの「ふるさと納税サイト」を利用することで、「地方自治体」独自では、集客が難しい「ふるさと納税」を、広く知ってもらうチャンスが生まれたりしますので、是非、この機会に「ふるさと納税サイト」の「さとふる」を利用したい人は、無料の「会員登録」から、行ってみてください。

さとふる【ふるさと納税】会員登録(無料)する★

「さとふる」で「ふるさと納税」を行いたい人は、まずは「無料」の「会員登録」を行ってください。

「さとふる」で「会員登録」を行うと、「支援したい地方自治体」や「お好みの返礼品」に、「ふるさと納税」を通じて、支援することが出来ますので、試してみてくださいね。

さとふる【ふるさと納税】会員登録
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」や、利用中の「手数料」は「無料(タダ)」です。お得な「返礼品」と「節税」の機会を手に入れましょう。

クラウドファンディング・サービス「一覧リスト」★

サービス名カテゴリー投資の見返り
CREAL(クリアル)不動産投資型配当金
FANTAS funding(ファンタスファンディング)不動産投資型配当金
Jointoα(ジョイントアルファ)不動産投資型配当金
Owners Book(オーナーズブック)不動産投資型配当金
LENDEX(レンデックス)不動産投資型配当金
Pocket Funding(ポケットファンディング)不動産投資型配当金
FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型未公開株の売却益
Unicorn(ユニコーン)株式投資型未公開株の売却益
SBIソーシャルレンディング融資型(ソーシャルレンディング)配当金
maneo(マネオ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CROWD CREDIT(クラウドクレジット)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Crowd Bank(クラウドバンク)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
SAMURAI証券(サムライ証券)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
COOL(クール)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
ネクストシフトファンド融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Funds(ファンズ)ファンド貸付型配当金
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)購入型モノ・サービス
ふるまるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるなびふるさと納税型寄付控除・返礼品
さとふるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとチョイスふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとプレミアムふるさと納税型寄付控除・返礼品

以上が、有名な「クラウドファンディング・サービス」の「分類別」の「一覧リスト」になります。

是非、参考にしてみてください。