これからは「個人で稼ぐ時代」です。

オーナーズブック(OwnersBook)登録方法・口座開設|ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディング

オーナーズブック Owners Book 登録方法 口座開設 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 投資 確定申告 手数料 投資リスク

オーナーズブック 口座開設
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」「口座開設」は「無料(タダ)」です。資産運用を始めたい人は、登録してみてください。

オーナーズブック(OwnersBook)登録方法・口座開設|不動産投資ソーシャルレンディング・確定申告

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告

「オーナーズブック(OwnersBook)」は「ロードスターキャピタル株式会社」が提供する不動産に特化した「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」の「サービス」です。

「オーナーズブック(OwnersBook)」が手掛ける「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」は、「お金を借りたい人(企業)」と「お金を貸して利息収入を得たい人(投資家)」を、インターネットを通じて結びつける「新しい金融サービス」です。

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 投資リスク

「オーナーズブック(OwnersBook)」の最大の特徴は、「不動産に特化したファンド(金融商品)に投資できる」という点です。

「オーナーズブック(OwnersBook)」を使えば、「個人投資家」が「ファンド(金融商品)」に投資する場合は、「1口1万円~」の最低出資額から、少額投資をすることが可能です。

オーナーズブック(OwnersBook)の特徴

  1. 1口1万円からの「小口投資」が可能
  2. 会員登録・口座開設・口座維持手数料は全て「無料」
  3. 利益は「分配金」として配当
  4. 不動産に特化した投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)

「オーナーズブック(OwnersBook)」の特徴としては、上記のような「特徴」があります。

また「オーナーズブック(OwnersBook)」で投資できる「ファンド(金融商品)」には、「2タイプ」があり、それぞれ「貸付型案件」と「エクイティ案件」という風に、呼ばれています。

投資ができる案件のタイプ

貸付型案件

「営業者(ロードスターファンディング)」が行う「不動産担保ローン事業」に対して、「匿名組合出資」という形態で、投資をしていきます。

「匿名組合」とは、投資家(匿名組合員)が営業者に出資をして、営業者の営業により生じる利益を、匿名組合員に「分配金」として配当を行うことを約束する契約形態のことです。

つまり、匿名組合員(投資家)から集めた資金を、営業者が事業を行って利益を上げ、その利益を匿名組合員に分配する契約となります。

一般的な「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」の形となります。

※「ロードスターファンディング」とは、「ロードスターキャピタル株式会社」の「100%出資の子会社」で、投資家から集めた投資資金を、投資案件に応じて、適切に貸付・管理する会社です。

エクイティ案件

「エクイティ型」は、クラウドファンディングで集めた資金を使って、単数または複数の特別目的会社(SPC)を経由して、「不動産信託受益権」を購入します。

投資家は、物件運用中の「賃料収入」や「不動産信託受益権の売却による売却益」を、Owners Bookから「配当」として受け取ります。

※「信託受益権」とは、所有不動産を信託銀行等に委託した際に、委託者が得る、その資産から発生する経済的利益(賃料収入など)の配当を受け取る権利のことです。不動産業界では、資産の流動化を図る流れが加速しており、不動産自体を売買するのではなく、所有権の移転登記が不要な、不動産から生まれる権利である「信託受益権」を売買するケースが増えてきています。

※特別目的会社(SPC = Special Purpose Company)とは、特定の資産を担保にした「証券」の発行など、限定された目的のために設立される会社を指します。不動産投資の場合には、対象となる不動産を保有したり、それを裏付けに資金を調達するなどの役割を果たします。

LD1合同会社への匿名組合出資という形態で投資をしていきます。

エクイティ型案件のリスクとリターン

エクイティ型案件は、不動産の賃料収入や売却益が「配当原資」となるため、購入時よりも高い金額で物件を売却できると、その分「配当が増える」というメリットがある反面、購入時よりも安い金額で、物件を売却してしまうと、元本が一部、もしくは全額毀損するリスクもあります。

つまり、エクイティ型は、貸付型(ソーシャルレンディング)よりも、変動が大きくなるため、リターンは大きいが、リスクも大きくなる傾向があります。

不動産投資を始めたいが、資金がなくて、始めることが出来ない人でも、「オーナーズブック(OwnersBook)」を利用すれば、少額の資金から、不動産投資を、間接的に始めることが出来ます。

オーナーズブック【公式】

オーナーズブック(OwnersBook)登録・始め方・使い方・口座開設

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 手数料

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「ファンド(金融商品)」に投資したい人のために「オーナーズブック(OwnersBook)」の「始め方」「使い方」「口座開設方法」について、解説していきます。

「オーナーズブック(OwnersBook)」始め方・使い方

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「ファンド(金融商品)」に投資をして、資産運用を始めるためには、まず「オーナーズブック(OwnersBook)」の「口座開設(無料)」を、やっていきましょう。

オーナーズブック(OwnersBook)口座開設・新規登録方法

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 会員登録

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「口座開設」「新規登録方法」の「やり方」を、説明していきます。

オーナーズブック(OwnersBook)口座開設条件

  1. 申請段階で20歳以上75歳未満の人
  2. Owners Bookの審査に通った人

口座開設の方法と流れ

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「投資家登録」は、個人だけでなく「法人」でも「登録することが可能」です。

個人投資家の口座開設方法

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 融資型 貸付型

ステップ1
仮会員登録

まずは「オーナーズブック(OwnersBook)」のサイトから、仮会員登録を行っていきます。

仮登録は「メールアドレスのみ」での登録か、「Facebook」「Yahoo!JAPAN ID」との連携で、登録することが出来ます。

「ユーザー登録」

ステップ2
仮会員登録後に認証メールを確認
 

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 新規登録

仮登録時に入力した「メールアドレス」に、仮登録完了のメールが送られてきます。

送られてきたメールに記載されているURLをクリックして、会員登録画面から、必要事項を入力すると、会員登録は完了です。

ステップ3
投資家登録と口座開設
 

会員登録が完了したら、「オーナーズブック(OwnersBook)」のサイトにログインしてください。

ログイン後、トップページの「投資家申請」をクリックして、投資家申請画面に沿って、必要事項を入力し、本人確認の資料をアップロードしてください。

ステップ4
本人確認ハガキの受取り

本人確認の資料をアップロードすると、アップロードされた本人確認資料を、「オーナーズブック(OwnersBook)」側で審査してくれます。

審査に合格すると、登録した住所に、本人所在確認のための「簡易書留のハガキ」が、郵送で送られてきますので、受け取ってください。

「オーナーズブック(OwnersBook)」側で、簡易書留のハガキの受取りが確認できると、投資家登録は完了し、投資ができるようになります。

口座開設をする(無料)

法人投資家の口座開設方法

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「法人口座の開設」は、個別で対応してくれていますので、「オーナーズブック(OwnersBook)」の「公式サイト」の「メールフォーム」から、申込をしてください。

「メールフォーム」から申し込みを行うと、「法人会員登録」に必要な「申込書」をメールにて、送信してくれます。

口座開設に必要な書類

「オーナーズブック(OwnersBook)」で「投資家登録」する際の「個人」と「法人」の、提出しなければいけない「必要書類」を、以下に記載しましたので、確認しておいてください。

必要書類
個人の必要書類

1.本人確認書類

運転免許証

マイナンバーカード(個人番号カード)

健康保険証

パスポート

運転履歴証明書

在留カード

特別永住者証明書

上記いずれかの1点の写しを用意する

2.口座確認の資料

通帳

キャッシュカード

ネット銀行の場合は、口座情報の確認できるスクリーンショット

3.マイナンバー確認資料

個人番号カード(マイナンバー)

通知カード

マイナンバーを記載した住民票

オーナーズブック(OwnersBook)投資方法・投資の流れ

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 貸付型

「オーナーズブック(OwnersBook)」を利用した「投資方法」や「投資の流れ」について、説明していきます。

取引開始までの流れ

ステップ1
投資用資金の入金

専用の振込口座情報は、投資家登録完了を知らせてくれたメール、またはログイン後の「入金する」から、確認できます。

「振込口座情報」を確認して、指定口座に投資用資金の入金を済ませてください。

ステップ2
投資案件に投資申込
 

投資用資金を入金すると、ログイン後の「投資口座情報」で、入金履歴を確認することが出来ます。

次は、自分の気に入った案件を選択し、投資内容等を確認した上で、納得のいく「ファンド(金融商品)」に、応募してみてください。

まずは「ユーザー登録(無料)」

オーナーズブック(OwnersBook)入金・出金方法

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「入金方法」と「出金方法」について、もう少し詳しく、解説していきます。

入金の「振込手数料」は「自己負担」

「投資家」が出資金を「オーナーズブック(OwnersBook)」の口座に振り込む場合の、金融機関の「振込手数料」は、それぞれの「投資家」が負担します。

「投資家」が負担する「振込手数料」の金額は、あなたが利用している「金融機関」によって異なりますが、だいたい「500円前後」が、相場だと思います。

出金の「払戻手数料」も「自己負担」

「出金の手続き」は、「マイページ」の「払戻依頼」ボタンから可能です。

なお、手続きの際に「支払い用パスワード」が必要になってきます。払戻の際の「事務手数料」は「300円(消費税別)」となっており、実際の払戻金額は、依頼した金額から手数料が引かれた金額が、払戻しされます。

また、銀行口座が未登録の場合は、払戻手続きに進めることが出来ないので、まずは「銀行口座登録」を進めてください。

銀行口座の登録手続きが完了すると、払戻手続きを行うことが可能となります。

「ファンド(金融商品)」を見る

「オーナーズブック(OwnersBook)」手数料・投資リスク

「オーナーズブック(OwnersBook)」を利用して「ファンド(金融商品)」に投資をしていく際の、「手数料」と「投資リスク」は、しっかりと把握しておきましょう。

オーナーズブック(OwnersBook)の手数料

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「口座」を開設して、「ファンド(金融商品)」に投資をしていくにあたって、やはり1番気になるのは、「手数料」ではないでしょうか。

「手数料」が高ければ、いくら「ファンド(金融商品)」の「利息」や「分配金」で稼いでも、意味がありませんので、「手数料」は、しっかり把握しておきましょう。

オーナーズブック(OwnersBook)の手数料

手数料金額
会員登録に関する費用0円(無料)
口座開設に関する費用0円(無料)
口座管理に関する費用0円(無料)
出資申込をする場合の費用0円(無料)
解約・退会する場合の費用0円(無料)
入金する時の費用金融機関が指定する振込手数料
分配金の払い戻し時の振込手数料300円(+消費税・地方消費税)
出金する時の費用0円(無料)

ファンド運用中の手数料

手数料金額
営業者報酬「ロードスターファンディング」側は、「営業者報酬」という形で、「貸付金額の上限3%まで」の「手数料」を取っています。貸付利率が7%で、営業者報酬がMAX3%だった場合、実際の「運用利回り」は4%となりますので、その点は注意してください

「ロードスターファンディング」は、営業者報酬として「手数料」を、貸付先の「貸付利率」から取っていますので、僕たち「投資家」の「運用利回り」は、貸付利率から「営業者報酬」を引いた「パーセンテージ」が、表示されているわけです。

「利回り」や「手数料」をチェックする

注意
紹介している情報は、2019年10月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

オーナーズブック(OwnersBook)の投資リスク

「オーナーズブック(OwnersBook)」は「お金を必要としている個人や企業」と「お金を投資して運用したい投資家」を結びつけることで、「新しいビジネス」や「新しい雇用」を創出し、経済を成長させていく「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」を利用した「プラットフォーム」です。

価格変動リスク
  1. 担保となる不動産に関するリスク
  2. 不動産の価格変動リスクにより、出資金の返還が、最初に出資した元本を割り込む可能性がある
信用リスク
  1. 借入人の財務状況・信用状況の悪化または倒産のリスク
  2. 営業者および募集取扱業者の信用状況および債務不履行のリスク
その他のリスク
  1. 匿名組合員の地位の流動性が限定的であること
  2. 利益の分配、出資金の返還事務に伴うリスク
  3. 匿名組合契約は、クーリングオフの対象にならないこと

「投資リスク」を確認する

ソーシャルレンディングはミドルリスク・ミドルリターン

「オーナーズブック(OwnersBook)」などの「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」は、一般的に「ミドルリスク・ミドルリターン」の「金融商品」だと言われております。

オーナーズブック ownersbook owners book 口座開設 登録方法 不動産投資 ソーシャルレンディング クラウドファンディング 確定申告 メリット デメリット 手数料

「オーナーズブック(OwnersBook)」が取り扱う「ファンド(金融商品)」には、他の金融商品と比較して、以下のような「メリット」や「デメリット」があります。

オーナーズブック(OwnersBook)のメリット・デメリット

オーナーズブック(OwnersBook)の「メリット」と「デメリット」
メリット

・銀行預金や債券よりも、利回りが良い

・少額から投資ができる

・株式市場や為替市場のような、値動きがほとんどない

・商品によっては、毎月、配当金を得ることが出来る

デメリット

・元本保証がない

・1度、ファンド(金融商品)に投資をすると、償還までは途中解約・換金ができない

・様々な外的リスクで、当初の表面利回りを下回る可能性がある

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」を利用して、「ファンド(金融商品)」に投資をすると、「元本割れ」の可能性がある分、利回りも「国債」や「銀行預金」よりも、高い水準となっています。

また「FX」や「株」と比較すると、「市場でオープンに売買されている金融商品」ではないため、「値動きの変動」がなく、1度、「ファンド(金融商品)」に投資をしてしまうと、後は「放置状態」で、毎月(一定期間)入ってくる「分配金」を得ることが出来ます。

さらに「株」のように「最低購入単元」が「100株以上」という制約もなく、「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」を利用して、「ファンド(金融商品)」に投資をする場合は、「1口1万円」から、投資ができる「サービス」が、ほとんどです。

ですので、「会社員」の「副業」や、投資「初心者」の人にとっては、「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」は、手軽に始めやすく、続けやすい「投資方法」だと言えるでしょう。

金融商品の「リスク」「リターン」

金融商品の「リスク」&「リターン」
リスク「小」「中」「大」
リターン「小」「中」「大」
主な金融商品

「国債」

「銀行預金」

「ソーシャルレンディング」

「クラウドファンディング」

「投資信託」

「株式」

「FX」

「投資型クラウドファンディング」

「オーナーズブック」の始め方

「オーナーズブック(OwnersBook)」の確定申告

「オーナーズブック(OwnersBook)」を利用するにあたって、「税金」のことや「確定申告」のことを、ここで簡単に説明しておきます。

疑問点回答
「分配金」の「所得」は何所得ですか?「分配金」の「所得」は「雑所得」となります。給与所得と退職所得以外の所得の合計が、年間20万円以下の場合は、確定申告の義務はありませんが、20万円を超えてしまった場合は、確定申告の義務が発生します。
利用中に取られる「税金」は?源泉徴収制度に基づき、分配金の利益額から「源泉徴収税」の「20.42%」が差し引かれ、所得税の前払いとして営業者が、代わりに支払ってくれます。
他の金融商品との「損益通算」はできるの?「分配金」は「雑所得」となるため、「損益通算」は出来ません。
確定申告に利用する「年間取引報告書」は貰えるの?毎年、1月末頃を目安に、「年間取引報告書」が貰えるようになっていますので、確定申告に利用してください。

「オーナーズブック(OwnersBook)」で投資をする際の「ファンド(金融商品)」の「分配金」は、「雑所得」となるため、「分離課税」ではなく「総合課税」となってしまいます。

また「雑所得」となると、他の所得との「損益通算」は出来ませんので、その点は、注意してください。

なお、「ファンド(金融商品)」の「分配金」は、「源泉徴収税」として「20.42%」が既に差し引かれていますので、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下の人で、確定申告の義務がない人でも、確定申告をすることで、先に収められていた「源泉徴収税」の分の税金が、一部戻ってくることがありますので、是非、試してみて下さい。

「ユーザー登録(無料)」

「ソーシャルレンディング」の専門用語

「オーナーズブック(OwnersBook)」を利用するにあたって、よく目にする「ソーシャルレンディング」や「クラウドファンディング」「不動産投資」の専門用語について、最後に、簡単に説明しておきます。

ソーシャルレンディングの専門用語

クラウドファンディング

「クラウドファンディング」とは、不特定多数の人が、主にインターネットを通じて、会社やグループ、個人などに資金の出資や投資、貸付、提供などを行うことを言います。

群衆(Crowd)と資金調達(funding)を掛け合わせた造語だそうです。

匿名組合契約

「匿名組合契約」とは、商法535条に規定されている「契約形態」で、出資者(匿名組合員)が営業者(クラウドファンディング事業者)の事業に出資をして、営業者が、その事業から生じる利益を、出資者に分配することを約束する契約のことを、言います。

なお、「匿名組合契約」では、投資元本の保証はないために、最悪の場合、元本が失われてしまう場合も、あります。

ただし、出資した元本以上の損失はないために、出資額をコントロールすることで、リスクを自分でコントロールすることが出来ます。

貸付

「貸付(かしつけ)」とは、条件を付けて、「金銭」「土地」「物品」「権利」などを貸す行為です。

条件としては「金利を付けたり」「期間を限定したり」「担保を取る」などがあります。

「貸付」と似た言葉で、「融資」という言葉もあるのですが、「融資」は「お金を貸す」ことに使われるのに対して、「貸付」はお金以外を貸すことにも、使われる言葉となっています。

ファンド

「ファンド」とは、「金融商品」のことです。

「投資家」から集めた資金を運用し、運用成果に応じて、利益が出れば、出資してくれた投資家に、出資額に応じた分配金を配当する仕組みの「金融商品」となります。

「オーナーズブック」の口座開設

「オーナーズブック(OwnersBook)」まとめ

今回は、「オーナーズブック(OwnersBook)」の「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」について、解説をしてきました。

「オーナーズブック(OwnersBook)」を利用して、「ファンド(金融商品)」に投資をすれば、基本は、「放置」で、資産運用をしていくことが可能です。

これから「資産運用」を始めたいと思っている「投資初心者」の人は、是非、この機会に「オーナーズブック(OwnersBook)」の「会員登録(無料)」を行い、投資を始めてみてください。

「オーナーズブック(OwnersBook)」口座開設(無料)をする★

「オーナーズブック(OwnersBook)」の「ユーザー登録(無料)」から「口座開設(無料)」をすると、販売されている「ファンド(金融商品)」を、全て確認することが出来ます。

まずは「オーナーズブック(OwnersBook)」の「会員登録」を行い、どのような「ファンド(金融商品)」に投資できるのかを、是非、チェックしてみてください。

オーナーズブック 口座開設
ユーザー登録(無料)

「ユーザー登録」「口座開設」は「無料(タダ)」です。資産運用を始めたい人は、登録してみてください。

クラウドファンディング・サービス「一覧リスト」★

サービス名カテゴリー投資の見返り
CREAL(クリアル)不動産投資型配当金
FANTAS funding(ファンタスファンディング)不動産投資型配当金
Jointoα(ジョイントアルファ)不動産投資型配当金
Owners Book(オーナーズブック)不動産投資型配当金
LENDEX(レンデックス)不動産投資型配当金
Pocket Funding(ポケットファンディング)不動産投資型配当金
FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型未公開株の売却益
Unicorn(ユニコーン)株式投資型未公開株の売却益
SBIソーシャルレンディング融資型(ソーシャルレンディング)配当金
maneo(マネオ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CROWD CREDIT(クラウドクレジット)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Crowd Bank(クラウドバンク)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
SAMURAI証券(サムライ証券)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
COOL(クール)融資型(ソーシャルレンディング)配当金
ネクストシフトファンド融資型(ソーシャルレンディング)配当金
Funds(ファンズ)ファンド貸付型配当金
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)購入型モノ・サービス
ふるまるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるなびふるさと納税型寄付控除・返礼品
さとふるふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとチョイスふるさと納税型寄付控除・返礼品
ふるさとプレミアムふるさと納税型寄付控除・返礼品

以上が、有名な「クラウドファンディング・サービス」の「分類別」の「一覧リスト」になります。

是非、参考にしてみてください。

ファンタスファンディング FANTAS funding 登録方法 口座開設 ソーシャルレンディング 投資 確定申告ファンタスファンディング(FANTAS funding)登録方法・口座開設|ソーシャルレンディング投資・確定申告

「LINEスマート投資」ラインのワンコイン投資とは