これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)新宿エリア登録|新宿地域の宅配バイト配達員

ウーバーイーツ Uber Eats 配達員 新宿エリア 宅配バイト 登録 東京 都内 配達パートナー

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員|新宿エリアの宅配バイト登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「新宿エリア(東京都内)」で宅配バイト登録をする方法を、解説していきます。

Uber Eatsの「配達パートナー」になる

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)個人事業主の確定申告・税金|副業・配達員・配達料

配達エリア(サービスエリア)を選ぶ時のポイント

東京都内で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として稼働する場合の、「配達エリア(サービスエリア)」を選ぶ時のポイントを、簡単に整理してみました。

  1. 坂道が多いエリアでの自転車での配達は回避したい
  2. レストラン(飲食店)が多いエリアを選ぶ
  3. なるべく交通費が掛からないエリアを選ぶ

坂道が多いエリアの自転車での配達は回避したい

「登録車両」を「自転車」にして、自転車で配達しようと考えている「配達パートナー(配達員)」の人は、「配達するサービスエリア内」に「坂道」が多いかどうかも、とても重要な点になってきます。

電動アシスト付き自転車」を使う場合でも、「アップダウン」が激しいエリア(地域)ですと、坂道が少ない地域と比較しても、体力の消耗度合いが極度に違います。

東京都内でも西側に地区は、坂道が多いエリアが沢山ある(六本木・渋谷・神楽坂・麻布十番・広尾・高輪・茗荷谷など)ので、自転車で配達を考えている人は、この辺りのサービスエリアを避けるのも、検討した方が良さそうですね。

「原宿」、「赤坂」辺りも坂道があったりするので、体力に自信がない人は、東京都内であれば「新宿エリア」や「青山エリア」が、坂道が少なくて、おすすめです。

東京都内サービスエリアで坂道が少ない所
新宿エリア青山エリア

レストラン(飲食店)が多いエリアを選ぶ

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として効率よく稼ぎたいなら、「配達リクエスト」を待つために「待機する場所」も重要です。

配達リクエスト」が入ってくるかどうかは、「レストラン(飲食店)」との距離が、なるべく近い場所で「待機」をすることがポイントです。

ですので、多くの「配達リクエスト」を受けようとすると、「レストラン(飲食店)」が多く集中している「サービスエリア(配達可能地域)」で待機しておけば、配達リクエストが入る確率が高まり、有利になります。

ただし、「配達リクエスト」が多く入ってくる「レストラン(飲食店)」が集中しているようなエリアは、ライバルも多いため、競合も多くはなります。

あとは、「レストラン(飲食店)」が多いエリアは、人通りも多くなるので、自転車などでも走りにくい時があり、その点も注意が必要です。

東京都内サービスエリアでレストランが多い場所
六本木エリア渋谷エリア
新宿エリア青山エリア
恵比寿エリア赤坂エリア
麻布十番エリア原宿エリア
広尾エリア田町エリア
新橋エリア神保町エリア

なるべく交通費が掛からないエリアを選ぶ

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」をする場合、配達を行う「サービスエリア(配達可能地域)」までの「交通費」や「移動コスト」も、計算に入れなければなりません。

案外、この「交通費」が、利益を食っていく場合があり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア(配達可能地域)」までの、「時間」や「交通費」が掛かってしまっている「配達パートナー(配達員)」の人は、今一度「配達エリア」を検討し直した方が、良いかもしれません。

いくら「配達リクエスト」多く鳴る「サービスエリア(配達可能地域)」を選んでいても、そこに行くのに、毎日「交通費」が掛かっていては、最終的な「手残りの利益」が少なくなってしまうので、気を付けた方がいいです。

Uber Eats ウーバーイーツ ダイエット 痩せる方法Uber Eats(ウーバーイーツ)ダイエット商品(サラダ・スムージー)頼み方・注文方法

Uber Eatsの「配達パートナー」に登録

「Uber Eats」の「配達パートナー」新宿エリアの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」にとって、東京都内の「新宿エリア」は、初心者の人でも「かなり稼ぎやすい地域」だと言えるでしょう。

下の「ヒートマップ」は「東京都内」「千葉県」「埼玉県」を網羅した「注文数の多いエリア」を表しています。

ウーバーイーツ ubereats 稼げるエリア 地域 東京 都内 23区

もちろん、東京都内では「新宿エリア」は、「ヒートマップ」の赤い地域に入っており、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」にとって、稼ぎやすさの基準となる「配達リクエスト」の件数も、かなり多いエリア(地域)となります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」初心者の人でも、「新宿エリア」は「配達リクエスト」が多いので、比較的、最初から稼ぎやすいエリアなので、東京で稼働したい人にとっては、検討する余地のある地域といって良いでしょう。

「新宿エリア」での「配送リクエスト」は、「西新宿」「池袋」「四谷」「代々木」あたりからの「注文」も多く、これらのエリアは、交通量こそ多いのですが、キツイ坂道などもなく、比較的、自転車でも走りやすい地域ばかりですので、その点も、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になったばかりの「初心者」の人にも、おすすめしたいエリア(地域)の「理由」でもあります。

また、特に上記のエリアの中でも、「西新宿」あたりは、オフィス街ということもあり、「会社員」の人が「モーニング」「昼ご飯」「晩御飯」「夜食」「軽食」などで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を利用している人が、多くいます。

「Uber Eats」新宿エリアの「メリット」「デメリット」
新宿エリアの「メリット」新宿エリアの「デメリット」
1日中、安定した「配達リクエスト」が入ってくるので、初心者~上級者にもオススメ歩道は人で溢れているので、走りづらい
坂道が少なく、体力に自信のない人でも、稼働し易い綺麗な部分と、汚い部分が混雑しているので、様々な人間模様などが垣間見れる
四谷・池袋・代々木などの方面にエリアを変更する時でも、坂道が少ないので、移動しやすいとにかく人が多いので、人混みが苦手な人は辛いかも

「マクドナルド(マック)西新宿店」はポイント

ファーストフード店を狙うのであれば、歌舞伎町エリア当たりで、「配達リクエスト」が入ってくるのを待って、「配達リクエスト」が入ってきたら、配達の仕事を開始するのが、効率が良い配達方法だと思います。

「新宿エリア」は、注文をくれる「ユーザー(注文者)」の属性もバラバラで、歌舞伎町も近いことから、「ディナータイム」や「深夜」になると、夜の仕事をやっていそうな水商売系の女性などからも注文が来ます。

この「新宿エリア」で、夜の時間帯を狙って、配達の仕事をしたい場合は、19時~20時以降の「マクドナルド(マック)の西新宿店」は、かなり「配達リクエスト」を鳴らしてくれるので、ピンポイントで狙いを絞って、付近で待機してても良いかもしれません。

新宿エリアでも注文が期待できるファーストフード店
  1. マクドナルド(マック)
  2. 松屋
  3. 松野屋
  4. ケンタッキーフライドチキン
  5. バーミヤン
  6. ガスト 等
ウーバーイーツ Uber Eats 支払いカードのみ? 現金支払い設定 支払い方法ウーバーイーツ(Uber Eats)支払いカードのみ?現金支払い設定・支払い方法

まずは「会員登録」をする

「Uber Eats」の「配達パートナー(配達員)」登録やり方

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」への登録のやり方・配達員のなり方について、説明していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」「レストランパートナー(飲食店)」「ユーザー(注文者)」の「3者」の「仕組み」と「ビジネスモデル」は、以下の図のようになります。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、「配達パートナー(配達員)」「レストランパートナー(飲食店)」「ユーザー(注文者)」の「3者」を、「独自のプラットフォーム」を利用してマッチングさせて、「ユーザー(注文者)」の元に、人気店の美味しい料理を届ける「フードデリバリー・サービス」のことです。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

Uber Eatsの「ビジネスモデル」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナーのメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」登録をやる上で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になった時の「メリット」と「デメリット」を、僕なりに出してみましたので、以下の表をご覧ください。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」配達パートナーの「メリット」「デメリット」
配達パートナーのメリット配達パートナーのデメリット
好きな場所、自由な時間で働ける雇用された労働者ではないために「雇用保険」「社会保険」「労災」などの保障が受けられない
気の合わない上司や同僚などとの人間関係がないケガや病気で配達の仕事ができなくなると、収入が途絶えてしまう
採用されるための面接がない。登録すれば、これまでの経歴や、今の立場に関係なく、仕事ができるようになる「ガソリン代」「配達で使用する道具」など、「経費」として自分で購入する必要がある
「勤務」という概念がないため、「シフト」や「出勤日」がない「個人事業主」となるため、自分で「確定申告」を行い、税金を納める義務が出てくる
サービスエリアなら、どこで働いてもOK。サービスエリアをまたいで稼働してもOK(例:神戸⇔大阪⇔京都)雨の日や悪天候の日など、天気によって、仕事へのやる気が削がれる
「個人事業主」となるため、会社にバレにくい「副業」である体力がいるので、体力に自信のない人には、辛い

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、「空いた時間」に「自転車」や「原付バイク」で「フードデリバリー」を行うという、非常にシンプルな「副業」なので、兼業の方でも、月に10万円以上稼いでいる人も、多く見てきました。

「副業」として取り組む人も、確実に報酬を受け取ることが出来るので、とても始めやすい仕事ではないかと思います。

ウーバーイーツ(Uber Eats)京都エリアの人気店・おすすめ店舗ウーバーイーツ(Uber Eats)京都エリアの人気店・おすすめ店舗

Uber Eatsの「配達パートナー」報酬体系

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」なり方

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のなり方・登録方法について、説明していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のなり方は、以下の「2つのステップ」をクリアする必要があります。

「配達パートナー(配達員)」のなり方・登録方法
  • WEBで配達パートナー募集サイトを開き登録を完了させる
  • パートナーセンターへ行き、アカウントを有効化してもらう
①WEBで配達パートナー募集サイトを開き登録を完了させる
  1. 「配達パートナーの募集サイト」を開く
  2. 「配達パートナー」の「アカウント」を作成する
  3. 配達に使用する「車両」を選択する
  4. 必要書類」を理解する
  5. 「登録書類」をアップロードする
  6. 報酬の振込先である「銀行情報」を登録する
  7. Uber Driverアプリをインストールする

ウーバーイーツ uber eats 配達パートナー 登録方法

②パートナーセンターへ行き、アカウントを有効化してもらう
  1. パートナーセンターの場所と営業時間を確認する
  2. パートナーセンターに行く際の持ち物を確認する
  3. パートナーセンターで説明を受け「アカウント」を有効化する

uber eats ウーバーイーツ パートナーセンター 所在地

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」登録の流れとしては、まずは「配達パートナー募集サイトから会員登録」、そして近くの「パートナーセンター(事務所)で作成したアカウントの有効化」という流れになります。

東京都内の「新宿エリア」にも「パートナーセンター」がありますので、近くに住んでいる人は、「新宿のパートナーセンター」に行って、「アカウント」を有効化してもらってください。

Uber Eatsの「配達パートナー」に登録する

ウーバーイーツ Uber Eats 東京エリア 人気店 おすすめ店舗ウーバーイーツ(Uber Eats)東京エリアの人気店・おすすめ店舗

まとめ

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、「新宿エリア(東京)」で宅配バイト登録をする方法を、解説してきました。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になって「新宿エリア(東京)」で、配達の仕事をしたい人は、是非、この機会に「配達パートナー募集サイト」を開いて、「会員登録」を行ってみてくださいね。

Uber Eatsの「会員登録(無料)」

エニカ Anyca 個人間 カーシェアリングとは 副業 儲かる方法エニカ(Anyca)個人間カーシェアリングとは|車の副業で儲かる方法

「おすすめ記事」主婦や女性でも稼げる在宅スマホ副業33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録