これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ビジネスモデル・配達員の仕組み・バイトより稼げる?

Uber Eats ウーバーイーツ バイト 稼げる 仕組み システム ビジネスモデル

Uber Eats(ウーバーイーツ)ビジネスモデル・配達員の仕組み・バイトより稼げる?

uber eats ウーバーイーツ 出前サービス 宅配サービス

最近、街中でもよく見かける「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達員(配達パートナー)」の人たち。

今、日本でも広がりをみせている、出前宅配サービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「仕組み」や「ビジネスモデル」について解説していきます。

「ウーバーイーツ」への登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のビジネスモデル(仕組みシステム)

まずは「Uber Eats(ウーバーイーツ)」について、簡単に説明していきます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、①「ユーザー(注文者)」②「レストランパートナー(料理を調理する人)」③「配達パートナー(料理を配達する人)」の3者を、「Uber(ウーバー)」の革新的な「テクノロジー」を使って、結びつけた「Food Delivery(フードデリバリー)」のサービスのことです。

日本で昔からある「出前サービス」に似た「システム(仕組み)」です。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

では、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の何が、そこまで革新的なのかを、説明していきます。

従来の「出前サービス」では、「プラットフォーマー(仕組みを作る側)」と「レストランパートナー」という組み合わせか、もしくは「レストラン」独自が、出前サービスを展開しているかの、どちらかでした。

従来の出前サービスの仕組み

  1. 「レストラン(飲食店)」が「独自」に出前を行い、「レストラン(飲食店)」の従業員を使い配達までこなしていた
  2. 「プラットフォーマー(ECサイト)」と「レストラン(飲食店)」が組んで集客をし、配達は「レストラン(飲食店)」側がしていた

昔の「出前館」などのビジネスモデルもそうですが、「プラットフォーマー」がインターネット上に「ECサイト」を作り、そこで集客を代行し、「レストラン(飲食店)」は、注文が入ると調理をして、雇った従業員を使って「配達」までさせるというビジネスモデルが一般的でした。

後は、小さい個人経営の「レストラン(飲食店)」なんかだと、「電話で注文」を取って、調理をして、そのまま店の「従業員」が配達をするという「自己完結型」の「出前」が多かったように思います。

「ウーバーイーツ」とは

UberEats ウーバーイーツ WEB登録 ドライバー バイト 登録 副業 配達員 配達パートナーウーバーイーツWEB登録|Uber Eats配達員(配達パートナー)ドライバーバイト登録・副業の仕方

配達パートナー(配達員)の存在が「ウーバーイーツ」の鍵

この従来型の「ビジネスモデル」に、一石を投じたのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」でした。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、「プラットフォーマー(ECサイト)」と「レストラン(飲食店)」との関係に、「配達パートナー」という、配達を専門に行う人(つまり配達員)を募集して集め、それらを結びつけたのです。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」がやったことは、それら「3者」を「有機的」に結びつけられるように、もともと展開していた「Uber(ウーバー)」という、「個人タクシーのマッチングシステム」を、「出前サービスのシステム」として作り変え、提供しただけです。

これにより、どういったことが起こるかというと、これまで「採算(コスト)」などの問題で、従業員を配達に回すことが出来ずに、出前を諦めていた「レストラン(飲食店)」が、「自分たちで配達をしなくて良いなら」ということで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に参加し出したのです。

これは、画期的な改革でした。

これまで、一切、出前などしたことがなかった「有名店」や「隠れ家的な名店」の料理が、出前を使って自宅で食べられるようになってくると、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、さらに「ユーザー(お客さん)」を集めるようになり、お客さんが増えだしたことで、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に加わりたいという「レストラン(飲食店)」も増えていったのです。

ちなみに、この「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が直接雇っているわけではありません。つまり、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「正社員」や「パート」「アルバイト」などでは、ないわけです。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の上手な所は、この「配達パートナー」を、自ら雇用しなくても良い「システム」を作り出したことと言えるでしょう。

今では、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」のような「新しい働き方」を求める若者と、仕組みの一部を外部の人材に任せて、コストカットを推進する企業側の思惑が一致して、このような「仕組み(ビジネスモデル)」が、別の分野でも注目され始めています。

この点に関しては、次の項目で説明していきます。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

「配達パートナー」会員登録

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 登録 必要なもの 必要書類Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録方法・必要なもの・配達員の必要書類

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は「個人事業主」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」です。

これは、巷の「個人タクシー」と同じですね。

それぞれが、自らが事業を行う「主(あるじ)」であるために、「事業で使った道具」などは「経費」として計上できるようになりますが、「個人事業主」になると、税金を納める方法が変わります。

個人事業主」は、稼いだ「所得」から、自分で「所得税(税金)」を納めなくてはなりません。

納税方法に関しては、「正社員」「アルバイト」「パート」の人たちは、企業が「源泉徴収」という形で、僕たちの代わりに「税金」を納めてくれていたのですが、「個人事業主」となると、稼いだ額から、自分で「納税」をしていくことになるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「個人事業主」と「税金」の関係は、下にリンクを貼った過去記事にも書いていますので、そちらも参考にしてください。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 副業 バレる 会社 バレない方法Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員|副業バレるの?副業が会社にバレない方法を解説 フリーランスとは 個人事業主 サラリーマン 違いフリーランスとは|個人事業主とサラリーマンの違い

「正社員」「アルバイト」「パート」は、企業に雇われている身なので、「社会保険」に入れたり、「労災」に入れたり、「厚生年金」に入れたりしますが、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になると、「健康保険」は「国民健康保険」に、「厚生年金」は「国民年金」になり、また「個人事業主」となり、「企業」に雇われている「労働者」ではなくなるので、「労災」や「雇用保険」には入れなくなります。

一見すると「個人事業主」となり、「条件」が不利となりそうですが、既に「サラリーマン」や「OL」をしている人が、「副業」として「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になって、「会社員+個人事業主」として、お金を稼ぎだすと、実は、「最強」だったりします。

どこかの「企業」に雇用されて「会社員」として働くと「社会保険」に入ることが出来ます。

一方「個人事業主」は「健康保険」に入れませんので、代わりに「国民健康保険」に入ります。

「個人事業主」が入る「国民健康保険」の「保険料」は、全額自己負担と決まっていますが、「会社員」が入る「健康保険」は、実は、「僕たちが負担している保険料」と、同じ分だけ会社も負担してくれているのです。

つまり、「会社員」の「健康保険」は、僕たちが知らない所で、会社が折半してくれているのです。

ですので、必然的に、貰える「保険料」も、「会社員」の方が多くなります。

この辺の「社会保障」については、「個人事業主」よりも、「会社員」の方が、かなり恵まれています。

ですので、平日は「会社員」として、「給与+社会保障」の恩恵を受け、給料の上乗せとして「副業」で「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になって稼ぐ方法が、おすすめなのです。

「Uber Eats」の始め方

UberEats ウーバーイーツ ドライバー登録 配達員 登録 バイト 稼ぐウーバーイーツ ドライバー登録|配達員に登録してバイトより稼ぐ

Uber Eats(ウーバーイーツ)はどうやって稼げるの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になると、どうやって稼ぐことができるのでしょうか?

最後に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の稼ぎ方について、説明していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の「仕事」は、「個人事業主」である僕たちが、「レストランパートナー(飲食店)」から「委託」される「配送業務」を受ける形で「スタート」します。

ですので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」との「直接的な雇用関係」は存在しませんので、ご注意ください。

また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の側から、ルール通りに配送業務が出来ないと判断された「配達パートナー(配達員)」に関しては、「契約」を解消される可能性もありますので、「ルール」と「マナー」を守って、配達業務を行うようにしましょう。

※「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」に与えられる「配達用バッグ」は、「Uber(ウーバー)」からの「貸与品」となります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達以外での利用や、「メルカリ」などのオークションサイトでの販売を含む「商業利用」は禁止されていますので、注意してください。

まず、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として働く場合は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「ホームページ」から「WEB登録(ウェブ登録)」をする必要があります。

ここでは、「会員登録」から「アカウントの有効化」までの「流れ」を、大まかに記載しておきますので、チェックしておいてください。

1.WEB会員登録の流れ

  1. 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」の「登録サイト」にアクセスする
  2. 配達パートナーのアカウントを作成する
  3. 配達に使用する車両を選択する
  4. 必要書類・登録書類をアップロードする
  5. お金が振り込まれる振込先の銀行情報を登録する
  6. 「配達パートナー専用のアプリ」をインストールする

まずは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」専用の「会員登録ページ」から、あなたの「アカウント」を作成してください。

「会員登録ページ」

「アカウント作成」の流れは、上記の通りとなります。

それほど、難しくはありませんので、サクッと「登録」まで、済ませてください。

ただし、WEB登録を行い、「配達パートナー」の「アカウント」が作成できても、すぐには働くことは出来ません。

会員登録したばかりの、あなたの「アカウント」は、まだ有効化されていないので、次は「パートナーセンター」という、全国各地の配達可能エリアの範囲内にある「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「事務所」へ行き、「アカウントを有効化」してもらう必要があるのです。

2.パートナーセンターで説明会アカウントを有効化

  1. 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」仕組みの説明
  2. 配達パートナーの業務形態や仕事内容の説明
  3. コミュニティガイドラインの説明
  4. 配達パートナーの配送料金の説明
  5. 登録に必要な書類や写真の確認
  6. 配達パートナー専用アプリの確認
  7. 配達用バッグの受け渡し
  8. 配達用バッグの使い方の説明
  9. 配達用バッグのデポジットの説明
  10. 紹介キャンペーンの内容確認
  11. アカウントの有効化
  12. 配達パートナー専用アプリの確認
  13. 最終確認

上記の流れで、お近くの「パートナーセンター(事務所)」へ行き、「アカウントを有効化」して、「配達用バッグ」を受け取ったら、「配達パートナーの登録」は、完了します。

「パートナーセンター」での「説明&アカウント有効化」の所要時間は「約40分~1時間くらい」です。

ここまでを一気に済ませてしまいましょう。

あとは、働きたい時だけ、「配達パートナー専用アプリ」を起動すれば、「レストラン」からの「配達リクエスト」が、あなたの元にも届くようになるので、指示に従って、配達のお仕事を開始してください。

「働きたくない時」は、「アプリ」を起動しなければ、「配達リクエスト」は入ってきませんので、働きたい時に、働きたい時間だけ、稼働することが出来ます。

「配達員」になりたい人はこちら

配達パートナーが貰う「配送料」の仕組み

「会社員」で言うところの「給料」に当たる「お金」が、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では、「配達パートナー(配達員)」の「配送料」と呼ばれます。

配達パートナーに支払われる「配送料」は「配送基本料金」に「インセンティブ(不定期の追加報酬)」を追加した金額となります。

「配送料」=「配送基本料(基本料金ーサービス手数料)」+「インセンティブ報酬(不定期の追加報酬)

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が受け取る「配送料」は、料理を作っている「レストラン」が支払ってくれています。

では、それぞれの項目について、簡単に説明していきたいと思います。

①配送基本料

「配送基本料」は、「基本料金」から「サービス手数料」を差し引いた金額となります。

「配送基本料」=「基本料金」-「サービス手数料」

基本料金

「基本料金」は、「受取料金」「受渡料金」「距離料金」を足した金額となります。

「基本料金」=「受取料金」+「受渡料金」+「距離料金」

受取料金受渡料金距離料金
レストランにて「商品」を受け取った時に発生します。配達先が2ヶ所ある場合でも、受け取り場所が一か所の場合は、受け取りは1回としてカウントされ、1回分の受取料金が発生します注文してくれた人に、商品を渡した時に発生します。配達先が複数ある場合は、それぞれに受渡料金が発生しますレストランから配達先までの距離に応じて、計算され、料金が追加されます。複数の配達先があった場合には、合計の距離が計算対象となります

サービス手数料

「基本料金」から差し引かれるのが「一定額のサービス料」です。

サービス料は、各都市によって異なります。

配達サービスエリア毎の基本料金とサービス手数料

配達サービスエリア毎に「基本料金」と「サービス手数料」は違います。

ご自身が働く予定の「配達対象エリア」の「基本料金」と「サービス手数料」を、事前に確認しておいてください。

また、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、日本全国どこの「配達エリア」でも、稼働することが出来ますので、条件が良い地域や、時間帯などを選んで、働くことも可能です。

エリア都道府県受取料金受渡料金距離料金サービス手数料
関東東京都300円170円150円/km35%
神奈川県250円120円60円/km10%
埼玉県300円170円150円/km35%
千葉県300円170円150円/km35%
中部愛知県215円105円60円/km10%
近畿大阪府215円105円60円/km10%
京都府215円105円60円/km10%
兵庫県215円105円60円/km10%
九州福岡県215円105円60円/km10%
注意
紹介している情報は、2019年8月時点の情報です。現在は配達していないエリアや、金額などの条件が変更されている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。

②インセンティブ

「インセンティブ」とは、「配送料」に上乗せされる「追加報酬」のことです。

「ランチタイム」や「ディナータイム」などの「注文が重なり多くなる時間帯」や、「注文の多い場所」などで、適用されます。

「インセンティブ」の内容は、「都市」「配達パートナー」ごとに、変わってきます。

また、「インセンティブ」には、「ブースト」「クエスト」「オンライン時間インセンティブ」の「3種類」があります。

インセンティブの種類

  1. ブースト
  2. クエスト
  3. オンライン時間インセンティブ

①ブースト

配送料=(基本料金ーサービス手数料)+ブースト報酬

 

・サービス手数料=基本料金×都市ごとの%(パーセンテージ)

・ブースト報酬=基本料金×(ブースト倍率ー1.0)

「ブースト」とは、配送料の「基本料金」を、注文が多い時間や場所において、一定の倍率(1.1倍、1.4倍など)で増額する仕組みを「ブースト」と呼びます。

「ブースト」が発生する「時間」や「場所」で、働くことで、より多くの「配送料」を稼ぐことが出来ます。

現在、自分自身に適用されている「ブーストをチェックしたい場合は、「アプリ」内の「プロモーション」ページから、確認可能です。

また、例えば「ブースト倍率」が異なる「複数の配達エリア」や、「複数の時間帯」をまたがって「配達依頼」を受けた場合は、「レストランがあるエリア」および、「配達パートナーのアプリが配達リクエストを受信した時間」に対応した「ブースト」が適用されることになっています。

②クエスト

配送料=(基本料金ーサービス手数料)+クエスト

通常の「配送料」や「ブースト」に加えて、「配送件数」に応じて、追加で報酬が支払われる「インセンティブ」のことを、「クエスト」と呼びます。

例えば、「4回」の「配達完了」で「400円を獲得」、「8回」の「配達完了」で「1000円を獲得」、「12回」の「配達完了」で「1600円を獲得」といった「クエスト」なども存在します。

自分自身に適用されている「クエスト」は、「アプリ」内の「プロモーション」のページで、確認することが可能です。

ワンポイント
  • 「メール」や「アプリ内のメッセージ」で、「クエスト」が告知されることもありますので、お見逃しなく!

③オンライン時間インセンティブ

配送料=(基本料金ーサービス手数料)+オンライン時間インセンティブ

「オンライン時間インセンティブ」とは、「指定された時間」において、「配送料」と「ブースト」を合わせた金額が、一定額に満たなかった場合、その差額が支払われるものです。

例えば、「オンライン時間が1時間あたりのインセンティブが1000円だった場合」、その1時間で実際に稼いだ「配送料金」が「800円」だった場合、最大200円が、追加で支払われます。

アルバイトなどで言うところの「最低賃金」のようなものだと「イメージ」してください。

ただし「オンライン時間インセンティブ」は、常に適用されるわけではありません。

また、「オンライン時間インセンティブ」だけは、「アプリ内」の「プロモーション」ページにも反映されませんので、注意してください。

あなたに「オンライン時間インセンティブ」が適用された場合は、必ず「メール」が届くようになっていますので、そちらを確認してください。

「配達パートナーガイド」を確認する

Uber Eats ウーバーイーツ ダイエット 痩せる方法Uber Eats(ウーバーイーツ)ダイエット商品(サラダ・スムージー)頼み方・注文方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)仕組み・ビジネスモデル「まとめ」

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「仕組み」や「ビジネスモデル」について、解説してきました。

いよいよ「副業解禁」がスタートした現在、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は、かなり注目を集めている「副業」ですので、是非、皆さんも1度はチェレンジしてみてくださいね。

「ユーザー登録」申込み(無料)

UberEats 範囲拡大 Uber Eats ウーバーイーツ 範囲拡大 配達エリア 対応地域 対象区域 範囲外 エリア外ウーバーイーツ エリア(Uber Eats)範囲拡大・配達地域エリア外【新エリア拡大予定いつ?最新情報】

主婦や女性でも稼げる副業33選

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録