これからは「個人で稼ぐ時代」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪で登録|配達員(ドライバー)を体験

Uber Eats ウーバーイーツ 大坂 登録 注文 配達員 ドライバー 配達パートナー パートナーセンター

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪で登録|注文&配達員へ登録する

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」になりたい人が、「WEB(ウェブ)登録」から「Uber Eatsのアカウント」を作り、「パートナーセンター(登録説明会)」での「アカウント有効化」を、するまでの流れを、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」になるには、最初に「WEB(ウェブ)」を使って、「配達パートナー」の「アカウント登録」をする必要があります。

アカウント登録はこちら

「配達パートナー」になりたい人は、まずは、上記のリンクから「配達パートナー」の登録を、済ませてください。 アカウント登録自体は、簡単ですので、早めに済ませましょう。 「配達パートナー」の「アカウント登録」が完了しましたら、残りの手続きは、お近くの「パートナーセンター」で行います。 大阪の「パートナーセンター」は、先ほど記載した情報を、確認してください。それ以外のエリアの「パートナーセンター」の情報は、以下のリンクの「配達パートナーガイド」から確認しておいてください。

▼パートナーセンターの場所を確認したい人 ・こちらの「配達パートナーガイド」を確認してください

近くの「パートナーセンター」で、登録した「アカウントを有効化」する

「配達パートナーの登録作業」は、「WEB(ウェブ)でアカウント登録を開始するステップ」と「パートナーセンターでアカウントを有効化するステップ」の、2つに分けられます。

配達パートナーになる手順

  1. 「オンライン」で「アカウント登録」をする
  2. 「パートナーセンター」で「アカウントを有効化」する
オンラインから「配達パートナー」に登録するだけでは、「配達パートナー(ドライバー)」として、お仕事をすることは出来ません。「登録」しただけでは、まだ「アカウントが有効化されていない」ので、お近くの「パートナーセンター」へ行き、アカウントを有効化させる必要があるのです。 この「アカウント有効化作業」が終わると、いつでも「配達のお仕事」が出来ますので、次は、「配達パートナー」としてWEB登録した後の「アカウントを有効化」するまでの流れを、解説していきます。

近くの「パートナーセンター」へ行く

uber eats ウーバーイーツ パートナーセンター 所在地 すでに、「配達パートナー」の「WEB(ウェブ)登録」は完了していると仮定して、次は、お近くの「パートナーセンター」へ行き、登録した「アカウントの有効化」する手順を説明していきます。 この「アカウントの有効化作業」が終われば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」として、いつでも配達の仕事が出来るようになります。

パートナーセンターでの説明会(所要時間30~40分)

  1. 「Uber Eatsについて」の説明
  2. 「配達パートナーの業務形態や仕事内容」の解説
  3. 「コミュニティガイドライン」についての説明
  4. 「インセンティブ報酬(配送料金)」の解説
  5. 「登録時に提出した書類や写真」に不備がないかを確認
  6. 「Uber Driverアプリ」の使い方を説明
  7. 「配達用バッグ」の受け渡し作業
  8. 「配達用バッグ」の使い方を説明
  9. 「配達用バッグ」のデポジット(預り金)の説明
  10. 「紹介キャンペーン」の説明
  11. 「アカウントの有効化」を行う
  12. 「Uber Driverアプリ」の動作確認
  13. 「最終チェック」
「Uber Eats(ウーバーイーツ)」初心者の人にも、分かりやすいように、上記に、「パートナーセンター」での「アカウント有効化」のステップを、細かく項目分けしてみました。 「パートナーセンター」での「登録説明会」」の、平均的な所要時間は、全て込みで「約30~40分」の、1回きりで終了します。 この「パートナーセンター」での「登録説明会」が終われば、いつでも「配達パートナー」として、「お仕事」が出来るようになりますので、あと少し、頑張りましょう。

お近くの「パートナーセンター」で登録した「アカウントを有効化」し、スタッフから「配達用バッグ」を受け取ったら「配達パートナー登録」はすべて完了し、いつでも、配達員の仕事が始められます。

パートナーセンターで行う作業の詳細

パートナーセンターで、登録したアカウントを有効化させる

「パートナーセンター(登録説明会)」へ行くための予約は「不要」です。 「アカウント有効化に必要な持ち物」だけを持参して、「営業日(営業時間内)」に、お近くのパートナーセンター(登録説明会)へ行くようにしてください。

パートナーセンター(登録説明会)に必要な持ち物

  1. 配達に使う「スマートフォン(スマホ)」
  2. SMSの受け取りや発着信可能な「電話番号(スマホ)」
  3. 「銀行口座情報(銀行のキャッシュカード)」
  4. その他「登録に必要な書類」
「④」の「登録に必要な書類」は、「オンラインでのアカウント登録」の際にアップロードした書類の内容に、万が一、不備があった場合、パートナーセンターでの登録説明会で、「登録に必要な書類」が、再度、必要になってきますので、念のために、必ずアップロードした書類も、「パートナーセンター(登録説明会)」に持っていくようにしてください。(※身分証明書、車両登録に必要な書類などを持参してください) また、各地域にある「パートナーセンター」の営業日や営業時間は、予告なしに変更になる場合がありますので、念のため、行く前に、最新の情報をチェックしておくようにしてください。

パートナーセンターの営業日

配達用バッグの受け渡しと「デポジット(預り金)」について

uber eatsとは ウーバーイーツとは 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」の「アカウントを有効化」するためには、お近くの「パートナーセンター(登録説明会)」へ行き、そこで「アカウントを有効化してもらう」必要があると述べました。 その「パートナーセンター(登録説明会)」での「アカウント有効化」の時に、「配達パートナー」は、配達で使う「配達用バッグ」を渡してもらえます。 ただし、この「配達用バッグ」、「デポジット(預り金)」として、「4,000円」を、後日「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で稼いだ「インセンティブ報酬(配送料)」から、自動的に差し引かれることになっています。 この、最初に預ける「4,000円」は、後で戻ってきます。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」をやめる時に、預かった「配達用バッグ」を「パートナーセンター」へ返却すると、差し引かれた「デポジット(預り金)」は、返金されますので、安心してください。 また、「配達用バッグ」が、万が一、破損した場合は、破損した「配達用バッグ」を「パートナーセンター」へ持っていくことで、新しい配達用バッグと交換してくれます。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員として、長く働きたい人には、経年劣化で「配達用バッグ」が破損したとしても、安心して働くことが出来ます。

配達用バッグの中の料理を固定する工夫をしよう!

下の画像は、ある「配達パートナー」さんの「配達バッグ」の中の写真をお借りしました。 ウーバーイーツ 使い方 uber eats 「配達パートナー」が「料理」や「飲み物」を配達中に、配達用バッグの中で動かないように、段ボールなどを使い、仕切り版を作ったり、大きなスポンジをカットして、「配達用バッグ」の中の空間を埋められるような工夫をされています。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では、配達後に、料理の中身が「ぐちゃぐちゃになっている」というクレームもありますので、このようなクレームを「ユーザー(注文者)」から、もらわないように、配達中の「料理」が動かない工夫は、しっかりと行ってください。 すべて「100均ショップ」や「ホームセンター」で揃うモノばかりですので、「配達パートナー」で仕事をしたい人は、必ず準備しておくようにしましょう。

配達に役立つ便利グッズ

配達用バッグを受けとったら、いよいよ配達開始

オンラインでの「WEB(ウェブ)アカウント登録」~パートナーセンターでの「アカウント有効化」が終わったら、いよいよ配達開始になります。 「配達」の仕事をする場合は、配達ができる準備をして、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「サービスエリア内」に入り、「Uber Driverアプリ(ウーバードライバーアプリ)」を起動すると、いつでも「配達リクエスト」が入るようになります。

配達方法の解説はこちら

 

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録