これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ ドライバー登録|配達員に登録してバイトより稼ぐ

UberEats ウーバーイーツ ドライバー登録 配達員 登録 バイト 稼ぐ

ウーバーイーツ ドライバー登録|配達員に登録してバイトより稼ぐ

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」として、働くためには、インターネットを使って、「アカウント登録(ドライバー登録)」をした後、お近くの「パートナーセンター(登録センター)」へ行き、オンラインから登録した「アカウントを有効化する」必要があります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」として働きたい人は、まずは最初に、「ドライバー登録」を済ませておいてくださいね。

配達パートナーのアカウントを登録する

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アカウント登録」は、アルバイトの求人登録のようなもので、働きたい人は、必ずやらなければならない登録ですので、早めに登録をしておくのが良いでしょう。

UberEats ウーバーイーツ WEB登録 ドライバー バイト 登録 副業 配達員 配達パートナーウーバーイーツWEB登録|ドライバーバイト登録で副業したい人

ネットでのアカウント登録の「7ステップ」

  1. 「配達パートナー登録ページ」にアクセスする
  2. 「自分のアカウント情報」を入力する
  3. 「配達に使用する車両」を選択する
  4. 「必要書類」を用意する
  5. 「必要書類」をネットからアップロードする
  6. 「振込先の銀行情報」を入力する
  7. 「Uber Driverアプリ」を携帯にインストールする

「アカウントの登録」が完了した人は、あとで説明する、「パートナーセンター」での「アカウント有効化」の方法を、チェックしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

ウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れUber Eats(ウーバーイーツ)って何?Uber Eatsのやり方・流れ Uber Eats ウーバーイーツ 仕組み ビジネスモデル 稼ぎ方Uber Eats(ウーバーイーツ)ビジネスモデル・仕組み・稼ぎ方

パートナーセンターで「アカウントを有効化」する

インターネットから「配達パートナーのアカウント登録」を済ませたら、次は、お近くの「パートナーセンター」へ行って、「登録したアカウントの有効化」を行ってください。

インターネットで「アカウント登録」を行ってから、「パートナーセンター」に行かないままの状態でいると、「登録したアカウントが有効化されず」、いつまで経っても「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」としては、働けませんので、オンラインで「アカウント登録」を済ませた後は、なるべく早めに、住んでいる地域の近くにある「パートナーセンター」へ、行くようにしてください。

この「パートナーセンター(登録センター)」で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「仕事の仕組み」や「インセンティブ報酬(配送料)」についての詳しい説明や、「配達用バッグ」の受け渡しが、行われます。

「パートナーセンター」での「アカウント有効化」の「所要時間」は、「約30~40分」の「1回のみ」で終了です。

また「パートナーセンター」へ行くための「予約は不要」ですので、「パートナーセンター」の「場所」や「営業日」「営業時間」などを事前に確認しておき、早めに行くように心がけましょう。

UberEats ウーバーイーツ ウェブ登録 ドライバー 登録 バイト 稼ぐ 配達員 配達パートナー 本登録ウーバーイーツ ウェブ登録|ドライバー登録でバイト以上に稼ぐ

パートナーセンターでの「アカウント有効化」手続き

  1. 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の説明
  2. 「配達パートナー」の業務形態や仕事内容の説明
  3. 「コミュニティガイドライン」の説明
  4. 「インセンティブ報酬(配送料金)」の説明
  5. 「必要書類や写真」の確認
  6. 「Uber Driverアプリ」の使い方の確認
  7. 「配達用バッグ」の受け渡し
  8. 「配達用バッグ」の使い方の説明
  9. 「配達用バッグ」の預り金の説明
  10. 「紹介キャンペーン内容」の確認
  11. 「登録したアカウント」の有効化
  12. 「Uber Driverアプリ」の動作確認
  13. 「最終チェック」

この「パートナーセンター」での「アカウントの有効化」が終われば、すぐに「配達の仕事」を開始することが出来るようになりますので、頑張りましょう。

パートナーセンターへ持っていく物

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 登録 必要なもの 必要書類Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録に必要なもの・必要書類 Uber Eats ウーバーイーツ 登録方法 やり方 始め方 契約方法Uber Eats(ウーバーイーツ)登録方法|やり方・始め方・契約方法

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として稼働し働く

「配達パートナー(ドライバー)」に登録後、お近くの「パートナーセンター」で、「アカウントの有効化」を行った後は、働きたい時に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」をオンラインにするだけで、「配達パートナー」として、好きな時に働くことができます。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(ドライバー)」は、「ユーザー(注文者)」のもとへ「料理」を届けることで、「インセンティブ報酬(配送料)」を貰えます。

また「配達パートナー」として稼いだ「インセンティブ報酬(配送料)」は、1週間単位で、指定の銀行口座へ振り込んでもらうことが可能です。

インセンティブ報酬の計算方法

ただし、この時、注意して欲しいのは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「配達パートナー」の間には、「雇用関係」は存在しないということです。

つまり「配達パートナー」は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に雇われているわけではなく、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「正社員」や「アルバイト」ではないということなのです。

このように「配達パートナー」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と雇用契約は結ばずに、独立した「個人事業主」となって、配達の仕事を請け負っていきます。

ですので、稼いだ金額がそのまま所得となるわけではなく、入ってきた収入から、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の仕事で使った経費を差し引いた額が「所得」となり、その所得に対して、「税金」がかかってきます。

そして、「配達パートナー」は「個人事業主」ですので、年度末に「確定申告」を自分で行い、納税までをしなければならないのです。

Uber Eats,ウーバーイーツ,配達員,ドライバーUber Eats(ウーバーイーツ)配達員(ドライバー)の登録方法 儲け方 Uber Eats ウーバーイーツ 本登録 副業 いくら稼げるUber Eats(ウーバーイーツ)副業 本登録|配達員はいくら稼げるか儲け方を計算してみた

自由に働ける「配達パートナー」という働き方

「配達パートナー」は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「雇用契約」を結ぶのではなく、独立した「個人事業主」として、働きます。

「配達パートナー」として働き始めると、「正社員」や「アルバイト」で働く時のような「出勤時間」や「勤務時間」といった束縛もなく、定められた労働時間もないので、スキマ時間を活用して、好きな時間に、好きなエリアで、働くことが出来ます。

ただし、「個人事業主」なので、当たり前ですが、配達中の事故やトラブルなども、全て自己責任になってきますので、労災なども下りないため、事故などには、注意が必要なこともあります。

それ以外であれば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は、かなり自由度の高い、働き方になるので、口うるさい上司にガミガミ言われたくない人や、朝起きて毎日通勤する生活が嫌な人などは、新しい働き方として、チャレンジしてみても、面白いのではないでしょうか。

また、配達で「自転車」を使えば、日頃、運動不足の人などは、エアロバイクさながらに、実際の自転車を漕ぎながら、運動も兼ねて、「お金」を稼ぐことも可能になり、おすすめです。

配達パートナーの働き方

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 おすすめ 便利アイテム 持ち物Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員|持ち物・便利グッズ Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)確定申告|配達員は個人事業主

配達パートナーが得られる「インセンティブ報酬」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は「ユーザー(注文者)」が注文した「料理」や「飲み物」などを、「ユーザー(注文者)」のもとに配達することで、「インセンティブ報酬(配送料)」が貰えます。

「配達パートナー」が獲得できる「インセンティブ報酬(配送料)」は、計算式が決まっており、また「配達地域(エリア)」や「曜日(忙しい曜日、暇な曜日)」「配達時間(忙しい時間、暇な時間)」などによって、最終的に貰える金額が異なってきます。

例えば、効率よく稼ぎたい人ならば、「東京」などの大都市で稼働して、「平日」の「ランチタイム」や「ディナータイム」で働くか、「土曜・日曜・祝日」や「GW(ゴールデンウィーク)」などの、多くの人が休みの日に働くのが、効率的に稼げる方法の1つだと思います。

このように「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」で稼ごうと思った場合は、「ピークタイム」と呼ばれる「忙しい時間帯」を狙ったり、逆に「配達パートナー」があまり稼働していない時に、ブーストいうボーナスが出る時があるので、それを狙って配達を行うと、時間効率が良くなり、アルバイトより稼ぐことも、もちろん、可能になります。

配達パートナー効率の良い稼ぎ方とは

Uber Eats ウーバーイーツ 配達エリア サービスエリア 地域Uber Eats(ウーバーイーツ)配達エリア&サービス地域の確認方法 Uber Eats ウーバーイーツ Uber ウーバー インセンティブ報酬Uber Eats(ウーバーイーツ)でUber(ウーバー)が支払うインセンティブ報酬はどうなる?

配達パートナーが心がけるべき「マナー」

「配達パートナー」には、誰でも簡単になることが出来る分、中には「適当に仕事をこなす」人がいるのも、事実としてあります。

そのような一部の人は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「評価システム」の中で、「ユーザー(注文者)」や「レストランパートナー」からの評価が悪くなり、最終的には、「アカウント停止」などの処分が下され、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」としては、働けなくなっていきます。

「配達パートナー」が、配達を完了させると、あなた自身の配達態度などを、「ユーザー(注文者)」や「レストランパートナー」が評価するシステムが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」には備わっており、この評価制度のおかげで、評価の悪い「配達パートナー」は、最悪、「アカウント停止」などの措置が取られていくのです。

そして、「ユーザー(注文者)」や「レストランパートナー」から評価が高く、プロ意識の高い「配達パートナー」だけが、残っていく仕組みとなっているのです。

このように、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」は、「個人事業主」だという認識が、逆のマイナス方向に働いてしまい、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは雇用関係ではないことで、気が抜けて、適当に仕事を行ってしまうと、このような態度が「ユーザー(注文者)」や「レストランパートナー」の目に留まり、次第に「クレーム」のもととなっていきます。

特に、以下の3点については、「配達パートナー」として働く上で、常に注意するべきことを、挙げさせて頂きましたので、必ず、確認しておいてください。

配達パートナーが心がける「マナー」

  1. 清潔感(服装・髪型・靴など)
  2. コミュニケーション(気持ちの良い挨拶や、大きな返事など)
  3. 丁寧に料理を扱う(こぼさない、ぐちゃぐちゃにならない配達の仕方)

上記の「マナー」は最低限に守ってもらいたいモノです。

「配達パートナー」は、当たり前ですが、飲食店に出入りして、料理を取り扱うため、「清潔感」は何よりも重要です。

また、「レストランパートナー」や「ユーザー(注文者)」と会った時に、気持ちよくコミュニケーションを取ることも、大切ですし、配達している料理が、傾かないように、または、こぼれないように固定することも、大変、重要になってきます。

ウーバーイーツ 使い方 uber eats

上記の写真は、ある「配達パートナー」の、貴重な「配達バッグ」の中の写真です。

配達中に、配達バッグの中の料理や飲み物が傾かないように、「段ボール」などをカットして、「仕切り版」を作ったり、「大きなスポンジ」をカットして、「配達バッグ」の中の空間を埋められるように、様々な工夫がなされています。

配達中に、料理をこぼしてしまう行為は、厳禁ですので、しっかり中身が固定されるように、「固定するモノ」は、事前に用意しておいてくださいね。

ゴールドパートナー制度とは

Uber Eats ウーバーイーツ 注文方法 使い方 ネット注文 やり方Uber Eats|ウーバーイーツ ネット注文方法・使い方&注文やり方 Uber Eats ウーバーイーツ 新規登録 バイト 始め方 配達員 ドライバーUber Eats(ウーバーイーツ)副業|新規登録バイト・ドライバー

「DAZN(ダゾーン)」無料体験の登録・視聴方法を解説

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録