これからは「個人で稼ぐ時代」です。

ウーバーイーツ配達員(Uber Eats)ドライバー登録方法・配達料仕組み・注文エリア

Uber Eats,ウーバーイーツ,配達員,ドライバー

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員(ドライバー)登録方法・配達料・エリア

Uber Eats asp アフィリエイト ウーバーイーツ logo ロゴ

最近、日本でもよく見るようになってきた「Uber Eats(ウーバーイーツ)って何?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、最近、日本でも認知され始めた「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「ビジネスモデル」や「仕組み」を、まずは説明し、「Uber Eatsの配達員」になるための「登録方法」や「始め方」について、しっかりと解説していきたいと思います。

配達パートナーの始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?仕組み・ビジネスモデル・始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、アメリカの自動車配車プラットフォーム企業である「ウーバー・テクノロジーズ(Uber)」が運営する「自動車配車アプリケーション」から分離する形で誕生した「注文アプリ」を活用し、スタートした「オンラインフードデリバリーサービス」です。Uber Eats専用のモバイルアプリケーションを使用することで、飲食店に出前の注文を出すことが出来ます。2016年に日本でもサービスを開始しました。

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 図解 分かり易く

Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは①「ユーザー」②「配達パートナー」③「レストランパートナー」3者を、「Uber」の革新的な「テクノロジー」で繋ぐ、「Delivery food services(デリバリーフードサービス)」です。

  1. ユーザー(料理を注文する人)
  2. 配達パートナー(料理を配達する人)
  3. レストランパートナー(料理を提供するお店)

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

Uber Eats ウーバーイーツ 仕組み ビジネスモデル 稼ぎ方ウーバーイーツ(Uber Eats)仕組み・ビジネスモデル・配達員の配達料・対応地域エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)サービスエリア・対応地域・配達範囲

Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスは、日本では、2016年9月に東京からスタートしました。

2019年4月現在は、全国10都市にサービスを拡大中です。

  • 関東:東京、横浜、千葉、埼玉、川崎
  • 関西:大阪、神戸、京都
  • 中部:名古屋
  • 九州:福岡
注意
紹介している情報は、2019年4月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は「公式サイト」にて、ご確認ください。
Uber Eats ウーバーイーツ 配達エリア サービスエリア 地域ウーバーイーツ エリア地域(Uber Eats)配達範囲・サービスエリア外・対応地域

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット・サービスエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)」は「ファーストフード店」~「行列のできる有名レストラン」まで、出来立ての料理「自宅」はもちろん、「オフィス」「公園」など、あなたが今いる場所に、いつでもどこでも届けてくれる、最新の「Delivery food services(デリバリーフードサービス)」です。

「長めの会議」「残業で小腹が空いた時」「忙しい時の家での食事」「人を招いてのホームパーティー」「ピクニック」「お花見」など、様々な場面で、簡単に出前を頼める、とても便利なサービスです。

日本でのサービスエリア(地域)は、2019年4月現在、全国10都市で展開しており、順次、サービスエリアも拡大しております。

uber eatsとは ウーバーイーツとは

「Uber Eats」は、注文した料理を、外出先にも届けてくれます

Uber Eats ウーバーイーツ 登録方法 やり方 始め方 契約方法Uber Eats(ウーバーイーツ)登録方法|注文方法やり方・配達員始め方・契約方法

ウーバーイーツ(Uber Eats)ネット注文方法・頼み方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「Delivery food services(デリバリーフードサービス)」は、既存の「出前サービス」と、何が違うのでしょうか?僕が考える「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「メリット」を、ご紹介します。

既存の「出前」と「Uber Eats」が異なる点は以下の通りとなります。

  • 「Uber Eats」には忙しい人の為の「事前予約機能」が搭載されている
  • 「Uber Eats」では「GPS機能」があるので「外出先からの注文が可能」
  • 「Uber Eats」では「機械学習(AI)」による「あなたへのおすすめ料理」を提案してくれる
  • 「Uber Eats」は「クレジットカード払い」なので、現金払いの煩わしさがない
  • 「Uber Eats」では「アプリ」から、リアルタイムの「配送状況」を確認できる
uber eatsとは ウーバーイーツとは

サービスエリア(地域)にお住まいの人は「アプリ」から簡単に出前を取ることが出来ます

Uber Eats ウーバーイーツ 注文方法 使い方 ネット注文 やり方ウーバーイーツ注文・頼み方|Uber Eatsネット注文方法やり方・アプリ使い方・利用方法・商品頼み方

ウーバーイーツ(Uber Eats)頼み方・注文方法・注文やり方

では、実際に、どのような「シチュエーション」で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を、利用される人が多いのでしょうか?具体的な利用例を、ここで紹介したいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の利用例として、考えられるものを、以下に書き出してみました。参考にしてください。

  • 「職場でのランチ」「ハンバーガー」「お弁当」を注文
  • 「ダイエット中の食事」として「サラダ」「スムージー」を注文
  • 「女子会」用に「インスタ映えする有名店の料理」を注文
  • 「家族揃ってのピクニック」「皆でつまめる料理」「飲み物」を注文
  • 「大切な人との記念日」「レストランの豪華な料理」を注文
uber eatsとは ウーバーイーツとは
uber eatsとは ウーバーイーツとは
ウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツって何 Uber Eats やり方 流れウーバーイーツ(Uber Eats)って何?サービスエリア・配達料・配達員仕組み・ビジネスモデル

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達パートナー(配達員)登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)」では、お店の料理を注文者に届けてくれる「配達員(ドライバー)」のことを、正式には配達パートナーと呼んでいます。

多くの人が勘違いしているのですが、「配達パートナー」は「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が雇っているアルバイトではありません。

Uber Eats」と「配達パートナー」の間には、「雇用関係は存在せず」配達パートナーは完全に独立した「個人事業主」となります。

「個人事業主」としての、「自由」が担保されている一方で、国のルールに則り、自ら「確定申告で納税する」必要があったり、個人事業主ならではの「責任」を負わなければいけなくもなります。

「パートナー」という言葉の通り、「注文者」「配達パートナー」「レストランパートナー」は、個々に「独立した立場」となり、「Uber Eats」は、個々に独立したこの3者を、「Uber Eats独自のテクノロジー」で「マッチング」してくれているに過ぎないことを、まずは理解してください。

uber eatsとは ウーバーイーツとは
uber eatsとは ウーバーイーツとは

配達パートナー」は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に「雇われる」わけではなく、「Uber Eats」のシステムを利用して、「Uber Eats」が、発注した「配達のお仕事を手伝う」というイメージの方が、理解しやすく、しっくりと来るかもしれませんね。

Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 個人事業主 アルバイトUber Eats(ウーバーイーツ)個人事業主の確定申告・税金|副業・配達員・配達料

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員・配達料仕組み・ビジネスモデル・流れ

uber eats ウーバーイーツ 仕組み 分かり易く 図解

配達パートナー」の一連の流れとしては、まず「注文者(ユーザー)」が「Uber Eatsアプリ」を使って、「レストラン」へ料理を注文します。「注文者(ユーザー)」からの注文を受けると「レストランパートナー」は、すぐさま料理を調理し始めます。

「ユーザー」から料理の注文が「レストランパートナー」へ届くと、レストランの近くにいる「配達パートナー」へ、「配達パートナー専用アプリ」を通じて「注文の詳細情報」が送られてきます。

配達パートナー」は送られてきた「注文の詳細情報」をチェックして、「配達が可能か、それとも不可能か」を、ボタンをタップして、意思表示します。

真っ先に「配達可能」の意思表示をした「配達パートナー」に、料理を受け取りに行く「レストランパートナー」の「住所」と「料理の詳細」が届くようになっています。

「レストランの住所」が届いたら、その情報をもとに、指示されたレストランへ「料理」を受け取りに行きます。

無事、レストランで料理を受け取ると、今度は、料理を注文した「ユーザー(注文者)」の情報が届きますので、その情報をもとに、「ユーザー(注文者)」のもとに、冷めないうちに、無事に料理を届けて、配達のお仕事が完了します。

uber eatsとは ウーバーイーツとは
uber eatsとは ウーバーイーツとは
Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 登録 必要なもの 必要書類Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録方法・必要なもの・配達員の必要書類

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達パートナーの働き方・配達のやり方・流れ

配達パートナー」とは、料理を注文した「ユーザー(注文者)」のもとへ、「自転車」や「原付バイク」などを利用して、料理を届ける「配達員」のことを言います。

Uber Eats」の「配達パートナー専用のアプリ」である「Uber Driver アプリ」を起動して、オンラインでアプリに接続することで、アプリに接続した時だけ、働くことが出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の仕事を受けられない時は、アプリを起動しなければ、仕事は入ってきませんので、「好きな時間で好きな時」に、働くことが出来ます。

uber eatsとは ウーバーイーツとは
uber eatsとは ウーバーイーツとは
Uber Eats ウーバーイーツ 登録方法 やり方 始め方 契約方法Uber Eats(ウーバーイーツ)登録方法|注文方法やり方・配達員始め方・契約方法

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員なり方・登録方法・配達やり方・配達方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」として、働きたい時は、Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスを展開している、「サービスエリア(地域)」内に、自分が入っている必要があります。

「ロードバイク」で「京都」を旅行中に、「アプリ」を起動させて働き、ホテル代を稼ぐことも出来ますし、一度、「配達パートナー」に「登録する」と、違う地域に移動した時、例えば「大阪」や「名古屋」に立ち寄った際に、「アプリ」を起動させて、場所を変えて働くことも出来ます。

このように「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員(配達パートナー)になれば、「個人事業主」として、いつでもどこでも、自分の都合に合わせて、自由に働くことが出来ます。

配達パートナー」になれば、1時間の空き時間が出来たから働こう、という理由で稼働しても良いですし、時間がある日は1日ガッツリと働いても問題ありません。週末だけ稼働するような働き方も、あなたの選択次第で、自由自在になります。

あと、運動不足の人は「自転車」で配達をすれば、「運動をしながら収入を得る」ことが出来ます。まさに、「一石二鳥」ですよね。普段行かない場所や、普段行かないレストランを訪れる機会も多く、仕事をしながら、その街の新しい側面を、発見できる魅力もありますよ。

uber eats ウーバーイーツ 出前サービス 宅配サービス
uber eatsとは ウーバーイーツとは
Uber Eats ウーバーイーツ 配達員 おすすめ 便利アイテム 持ち物ウーバーイーツ(Uber Eats)持ち物|配達員服装・必需品・あると便利アイテム・雨の日対策・レイングッズ

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達パートナー(配達員)登録方法・なり方

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」になりたい人は、以下の手順の通りに登録を行ってください。

配達パートナーになりたい人はこちら

★まずは、インターネットから登録する

まずは、インターネットから「登録」を行ってください。

「WEB」からの登録が完了しましたら、引き続き、WEBを使って「身分証明書」等を提出します。

インターネットから「身分証明書」を提出したら、最後に、各サービスエリア(地域)に設置されている「パートナーセンター」での「登録会」に参加します。

パートナーセンター」での「登録会」に参加することで、登録したアカウント情報を、「有効化」してくれますので、「登録会」終了後に、すぐに稼働(稼ぐこと)が、できるようになります。

(※登録会の所要時間は「30分~40分くらい」で、「予約は不要」です)

また、この「登録会」で「配達用バッグ」を貰うことが出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)」の「配達用バッグ」は、「デポジット代金(預り金)」として、アカウントが有効化された数日後から、4週間に渡り、毎週2,000円ずつ、稼いだ「インセンティブ報酬」から、差し引かれます。合計で「8,000円」を、「配達用バッグ」のデポジット代金として、引かれることになります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の仕事を辞める時に、「パートナーセンター」へ「配達用バッグ」を返却すると「デポジット(預け金)」を「返金してくれる」ので、ご安心ください。

また、「配達用バッグ」が、万が一、破損した場合は、「破損した配達用バッグ」を「パートナーセンター」へ持っていくと、「新しいバッグと交換してくれる」ようになります。

uber eats bag バッグ

Uber Eats ウーバーイーツ 新規登録 バイト 始め方 配達員 ドライバーUber Eats(ウーバーイーツ)副業|配達パートナー(配達員)バイト新規登録方法・ドライバー始め方

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達バッグ「ぐちゃぐちゃ」固定方法・仕切り方

配達パートナー(配達員)の仕事を行う上で、「トラブル」や「問題」として多いのが、注文者に料理が届いた時に、「料理がぐちゃぐちゃになっている」ことが、挙げられます。

料理を受け取ってから、「ユーザー(注文者)」の元に、料理を届けるまでの移動の間に、「配達用バッグ(リュック)」の中の料理が「動かない」ように、しっかりとバッグの中で、荷物を固定する必要があります。

「飲み物」を運ぶ時や、「汁物の料理」などを運ぶ時には、特に、料理をバッグに固定して、「配達バッグ」の中で、「ぐちゃぐちゃ」にならないように、「各自が工夫する」必要があります。

このように、丁寧な「配達」を心がけることは、「配送員」としての、お仕事をする上での、最低限の「マナー」だと僕は思います。配達方法が雑な「配達パートナー」は、「ユーザーからの評価も悪くなり」、このような事態が続くと、「アカウント凍結」ということに繋がりませんので、しっかり注意して、丁寧に荷物を運ぶように、配慮してくださいね。

ウーバーイーツ 使い方 uber eats

配達の際に「料理」や「飲み物」が配達バッグの中で、動かないように、100円均一ショップやホームセンターなどで、固定することが出来るものを、事前に購入しておきましょう

「ブロック状にカットしたスポンジ」「間仕切り板」を「配達用バッグ」の中に、常に用意しておき、配達の際に、それらを使って、空いた空間を埋められるように工夫しましょう。配達の仕事をする前に、これらのグッズは、自分自身で事前準備をする必要があります。

ウーバーイーツ Uber Eats 横浜エリア 人気店 おすすめ店舗ウーバーイーツ(Uber Eats)横浜エリアの人気店・おすすめ店舗

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達の便利グッズ・必須アイテム・必要な物

「パートナーセンター」での「登録会」終了後、「配達パートナー」として、すぐに「配達」を行うことが出来るようになります。

最後に、「配達パートナー」として稼働する際に、必要な「必須アイテム」と、あったら役立つ「便利アイテム」を紹介します。

配達パートナーの「必須アイテム」

  1. 登録した「車両」
  2. 「Uber Driver アプリ」が入った「スマートフォン」
  3. 「登録会」で預かった「配達用バッグ」
uber eats bag バッグ

交通事故防止に必要なもの

  • ヘルメット
  • 反射材用品
  • LEDライト
  • 明るい目立つ色の衣服の着用
  • 懐中電灯

配達にあると便利なアイテム

  • スマートフォン・スタンド(車両に備え付けるタイプ)
  • スマートフォン・ストラップ(首からかけるタイプ)
  • スマートフォン・ケース(腕などに装着するタイプ)
  • スマートフォン用の予備バッテリー(1個あれば、安心です)
  • 飲料水(水分補給)
  • タオル(突然の雨、汗対策に)
  • レインコート(突然の雨に)
  • 配達用バッグの中のお料理を固定する為のアイテム(タオル・サバイバルシート・エマージェンシーブランケット・詰め物・段ボールの仕切り・カップスタンド・テープ・予備の保冷バッグ)
  • 配達用バッグに入れるお料理の温度を保つためのアイテム(保冷剤・カイロ・サバイバルシート・エマージェンシーブランケット)
  • 自転車を守る「チェーンロック」

あると便利な「アプリ」

  • 「Google マップ」のアプリをダウンロードしておく
  • 「Uber East 注文者用アプリ」をダウンロードしておく

「Uber Driver アプリ」は、「Googleマップ」と連動する機能が付いており、配達中に「ナビゲーション」を「Googleマップ」に切り替えることが可能です。

uber eatsとは ウーバーイーツとは
uber eatsとは ウーバーイーツとは
uber eatsとは ウーバーイーツとは

Uber Eatsの始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?Uber Eats使い方&登録方法を完全解説

「Uber Eats」会員登録
「Uber Eats」会員登録